初先発でカンフーキックを見舞ったアデバヨール、コロナの影響でパラグアイクラブを加入4カ月で退団

2020.07.01 14:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パラグアイのオリンピアは6月30日、元トーゴ代表FWエマヌエル・アデバヨール(36)が双方合意により退団することを発表した。

アデバヨールは、メスやモナコ、アーセナル、マンチェスター・シティ、レアル・マドリー、トッテナムなど多くのクラブを渡り歩き、2020年2月にオリンピアに加入していた。

◆マンチェスター・シティ時代のアデバヨールのゴール!


オリンピアでは、コパ・リベルタドーレスで2試合、あペルトゥーラ(前期リーグ)で2試合に出場。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で中断していた。

クラブの発表によると、今回の困難な状況に直面したことにより、1つはアデバヨールがパラグアイへ入国することが難しくなったこと、もう1つが健康上のリスクを考慮してのことだ。

アデバヨールは、3月のコパ・リベルタドーレスのグループリーグ第2節のデフェンサ戦に加入後先発出場。相手選手にカンフーキックを見舞ってしまい、一発退場となっていた。
◆アデバヨールが初先発で見せたカンフーキック!
コメント
関連ニュース
thumb

インテルがハキミ獲得を発表! 2025年まで契約締結

インテルは2日、レアル・マドリーのモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2025年6月までで、移籍金はイタリア『スカイ』によると、4000万ユーロ(約48億3000万円)+成果ボーナス500万ユーロ(約6億円)で、インテルにおけるDF獲得の際にかけた移籍金で最高額になるという。なお、年俸は500万ユーロとのことだ。 レアル・マドリーのアカデミー出身者であるハキミは2018-19シーズンから今季にかけて2年レンタルでドルトムント入りすると、攻撃力が魅力のサイドバックとして公式戦28試合3得点7アシストをマーク。今季はより攻撃性能に磨きがかかり、45試合に出場して9得点10アシストの好成績を収めていた。 そんなハキミを巡ってはレンタル先のドルトムントの他、バイエルンやマンチェスター・シティも獲得に乗り出しているとされてきたが、インテルが争奪戦を制すこととなった。 2020.07.02 23:45 Thu
twitterfacebook
thumb

モンペリエ、ユーベからFWマヴィディディを獲得! 今季レンタル先のディジョンで8ゴール

モンペリエは2日、ユベントスからイングランド人FWステフィー・マヴィディディ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「19」に決定したが、契約期間に関する詳細は明かされていない。 なお、ユベントスの発表によると、移籍金は630万ユーロ(約7億6000万円)となった。 アーセナルのアカデミー出身のマヴィディディは、2017年のFIFA U-17ワールドカップにU-17イングランド代表として出場経験もある身体能力とテクニックに優れた183cmのセンターフォワード。アーセナルでのトップチームデビューは叶わず、幾つかのレンタル先で武者修行を積んだ中、2018年にユベントスへ完全移籍。 セリエCに所属するユベントスU-23で主力として活躍すると、昨年4月に行われたセリエAのSPAL戦では待望のトップチームデビューも飾っていた。 今シーズン、1年間のレンタル移籍で加入したディジョンでは公式戦28試合に出場し8ゴール2アシストの数字を残していた。 2020.07.02 21:07 Thu
twitterfacebook
thumb

ニース、リヨンの逸材FWグイリを獲得! 移籍金は700万ユーロに

ニースは1日、リヨンからU-20フランス代表FWアミーヌ・グイリ(20)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までの4年となる。 リヨンの発表によると、移籍金は700万ユーロ(約8億5000万円)となるという。さらに、グイリが今後他クラブに移籍した際の移籍金の15%がリヨンに支払われることになる。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆フランスの新星、アミーヌ・グイリ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTR3dVZ2JudSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> リヨンの下部組織出身のグイリは、2017年に17歳でトップチームデビューを飾った逸材FW。2017年に行われたFIFAU-17ワールドカップで大会5ゴールを挙げる活躍をみせ、一躍国内外のスカウトの注目を集める存在に。 ただ、好アタッカーが揃うリヨンのトップチームではなかなか出番がなく、今シーズンここまでは公式戦5試合の出場にとどまっていた。 2020.07.02 16:04 Thu
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、育成名門ル・アーヴルから守備的MF加入! 一時ワトフォード入り発表も…

マルセイユは1日、フランス人MFパプ・グイエ(21)の加入を発表した。背番号は「22」に決定。契約期間は2024年6月30日までの4年となる。 グイエは、MFポール・ポグバや同DFバンジャマン・メンディ、DFフェルラン・メンディ、アルジェリア代表MFリヤド・マフレズらが過去に在籍していたことで知られるル・アーヴル育ちの守備的MF。 昨シーズンの終盤戦から主力に定着すると、経験豊富なポール・ル・グエン新監督を迎えた今シーズンは、リーグ・ドゥ(フランス2部)で25試合に出場するなど、主力として活躍していた。 ただ、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、グイエの去就に関してはまだひと悶着が予想されるという。 今シーズン限りでル・アーヴルとの契約が終了したグイエに関しては今年4月29日、プレミアリーグのワトフォードが5年契約での来季加入を公式発表。 だが、グイエ本人と担当弁護士は、グイエの元代理人であるバカリ・サノゴ氏が選手サイドの許可を得ず、事前契約にサインしたとしてワトフォードとの契約無効を訴えていた。 その問題に関しては今後、裁判に発展する可能性が高いというが、ひとまずマルセイユ行きが決定した。 <div id="cws_ad">◆ひとまずマルセイユ行きが決定<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">[] : 01010000 01100001 01110000 01100101 00100000 01000111 01110101 01100101 01111001 01100101 <a href="https://twitter.com/hashtag/DroitAuBut?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DroitAuBut</a> <a href="https://t.co/HDp2pguHCT">pic.twitter.com/HDp2pguHCT</a></p>&mdash; Olympique de Marseille (@OM_Officiel) <a href="https://twitter.com/OM_Officiel/status/1278347843795931136?ref_src=twsrc%5Etfw">July 1, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.07.02 14:40 Thu
twitterfacebook
thumb

元アーセナルのコスタリカ代表FWキャンベルがメキシコクラブへ完全移籍

メキシコのレオンは1日、フロジノーネからレンタル移籍中のコスタリカ代表FWジョエル・キャンベル(28)を買い取ったことを発表した。 キャンベルは、母国のサプリサでキャリアをスタート。若くしてアーセナルへと移籍すると、ロリアンやレアル・ベティス、オリンピアコス、ビジャレアル、スポルティング・リスボンへのレンタル移籍を経験。2018年8月にフロジノーネへ完全移籍していた。 2019年1月にレオンへとレンタル移籍すると、今シーズンはリーグ戦21試合に出場し1ゴール3アシストを記録していた。 2020.07.02 10:05 Thu
twitterfacebook