ブルーノ・フェルナンデス&グリーンウッド躍動のユナイテッドが5位キープ!《プレミアリーグ》

2020.07.01 06:09 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドは6月30日、プレミアリーグ第32節でブライトン&ホーヴ・アルビオンとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。

前節シェフィールド・ユナイテッド戦を快勝した暫定6位のユナイテッド(勝ち点49)は、3日前に行われたFAカップ準々決勝のノリッジ戦を延長戦の末に勝利した。ノリッジ戦のスタメンから8選手を変更。ブルーノ・フェルナンデス、マグワイア、ショーが引き続き先発となり、ラッシュフォードら主力が先発に戻った。

15位ブライトン(勝ち点33)に対し、立ち上がりから押し込む展開としたユナイテッドは、16分に先制する。ドリブルを仕掛けたグリーンウッドがボックス右に侵入。左足でゴール右を射抜いた。

その後も攻勢に出るユナイテッドは29分に追加点。ポグバの横パスをペナルティアーク右のブルーノ・フェルナンデスがダイレクトで合わせると、DFにディフレクトしたミドルシュートがゴール右に決まった。

余裕の展開で前半を2点リードして迎えた後半、マクペイを投入してきたブライトンに対し、ユナイテッドは開始5分に3点目。

ロングカウンターに転じた流れから、ボックス左のグリーンウッドのクロスをファーサイドのブルーノ・フェルナンデスがボレーで蹴り込んだ。

余裕のユナイテッドは64分にブルーノ・フェルナンデスやポグバをお役御免としていく。そして、終盤にかけてはGKデ・ヘアの好守もあったユナイテッドが3-0で快勝。グリーンウッドとブルーノ・フェルナンデスが活躍したユナイテッドが5位をキープしている。
コメント
関連ニュース
thumb

スールシャール、熾烈なCL権争いの“最終節決着”を予想 「最後までもつれる」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いが最終戦までもつれ込むと予想しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 リバプールの優勝が決定した今季も激しい上位争いが繰り広げられるプレミアリーグ。6試合を残す現在、2位マンチェスター・シティが他クラブを大きくリードしているが、3位レスター・シティ(勝ち点55)、4位チェルシー(同54)、5位ユナイテッド(同52)、6位ウォルバーハンプトン(同52)がわずか3ポイント差以内にひしめき合っている。 その熾烈さを極めるCL出場権争いのなかで、最も勢いに乗っているのが公式戦15戦無敗を続け、ここ2試合をいずれも3-0の快勝で飾ったユナイテッド。しかし、そのユナイテッドの指揮を執るスールシャール監督は混戦から早々に抜け出せると考えていないようだ。4日にホームで行われる第33節のボーンマス戦に先駆けた会見でこう語っている。 「最終節が重要になってくるだろう。チェルシーvsウォルバーハンプトンがあり、そして我々もレスター・シティと対戦するわけだからね。我々にとっても、レスターにとっても3ポイント差がアドバンテージになるかもしれない。それでも重要な一戦になる」 「それに、我々とレスターの間に3ポイント以上の差があるとは思っていない。チェルシーとウォルバーハンプトンも同じようにね。刺激的だ。短い期間でたくさんの試合があるわけだが、最後までもつれると思っている」 なお、3ポイントでせめぎ合うレスター、チェルシー、ユナイテッド、ウォルバーハンプトンの4チームは26日に行われる最終節でそれぞれ直接対決を予定。チェルシーvsウォルバーハンプトン、レスターvsユナイテッドが組まれている。 2020.07.04 10:40 Sat
twitterfacebook
thumb

「ユナイテッドは確実」混迷極めるプレミアトップ4争い、老将レドナップが予想

数多くのプレミアクラブを指揮した名将ハリー・レドナップ氏が、今シーズンのトップ4争いについて自らの予想を述べた。マンチェスター・ユナイテッド公式サイトが伝えている。 リバプールの優勝が早々に決定したプレミアリーグだが、トップ4争いは混迷を極めているプレミアリーグ。2位マンチェスター・シティ(勝ち点66)と3位レスター・シティ(勝ち点55)との差は大きいものの、それ以下は4位チェルシー(勝ち点54)、5位ユナイテッド(勝ち点52)、6位ウォルバーハンプトン(勝ち点52)と、3ポイント差以内に4チームがせめぎ合っている。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆トップ4に向けて調子を上げるユナイテッドのトレーニング映像<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSeEl6VmZvTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 30年以上に渡って指導者として活躍し、ボーンマスやウェストハム、トッテナムなど多くのプレミアリーグクラブを指揮した経験を持つレドナップ氏が、ユナイテッド公式チャンネル『MUTV』のインタビューの中で、今シーズンのトップ4争いについての予想を語った。 「レスターが失速し始めている今、チェルシーやユナイテッドにとってはチャンスだろう。彼らは本当に壁にぶち当たったという感じだ」 「MUTVに出ているからこう言うわけではないが、私はユナイテッドの今シーズンのトップ4フィニッシュは確実だと思う」 「彼らは好調だし、試合の内容も良い。4位より下の順位でシーズンを終えることを想像できないね。今の状況を見れば3位にもなれると思う」 「レスターは調子を落としているし、チェルシーについては毎試合どうなるのか見当がつかない。だがユナイテッドは確実にトップ4フィニッシュができると思う」 「ウルブスも素晴らしいね。彼らのフットボールが好きだし、(ヌーノ・エスプリト・サント)監督も好きだ。本当に素晴らしい仕事をしていると思うよ。彼らが4位以内に滑り込む可能性もあるだろう」 「ユナイテッドは昨年から何人かの補強を行って、そこが大きな違いを生み出したと思う。ブルーノ・フェルナンデスとハリー・マグワイアがチームの屋台骨になっている。アーロン・ワン=ビサカも加入以来良い活躍を見せている」 2020.07.03 22:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、A・ゴメスの退団を正式発表 新契約の打診に応じず

マンチェスター・ユナイテッドがU-20イングランド代表MFアンヘル・ゴメス(19)の退団を正式発表した。 ユナイテッドのアカデミー育ちで、2017年5月にクラブ史上最年少(16歳と263日)でトップチームデビューを果たしたA・ゴメス。将来のユナイテッドを背負って立つ逸材として期待される若手の1人だが、今季を通じても公式戦6試合の出場しかなく、先月末で現行契約が満了する状況だった。 延長交渉の難航も取り沙汰されるなか、ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が先月末、退団の可能性を明らかに。そして、ユナイテッドが1日、「A・ゴメスが新契約の打診に応じなかった」と綴り、逸材の契約満了に伴う退団をアナウンスしている。 なお、A・ゴメスの移籍先として以前から取り沙汰されているのはチェルシー。しかし、そのチェルシーの指揮を執るフランク・ランパード監督はA・ゴメスに対するオファーを否定している。 2020.07.03 09:00 Fri
twitterfacebook
thumb

スモーリングとサンチェスはEL前にユナイテッド帰還へ

マンチェスター・ユナイテッドは1日、ローマにレンタル中の元イングランド代表DFクリス・スモーリング(30)と、インテルにレンタル中のチリ代表FWアレクシス・サンチェス(31)の両選手が8月に開催されるヨーロッパリーグ(EL)を前にユナイテッドに復帰することを発表した。 両選手共に買い取りオプションなしの1年レンタルでローマとインテルにそれぞれ加入し、スモーリングは今季の公式戦30試合に出場して2ゴール1アシストと主力として活躍。サンチェスはケガがあった中、公式戦19試合の出場で1ゴール4アシストを記録していた。 その両選手についてユナイテッドは「スモーリングとサンチェスの両選手に関するレンタル契約が、セリエAのシーズン終了となる8月の第1週まで延長された」と発表。 一方でセリエAのシーズン終了後に行われるELを前に両選手がユナイテッドに復帰することが決まった格好だ。 ローマとインテルはそれぞれEL決勝トーナメント2回戦に進出しており、ローマはセビージャとの対戦を、インテルはヘタフェとの対戦を控えているが、スモーリングとサンチェスを起用できないこととなった。 2020.07.02 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ランパード「A・ゴメスの獲得? 私サイドで一度たりとも話に挙がっていない」

チェルシーのフランク・ランパード監督がU-20イングランド代表MFアンヘル・ゴメス(19)の獲得に向けた動きを否定した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 マンチェスター・ユナイテッドのアカデミー育ちで、2017年5月にクラブ史上最年少(16歳と263日)でトップチームデビューを果たしたA・ゴメス。将来のユナイテッドを背負って立つ逸材として期待される若手の1人だが、先月末に満了の現行契約を巡る延長交渉が一向にまとまらず、オーレ・グンナー・スールシャール監督が30日に行われたプレミアリーグ第32節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦に向けた公式会見で退団を認めた。 そんなA・ゴメスを巡り、以前から関心が取り沙汰され、移籍先候補の筆頭に挙がっているのがチェルシーだ。しかし、そのチェルシーを束ねるランパード監督は1日に敵地で行われるプレミアリーグ第32節のウェストハム戦に先駆けたウェブ会見で、噂されるA・ゴメス獲得の可能性を訊かれると、「私サイドで一度たりとも話に挙がっていないという点だけは詳しく説明できる。私から話せるのはそれだけだ」と言葉少なに否定した。 一方で、今節の対戦相手でプレーする選手であり、獲得候補に挙がるイングランド代表MFデクラン・ライス(21)についても触れ、「彼は良い選手だ。チェルシーのアカデミー出身者だが、(獲得の)話は出ていない。ともあれ、今季が終わるまで聞かれるいかなる選手についてもそう言い続けるだろうね。話すことなんて何もない」と語っている。 なお、今季限りで契約切れになるものの、依然として延長に至っていないブラジル代表MFウィリアンについては「まだ彼との会話を続けている。まだはっきりとしたことはわからないがね。彼は私がどういう考えなのかを知っている」と説明している。 2020.07.01 19:25 Wed
twitterfacebook