【2019-20ブンデス総括】最優秀選手はレヴァンドフスキ!

2020.07.14 22:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
◆フリック監督就任でV字復調のバイエルンが8連覇達成!
欧州主要リーグで最も早く新型コロナウイルス(COVID-19)による中断から再開を果たしたブンデスリーガ。他の欧州リーグの指針となる働きも見せた中、特異なシーズンとなった今季を制したのはやはり王者バイエルンだった。フリック監督が11月に就任して以降、21勝1分け2敗とV字復調したバイエルンが2試合を残して8連覇を達成した。前半戦こそケガ人の続出やニコ・コバチ前監督と一部主力選手たちの確執により躓いたが、フリック監督が就任して以降はそれぞれの選手たちが持ち味を存分に発揮し、王者に相応しい貫禄ある戦いを続けた。若手の台頭も目立ち、世代交代もうまく図れている中、バイエルン王朝時代は来季以降もまだまだ続きそうな様相だ。

そのバイエルンと優勝を争ったのは好補強を敢行したドルトムントだったが、バイエルンの前にやはり及ばなかった。とりわけ直接対決ではその実力差をまざまざと見せ付けられ、シーズンダブルを喫した。3バックへの変更など、就任2シーズン目のファブレ監督も試行錯誤を繰り返してチームの舵を取っていたが、バイエルンから王座を奪うには至らず。FWハーランドやMFサンチョらを筆頭に有望な若手が揃っているだけに新シーズンもバイエルンの連覇を阻む最大のライバルとして期待したい。

ヘルプストマイスター(冬の王者)に輝いたライプツィヒは3位でのフィニッシュとなった。ナーゲルスマン新監督の下、ラングニック前監督が植え付けた攻守の切り替えの早いサッカーを成熟させたチームは、CLでクラブ史上初の決勝トーナメント進出を果たし、8強入りを成し遂げた。CLとリーグで十分な結果を残し、ビッグクラブへの道を着実に歩んでいる印象だ。

シーズン終盤、レバークーゼンとの熾烈なCL権争いを制して4位に滑り込んだのはボルシアMGだった。ザルツブルクで実績を上げたローゼ監督を迎えたボルシアMGは、ラングニック・スタイルのサッカーで躍進。快足FWテュラムを迎えて攻撃力が増したチームは、シーズンを通して上位をキープし続けた。

後半戦の追い上げ空しくボルシアMGに一歩及ばなかったレバークーゼンだったが、就任2シーズン目のボス監督の攻撃サッカーはしっかりと浸透していることを見せ付けた。前半戦こそCLとの兼ね合いにより躓いたが、昨季ブレイクしたMFハフェルツが後半戦に爆発し、チームも上昇気流に乗った。

残留争いではFW大迫のブレーメンが逆転で残留プレーオフに滑り込み、ハイデンハイムとの入れ替え戦を制して残留をもぎ取った。降格したのはそのブレーメンに最終節でまくられたデュッセルドルフと、昇格組のパーダーボルンとなった。

【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆FWロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
Getty Images

昨季に続く好パフォーマンスを維持したMFキミッヒと迷ったが、3シーズン連続での得点王となったレヴァンドフスキを選出。チームがうまく回っていなかった中、開幕から11試合連続ゴールのブンデス新記録を樹立し、最終的には34ゴールを積み重ねた。1試合1ゴールペースで得点を量産したスランプを知らない大エースが王者バイエルンを牽引した。

★最優秀監督
◆ハンジ・フリック(バイエルン)
Getty Images

アシスタントコーチから昇格する形で暫定監督に就任し、見事8連覇に導いた。11月にフランクフルトに大敗するなど壊れかけていた王者を見事に立て直した上、新たな黄金時代を築き上げようとしている手腕を高く評価。ベテランを気持ち良くプレーさせ、若手を大胆に起用するなど、懐の深い人心掌握でバイエルンに王者の風格を取り戻させた。

【期待以上】
★チーム
◆ボルシアMG
Getty Images

ザルツブルクで実績を残し、ブンデスリーガ初挑戦となったドイツ人指揮官のローゼ監督が4シーズンぶりにボルシアMGにCL出場をもたらした。MFトルガン・アザールを引き抜かれたが、FWテュラムを早々にチームにフィットさせ、シーズンを通して調子を落とすことなく上位をキープし続けた。

★選手
◆FWアーリング・ハーランド(ドルトムント)
Getty Images

ザルツブルクで大暴れしていた神童がブンデスリーガでも躍動した。CLグループステージで8ゴールを荒稼ぎして欧州全土の注目を浴びた19歳は、1月にドルトムントに移籍。そのドルトムントでも加入直後からゴールを量産。ブンデスリーガ15試合の出場で13ゴールを挙げ、規格外のヤングスターであることを証明した。

【期待外れ】
★チーム
◆ブレーメン
Getty Images

エースFWクルーゼの移籍の穴が大きく、得点力不足に陥った。シーズン終盤こそ大迫が爆発したものの、慢性的な得点力不足に陥ったチームは守備も崩壊。最下位パーダーボルンに次ぐ失点の多さで攻守ともに冴えないシーズンとなったが、何とか残留プレーオフに回って残留を勝ち取った。

★選手
◆MFマリオ・ゲッツェ(ドルトムント)
Getty Images

もはや復活を期待していたとは言いにくい状況だったが、若手が台頭するチームの中でやはり存在感を示せなかった。失敗だったバイエルン移籍からドルトムント復帰4シーズン目を迎えたが、公式戦での先発がわずか6試合と、戦力にならなかった。28歳とまだまだ老け込む歳ではないが、今季限りでのドルトムント退団が決まった中、新シーズンは新たなクラブで再出発としたい。
コメント
関連ニュース
thumb

女性審判員の先駆け、シュタインハウスさんがDFLスーパーカップを最後に12年の審判生活に幕

女性審判員として第一線で活躍を続けてきたビビアナ・シュタインハウスさん(41)が、そのキャリアに終止符を打った。ドイツサッカー連盟(DFB)が発表した。 シュタインハウスさんは、9月30日に行われたDFLスーパーカップで主審を担当。女性として、初めてドイツでタイトルが懸かった試合で主審を務め、バイエルンvsドルトムントというドイツ国内で最高のカードでは、毅然とした態度で正確なジャッジを続け、試合をコントロールしていた。 シュタインハウスさんは、12年間にわたる審判員人生で数々の偉業を成し遂げている。 2005年に国際サッカー連盟(FIFA)の審判員となったシュタインハウスさんは、2011年の女子ワールドカップ決勝や、2012年のロンドン・オリンピック決勝などで主審を務めた経験があり、2017年9月には女性として初めてブンデスリーガで主審を務めた。 今回引退を決めた理由は新型コロナウイルス(COVID-19)が大きく影響していると語っている。 「コロナの状況で、他の人と同様に私はいくつかのことを振り返り、改めて考えてみました。DFBエリートレフェリーのスポーツ・ディレクターであるルッツ・ミヒャエル・フレーリヒ氏とのとても信頼できる建設的な会話の後、レフェリーとしての国内キャリア、国際的なキャリアを終えることにしました」 なお、本職は警察官であるシュタインハウスさんだが、主審業は終えても審判員は続けるとのこと。ピッチに立つことはないが、今後はビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の担当審判員になるようだ。 2020.10.01 22:47 Thu
twitterfacebook
thumb

絶対王者バイエルンの強さを見せつけたアラバのパーフェクトショット【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、バイエルンのオーストリア代表DFダビド・アラバが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆アラバのパーフェクトショット<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI3Z2NscGVxQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アラバは2011年にバイエルンでトップチームデビュー後、すぐさま主力に定着してみせ、チームを代表する選手の1人として知れ渡る存在に。昨シーズンからセンターバックとしての役割を高いレベルでこなすなど、マルチロールぶりも遺憾なく発揮し、チームのブンデスリーガ8連覇に大きく貢献。セットプレーでもチームの武器になっている。 2017年5月13日に行われたブンデスリーガ第33節のRBライプツィヒ戦では、1点ビハインドで迎えた後半アディショナルタイムに劇的な直接FKを決めている。 すでにバイエルンの優勝は決まっていたものの、上位2チームの戦いとなったこの試合前半から打ち合いとなると、4-3とライプツィヒ1点リードで試合終盤を迎える。 瀬戸際の90分、バイエルンはゴールほぼ正面の位置でFKを獲得すると、アラバが左足を一閃。美しい弧を描いたシュートがゴール右隅へと突き刺さった。完璧な軌道に相手GKペーテル・グラーチも成す術なしだった。 このゴールで同点に追いついたバイエルンはアディショナルタイム5分にFWアリエン・ロッベンが値千金の勝ち越しゴールを奪い、大逆転でタイムアップ。王者の貫禄を見せつけた。 2020.10.01 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

「勝利が何よりも重要だった」DFLスーパーカップ制覇のフリック監督が歓喜!

バイエルンのハンジ・フリック監督がDFLスーパーカップ制覇を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 9月30日に行われたDFLスーパーカップでドルトムントと対戦したバイエルンはMFコランタン・トリソとMFトーマス・ミュラーのゴールで2点リード。MFユリアン・ブラント、FWアーリング・ハーランドのゴールで同点に追いつかれたが、82分にDFヨシュア・キミッヒが勝ち越しゴールを決めて、3-2の勝利を収めた。 2年ぶり8度目の優勝を果たしたフリック監督は、勝利が何よりも重要だったとタイトル獲得を喜んだ。 「今日は勝利だけが重要だった。それが我々の目標だった。それを達成できた。だから、チームを褒め称えたい。彼らがプレーしなければいけない試合はたくさんある。だから、自分たちで勝ちを決めることも重要だ」 「その一方でチームはメンタリティや、特定のレベルを示せた。特に後半は簡単ではなかった。2-0でリードしていたし、それに値していたと思う。それから我々は何個かのミッションや役割で困難になった。もっと上手くやらなければいけなかった」 「キミッヒは非常に特別なメンタリティ、とても優れたクオリティを持っている。だからこそ、彼はこのクラブの象徴の1人なるために本当に良い道を進んでいる。賛辞を送りたい」 2020.10.01 15:35 Thu
twitterfacebook
thumb

DFLスーパーカップ優勝のキミッヒが自身の決勝ゴールに「完璧ではなかった」

バイエルンのドイツ代表MFヨシュア・キミッヒが、ドルトムントとのDFLスーパーカップを振り返った。 前年のブンデスリーガ王者とDFBポカール王者が激突するDFLスーパーカップ。昨季は両大会ともにバイエルンが制覇したため、リーグ2位のドルトムントが挑戦権を得ることになった。 試合はバイエルンが立ち上がりからボールを握り、シュートを重ねる中、18分にMFコランタン・トリソのゴールで先制すると、32分にFWトーマス・ミュラーのゴールで加点。余裕の展開に持ち込んだかに思われたが、そこからドルトムントの反撃が始り、39分のMFユリアン・ブラント、55分のFWアーリング・ハーランドのゴールで同点に追いつく。 そんな白熱の試合に終止符を打ったのがキミッヒだった。2-2で迎えた82分、ボールを奪ったキミッヒがショートカウンターに転じ、FWロベルト・レヴァンドフスキとのパス交換からシュートに。一度はGKにセーブされるも、ルーズボールを倒れ込みながら押し込み、これが決勝点となった。 昨年11月のハンジ・フリック監督の就任以降、5つ目のタイトル獲得に貢献したキミッヒだが、試合後のインタビューで完璧なゴールではなかったと振り返った。ドイツ『キッカー』が伝えた。 「実際はボールを出すのが早過ぎた。でもレヴィが上手く戻してくれて、2度目のシュートで決めることができたんだ」 また、倒れ込みながらも泥臭く左足で押し込んだシーンについて笑みを浮かべながら「逃したくなかった」と話したキミッヒに対し、フリック監督は特別なメンタリティを持つ選手と賞賛。一方でプレーに対する溢れる過ぎる意欲に、扱い方に困っている様子だ。 「彼のことを知る限り、メンタリティは特別なものを持っている。彼はこのクラブの名に刻まれる選手の一人になるための正しい軌道に乗っているよ」 「私は彼にどのように休養を与えようか考えているのだが、彼は常にプレーしたいみたいで、なだめなければいけないんだ」 2020.10.01 15:20 Thu
twitterfacebook
thumb

CLグループステージ出場32チームが決定! 5人の日本人選手が参戦!

9月30日に2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフが終了し、CLグループステージに出場する全32チームおよびポット分けが決定した。 バイエルンの7年ぶり6度目の優勝で幕を閉じた2019-20シーズンから約2カ月を経て新シーズンのヨーロッパ王者を懸けた戦いが幕を開ける。 ポット1にはUEFAカントリーランキング上位6チームの国内王者であるレアル・マドリー、リバプール、ユベントス、昨季CL王者でありドイツ王者のバイエルン、パリ・サンジェルマン(PSG)が入り、ここに昨季ヨーロッパリーグ(EL)王者のセビージャ、UEFAカントリーランキング7位のポルトガル王者であるポルトが繰り上がりで入った。 さらに、UEFAクラブランキング上位が並ぶポット2ではマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーのイングランド勢3チームにバルセロナとアトレティコ・マドリーのスペイン勢、ドルトムント、アヤックス、シャフタールが入った。 ポット3ではすでに確定済みだったインテル、ラツィオ、RBライプツィヒの3チームに加え、予選を突破してきたディナモ・キエフ、ザルツブルク、オリンピアコス、FCクラスノダールの4チームに、昨季CLベスト8のアタランタが入った。 ポット4はいずれも初参戦のスタッド・レンヌ、イスタンブール・バシャクシェヒルの2チームが確定していた中、予選の結果を受けてマルセイユ、ボルシアMGといった名門が入っている。 なお、今回のグループステージではFW南野拓実(リバプール)、FW中島翔哉(ポルト)、MF奥川雅也(ザルツブルク)、DF酒井宏樹、DF長友佑都(マルセイユ)と、合計5人の日本人選手が参戦する。 注目のグループステージ組み合わせ抽選会は10月1日にスイスのニヨンで開催されるが、今ラウンドでは同じサッカー協会に所属するチーム同士の対戦(同国対決)はない。 今回決定した2020-21シーズンのCLグループステージ出場チーム及びポット分けは以下の通り。 ◆CLグループステージ 出場チーム&ポット分け ▽ポット1 バイエルン(CL王者/ドイツ) セビージャ(EL王者/スペイン) レアル・マドリー(スペイン) リバプール(イングランド) ユベントス(イタリア) パリ・サンジェルマン(フランス) ゼニト(ロシア) ポルト(ポルトガル) ▽ポット2 バルセロナ(スペイン) アトレティコ・マドリー(スペイン) マンチェスター・シティ(イングランド) マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) シャフタール(ウクライナ) ドルトムント(ドイツ) チェルシー(イングランド) アヤックス(オランダ) ▽ポット3 ディナモ・キエフ(ウクライナ)※ ザルツブルク(オーストリア)※ RBライプツィヒ(ドイツ) インテル(イタリア) オリンピアコス(ギリシャ)※ ラツィオ(イタリア) FCクラスノダール(ロシア)※ アタランタ(イタリア) ▽ポット4 ロコモティフ・モスクワ(ロシア) マルセイユ(フランス) クラブ・ブルージュ(ベルギー) ボルシアMG(ドイツ) イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ) ミッティラン(デンマーク)※ スタッド・レンヌ(フランス) フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー)※ ※予選突破チーム 2020.10.01 06:51 Thu
twitterfacebook