アフリカ・ネーションズカップが2022年に延期!

2020.07.01 03:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2021年1月に開催予定だったアフリカ・ネーションズカップが2022年に延期された。イギリス『BBC」など多数メディアが報じている。

アフリカサッカー連盟(Caf)主催の同大会は1957年にスーダンで第1回大会が開催された。以降、基本的に2年に一度行われており、2019年にエジプトで開かれた第32回大会では、アルジェリア代表が15大会ぶり2度目の優勝を果たした。

第33回大会は、2021年1月9日から2月6日にかけてカメルーンで開催される予定だったが、新型コロナウイルスの影響を受けて2022年の1月に変更となった。Caf会長のアフマッド・アフマッド氏は「我々の最優先事項は健康だ。警戒を怠ってはならない」と会見でコメントいている。また、同連盟の声明によると、最終的なトーナメントの日付や予選の試合は今後通知していくとのことだ。

現状は予選を2試合終えた段階でストップ。2022年はワールドカップとも重なるため、アフリカ勢にとっては過密日程が予想されている。

なお、アフリカ・ネーションズカップは通常1月から2月にかけて行われていたが、欧州リーグ戦の真っ只中でチームの主力が離脱してしまうことが問題視されていたため、前回大会から夏の期間に変更されていた。しかし、カメルーンの気候条件やクラブ・ワールドカップとの折り合いから、今大会は1月に開催されることになった。
コメント
関連ニュース
thumb

アフリカ・ネーションズカップ予選も延期決まる…CAFが発表

アフリカサッカー連盟(CAF)が13日、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大と世界保健機関(WHO)のパンデミック(世界的大流行)宣言を受け、アフリカ・ネーションズカップ予選の延期を発表した。 アフリカ・ネーションズカップは来年1月にカメルーンで開幕。それに先駆けた予選の第3節、4節が今月の代表ウィークにあたる25〜31日に行われる予定だった。延期分のスケジュールは追って発表の見込みだ。 なお、これを受けて、20〜22日と27〜29日に開催予定だったU-20女子ワールドカップ(W杯)予選と、4月8〜14日にかけて行われる見込みだったアフリカ・女子ネーションズカップ予選も先送りになっている。 2020.03.14 08:55 Sat
twitterfacebook
thumb

プレミア中心に影響大…2021年ANCが1月開催に変更!

2021年にカメルーンで開催予定のアフリカ・ネーションズカップ(ANC)2021が当初の6~7月開催から1~2月の冬季開催に変更となった。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 今大会は当初、2019エジプト大会と同様に2021年6月11日~7月9日の日程で行われる予定だったが、開催国であるカメルーンが同時期の国内の気象条件を理由に、2021年1月9日から2月6日の冬季開催に変更することを決定した。 これにより、多くのアフリカ人スタープレーヤーを抱えるプレミアリーグを中心にヨーロッパの主要リーグでは、過密日程を強いられる年始の時期に主力選手を数試合欠くことになる。 現時点でより大きな影響が見込まれるのは、エジプト代表FWモハメド・サラーやセネガル代表FWサディオ・マネ、ギニア代表MFナビ・ケイタを擁するリバプールだ。 同クラブにおいてはサラーが、東京オリンピック出場が決定しているU-23エジプト代表にオーバーエイジとして参戦する可能性が伝えられており、その場合サラーは2020-21シーズンの序盤戦に加え、今回のANC本大会でエースが離脱する可能性が濃厚だ。 また、プレミアリーグのその他のクラブに関してもアーセナルのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンや、マンチェスター・シティのアルジェリア代表FWリヤド・マフレズらの数試合の不在が見込まれる。 2020.01.16 13:27 Thu
twitterfacebook
thumb

95分の英雄…アルジェリアを15大会ぶり決勝に導いたマフレズの超絶FKがすごい!

14日に行われたアフリカネーションズカップ2019準決勝、アルジェリア代表vsナイジェリア代表で、アルジェリアのMFリヤド・マフレズが魅せたFKが凄いと話題になっている。 準々決勝でコートジボワール代表にPK戦の末勝利したアルジェリアと、南アフリカ代表に2-1と競り勝ったナイジェリアの決勝進出を懸けた一戦。時間の経過とともにポゼッションを高めていくアルジェリアが40分にマフレズのクロスが相手のオウンゴールを誘い先制に成功する。 その後はしばらくこう着状態が続いていた中、67分にアルジェリアはハンドでPKを献上。これを決められてしまい、試合は振出しに戻る。終盤にアルジェリアのシュートがクロスバーを叩くなど1-1のまま延長戦にもつれ込むかに思われた後半アディショナルタイムの95分、劇的な展開が訪れる。 ボックス手前右という絶好の位置でFKを獲得したアルジェリア。決めれば勝ちというプレッシャーがかかる場面でキッカーはマフレズ。左足インサイドステップをコンパクトに振り抜くと、ライナー性の強烈なシュートがゴール左に突き刺さった。 土壇場の決勝ゴールにベンチからも選手やスタッフが飛び出し歓喜の渦に。スタジアムの外では発煙筒を焚いたサポーターらを中心に大盛り上がりとなっていたようだ。 世界各国のメディアも称賛する超絶FKで15大会ぶりに決勝に進んだアルジェリアは、2度目の優勝をかけてセネガル代表と激突する。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="en" dir="ltr">Incredible free kick from Riyad Mahrez to send Algeria through to the AFCON Final <a href="https://t.co/8ylijoCIyG">pic.twitter.com/8ylijoCIyG</a></p>&mdash; Khaled Abdallah (@khaled74) <a href="https://twitter.com/khaled74/status/1150511631773949957?ref_src=twsrc%5Etfw">2019年7月14日</a></blockquote><script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2019.07.15 14:39 Mon
twitterfacebook
thumb

コートジボワール代表主将のオーリエが不出場のマリ戦で負傷…

コートジボワール代表は8日、アフリカ・ネーションズカップ2019・ラウンド16のマリ代表戦を1-0で勝利した。しかし、同試合で不出場のDFセルジュ・オーリエが負傷していたことが判明した。『ロイター通信』が伝えている。 今大会のグループステージ2試合に出場していたキャプテンのオーリエだが、足首のケガによってここ2戦欠場が続いていた。その中でチームは8日、マリ戦をFWウィルフリード・ザハのゴールによって1-0で勝利した。 結局、同試合でベンチ入りしたものの出場機会はなかったオーリエだったが、スタジアムを去る際には右手に包帯を巻いた姿が目撃されていた。 そして、9日に行われた囲み取材で右手のケガに関して質問を受けたオーリエは、「テーブルにぶつけた」と、負傷理由を説明。また、ハーフタイムのロッカールームでチームを鼓舞するためにエキサイトした末のケガであることも明かした。 なお、今回のケガに関しては大したものではなく、右足首のケガも完治間近であるため、11日に行われるアルジェリア代表との準々決勝出場への意欲を示している。 2019.07.10 18:20 Wed
twitterfacebook
thumb

エジプト代表追放のワルダ、仲間のおかげで生還果たす

セクシャルハラスメントの疑いでアフリカネーションズカップ2019に参戦中のエジプト代表から追放されたFWアムル・ワルダがチームに戻ることになったようだ。 ワルダは26日、複数の女性に対するセクハラ行為が明るみとなりエジプトサッカー協会(EFA)から代表追放処分を受けていた。前科もある同選手にはチームメイトのFWモハメド・サラーやMFアーメド・エル=モハマディから更生のためのサポートをしていくというコメントも伝えられていた。 それから2日、フランス『フランス・フットボール』によると、EFAはチームメイトの強い希望によりワルダの追放を撤回。協会の会長を務めるハニ・アブ・リダ氏は「選手の処罰をグループステージが終了するまでに減らすことを決定した」と声明を出し、同選手が決勝トーナメントから再び参加できるようになったことを発表した。 30日にグループステージ最終節のウガンダ戦を控えるエジプト代表は、すでに2勝を挙げて決勝トーナメント進出を決めている。 2019.06.28 21:15 Fri
twitterfacebook