【2019-20ブンデス総括】最優秀選手はレヴァンドフスキ!

2020.07.14 22:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
◆フリック監督就任でV字復調のバイエルンが8連覇達成!
欧州主要リーグで最も早く新型コロナウイルス(COVID-19)による中断から再開を果たしたブンデスリーガ。他の欧州リーグの指針となる働きも見せた中、特異なシーズンとなった今季を制したのはやはり王者バイエルンだった。フリック監督が11月に就任して以降、21勝1分け2敗とV字復調したバイエルンが2試合を残して8連覇を達成した。前半戦こそケガ人の続出やニコ・コバチ前監督と一部主力選手たちの確執により躓いたが、フリック監督が就任して以降はそれぞれの選手たちが持ち味を存分に発揮し、王者に相応しい貫禄ある戦いを続けた。若手の台頭も目立ち、世代交代もうまく図れている中、バイエルン王朝時代は来季以降もまだまだ続きそうな様相だ。

そのバイエルンと優勝を争ったのは好補強を敢行したドルトムントだったが、バイエルンの前にやはり及ばなかった。とりわけ直接対決ではその実力差をまざまざと見せ付けられ、シーズンダブルを喫した。3バックへの変更など、就任2シーズン目のファブレ監督も試行錯誤を繰り返してチームの舵を取っていたが、バイエルンから王座を奪うには至らず。FWハーランドやMFサンチョらを筆頭に有望な若手が揃っているだけに新シーズンもバイエルンの連覇を阻む最大のライバルとして期待したい。

ヘルプストマイスター(冬の王者)に輝いたライプツィヒは3位でのフィニッシュとなった。ナーゲルスマン新監督の下、ラングニック前監督が植え付けた攻守の切り替えの早いサッカーを成熟させたチームは、CLでクラブ史上初の決勝トーナメント進出を果たし、8強入りを成し遂げた。CLとリーグで十分な結果を残し、ビッグクラブへの道を着実に歩んでいる印象だ。

シーズン終盤、レバークーゼンとの熾烈なCL権争いを制して4位に滑り込んだのはボルシアMGだった。ザルツブルクで実績を上げたローゼ監督を迎えたボルシアMGは、ラングニック・スタイルのサッカーで躍進。快足FWテュラムを迎えて攻撃力が増したチームは、シーズンを通して上位をキープし続けた。

後半戦の追い上げ空しくボルシアMGに一歩及ばなかったレバークーゼンだったが、就任2シーズン目のボス監督の攻撃サッカーはしっかりと浸透していることを見せ付けた。前半戦こそCLとの兼ね合いにより躓いたが、昨季ブレイクしたMFハフェルツが後半戦に爆発し、チームも上昇気流に乗った。

残留争いではFW大迫のブレーメンが逆転で残留プレーオフに滑り込み、ハイデンハイムとの入れ替え戦を制して残留をもぎ取った。降格したのはそのブレーメンに最終節でまくられたデュッセルドルフと、昇格組のパーダーボルンとなった。

【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆FWロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
Getty Images

昨季に続く好パフォーマンスを維持したMFキミッヒと迷ったが、3シーズン連続での得点王となったレヴァンドフスキを選出。チームがうまく回っていなかった中、開幕から11試合連続ゴールのブンデス新記録を樹立し、最終的には34ゴールを積み重ねた。1試合1ゴールペースで得点を量産したスランプを知らない大エースが王者バイエルンを牽引した。

★最優秀監督
◆ハンジ・フリック(バイエルン)
Getty Images

アシスタントコーチから昇格する形で暫定監督に就任し、見事8連覇に導いた。11月にフランクフルトに大敗するなど壊れかけていた王者を見事に立て直した上、新たな黄金時代を築き上げようとしている手腕を高く評価。ベテランを気持ち良くプレーさせ、若手を大胆に起用するなど、懐の深い人心掌握でバイエルンに王者の風格を取り戻させた。

【期待以上】
★チーム
◆ボルシアMG
Getty Images

ザルツブルクで実績を残し、ブンデスリーガ初挑戦となったドイツ人指揮官のローゼ監督が4シーズンぶりにボルシアMGにCL出場をもたらした。MFトルガン・アザールを引き抜かれたが、FWテュラムを早々にチームにフィットさせ、シーズンを通して調子を落とすことなく上位をキープし続けた。

★選手
◆FWアーリング・ハーランド(ドルトムント)
Getty Images

ザルツブルクで大暴れしていた神童がブンデスリーガでも躍動した。CLグループステージで8ゴールを荒稼ぎして欧州全土の注目を浴びた19歳は、1月にドルトムントに移籍。そのドルトムントでも加入直後からゴールを量産。ブンデスリーガ15試合の出場で13ゴールを挙げ、規格外のヤングスターであることを証明した。

【期待外れ】
★チーム
◆ブレーメン
Getty Images

エースFWクルーゼの移籍の穴が大きく、得点力不足に陥った。シーズン終盤こそ大迫が爆発したものの、慢性的な得点力不足に陥ったチームは守備も崩壊。最下位パーダーボルンに次ぐ失点の多さで攻守ともに冴えないシーズンとなったが、何とか残留プレーオフに回って残留を勝ち取った。

★選手
◆MFマリオ・ゲッツェ(ドルトムント)
Getty Images

もはや復活を期待していたとは言いにくい状況だったが、若手が台頭するチームの中でやはり存在感を示せなかった。失敗だったバイエルン移籍からドルトムント復帰4シーズン目を迎えたが、公式戦での先発がわずか6試合と、戦力にならなかった。28歳とまだまだ老け込む歳ではないが、今季限りでのドルトムント退団が決まった中、新シーズンは新たなクラブで再出発としたい。
コメント
関連ニュース
thumb

名手クロースがバイエルン時代に決めた豪快な無回転ロングシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はレアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロースがバイエルン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆クロースの豪快な無回転ロング<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ1UXFVSlNCNSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 16歳で名門バイエルンの下部組織に入団したクロースは、同クラブでプロデビュー。レンタル移籍を経てファーストチームに定着すると、主力として2012-13シーズンの3冠などに貢献した。 類稀なパスセンスで試合を組み立てる力を持つクロースだが、2010年10月29日に行われたブンデスリーガ第10節のフライブルク戦では、豪快な一撃を決めている。 3-1とバイエルンリードの80分、MFバスティアン・シュバインシュタイガーのパスを相手陣内左サイドでクロースが受ける。ドリブルでやや中央に入ったクロースは、ゴールからまだ距離がある位置からロングシュートを放つ。無回転気味の強烈なシュートは、軌道の読めない細かい変化をしながらゴール左上に決まった。 試合は、このゴールでリードを広げたバイエルンが4-2で勝利している。 2021.01.21 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

首位でリーグ折り返しも、バイエルン指揮官はパフォーマンスに納得せず「後半ミスが多すぎた」

バイエルンのハンジ・フリック監督が、首位でのリーグ折り返しを評価しつつ、パフォーマンスの改善を誓っている。クラブ公式サイトが伝えた。 バイエルンは、20日に行われたブンデスリーガ第17節でアウグスブルクと対戦。前節フライブルクに勝利し公式戦の連敗をストップさせたチームは、この日も前半にPKで幸先よく先制。終盤は苦しんだものの相手のPK失敗にも助けられ、1-0で勝利を収めた。 この結果、バイエルンは勝ち点39を獲得し、リーグ前半戦を首位で終えることに。ただし、年明けから勢いに陰りが見られ、DFBポカールでは2部相手に不覚をとり2回戦で敗退するなど、万全からは程遠い状態だ。 試合後のインタビューに応じたフリック監督も、チームの復調が何より重要だと語りつつ、改善の必要性があることについて認めている。 「我々は勝ち点39を獲得し、首位に立つことができた。2度の敗戦を経て、調子を取り戻すことが大切だったと思う。そしてそのためには、結果を出すことが重要だ。次もまた良い結果を得るため、すべてのことに取り組んでいきたい」 「今日の前半のようなプレーを90分続け、試合を支配するのが我々の野望なんだ。前半で試合を終わらせる必要があったがそうはならず、その後は違った展開になってしまったね」 「後半の我々はミスが多すぎて、試合に入ることができていなかった。我々の野望のためにも、今は(次節の)シャルケ戦に向けて、パフォーマンス改善に取り組む必要がある」 2021.01.21 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンが連勝で前半戦最終戦を飾る! 相手のPK失敗に救われる苦しい内容も勝負強さ発揮《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第17節、アウグスブルクvsバイエルンが20日に行われ、アウェイのバイエルンが0-1で勝利した。 前節、フライブルクに2-1で辛勝し公式戦の連敗をストップしたバイエルン。2位のRBライプツィヒの取りこぼしにより、ヘルプストマイスターを決めた絶対王者は前半戦最終戦で連勝を狙った。 前節からアルフォンソ・デイビスに代えてリュカを起用した以外、同じメンバーを継続したバイエルンは立ち上がりから相手を押し込んでいく。すると、13分にはリュカがボックス内でケディラに倒されてPKを獲得。これをキッカーのレヴァンドフスキが冷静に決めて幸先よく先制に成功した。 その後もがっちりと主導権を握って相手を押し込むアウェイチームは22分にニャブリが強烈なミドルシュートで相手ゴールを脅かす。さらに、コマンとニャブリの両ウイングの仕掛けを突破口に再三の決定機を創出。だが、相手GKの好守に阻まれる。 前半終了間際の43分にはニャブリの右からの鋭いクロスに反応したファーサイドのレヴァンドフスキがワンタッチで合わすが、これは惜しくも左ポストを叩いた。 1点リードで試合を折り返したバイエルンはなかなか追加点を奪えないものの、ほとんど相手に決定機を与えることなく危なげない試合運びを続ける。 67分にはレヴァンドフスキとニャブリを下げてサネとトリソを投入。この交代でミュラーを最前線に上げた。やや守備的な采配で逃げ切りを意識したバイエルンだったが、この直後に最大のピンチを招く。 76分、DFパヴァールのボックス内での不用意なハンドでPKを献上。しかし、キッカーのフィンボガソンが左を狙って蹴ったシュートは左ポストを叩き相手のミスによって同点のピンチを逃れた。 これで気を引き締めたいバイエルンだが、以降も攻撃では決定機まで持ち込めず、守備でも相手の攻勢に晒される苦しい状況が続く。それでも、試合最終盤にはミュラーに代えてハビ・マルティネスを投入する割り切った采配で虎の子の1点を守り切った。 フライブルク戦に続く苦しい内容も持ち味の勝負強さを発揮して勝ちきったバイエルンが前半戦最終戦を白星で飾り2連勝を達成した。 2021.01.21 06:29 Thu
twitterfacebook
thumb

来月カタール開催のFIFAクラブワールドカップの対戦カード決定!

FIFAクラブワールドカップ(CWC)2020の組み合わせ抽選会が19日に行われ、対戦カードが決定した。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって延期となっていたCWCだが、昨年11月に今年2月にカタールで開催されることが決定。ただ、コロナ禍によってオセアニア王者のオークランド・シティ(ニュージーランド)の参加辞退が決定し、現行の7チーム制から6チーム制への変更を余儀なくされた。 2回戦ではCONCACAFチャンピオンズリーグ(北中米カリブ海王者)のUANLティグレス(メキシコ)と、AFCチャンピオンズリーグ王者(アジア王者)の蔚山現代(韓国)が対戦。もう1カードは開催国王者であり、柏レイソルからケニア代表FWオルンガが加入したことで注目を集めるアル・ドゥハイル(カタール)が、CAFチャンピオンズリーグ王者(アフリカ王者)のアル・アハリ(エジプト)と対戦する。 また、チャンピオンズリーグ王者(欧州王者)のバイエルン(ドイツ)と、サントス(ブラジル)とパウメイラス(ブラジル)が今月30日に決勝を戦うコパ・リベルタ・ドーレス王者(南米王者)は準決勝からの参戦。 前者はアル・ドゥハイルvsアル・アハリの勝者と、後者はUANLティグレスvs蔚山現代の勝者と対戦することになる。 ★FIFAクラブワールドカップ2020 日程 ◆2回戦 ▽2/4(木) UANLティグレス vs 蔚山現代[Match 2] アル・ドゥハイル vs アル・アハリ[Match 3] ◆5位決定戦 ▽2/7(日) [Match 2]の敗者 vs [Match 3]の敗者[Match 4] ◆準決勝 ▽2/7(日) コパ・リベルタ・ドーレス王者 vs [Match 2]の勝者[Match 5] ▽2/8(月) [Match 3]の勝者 vs バイエルン[Match 6] ◆3位決定戦 ▽2/11(木) [Match 6]の敗者 vs [Match 5]の敗者 ◆決勝 ▽2/11(木) [Match 6]の勝者 vs [Match 5]の勝者 2021.01.20 02:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、バイエルンの逸材MFスティラーの来季加入内定! ヘーネス監督の愛弟子

ホッフェンハイムは18日、バイエルンからU-20ドイツ代表MFアンジェロ・スティラー(19)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。今年7月1日付けでの加入となり、2025年6月30日までの契約にサインしている。 9歳でバイエルンのアカデミーに加入したスティラーは、戦術眼と左足のキック精度に長けた攻守両面で貢献できるセントラルMF。ここまでリザーブチームのバイエルンⅡが主戦場も、昨年10月のDFBポカールのデューレン戦でトップチームデビューを飾ると、ここまで公式戦3試合に出場している。 なお、ホッフェンハイムのトップチームを率いるセバスティアン・ヘーネス監督は昨季までバイエルンⅡを率い、スティラーと共にブンデスリーガ3部優勝を分かち合った旧知の間柄だ。 2021.01.19 23:40 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly