マンジュキッチがカタールのアル・ドゥハイルとの契約を解消

2020.07.06 00:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(34)が5日、自身のSNSを通じてカタールのアル・ドゥハイルと契約を双方合意の下で解消したことを発表した。

昨年末にユベントスからアル・ドゥハイルへ移籍したマンジュキッチ。ユベントスでは今シーズンから就任したマウリツィオ・サッリ監督の構想外となっていたところを、心機一転として挑戦的な移籍を決断した。

◆マンジュキッチ、ユベントスでのラストゴール!

しかし、新型コロナウイルスの影響でカタールでも3月初旬にリーグ戦が中断。アル・ドゥハイルでは5試合の出場しか出来なかった。

マンジュキッチはツイッターで「カタールで受けた信頼とおもてなしには非常に感謝している。クラブの今後の成功を心から願っているよ」と別れのコメントを綴っている。

なお、カタール・スターズ・リーグは今月24日から再開予定で、アル・ドゥハイルは残り5試合で首位。2位のアル・ラーヤンとの勝ち点差は「4」となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

ダビド・シルバに中東から高額オファー!

マンチェスター・シティに所属する元スペイン代表MFダビド・シルバ(34)に対して、中東から高額オファーが届いているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 シルバは2010年にバレンシアから加わり、公式戦400試合以上に出場。2011-12シーズンのプレミアリーグ初優勝や直近のリーグ連覇など、在籍10年間で栄光の日々を絶対的な主力として味わってきた。 しかし、今夏に満了を迎える現行契約を新たに更新する意思はなく、今シーズン限りでの退団の意向を公のものとしている。 気になる今後の新天地に関しては古巣バレンシアやメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミなどの名前が挙がっているが、新たに中東からもオファーが届いているようだ。 『ミラー』が伝えるところによれば、カタールのドーハに本拠地を置くアル・ドゥハイルは、シルバの代理人に対して金額の詳細は不明も、競合クラブに勝る条件のオファーを掲示する準備があることを伝えたという。 アル・ドゥハイルは昨年に日本代表FW中島翔哉(現ポルト)がプレーし、現在は元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチが在籍している。 また、カタールでは2022年に自国開催のワールドカップ(W杯)が控えていることもあり、リーグのレベルやサッカー人気を盛り上げるために大物選手を迎え入れたいという事情があるようだ。 なお、現行契約は6月30日に失効となるが、シルバはコロナ禍で特例が認められている短期の契約延長にサインし、プレミアリーグ、チャンピオンズリーグ(CL)、FAカップのすべてをシティの選手として全うする考えだという。 2020.06.08 16:07 Mon
twitterfacebook
thumb

元モウリーニョの右腕、ルイ・ファリア監督が“個人的な理由”でアル・ドゥハイル監督を辞任

カタールのアル・ドゥハイルは20日、ルイ・ファリア監督(44)の辞任を発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ルイ・ファリア監督はジョゼ・モウリーニョ監督の右腕として知られていた存在。モウリーニョ監督が2001年に率いていたポルトガルのレイリア時代にコンディショニングコーチ兼アシスタントマネージャーを務めると、ポルトではフィジオセラピストを、その後のチェルシー、インテル、レアル・マドリーではコンディショニングコーチを務めていた。 モウリーニョ監督2度目のチェルシー政権下ではアシスタントマネージャーに就任。マンチェスター・ユナイテッドでもアシスタントマネージャーを務めていた。 2019年1月にアル・ドゥハイルの監督に就任すると、日本代表MF中島翔哉(現ポルト)やモロッコ代表DFメディ・ベナティアを獲得。さらに、今冬にはユベントスからクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチを獲得するなど、カタールを代表するクラブとして強化を続けていた。 しかし、昨年8月にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のラウンド16である・サッドに完敗。今シーズンのカタール・スターズリーグでは12試合を終えて9勝3分けの無敗で首位に立っていた。 アル・ドゥハイルによると、ルイ・ファリア監督は個人的な理由から辞任を申し出たとのこと。クラブとしてはこれを受け入れたと発表している。 2020.01.21 10:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスで飼い殺し状態のマンジュキッチがアル・ドゥハイルと契約

カタールのアル・ドゥハイルは24日、ユベントスのクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(33)の加入を発表した。 マンジュキッチは、クロアチアのジェリェズニチャルでキャリアをスタート。マルソニア、NKザグレブ、ディナモ・ザグレブとクロアチア国内クラブを渡り歩き、2010年7月にヴォルフスブルクへと移籍した。 ヴォルフスブルクでは公式戦60試合で20ゴール12アシストを記録。2012年7月にバイエルンへと移籍すると、バイエルンでは公式戦88試合で48ゴール14アシストを記録。2014年7月にアトレティコ・マドリーへと完全移籍すると、アトレティコでも公式戦43試合で20ゴール5アシストと結果を残し、2015年7月にユベントスへと加入していた。 ユベントスでは公式戦通算162試合に出場し44ゴール18アシストを記録。しかし、今シーズンはマウリツィオ・サッリ監督の構想外となっており、ここまで公式戦の出場がなかった。 一部では金銭面での折り合いがつかずに破談になったとも報じられていたが、アル・ドゥハイルが公式ツイッター(@DuhailSC)でマンジュキッチがサインしている写真をリツイートし、加入を発表した。 なお、契約の詳細は現時点では明らかにされていない。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Welcome To <a href="https://twitter.com/hashtag/AlDuhail?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AlDuhail</a> <a href="https://twitter.com/MarioMandzukic9?ref_src=twsrc%5Etfw">@MarioMandzukic9</a> <a href="https://t.co/ocuPxnB8Lq">https://t.co/ocuPxnB8Lq</a></p>&mdash; نادي الدحيل الرياضي (@DuhailSC) <a href="https://twitter.com/DuhailSC/status/1209506455075852289?ref_src=twsrc%5Etfw">December 24, 2019</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2019.12.25 01:45 Wed
twitterfacebook
thumb

カタール行き浮上のマンジュキッチ、金銭面で折り合わず破談か

カタール行きが報じられたユベントスのクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(33)だが、どうやら破談に終わったようだ。 アトレティコ・マドリーから2015年7月にユベントスへ加入して以降、公式戦162試合に出場し44ゴール18アシストを記録してきたマンジュキッチ。しかし、今シーズン指揮官に就任したマウリツィオ・サッリ監督の構想に入っておらず、今シーズンは開幕当初以降ベンチ入りすらしていない。 そんなマンジュキッチには、カタールのアル・ドゥハイル移籍が報じられ、ついにこの苦境を逃れられると思われたが、どうやら破談となったようだ。 アル・ドゥハイルは、マンジュキッチに対し500万ユーロ(約6億円)を提示したものの、折り合いがつかず。イタリア『Tuttomercatoweb』によると、マンジュキッチはイタリアへ戻っていると伝えている。 しかし、金銭面の交渉の問題ということもあり、マンジュキッチのカタール行きはゼロではないとのこと。かつてのチームメイトであるモロッコ代表DFメディ・ベナティアも所属するアル・ドゥハイルに加入する可能性は残されているようだ。 何れにしても、ユベントスに残ってはプレー機会が生まれないマンジュキッチ。1月の新天地移籍は避けられないだろう。 2019.12.24 13:55 Tue
twitterfacebook
thumb

マンジュキッチ、アル・ドゥハイル行きが急浮上! メディカルチェック受診済みとも

ユベントスに所属するクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(33)のカタール行きが急浮上した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 チームに不可欠な存在として重宝されたマッシミリアーノ・アッレグリ前体制下とは一転、今シーズンから指揮を執るマウリツィオ・サッリ監督の下で一度も公式戦出場がないマンジュキッチ。今夏ではカタール方面やマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が取り沙汰されたが、実現せず。構想外が続く状況に10月、クラブとの合意の上で練習に参加していないことが明らかとなった。 その後は今夏にも移籍が取り沙汰されたユナイテッドへの移籍が有力視されていた。しかし、今回、伝えられるところによれば、カタールのアル・ドゥハイル加入が間近に迫っている模様。週末には交渉のためカタールを訪れ、メディカルチェックも受けたという。 カタール行きが濃厚となったマンジュキッチ。アル・ドゥハイルへの移籍が決まれば、ユベントス時代の同僚であるDFメディ・ベナティアと再会することになる。 2019.12.22 20:05 Sun
twitterfacebook