レーティング: ユベントス 2-2 アタランタ《セリエA》

2020.07.12 06:41 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第32節、ユベントスvsアタランタが11日に行われ、2-2で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽ユベントス採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 シュチェスニー 5.5
2失点とも仕方なし

DF
16 クアドラード 5.5
前半はカスターニュの運動量に手を焼いたが後半に盛り返す

4 デ・リフト 5.5
サパタとマッチアップ。失点場面ではサパタにやられたが、全体的には踏ん張った

19 ボヌッチ 6.0
彼自身に大きなミスはなし

13 ダニーロ 5.5
そつなく左サイドバックをこなした

(→アレックス・サンドロ 5.5)
ミラン戦では凡ミスを犯したが、無難に試合へ入った

MF
25 ラビオ 5.5
前半はややパスが味方と合わなかったが、後半はゲームメークを担った

30 ベンタンクール 5.5
ピャニッチに代わってアンカーでプレー。攻守に存在感を示すも、2失点目は彼のミス

14 マテュイディ 5.0
守備に追われた

(→ラムジー -)

FW
33 ベルナルデスキ 5.0
窮屈なプレーで打開できず

(→ドグラス・コスタ 5.0)
試合に入れなかった

10 ディバラ 6.0
何とかボールを受けて個人技からゴールを狙う。PKをもぎ取った

(→イグアイン 5.5)
何もできていなかったが、値千金のPK獲得

7 C・ロナウド 6.5
なかなか良い形でボールが入らなかったが、PK2つで6戦連続ゴール

監督
サッリ 5.5
内容では負けたが、結果は御の字のドロー

▽アタランタ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
95 ゴッリーニ 5.5
好守1本見せるもPKにより悔しい2失点

DF
2 トロイ 6.0
C・ロナウドを流れの中ではほぼ封じる

6 パロミーノ 6.0
同胞のディバラを激しい当たりで止めた

(→カルダーラ -)

19 ディムスティ 6.0
ビルドアップの起点にもなるなど攻守に機能

MF
33 ハテボエル 6.0
トロイと共にC・ロナウドを監視。守備で貢献

15 デ・ルーン 5.5
前がかりなチームの中でバランスを取った。PKは厳しい判定だった

10 アレハンドロ・ゴメス 6.5
ゲームメークから決定的なパス出しまで幅広く働いた

(→マリノフスキー 6.5)
利き足でない右足で強烈なシュートを叩き込んだ

11 フロイラー 6.5
潰しのプレーが効いていた。先制点も彼のインターセプトから

(→タメゼ -)

21 カスターニュ 6.5
ゴセンズの負傷を受けて急遽出場ながら前半は出色のパフォーマンス

FW
72 イリチッチ 5.5
ボールが入ればアクセントに。やや運動量に欠けた

(→パシャリッチ 5.5)
ややボールに触れる機会は少なかった

91 D・サパタ 6.5
圧巻のフィジカルでユーベの選手たちを圧倒

(→ムリエル 6.0)
2点目をアシスト

監督
ガスペリーニ 6.5
内容では上回るも厳しい判定でドローに

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
D・サパタ(アタランタ)
アレハンドロ・ゴメスも素晴らしいパフォーマンスだったが、先制点を決めたD・サパタを選出。屈強なフィジカルでデ・リフトとのバトルに打ち勝ち、脅威になり続けていた。

ユベントス 2-2 アタランタ
【ユベントス】
C・ロナウド(後10)【PK】
C・ロナウド(後45)【PK】
【アタランタ】
D・サパタ(前16)
マリノフスキー(後35)
コメント
関連ニュース
thumb

今季のセリエAMVPディバラが2017年に沈めたコントロールFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆今季のセリエAMVPディバラが2017年に沈めたコントロールFK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1ckd6NXFKNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0==" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2015年にパレルモから加入し、公式戦通算227試合95ゴール38アシストを誇るディバラ。今季のセリエAでも33試合に出場して11得点7アシストを記録し、チームの9連覇に大きく貢献。2019-20シーズンのセリエA最優秀選手賞に輝いている。 多くのゴールを生み出してきたディバラだが、2017年10月25日に行われたセリエA第10節のSPAL戦では、見事なFKを決めている。 ユベントスが1点リードして迎えた22分、ゴール右約25mの位置でFKを獲得すると、キッカーを担ったのはディバラ。集中力を高め、短めの助走から左足を振り抜くと、絶妙にコントロールされたシュートが、カーブを描いてゴール右へと吸い込まれるように入っていった。 その後は、両チーム得点を重ね、4-1でユベントスが勝利している。 2020.08.06 11:00 Thu
twitterfacebook
thumb

イタリアダービーでネドベド砲炸裂!ジュリオ・セーザルの牙城を破る【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元チェコ代表MFパベル・ネドベド氏がユベントス時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ネドベド砲がジュリオ・セーザルの牙城を破る<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJXRjNlVmhjaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 現役時代、無尽蔵のスタミナやチェコの大砲と呼ばれる強烈なシュートを武器に大活躍したネドベド氏だが、キック精度の高さにも定評があった。 2005年10月2日に行われたセリエA第6節のインテル戦では、ライバルであるインテル相手に直接FKを沈めている。 FWダビド・トレゼゲのゴールで先制したユベントスは34分、ゴールやや左、ペナルティーアーク手前の位置でFKのチャンスを獲得する。 雨が降りしきる中、FWズラタン・イブラヒモビッチとともにボールの近くに立ったネドベドは、助走から右足を一閃。巻いて落とすシュートを選択した。 壁をギリギリ超える低弾道のシュートは、スピードを落とすことなくゴールへと向かい、ゴール左に突き刺さった。 ネドベドの直接FKで貴重な追加点を獲得したインテルはそのまま2-0で勝利。イタリアダービーで勝ち点3を獲得している。 2020.08.06 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

“トルネード”ことアッピアーが見せたキレキレのドリブルからの豪快な一撃!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ガーナ代表MFスティーブン・アッピアー氏がユベントスで見せた見事なゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アッピアーが見せた単独での打開力から生まれたゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJxQ3FwMDJFZCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ウディネーゼやパルマ、ユベントスなど、主にセリエAで活躍したアッピアー氏。単独でチャンスを作る事のできる打開力の高さから“トルネード”の異名をとったが、2005年5月29日に行われた、セリエA第38節、カリアリ戦では、その打開力を活かした見事なゴールを決めている。 2-0とユベントスがリードして迎えた59分、ブロックを作って守る相手に対して、敵陣でボールを持ったアッピアーが、ドリブルで切り込んでいく。 相手DFとの駆け引きの中でボックス左に流れてきたアッピアーだが、2人に挟まれてしまう。しかし、華麗なボールタッチで相手を左右に振り、隙を作ると、2人の間を一瞬で抜き去る。そのままシュート体勢に入ると、豪快に右足を振りぬき、ボールをゴールネット上部に突き刺した。 アッピアーのゴールでさらにリードを広げたユベントス。この後カリアリに2点を返されるも、追加点を奪い、4-2で勝利している。 2020.08.05 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ディバラがセリエAのシーズンMVPに輝く! 中断期間に新型コロナ感染もリーグ9連覇に貢献

ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(26)が2019-20シーズンのセリエA最優秀選手賞に輝いた。 新型コロナウイルスの影響で一時中断を強いられたものの、約3カ月の中断期間を経て再開し、ユベントスのリーグ9連覇で幕を閉じたセリエA。 そしてレガ・セリエAは4日、今季の年間最優秀賞にユベントスの9連覇に大きく貢献したディバラを選出した。同選手は、セリエAで33試合に出場して11得点7アシストを記録。中断期間中には新型コロナウイルスに感染し、約1カ月半の闘病生活を強いられたが、再開後は4試合連続ゴールを決めるなど、チームの連覇に貢献した。 そのほか、最優秀若手選手賞にパルマのスウェーデン代表MFデヤン・クルゼフスキ(20)、最優秀FWにラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレ(30)、最優秀MFにアタランタの元アルゼンチン代表MFアレハンドロ・ゴメス(32)、最優秀DFにインテルのオランダ代表DFステファン・デ・フライ(28)、最優秀GKにポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニー(30)が選ばれた。 2020.08.05 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントスの新背番号「1」、シュチェスニーがミラン相手に見せたスーパーセーブ【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆シュチェスニーがミラン戦で見せた素晴らしいセーブ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJiZkxhVWNqcCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、ユベントスのポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーがミラン戦で見せたスーパーセーブだ。 若くしてアーセナルへ移籍し、世界トップクラスの若手GKへと評価を上げたシュチェスニー。しかし、安定感を欠くパフォーマンスにより、徐々に出場機会を減らすと、2015年夏に心機一転ローマへ移籍。セリエAでは安定したセービングを見せ、再び評価を上げたシュチェスニーは、2017年にユベントスに加入。同クラブの伝説的GKジャンルイジ・ブッフォンから背番号「1」を引き継いでいる。 そんなシュチェスニーは、2019年11月10日に行われた、セリエA第12節、ミラン戦では素晴らしいセーブを見せている。 0-0と拮抗した展開の中で迎えた25分、ユベントスディフェンスの隙をつき、ボックス内で相手の裏で浮き球のスルーパスを受けたDFアンドレア・コンティが、これをユベントスDFの手前でフリーになっていたMFルーカス・パケタにダイレクトで折り返す。 パケタがこれを頭で合わせ、ゴール右隅に丁寧なヘディングシュートを放った。相手のワンタッチプレーの連続に反応が遅れたシュチェスニーだったが、そこから素晴らしい反応を見せ、ギリギリでボールに触る渾身のセーブ。ピンチを切り抜けた。 シュチェスニーの好セーブもあり、0-0のスコアが続いたが、試合は後半に決勝点を奪ったユベントスが1-0で勝利している。 2020.08.04 19:00 Tue
twitterfacebook