【2019-20ブンデス総括】最優秀選手はレヴァンドフスキ!

2020.07.14 22:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
◆フリック監督就任でV字復調のバイエルンが8連覇達成!
欧州主要リーグで最も早く新型コロナウイルス(COVID-19)による中断から再開を果たしたブンデスリーガ。他の欧州リーグの指針となる働きも見せた中、特異なシーズンとなった今季を制したのはやはり王者バイエルンだった。

フリック監督が11月に就任して以降、21勝1分け2敗とV字復調したバイエルンが2試合を残して8連覇を達成した。前半戦こそケガ人の続出やニコ・コバチ前監督と一部主力選手たちの確執により躓いたが、フリック監督が就任して以降はそれぞれの選手たちが持ち味を存分に発揮し、王者に相応しい貫禄ある戦いを続けた。若手の台頭も目立ち、世代交代もうまく図れている中、バイエルン王朝時代は来季以降もまだまだ続きそうな様相だ。

そのバイエルンと優勝を争ったのは好補強を敢行したドルトムントだったが、バイエルンの前にやはり及ばなかった。とりわけ直接対決ではその実力差をまざまざと見せ付けられ、シーズンダブルを喫した。3バックへの変更など、就任2シーズン目のファブレ監督も試行錯誤を繰り返してチームの舵を取っていたが、バイエルンから王座を奪うには至らず。FWハーランドやMFサンチョらを筆頭に有望な若手が揃っているだけに新シーズンもバイエルンの連覇を阻む最大のライバルとして期待したい。

ヘルプストマイスター(冬の王者)に輝いたライプツィヒは3位でのフィニッシュとなった。ナーゲルスマン新監督の下、ラングニック前監督が植え付けた攻守の切り替えの早いサッカーを成熟させたチームは、CLでクラブ史上初の決勝トーナメント進出を果たし、8強入りを成し遂げた。CLとリーグで十分な結果を残し、ビッグクラブへの道を着実に歩んでいる印象だ。

シーズン終盤、レバークーゼンとの熾烈なCL権争いを制して4位に滑り込んだのはボルシアMGだった。ザルツブルクで実績を上げたローゼ監督を迎えたボルシアMGは、ラングニック・スタイルのサッカーで躍進。快足FWテュラムを迎えて攻撃力が増したチームは、シーズンを通して上位をキープし続けた。

後半戦の追い上げ空しくボルシアMGに一歩及ばなかったレバークーゼンだったが、就任2シーズン目のボス監督の攻撃サッカーはしっかりと浸透していることを見せ付けた。前半戦こそCLとの兼ね合いにより躓いたが、昨季ブレイクしたMFハフェルツが後半戦に爆発し、チームも上昇気流に乗った。

残留争いではFW大迫のブレーメンが逆転で残留プレーオフに滑り込み、ハイデンハイムとの入れ替え戦を制して残留をもぎ取った。降格したのはそのブレーメンに最終節でまくられたデュッセルドルフと、昇格組のパーダーボルンとなった。

【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆FWロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
Getty Images

昨季に続く好パフォーマンスを維持したMFキミッヒと迷ったが、3シーズン連続での得点王となったレヴァンドフスキを選出。チームがうまく回っていなかった中、開幕から11試合連続ゴールのブンデス新記録を樹立し、最終的には34ゴールを積み重ねた。1試合1ゴールペースで得点を量産したスランプを知らない大エースが王者バイエルンを牽引した。

★最優秀監督
◆ハンジ・フリック(バイエルン)
Getty Images

アシスタントコーチから昇格する形で暫定監督に就任し、見事8連覇に導いた。11月にフランクフルトに大敗するなど壊れかけていた王者を見事に立て直した上、新たな黄金時代を築き上げようとしている手腕を高く評価。ベテランを気持ち良くプレーさせ、若手を大胆に起用するなど、懐の深い人心掌握でバイエルンに王者の風格を取り戻させた。

【期待以上】
★チーム
◆ボルシアMG
Getty Images

ザルツブルクで実績を残し、ブンデスリーガ初挑戦となったドイツ人指揮官のローゼ監督が4シーズンぶりにボルシアMGにCL出場をもたらした。MFトルガン・アザールを引き抜かれたが、FWテュラムを早々にチームにフィットさせ、シーズンを通して調子を落とすことなく上位をキープし続けた。

★選手
◆FWアーリング・ハーランド(ドルトムント)
Getty Images

ザルツブルクで大暴れしていた神童がブンデスリーガでも躍動した。CLグループステージで8ゴールを荒稼ぎして欧州全土の注目を浴びた19歳は、1月にドルトムントに移籍。そのドルトムントでも加入直後からゴールを量産。ブンデスリーガ15試合の出場で13ゴールを挙げ、規格外のヤングスターであることを証明した。

【期待外れ】
★チーム
◆ブレーメン
Getty Images

エースFWクルーゼの移籍の穴が大きく、得点力不足に陥った。シーズン終盤こそ大迫が爆発したものの、慢性的な得点力不足に陥ったチームは守備も崩壊。最下位パーダーボルンに次ぐ失点の多さで攻守ともに冴えないシーズンとなったが、何とか残留プレーオフに回って残留を勝ち取った。

★選手
◆MFマリオ・ゲッツェ(ドルトムント)
Getty Images

もはや復活を期待していたとは言いにくい状況だったが、若手が台頭するチームの中でやはり存在感を示せなかった。失敗だったバイエルン移籍からドルトムント復帰4シーズン目を迎えたが、公式戦での先発がわずか6試合と、戦力にならなかった。28歳とまだまだ老け込む歳ではないが、今季限りでのドルトムント退団が決まった中、新シーズンは新たなクラブで再出発としたい。
コメント
関連ニュース
thumb

レヴァンドフスキ、恩師クロップを語る「一人の人間としても素晴らしい」

バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、かつての師であるユルゲン・クロップ監督について語った。『ESPN』が伝えている。 レヴァンドフスキは、ドルトムント時代の2010年から2014年までの期間にクロップ監督の指導を受けてきた。 そして、加入2年目にセンターフォワードとして完全に覚醒したポーランド代表FWはブンデスリーガ連覇に貢献すると、2012-13シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)準優勝に導いた。その後、3年連続リーグ20ゴールを達成したエースストライカーは、宿敵バイエルンへと旅立った。 一方、ドルトムント指揮官退任後、2015年途中にリバプールの指揮官に就任したクロップ監督は、就任4年目となった昨シーズンにCL制覇、就任5年目の今シーズンにプレミアリーグ制覇を成し遂げ、今では世界最高の名将の一人に数えられる。 そして、今や世界最高のストライカーの一人と評されるレヴァンドフスキは、かつて指導を受けた世界最高の名将が自身にとって一番の恩師であると明言。さらに、クロップ監督が見せる“父親”、“監督”という2つの顔が、自身を含む多くの選手を魅了しているとしている。 「個人的にユルゲン・クロップは僕にとっての一番のお気に入りだね。その次にペップ・グアルディオラだ。それは100%間違いないね」 「クロップは2つの顔を持っているんだ。父親のような存在である一方、監督やコーチとしての顔もちゃんと持っている。彼は選手たちに対して何でも話してくれるんだ。それは僕らにとって耳心地が良いことだけでなく悪いこともね」 「同様に、選手たちにとって彼は大きなモチベーションになっている。そこに関しては完璧だと言えるね。叱咤激励なんかのさじ加減が絶妙なんだ」 「監督としてのパフォーマンスは驚くべきものだけど、それだけではなく一人の人間としても素晴らしいよ」 2020.08.04 21:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、補強戦略揶揄のバイエルン名誉会長に不快感 「事実に反する傲慢な発言」

ドルトムントでスポーツ・ディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏が、クラブの補強戦略を揶揄したバイエルンのウリ・ヘーネス名誉会長に不快感を示した。ドイツ『キッカー』が伝えている。 近年、ヨーロッパ屈指の育成クラブとして高額な売却益を元手にクラブとして成長を続けるドルトムント。その一方で、主力に育った若手の相次ぐ流出を受けて、宿敵バイエルンにブンデスリーガ8連覇を許すなど、肝心のスポーツ面では確固たる成功を収められていない。 そのドルトムントに対して、ヘーネス名誉会長はドイツ『FAZ』のインタビューで、「懸命じゃない」と補強戦略を揶揄した。 「ドルトムントがとても才能のある若手選手を獲得し活躍を見せると、数カ月後にはクラブ内外からいずれ売却対象となるという話しか聞こえてこない」 「仮に、自分が売却対象だと感じた場合、その選手はどうやってクラブのDNAを100%吸収することができると思うか? それは無理だ」 物議を醸す宿敵の総大将からのコメントを受けて、ツォルク氏は「傲慢な発言」と不快感を露わにするとともに、バイエルンとの大きな資金面の差が、望まぬ事態を招いていると主張している。 「それはかなり傲慢な発言であり、事実に反するものもある」 「仮に、毎年のように2億5000万ユーロ(約312億円)以上の収入が得られるのであれば、ああいったふうに自慢するのも簡単だろうね」 なお、2018-19シーズンのバイエルンの売上高は史上最高の約7億5000万ユーロ(約936億円)。一方、ドルトムントは約4億9000万ユーロ(約612億円)と、歴然たる差がある。 それだけにツォルク氏は、ヘーネス名誉会長によるマウントを取る行為に強い怒りを感じたようだ。 2020.08.04 14:35 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルンの名誉会長がドルトムントの方針を非難!「良いプレーをしても最終的には…」

バイエルンの名誉会長を務めるウリ・ヘーネス氏がドルトムントの移籍戦略を非難した。ドイツ『N-TV』が伝えている。 若手育成に定評のあるドルトムント。これまでFWピエール=エメリク・オーバメヤンやFWウスマーヌ・デンベレ、MFクリスチャン・プリシッチといった選手を売却し、高額な移籍金を手にしている。 ヘーネス氏はこのやり方がバイエルンにブンデスリーガ8連覇をもたらしている要因だと考えているようだ。ドイツ『FAZ』の取材で宿敵に向けて「賢明じゃない」と注意喚起した。 「ドルトムントがとても才能のある選手を購入し、良いプレーをしたとする。しかし、数カ月後には最終的に売りに出されたという話を聞くことになる」 「もし、選手が自分が売却の対象だと感じた場合、どうやってクラブのDNAを100%吸収することができるのか? 無理だ。我々はバイエルンのために選手を獲得している。ビジネスにすることはないね。プレーヤーはずっとバイエルンの一員だと感じなければならない」 ヘーネス氏はまた、今夏の補強についてもコメントしている。すでにマンチェスター・シティから移籍金4900万ユーロ(約61億円)でドイツ代表MFレロイ・ザネ(24)を獲得しているバイエルン。レバークーゼンのドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(21)への関心も報じられているが、これ以上の大きな動きはないと語っている。 「大きな補強はないと思う。コロナウイルスの影響がある中で5000万ユーロ近くの取引をした後に、資金が確保出来ていない状況で7000万~8000万ユーロ以上の交渉は想像できない」 2020.08.03 21:50 Mon
twitterfacebook
thumb

バイエルンの“皇帝”リベリがみせた圧巻のバイシクルゴール!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はフィオレンティーナの元フランス代表FWフランク・リベリがバイエルンで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆リベリが決めたアクロバティックなワンダーゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI4bkI0QktZZCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 貧しい出自ながら、圧倒的なフットボールの才能でトップまでのし上がったリベリは、マルセイユでブレイクを果たすと、2007年にバイエルンへ加入。世界屈指のウィンガーとして、同クラブで長く活躍した。 圧倒的な突破力と決定力を武器にバイエルン攻撃陣の一角を担ったリベリだが、2016年4月2日に行われた、ブンデスリーガ第28節のフランクフルト戦では、圧巻のバイシクルキックでゴールを決めている。 0-0で迎えた20分、相手陣内中央で味方のボールを受けたMFマリオ・ゲッツェが、ドリブルに入ると一気に加速し、ボックス手前で相手DFが足を滑らせた隙にできたスペースからシュート。 低い弾道のシュートは、GKにブロックされるものの、高く跳ね上がったボールに反応したリベリが、ゴール正面のボックス際から豪快なバイシクルキック。完璧にミートした強烈なシュートは、GKの頭上を抜き、ゴールネットに突き刺さった。 リベリのゴールで先制したバイエルン。これが試合を通して唯一のゴールとなり、1-0でバイエルンが勝利している。 2020.08.03 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

バイエルン関心のスコットランドの逸材SB・ヒッキー、ボローニャが一歩リード?

スコットランドのハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)に所属するU-19スコットランド代表DFアーロン・ヒッキー(18)が、多くのクラブから興味を示されている。イギリス『BBC』が報じている。 ハーツとセルティックの下部組織に在籍経験があるヒッキーは、2019年5月にハーツでトップチームデビューを飾った両利きのサイドバック。今シーズンは左サイドバックを主戦場に、公式戦30試合1ゴール1アシストの数字を残すなど、17歳とは思えない存在感を放っている。 <div id="cws_ad">◆引く手数多のヒッキー、攻撃参加からミドルシュート!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJoRzlCR3k1MSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ヒッキーは、2021年6月まで契約を残しているが、ハーツは2部に降格。今夏の移籍が既定路線となっている状況だ。 ヒッキーに興味を示しているのはバイエルンやボローニャ、アストン・ビラなど多岐にわたっている。 『BBC』によれば、ボローニャはハーツが求める移籍金150万ポンド(約2億1000万円)を満たすオファーを出しているとのこと。本人もイタリア行きに前向きなようだ。 一方で、バイエルンも引き続き関心を示しており、より詳細なオファーを待っている状況とのことだ。 なお、ユース時代を過ごしたセルティックは、他クラブからのオファーについて通知を受けることができる状況とのこと。リバプールDFアンドリュー・ロバートソン、アーセナルDFキーラン・ティアニーに続くサイドバックの大器と期待される逸材はどこに行くだろうか。 2020.08.03 09:30 Mon
twitterfacebook