再開するJ1を展望/六川亨の日本サッカー見聞録

2020.07.03 11:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
6月27日に再開・開幕したJ2、J3リーグに続き、7月4日にはJ1リーグが開幕する。再開2試合は安全性を担保するため無観客、通称リモートマッチで開催され、長距離移動による感染拡大を防ぐため、当面は神奈川県から北にある10チームと、静岡県から南にある8チームによるホーム・アンド・アウェーのリーグ戦となっている。試合を重ねながら安全性が確認されれば様々な規制は緩和されるだろう。だが、変わらないことが2つある。今シーズンは「交代枠が5人」で、「降格チームはない」ということだ。この2点が果たしてチームの戦い方にどんな影響を及ぼすのか考えてみた。

まず監督にとって大きいのは「降格がない」ということだ。例年の7月ならリーグ戦は半分以上を消化し、3~4人の監督が交代していてもおかしくない。しかし今シーズンはこれから開幕するようなもので、降格がないのだからよほどのことがない限り、今後も監督交代はないだろう。

試合の進め方に関して、優勝争いを演じる上位チームは例年とそう変わらない。横浜FMはボールポゼッションにこだわり、攻撃的なサッカーで連覇を狙うはずだ。FC東京は昨シーズン同様「ファストブレイク」で、ディエゴ・オリベイラと永井(昨年12月に肩を出術したが、自粛期間をリハビリに充てられたのは大きい)のスピードを生かすだろう。さらにアダイウトンとレアンドロの加入でサイド攻撃も破壊力が増した。

鹿島は開幕戦で広島に0-3と完敗したが、天皇杯の決勝まで勝ち進んだこととACLのプレーオフがあったため、例年より始動が早く、十分な休養期間を取れなかった。さらにザーゴ新監督に代わったため、コンディションだけでなく戦術面でも意思統が一できなかったのではないか。このため再開されるリーグ戦では「試合巧者」の鹿島が復活すると見ている。

昨シーズン4位の川崎FはベテランMF中村憲とFW大島をケガで欠くが、チームの若返りを図るいいチャンスでもあり、2年目のMF三笘や旗手、五輪代表候補の田中らタレントも豊富なだけに大崩れすることはないだろう。

問題は、こうした上位陣に対して下位チームがどういう戦いを挑むかだ。例年なら序盤戦から中盤戦にかけては理想とするスタイルを追求しつつ、結果も求めようとした。しかし思うように勝点を伸ばせないと、残留争いが始まる終盤戦はひたすら堅守防衛で勝点を拾いつつ、時には予期せぬ番狂わせを演じて優勝戦線をかき回した。

昨シーズンのことだ。首位をひた走るFC東京の長谷川監督に優勝への課題を聞いたところ、「当たり前のことですが、下位チームは残留に向けて必死なので、取りこぼしをしないこと」と話していた。しかし鳥栖に敗れて2位に転落すると、湘南と浦和に引き分けて初優勝は絶望的となった。

しかし今シーズンは降格がないのだから、順位を気にせずクラブと監督が理想とするサッカーを追求することも可能だ。とはいえこれは、現実的にあり得ない。どの監督も戦力に見合った戦い方で理想を追求し、対戦相手の弱点を突いて結果を求めようとするからだ。

そこで逆転の発想ではないが、再開される序盤戦から、例年ならシーズン終盤戦のような勝点を拾う戦い方をしてくる可能性もあるのではないだろうか。というのも、リーグは4ヶ月の中断により再開・開幕後はかなりの過密日程だ。加えて梅雨明けは7月下旬だが、晴天の日は30度を超えることもある。

ただでさえ選手は自粛期間中に自宅での自主トレを余儀なくされ、フィジカルコンディションは例年より劣っていることが予想される。それに加えて例年にはないハードスケジュールである。体力の消耗を避けるサッカーになってもおかしくはない。

交代枠が5人に増えたとはいえ、ターンオーバーできるのは上位チームに限られる。そこで前半はリトリートして体力を温存し、ドローを視野に入れつつ後半から試合状況を見ながら交代カードを切って勝点3を狙うチームが増えるのではないだろうか。こうしたサッカーでそこそこの成果を収められれば、それは4チームに降格の危機が広がる来シーズンにも生きることだろう。

まして東京都は、日に日に新型コロナウイルスの感染者が増加し、2日には5月2日以来2ヶ月ぶりに100人を突破した。開幕2連勝を飾った大宮の高木監督は「この先、また感染が広がって中断する可能性もゼロではない。今シーズンは何があるか分からないと常に感じている。とにかくゲームがある時に勝って、勝ち点3を積み上げていきたい」と言ったそうだ。偽らざる本音だろうし、どの監督も同じ思いかもしれない。

まずは目の前の勝点3を拾う。そうした戦い方をしてきた下位チーム相手に、優勝候補はどう戦うのか。選択肢は2つだろう。それでも力で叩き潰すか。横浜FMのポステゴグルー監督はボールを保持して体力の消耗を防ぎながら、攻撃的なサッカーを貫くに違いない。一方FC東京の長谷川監督はボールポゼッションにこだわらず、ショートカウンターに徹するのではないだろうか。

いずれにしても4日の再開が待ち遠しいことに変わりはない。

【文・六川亨】
1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。
コメント
関連ニュース
thumb

オランダ遠征で吉田の変化を発見/六川亨の日本サッカー見聞録

10月15日、来年秋にスタートする女子のプロリーグ、通称「WEリーグ」の参加11チームが決定した。最高責任者である岡島チェアによると、当初は手を上げた17チームに対し、「8チームから10チームくらいでいこう」と選考委員会で決めていたものの、最終的に「財政基盤を重視した」結果、次の11チームに決定した。 マイナビ仙台レディース、浦和レッドダイヤモンズレディース、大宮アルディージャ、ちふれASエルフェン埼玉、ジェフユナイテッド市原・千葉レディース、日テレ・東京ヴェルディベレーザ、ノシマステラ神奈川相模あら、AC長野パルセイロ・レディース、アルビレックス新潟レディース、INAC神戸レオネッサ、サンフレッチェ広島F.Cの11チームだ。 ちふれASエルフェン埼玉と長野パルセイロ・レディースはなでしこリーグ2部からの挑戦で、これまで女子チームを持っていない大宮は2部のFC十文字がチームの母体になり、広島は1からのチーム作りとなる。 岡島チェアは成否のカギとして、常時5000人の集客とFIFAランクで日本より上のレベルの国からの選手獲得をあげた。さらに5000人に関しても、現状は男性客がメインだが、今後は将来の女子サッカーを担う小中学生ら「黄色い声でスタジアムがいっぱいになること」を理想に掲げた。 そのため土日は子供たちの練習や試合と重なり観戦できない現状を改善するために、指導者とコミュニケーションを取りながら、WEリーグの試合を土曜のナイターや金曜開催にするプランなどを明かした。 かつて30年以上前、JSL(日本サッカーリーグ)も同じ悩みを抱えたことがある。小中学生の足をいかにしてスタジアムに向かわせるか。一時は小学生以下を無料にしたものの、子供たちは集まったが、単にスタジアムを遊び場所にして飛び回っているため辞めることにした。 日曜は仕方ないとしても、土曜は練習や試合を止めてJリーグを見に来て欲しい──そうJリーグの初代チェアマンである川淵氏も苦慮したものだ。集客の1つのキーワードとして「地域密着」が上げられるものの、初年度の参加チームは首都圏と地方の大都市という顔ぶれだけにこちらも苦戦が予想される。 とはいえ走り出しただけに、その成功を祈りつつ、暖かく見守りたいと思っている。 といったところで話は変わり、オランダでの親善試合で日本は植田の代表初ゴールでコートジボワールを下した。森保ジャパンがアフリカ勢と対戦するのは今回が初めてだが、2試合とも完封にキャプテンの吉田も「僕の記憶にないし、非常にコンディションのいい相手だった。この無失点をこれからも続けていきたい」と意気込みを語った。 この2試合連続しての無失点で一番の驚きは、実は吉田のプレーだった。これまでの吉田というと、勢いをつけて片足ジャンプヘッドでクリアしようとしてかぶり、相手に裏を取られたり、インターセプトを狙ってアタックしたはいいが、これもかわされて裏をとられて独走を許したりと、あまりいい印象はなかった。 アグレッシブなプレーだからこそリスクと隣り合わせは承知している。それでも強く印象に残っているのは、やはり失点に結びついたからかもしれない。 しかしカメルーン戦とコートジボワール戦の吉田は、4バックでも3バックでも常に冷静沈着だった。サイドの選手が抜かれそうになればすかさずカバーに回るなど、「力の抜けた」さりげないプレーでDF陣を支えていた。 驚かされたのは、コートジボワール戦では浮き球をヘッドで強くヒットするのではなく、上半身を反らすようにして力を抜き、柔らかいパスを味方に落としたプレーだ。解説者の戸田氏も褒めていたが、DFが単にヘッドでクリアするか、それを味方につなぐかで、その後の展開は天と地ほども変わる。全盛時をちょっと過ぎた頃の中澤佑二や田中マルクス闘莉王が得意としたプレーでもあった。 こうした変化について吉田自身はサウサンプトンからサンプドリアへの移籍を口にした。 彼いわく「運動量や強度がイングランドの方が圧倒的にあるけど、ゴール前の質はイタリアの方が鋭い。イブラヒモビッチやロナウドのようなベテランは、試合ではほとんど動かないのに1チャンスをモノする集中力と決定力がある。彼らを止めるためにゴール前でしっかりブロックすることが仕事です」と自身のプレーの変化を語った。 確かに、イングランドのCBは伝統的に屈強だがプレーは正直だ。アンフェアなプレーを嫌う「ジョンブル魂」が今も息づいているのかもしれない。そして対してイタリアのDFは、「色々なタイプがいる」と述べるにとどめておこう。 <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】</br>1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2020.10.16 15:00 Fri
twitterfacebook
thumb

五輪延期も含め問題山積の来シーズンのJリーグ/六川亨の日本サッカー見聞録

今週も外出の機会は少ないが、バタバタと慌ただしい毎日だ。月曜は毎月恒例のNPBとの対策連絡会議に加え、夜からは日本代表がオランダ入りしたので、選手4人が交代でズームを利用してのインタビューがスタートした。 火曜は昼過ぎにルヴァン杯準決勝に臨むFC東京の監督の選手をズームで取材し、午後からはJリーグの実行委員会によるブリーフィング、さらに夕方からは代表選手によるインタビューの続きだ。そして水曜はルヴァン杯の準決勝、川崎F対FC東京戦。こちらは今シーズンのベストマッチと言ってもいいくらいの好勝負だったので、機会があったら詳しくレポートしたい。 そして木曜は代表選手インタビューと両チームの監督会見、金曜は日本対カメルーン戦。土曜は再びJリーグと予定がびっしり入っている。 で今回は実行委員会での難題を紹介しよう。まずJリーグは10月17日より太鼓と応援ハリセンを自席で叩くことを、ホームクラブの判断で可能にした。その条件として、ホームとアウェーの両チームのサポーターに許可することを義務づけた。 この会見で気になったのは、記者から観客を70%に拡大することについて質問された際に、村井チェアマンが私見ながらも「どこまで広げられるかは来シーズンの話」と即答を避けたことだ。 確かに、政府は11月末まで50%の規制を打ち出している。そしてJ1リーグは12月に4節しかないため、規制を緩和するメリットはあまり感じられない。現状ではマスギャザリングの検証として「国立に6万人が入って、1人が感染したらどうなるかをシミュレートしている」(村井チェアマン)段階だ。 他の具体例としては、アルコール(ビール)の販売を解禁したとして、野球と違いサッカーファンがトイレを利用するのはハーフタイム時が多い。そうなると当然、通路も含めて過密状態になる。それをどう防ぐかは非常に難しい問題だろう。 まだ来シーズンの詳しい日程は未定となっているが、規制が70%から100%に緩和され、スタジアムにかつての日常が戻るのはだいぶ先のことになるかもしれない。 他にも問題はある。クラブ存続のために募金を始めた仙台など、コロナ禍で経営に苦しみ今期は赤字になるクラブや債務超過に陥るクラブが多数予測される。その特例措置をどこまで延長するか、いま議論している真っ最中だそうだ。 それとリンクしているのが来シーズンと22年シーズンのJリーグだ。来シーズンのJ1は今シーズン「降格なし」のため20チームで開催される。そこまでは決まっているが、22年シーズンのJ1をどうするか、まだ詳細は決まっていないらしい。 当初は現行の18チームに戻す予定でいた。しかしコロナ禍での減収も踏まえ、「18チームに戻すと経営的なダメージが大きい」という意見も出てきた。「成績だけでなく経営も考えて欲しい」と言う実行委員もいるそうだ。このため降格チームを何チームにして、その方式をどうするかJリーグは頭を痛めている。 こうした難題に拍車をかけているのが代表チームの活動だ。 本来なら今年は五輪が開催される予定だった。このためFC東京などは昨年のラグビーW杯の影響を受けたのに続き、2年連続してアウェーの連戦地獄になるところだった(いずれも味スタが使用できないため)。不幸中の幸いで五輪は延期され、アウェーの連戦はなくなったが、今度は過密日程の連戦に苦しめられている。 五輪は来年に延期された。本来なら五輪期間中はJ1の開催も控える予定だった。しかし来シーズンは20チームのリーグ戦になる。事前キャンプも含めてリーグ戦の日程を空けることが可能なのかどうか。 さらに問題はリーグ戦の日程だけにとどまらない。今シーズン成長著しい三笘や旗手らU- 24日本代表候補の選手をどうするかという問題もある。五輪代表選手抜きでリーグ戦を実施するのかどうか。 これまでJリーグは、五輪代表に招集できる選手に関して「1チーム3名まで」という暗黙のルールがあった。前回リオ五輪は問題なかったが、12年ロンドン五輪ではC大阪に山口、扇原、清武、杉本の4人の候補がいた。誰か1人は資格を失うことになる。そこで杉本は短期間、東京Vに移籍し、大迫とのポジション争いに勝ってロンドン行きを決めた。 こうした制約は、五輪の開催地がいずれも海外だったからだ。しかし来年は開催国での五輪となり、当然のことながらメダル獲得が期待される。そこで「3人枠」をどうするか。維持か撤廃か、こちらも検討中と原副チェアマンは話していた。 五輪は開催を前提にJFA(日本サッカー協会)と調整しているのだろうが、日程も含めクリアしなければならないハードルは高い。 そして22年である。J1を何チームで開催するかは別にして、11月21日から12月18日にかけてカタールでW杯が開催される。このため代表の事前キャンプやテストマッチも考慮すると、リーグ戦とルヴァン杯の決勝、そして天皇杯の準々決勝くらいまでは10月中に終わらせる必要があるだろう。そうなると、国内の3大会とも前倒しでの開幕となる。 そうなれば、やはりJ1は18チームでのリーグ戦が日程も組みやすいし、22年こそACLは休むべきだろう。まだ2年も先の話ではあるが、もうすでに関係者の苦悩は始まっている。 <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】</br>1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2020.10.09 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

Jリーグの規制緩和でどう変わるのか?/六川亨の日本サッカー見聞録

昨日9月30日のJ1リーグでは、FC東京が鬼門となっているアウェーの埼玉スタジアムで2003年以来17年ぶりとなる勝利を浦和からもぎ取った。もちろん当時を知る選手は皆無で、チームのレジェンドである石川直宏氏も「試合には出ていました」と振り返りつつ、内容については記憶がないそうだ。 石川氏が横浜MからFC東京に移籍したのは2002年のこと。加入したばかりでポジション争いに必死だっただけに、自身が活躍したのでなければ記憶に残っていなくても仕方ないだろう。 そして10月1日にはオランダ遠征に参加する海外組の日本代表25名が発表された。ほぼ予想通りのメンバーと言ってしまえばそれまでだが、34歳のベテラン岡崎が昨年のコパ・アメリカ以来の復帰を果たした。昨シーズンはスペインのウエスカで12ゴールをあげる活躍でチームを1部へ昇格させた。 そうした活躍に森保一監督も「年齢で選ばないということはない」と明言した。もしかしたら招集できるのが「海外組」に限られたことも招集理由の1つだったのかもしれないが、岡崎の選出やFC東京の17年ぶりの浦和戦勝利についてのエピソードは別の機会に紹介するとしよう。 今回触れたいのは、先週のコラムでも書いたJリーグの入場規制の段階的な緩和についての続編である。 もう一度おさらいすると、Jリーグは9月30日まで「チケッティング」と「ファン・サポーター」のガイドラインを超厳戒態勢としてきた。それは10月1日から厳戒態勢に移行することを意味する。そして厳戒態勢にはステップ2とステップ3があることは前回のコラムでも紹介した。 非常にわかりにくいシステムだったが、その後Jリーグからは改めて整理されたリリースが出たので、それに沿って紹介しよう。原則としてステップ2で試合を実施し、安全(ガイドラインの順守)を確認したのちに、Jリーグへ感染対策レポートを提出することでステップ3へのステップアップが可能になる。 そしてステップ2には2パターンあり、「収容数2万人未満のスタジアム」のクラブは10月30日以降でないとステップ3に進めない(10月30日以降はどのクラブもアウェーのファン・サポーターを入場させなければならない。席数は全体の3%)。 このステップ2は、「入場上限50%、観客席を1席以上空ける、ビジター席なし」(ステップ2ー1)か「入場上限30%か5000人の大きい方、観客席を1m以上空ける、ビジター席あり」(ステップ2-1)に分かれていて、こちらはクラブが選択できるようになっている。 と、資料をもとに説明したものの、やはりこれでもピンとこない読者もおおいのではないだろうか。そこで具体的な例を挙げてみよう。解説してくれたのは浦和対FC東京戦を取材した際の、浦和のY広報だ。 9月30日の試合ということで、チケットの販売枚数は7000枚(観衆は5623人)。当然ビジターは入場させていない。しかしスタンドはメイン、バック、両ゴール裏の最上段まで、つまりはすべての観客席を開放した。そして観客は記者席から双眼鏡で見える範囲で、見事なまでに2席空けて座っていた。 9月23日の第18節、FC東京対C大阪戦は試合途中に雨が降って来たため、記者も屋根のある観客席へ避難して取材した。その際に広報は2席空けて座ることを依頼すると同時に、記者の座席番号をメモして、移動は禁止した。恐らく記者にコロナの感染者が出た場合の対応を考慮しての措置だろう。 そして浦和は10月4日の第20節、ホームの名古屋戦から規制緩和するものの、50%ではなく(6万3000人の)30%の1万8000枚のチケットを販売する。まだビジター席は設けず、チケットも会員のみの販売にするそうだ。 この9月中の7000枚、そして名古屋戦の1万8000枚(30%)は、いずれも自治体(埼玉県)と相談して決めた数字だという。 この浦和だけでなく、各クラブはようやく10月から11月にかけて観客増のための準備に取りかかれるようになる。そのためには自治体との入場者数の相談に始まり、それに基づいてチケット販売の準備や、オープンするエリアやゲートを決め、入場者を整理・案内し、検温と荷物チェックをする係員とスタジアム内外の警備員、試合後のスタジアムの清掃人の手配などの準備に追われることになる。 やることはそれだけでなない。予想入場者に応じてアクセスが予想される交通各社との相談、地元の飲食店やコンビニなど商店会との話し合いも必要になるだろう。昨シーズンまで当たり前だった仕事がようやく地元に戻ってくる。 そして、こうした活動が円滑に進み、観客動員数を増やすことができたら、やっと日常が戻って来たといえるのだろう。ヨーロッパ各国のリーグはいまだ無観客で行われている。どちらが良い悪いではなく、それぞれが異なる事情を抱えているからだろう。あとはACLとクラブW杯の中止が決定すれば、関係クラブのカレンダーもすっきりすることは間違いない。 <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】</br>1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2020.10.03 11:00 Sat
twitterfacebook
thumb

Jリーグ規制緩和のステップ/六川亨の日本サッカー見聞録

Jリーグは24日、臨時の実行委員会を開催して安全のためのガイドラインを変更し、入場者に関する規制をステップ1からステップ3まで段階的に緩和することを発表した。詳細はすでに当サイトで紹介済みだが、簡単におさらいしよう。 内閣官房は9月11日に入場者の段階的な規制緩和を発表し、19日よりクラッシックコンサートは100%、スポーツイベントは5000人以上か50%以内とした。しかしJリーグは『1席』ではなく密を避けるために1メートル以上開けることで、「(実際のスタジアムで)積算すると30%になる。これを基準にしている」ことを村井チェアマンは21日のNPB(日本野球機構)とJリーグの対策連絡会議後のブリーフィングで話していた。 これは実際に踏襲され、ステップ1として『収容数17000人以上のスタジアムは30%。17000人以下のスタジアムは50%』を9月30日まで継続する。 実際の具体例を見てみよう。9月16日のFC東京対大分戦(2-3)の試合後の公式記録の下段欄外には次のような但し書きがあった。 [備考]新型コロナウイルス感染予防対策のため、制限付き(入場者数上限「5000人以下」または収容率「50%以下」)での試合開催 それが9月19日の柏対広島戦(1-1)では次のように変わっていた。 [備考]新型コロナウイルス感染予防対策のため、制限付き(入場可能数の「50%以下」または入場可能数が「17,000人以上のスタジアムは30%以下」)での試合開催。※入場可能数や適用時期は主管クラブが決定 そして※の入場可能数の変更を裏付けるように、ステップ2では『入場者数の上限50%』への拡大が9月30日以降に可能になる。これは座席にすると1席空けての動員が可能になることを意味する。 そしてステップ3がステップ2に加えて『ビジター席の開放』だ。こちらの施行時期10月30日以降で、全クラブが実施できるよう目標日時に設定されている。 ところが会見で多くの記者が混乱した。というのもステップ2とステップ3が部分的に混同したからだ。 その理由として、スタジアムによって「50%にならないクラブもある」(藤村特命担当部長)こと。恐らく1席空けて座ったとしても1メートル以上の距離を取れないスタジアムがあるのだろう。他にも「『1メートル以上空けてもいいからビジター席にファンを入れたい』というクラブもあり、そういうクラブは30%でオーケー」(藤村特命担当部長)と、各クラブの事情により柔軟な対応を取ったからだ。 クラブによっては「雰囲気が壊れるからホームのサポーターしか入れたくない」というクラブもあったそうだ。雰囲気といっても、ほとんどは拍手なのだけれど……。そういえば、昨夜の味の素スタジアムでは、アウェーのサポーターの手拍子が禁止になっていた。 本来ならアウェーサポーターの入場そのものが禁止のはずだから、“優しい警告"といったところだろうか。 本題に戻ると、「ステップ2で、ビジターなしで上限50%か、1.5メートル(30%)でビジターを入れるか。50%とビジターは10月30日以降にできるようにしないといけない」というのが藤村特命担当部長の結論だった。 そして、こうした段階的な規制緩和を実現するためには、さらに多くのハードルが待ち構えている。これらについてはステップ2が施工される次週のコラムで紹介しよう。 <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】</br>1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2020.09.26 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

J1過密日程を改めて考える/六川亨の日本サッカー見聞録

J1リーグは16日に4試合を行い、2位のC大阪はFW都倉が神戸GK前川の顔面をヒットする“勇み足"で一発退場になったものの、柿谷のヘッドによる1点を守りきって首位・川崎Fとの勝点差5をキープした。 神戸GK前川の父親は元日本代表で、広島や大分で活躍した前川和也氏である(日本が初優勝した92年のアジア杯準決勝の中国戦で交代出場し、トンネルで失点したプレーはいまも忘れられない)。 前川だけでなく、9日の第15節、FC東京対横浜FC戦では、横浜FCのボランチ安永がJ1デビューを飾った。彼の父・聡太郞氏は95年に横浜Mのリーグ優勝や、99年の清水のセカンドステージ優勝に貢献したFWである。こうした二世選手の活躍は、今後も増えることだろう。 ところで、C大阪対神戸戦はJ1リーグ第25節、FC東京対大分戦(2-3)と横浜FM対清水戦(3-0)は第24節、そして鳥栖対札幌戦(0-2)は第12節だったことをご存じだろうか。 鳥栖対札幌戦が第12節だったのは、鳥栖に新型コロナのクラスターが発生したため4試合が延期されたからだった。残りの3試合は、いずれも横浜FM、FC東京、神戸の3チームがACLに出場しているからだ。 そのACLだが、いま現在も東地区のグループステージがどこの都市で開催されるのか詳細は決まっていない。9月11日にはFC東京の長谷川監督が、質疑応答で「正式にJリーグから(日程変更などの)通達は来ていない。JFA(日本サッカー協会)からもきちんと来たわけではないので、なんとも言えない。正式に決まったら話をしたい」と、現状では対処しようのないお手上げ状態であることを明かした。 ACLの日程変更に関してJリーグの担当者は、「新しい日程だとJリーグの最終節とACLの決勝がかぶる(12月19日)。出場3チームと折衝中だが、Jリーグの最終節を後ろ倒しするのは天皇杯があって難しい」と答えていた。 彼の言う通り、12月20日の日曜日は天皇杯5回戦の2試合が、23日の水曜日には準々決勝2試合が組まれている。今年の天皇杯は変則スタイルで行われ、Jリーグ勢は23日の準々決勝にJ2とJ3の1位が出場し、J1の2チームは27日(日曜日)の準決勝から登場する。 Jリーグ勢が19日のACL決勝に出場したら、20日に最終節を移すことはできない。そこで23日に移すことは物理的に可能だ。実際、9月16日はJ1の4試合とJ2の1試合に加え、天皇杯の1回戦16試合も開催された。しかし、いくら可能とはいえJ1リーグの最終節と天皇杯の準々決勝を同日開催することは、常識的に考えても回避すべきだろう。 となるとJ1リーグの日程を前倒しするしか方法はない。現状では毎週末にリーグ戦が組まれていて、空いているのは水曜しかない。それも限られていて、10月は21日と28日、11月は11日と18日、そして12月は2日と9日だ。 恐らくJリーグはコロナの影響や自然災害などを想定して予備日を取っていたのだろう。これらに加えて「金J」を復活させるのか。 一番簡単な解決方法は、AFC(アジアサッカー連盟)が、「今シーズンのACLは中止になりました」と一言アナウンスすることだ。そうすれば、ACLのスポンサーと放映権を持っているテレビ局、そして代理店以外は諸手を挙げて喜ぶに違いない。 最後に、連戦における選手起用で監督はどんな苦労をしているのか。FC東京の長谷川監督のコメントを紹介しよう。 「基本的に3試合、4試合連チャンで出るとパフォーマンスは顕著に落ちてくる。2試合で落ちる選手もいる。そこらへんをトラッキングシステムで把握し、顔色を見ながら、普段の仕事(サッカー)を見ながら判断したり、ドクターやスタッフと話したりしながら判断している。ちょっとしたシグナルをどうキャッチするかが大事になる。選手は、誰もが(試合に)出たがるので、聞けば誰もが『大丈夫です』と言う。19連戦の、次(第16節の神戸戦)は9連戦目(2-2)でやっと半分。さらにACLを入れれば連戦が増えてくる。全試合フル出場は不可能なこと。どこかで見切りながら使うしかない」 <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】</br>1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2020.09.18 10:30 Fri
twitterfacebook