リバプール、チアゴ獲得に消極的…動くのは主力を流出の場合に限る?

2020.07.11 16:50 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールがバイエルンのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(29)の獲得に動く可能性は低い模様だ。『ESPN』が報じている。バイエルンとの契約が残り1年を切っているチアゴ。クラブは契約延長を望んでいるものの、交渉は暗礁に乗り上げており、バイエルンの最高経営責任者(CEO)を務めるカール=ハインツ・ルンメニゲ氏は「キャリアの終盤に入るにあたって、新しい何かに挑戦したがっているようだ」とコメントしていた。


そういった中、移籍先の有力候補に挙がるリバプールでは、ユルゲン・クロップ監督が同選手に関して言及。「チアゴは大好きな選手だ。ただ、同じように私は他にも色々な選手が大好きだ。彼について言えることはそれが全てだ」と、獲得の可否に関して言及していないものの、好印象を抱いていることを認めていた。

しかし、今夏の移籍市場に向けて、チェルシー移籍が決定したドイツ代表FWティモ・ヴェルナー、レバークーゼンのドイツ代表MFカイ・ハフェルツといった獲得候補に対して慎重な動きを見せているリバプールは、3000万ポンド(約40億4000万円)と見積もられる移籍金を支払ってまで、チアゴ獲得にこだわることはないという。

また、基本的には今夏の優先事項はプレミアリーグ制覇を成し遂げたスカッドを保つことにあり、補強は若手有望株あるいは主力が抜かれた場合に限る見込みだ。

さらに、クロップ監督は来季加入3年目となるギニア代表MFナビ・ケイタ、今季台頭したU-19イングランド代表MFカーティス・ジョーンズにより多くのチャンスを与えることを考えているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

アリソン復帰のリバプール、フィルミノ初弾とジョタのゴールでブレイズに逆転勝利! 南野は終盤に途中出場《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第6節、リバプールvsシェフィールド・ユナイテッドが24日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが2-1で逆転勝利した。なお、リバプールのFW南野拓実は84分から途中出場した。   前節、エバートンとのマージーサイド・ダービーを2-2のドローで終えてリーグ戦2戦未勝利となったリバプールだが、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではアヤックスに1-0で競り勝って公式戦4戦ぶりの白星を手にした。   リーグ3戦ぶりの白星を目指すこの一戦では先発3人を変更。負傷明けのGKアリソンが復帰し、ミルナーとカーティス・ジョーンズに代わってヘンダーソンとジョタを起用。最前線にサラー、2列目に右からジョタ、フィルミノ、マネを並べる[4-2-3-1]の布陣に変更した。   試合は開始2分にロバートソンの長いグラウンダーの縦パスに抜け出したマネが飛び出したGKを外して無人のゴールへシュートを蹴り込む決定機が訪れるが、ここはDFイーガンのゴールカバーに遭う。さらに、直後の3分にはハーフウェイライン付近で得たFKの場面でキッカーのアレクサンダー=アーノルドがGKの前よりのポジションを見て意表を突くロングシュートでゴールに迫る。   開始5分までに2度の決定機を作り出す力強い入りを見せたホームチームだが、やや不運な形から先制を許す。10分、自陣ボックス付近でクリアが相手に当たってこぼれたところに慌てて反応したDFファビーニョがマクバーニーと交錯。当初はファウルがボックスの外と判定されたが、VARのレビューの結果、判定がPKに変更される。これをキッカーのベルゲに決められた。   すぐさま反撃に転じるリバプールだが、[5-3-2]の堅固な守備ブロックを敷くアウェイチームの堅守に手を焼く。逆に、悪い失い方からロングカウンターに晒されると、21分にはボックス内でフリーにしたマクバーニーに左足を振り抜かれるが、ここはシュートミスに救われる。さらに、24分には右ウイングバックのバルドックからのクロスを、ボックス左に走り込んだ左ウイングバックのオズボーンにダイレクトボレーで合わせられるが、ここはGKアリソンのファインセーブで凌いだ。   その後も圧倒的にボールを保持するものの、決定機まで持ち込めない停滞した状況が続くが、ここ最近批判に晒されている背番号9が結果で反論して見せる。41分、相手を押し込んだ状態で右サイドのヘンダーソンが鋭いクロスをゴール前に入れると、ファーでフリーのマネがヘディングシュート。これはGKラムズデールの好守に阻まれたが、こぼれ球をフィルミノが押し込んだ。   フィルミノの今季初ゴールによって前半のうちに追いついたリバプールだったが、後半立ち上がりの47分にはバルドックに際どいシュートを浴びるなど、ややバタついた入りとなる。   それでも、徐々に落ち着きを取り戻して相手を自陣深くに押し込むと、62分にはアレクサンダー=アーノルドの右からの斜めのパスに反応したサラーが見事なファーストタッチからボレーでゴールネットを揺らす。だが、VARの結果、わずかにオフサイドラインを越えておりゴールは認められない。   前半に続きVARの判定に悩まされるリバプールだったが、直後に正真正銘の逆転ゴールを挙げる。64分、波状攻撃から左サイド深くでボールを持ったマネが相手DFを抜き切らないタイミングで左足のクロスを入れると、これをDF2枚の間にポジションを取ったジョタが頭で合わせた。   この試合初めてリードを手にしたリバプールだが、失点後も士気を落とさずにハードに戦うアウェイチームを前に依然として苦しめられる。81分にはカウンターからサラーに3点目のチャンスが訪れるが、ゴール至近距離からのシュートは右ポストを叩いた。   苦しい状況を受けて、クロップ監督は殊勲のフィルミノ、ジョタを下げて84分に南野とミルナーを同時投入。より守備的な布陣で逃げ切りを図ると、試合終盤にかけてもバークらに際どいシュートを許したものの、守護神アリソンらを中心に何とかリードを守り切った。そして、ホームでブレイズを退けたリバプールは、リーグ3戦ぶりの白星を手にした。 2020.10.25 06:05 Sun
twitterfacebook
thumb

親善試合でワイナルドゥムが見せた、仕上がり抜群の華麗な連携ゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はリバプールのオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ワイナルドゥムがPSMで見せた見事な連携ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ5Y2Y5VW1YaCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フェイエノールトでキャリアをスタートさせたワイナルドゥムは、PSVで頭角を現すと、2015年夏にニューカッスルへ加入しプレミアリーグデビュー。同クラブで降格の憂き目に遭うも、孤軍奮闘の活躍が評価され、2016年夏にリバプールに移籍した。 豊富な運動量とキープ力で、攻守に存在感を見せているワイナルドゥムだが、2018年8月7日に行われた、プレシーズンマッチのトリノ戦では、味方との見事な連携からゴールを決めている。 1-0とリバプールリードの24分、最終ラインからのロングパスを最前線で受けたFWモハメド・サラーがFWロベルト・フィルミーノに落とす。ドリブルでボールを運びながらチャンスを伺うフィルミーノは、右サイドから上がってくるワイナルドゥムを見て、絶妙なスルーパスをボックス内に送る。これを相手DFの裏で受けたワイナルドゥムがGKのニアポストを抜くゴールを決め、追加点を奪った。 このワイナルドゥムのゴールなどもあり、3-1と危なげなく勝利したリバプール。プレシーズン最終戦となった試合で仕上がりの良さを見せつけた。 2020.10.23 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「本当に申し訳ない」ファン・ダイクの重傷にアンチェロッティ監督が謝罪、ピックフォードは「本当に落ち込んでいる」

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が、注目を集めてしまった“マージーサイド・ダービー”で起こった事故について語った。エバートン公式サイトが伝えた。 17日のプレミアリーグ第5節で激突したエバートンとリバプール。試合はダービーらしい白熱した展開となり、リバプールの先制から始まったシーソーゲームは2-2という結果に終わった。 今季初のダービーだったが、最も話題をさらったのは開始5分の出来事。セットプレーの流れからクロスに合わせにいったリバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクと、エバートンのイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードが激突。この接触でファン・ダイクは途中交代となると、試合後の検査で右ヒザ前十字靭帯の損傷と診断。手術を余儀なくされ、長期離脱することとなった。 このシーンでは、ファン・ダイクがオフサイドポジションにいたことから、ファウルを取られることはなかったものの、アフターチャージであること、そして結果的に重傷に繋がったことでピックフォードへ非難の声が多く浴びせられることとなった。 アンチェロッティ監督は、この件について口を開き、まずはファン・ダイクに謝罪。一方で、ピックフォードにケガをさせる意図はなく、サッカーではよく起こることが起こってしまったと弁解した。 「まず、明確にしておきたいことは、ヴィルヒル・ファン・ダイクのケガについては本当に申し訳ないと思っている。我々1人1人が、彼がすぐに、そしてしっかりと回復できることを望んでいる」 「ジョーダン・ピックフォードとの接触があった。それはタイミングが悪いものだった。しかし、プレミアリーグはとてもスピーディで、少しだけ遅れてしまうことはよく起こる事ではある」 「ジョーダンは少し遅れてしまったが、彼の意図はボールに届こうというものであった。ヴィルヒル・ファン・ダイクを傷つけるということではなかった」 「計画的だったとか、あれやこれや言うことは、私の中ではやり過ぎだと感じている。ファン・ダイクもこのことを知っている」 「ジョーダンは本当に悲しんでおり、(ファン・ダイクが負傷したことを知り)本当に落ち込んでいた」 「それは強い接触であり、タイミングがズレてしまったかもしれないが、サッカーでは時々そういったことが起こる可能性はある」 2020.10.22 21:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ミルナー、CB起用で大活躍のファビーニョを絶賛「彼はトッププレーヤーだ」

リバプールの元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーが、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節のアヤックス戦に勝利した後、チームメイトのブラジル代表MFファビーニョを絶賛した。公式サイトが伝えている。 エバートンとのマージーサイド・ダービーで負ったケガにより、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクの長期離脱が確実になっているリバプールは、カメルーン人DFジョエル・マティプも状態に不安を抱えアヤックス戦を欠場。本職のセンターバックが若手を除けばイングランド代表DFジョー・ゴメスのみと苦しい状況に陥っていた。 ユルゲン・クロップ監督は今季CL初戦となったこの試合、普段はアンカーを務めるファビーニョをセンターバックに起用する。するとファビーニョは高さと読みの鋭さで攻撃をブロックするだけでなく、相手のシュートをゴールライン上でクリアするなど大活躍。アヤックスのオウンゴールにより得たリードを守り抜き、1-0での勝利に大きく貢献している。 試合後、イギリス『BTスポーツ』のインタビューに答えたミルナーは、殊勲のブラジル代表を絶賛すると共に、ケガ人が続出した状況でのクリーンシート達成を喜んだ。 「彼はトッププレーヤーだ。トッププレーヤーは(異なるポジションに)適応することができるが、彼もそうだったね。以前にもあそこ(センターバック)でプレーしたことがあるし、非常にうまくやっている。本当に信じられないようなクリアもしていた」 「アヤックスは良いチームだし、フィジカル重視な戦いだった。昔のイングランドでの試合みたいだったね。(ピッチの)コンディションもトリッキーだった。なんとか勝利を得られたけど、それが今夜最も重要なことだよ」 「チャンスは十分にあったし、前半にもっと得点できなかったのは残念だった。でも、クリーンシートを獲得できたのは大きいよ。僕らは(メンバーを)変更していたし、彼らは良いチームだったから、クリーンシートを獲得することが重要だった。オウンゴールだけで十分だったね」 また、ミルナーはこの試合でCLデビューを飾った若手イングランド人MFカーティス・ジョーンズについても「彼はとても良い選手だ。僕はこの試合が、これから(CLで)多くの試合に出る(ジョーンズの)最初のものになると確信しているよ」と話し、大きな期待を寄せている。 2020.10.22 15:45 Thu
twitterfacebook
thumb

アヤックス戦勝利のリバプール、クロップ監督が試合を振り返る「両チームとももっと良いサッカーができる」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、アヤックス戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは21日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD第1節のアヤックス戦を戦い、0-1でリバプールが勝利を収めた。 リバプールは負傷しているオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクに加え、スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラやブラジル代表GKアリソン・ベッカーが欠場。メンバーが足りないセンターバックにはブラジル代表MFファビーニョとイングランド代表DFジョー・ゴメスを並べて臨んだ。 前半からアヤックスペースで進んだ試合だが、35分にオウンゴールでリバプールが先制。その後も主導権を握れないリバプールは、後半開始からジョーダン・ヘンダーソンを投入。さらに、60分にはモハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミノを下げて、南野拓実、ジョタ、ジェルダン・シャキリを投入するなど策を講じたが、0-1のままで勝利を収めた。 苦しい試合となったこの一戦を振り返ったクロップ監督は、難しい試合だったとコメント。勝利した結果については喜んだ。 「この結果は試合の全体像を表していて、両チームとしても最も良いパフォーマンスではなかったと言えるだろう。両チームとももっと良いサッカーができる」 「しかし、特にアウェイで戦うこの大会の試合では、色々と大変な状況がある。多くの選手がケガをしている中でラインナップを作り、試合に勝たなければならなかった」 「ラインギリギリでボールをクリアしなければならなかった時や、ポストに当たった時も、それは当然の出来事だったと思う。もちろん、彼らにもチャンスはあったが、それを除けば、両チームにとって難しいピッチの中で、我々はかなり優位に立っていた」 「アヤックスが普段は素晴らしいチームであることは誰もが知っていると思うが、今夜の試合は本当にトリッキーで、パス回しが難しかった。ただ、試合には勝ったし、問題は全くない」 2020.10.22 11:35 Thu
twitterfacebook