ポチェッティーノ氏招へいを見据えるベンフィカ、ラージュ監督を解任

2020.07.01 01:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベンフィカは6月30日、ブルーノ・ラージュ監督(44)の解任を発表した。

ベンフィカは29日、プリメイラ・リーガ第29節でマリティモに0-2で敗戦し、首位ポルトに6ポイント差を付けられていた。

2019年1月にルイ・ヴィトリア前監督の後を受けて就任したラージュ監督は、公式戦76試合を指揮し、51勝12分け13敗の戦績を残していた。そして今季はリーグ戦で20勝4分け5敗の戦績を残し、チームは2位に位置していた。

ベンフィカでは2019年11月にトッテナムを退任して以来、フリーとなっているマウリシオ・ポチェッティーノ氏(48)の招へいを画策していると報じられている。
コメント
関連ニュース
thumb

半年以上フリーのポチェッティーノにポルトガルから関心? プレミアクラブ指揮の話は進まず

アルゼンチン人指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノ氏(48)の新天地としてベンフィカが浮上した。ポルトガル『レコルド』の情報をもとにイギリス『デイリー・メール』が伝えている。 2019年11月に約5年半指揮したトッテナムを退任して以来、フリーの状態が続いているポチェッティーノ氏。プレミアリーグへの復帰が有力視されており、特にマンチェスター・ユナイテッドと、クラブ買収が報道されているニューカッスル行きはしきりに報じられていた。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJOOFBISDdmVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> しかし、マンチェスター・ユナイテッドはオーレ・グンナー・スールシャール監督の下、このところ調子を上げており、ニューカッスルの買収話は中々進展が見られない状況が続いている。 そんな中、ポルトガル『レコルド』は、ベンフィカがポチェッティーノ氏の招へいに動いていると報道。同氏を招くため、大きな資金を動かすことも辞さない姿勢のようだ。 現在、首位ポルトから勝ち点3ポイント差の2位につけているベンフィカは、ブルーノ・ラージェ監督(44)の解任を考えており、その後任としてポチェッティーノ氏を指揮官に据えることを画策しているようだ。 突如として挙がったポルトガルからの関心。以前には次のステップの準備ができていると語っていたポチェッティーノ氏はどのような選択をするのだろうか。 2020.06.29 23:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ベンフィカのチームバスが襲撃される…今冬加入のヴァイグルは2度目の被害に

ベンフィカは5日、選手らを乗せたチームバスが4日のトンデラ戦後に襲撃を受けたことを報告した。 3日開催したポルトガルのプリメイラ・リーグ。ベンフィカは4日にトンデラと対戦し、無観客のホームでゴールレスドローに終わっていた。 勝てば首位奪還のチャンスだったベンフィカ一行は、試合後やや肩を落としながらバスに乗りスタジアムを後に。しかし、ここで予想だにしない事件が発生。何者かからバスに石が投げられ、ドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルとセルビア代表MFアンドリヤ・ジブコビッチが負傷。病院に搬送される事態となった。 幸いにも両選手とも大事には至らず、次戦のポルティモネンセ戦も問題なく出場できるようだ。犯人は不明としているが、ポルトガルメディアはファンによる仕業の可能性が高いと報じており、警察と協力して調査を進めていくという。 今冬にヴァイグルを送り出したドルトムントは、ツイッターを通じて「早い回復を祈っています」とメッセージ。一方のヴァイグルも自身のインスタグラムで「無事であることを伝えたい。本当に運が良かった」と報告している。 ヴァイグルは、ドルトムントに在籍していた2017年4月にもバス襲撃事件を経験。この一件で同選手にケガはなかったものの、スペイン代表DFマルク・バルトラ(現レアル・ベティス)が右手首を骨折し、緊急手術を行っていた。 2020.06.05 20:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ベンフィカ会長、ヴィニシウスへのオファーを明かす「6000万ユーロのオファーを受けたが…」

ベンフィカの会長を務めるルイス・フィリペ・ヴィエイラ氏が、ブラジル人FWカルロス・ヴィニシウス(25)へのオファーがあったことを明かした。イギリス『Sports Mole』が伝えている。 サントスの下部組織出身のヴィニシウスは、2018年の夏にナポリへステップアップを果たすもレンタル先で結果を残せず1年で退団。だが、今季加入のベンフィカではここまで公式戦36試合に出場して20得点12アシストと大ブレイク。リバプールやマンチェスター・ユナイテッドからの関心が噂されるようになった。 ヴィエイラ会長によると、同選手にはすでに具体的なオファーがあったようだが、売却の意思はないとして高額オファーを断っていたようだ。 「6000万ユーロ(約73億円)のオファーを受けたが売らなかった。彼には1億ユーロ(約122億円)の値札がついている」 「(新型コロナウイルスの)パンデミックがなければ、我々は2人の選手をそれぞれ1億ユーロで売却していたかもしれないがね」 2020.06.03 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、単年契約判明のD・ルイスに延長オファーか…アルテタも来季戦力として残留望む

アーセナルが元ブラジル代表DFダビド・ルイス(33)との契約延長に向かう姿勢だという。イギリス『ミラー』が伝えた。 今季からアーセナルに加わり、終ラインの要として公式戦32試合に出場しているものの、古巣であるベンフィカ愛を主張し続けるD・ルイス。当初こそ2年契約でのアーセナル加入とされたが、延長オプション付きの単年契約であることが明らかとなり、エミレーツ・スタジアムでの将来がより不鮮明な状況だ。 選手代理人のキア・ジョオラビシアン氏から延長オプションの行使期限も過ぎた現状が明らかにされたが、アーセナルのミケル・アルテタ監督は6月30日に満了となるD・ルイスのリーダーシップとパフォーマンスを評価。U-20フランス代表DFウィリアム・サリバが新たなセンターバックとして加わる来季も戦力として計算しており、クラブに迅速な交渉成立を求めているという。 また、ジョオラビシアン氏も「彼はアーセナルで非常に幸せ」と残留に前向きなコメントを残しており、アーセナルは新たに1年間の契約延長を申し出る意向。しかし、新型コロナウイルスの影響で財政圧迫を強いられており、週給13万ポンド(約1700万円)を稼ぐD・ルイスの新たな契約延長に関して、インセンティブなどを含めた条件で両者の妥協点を探る必要性もあるようだ。 2020.06.02 19:10 Tue
twitterfacebook
thumb

D・ルイスはアーセナル残留か? 代理人「残留の可能性は非常に高い」

元ブラジル代表DFダビド・ルイス(33)は、アーセナル残留を希望しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ダビド・ルイスは昨夏、移籍市場締め切り最終日にチェルシーからアーセナルへ電撃移籍。ここまで公式戦32試合に出場するなど、最終ラインの主力として活躍している。 元ブラジル代表DFとアーセナルの契約は当初、2年契約と報じられていたが、先日に『スカイ・スポーツ』は実際の契約が延長オプション付きの1年契約だったことを確認していた。 そして、同選手の代理人を務めるキア・ジョーラブシャン氏は、今回のインタビューでそれが事実であることを認めた。また、延長オプション行使の期限がすでに過ぎていることも明かしている。 その一方で、ダビド・ルイス自身がクラブ残留を希望しており、できるだけ早期に契約延長交渉を行う予定であると語っている。 「彼はアーセナルでとても幸せだよ」 「監督とスポーツ・ディレクターの双方と非常に良い関係を築いている。オーナーに至るまでクラブ全員と良い関係を築けているよ。彼は全員を尊重しているからね」 「アーセナルは(延長)オプションを持っていたが、それはすでに失効している。パンデミック(新型コロナウイルス)のさなかに失効してしまった。ただ、我々全員がそういった特殊な状況を理解しており、非常にゆっくりと“新たな日常”に戻ろうとしている」 「彼に関する契約状況、クラブに留まるのか、否かに関する各種の問題については“新たな日常”に戻ったとき、そのすべてが整理されることになるだろう」 「ダビドはシーズンが始まるまでにアーセナルと交渉のテーブルに付き、そこでクラブに留まるか、否かを決めることになるはずだ」 「(ダビド・ルイスの残留の)可能性は非常に高いと見ている。彼はここを去る気はないからね」 また、ジョーラブシャン氏は、先日にダビド・ルイスがベンフィカ公式のインタビューで語った復帰願望について自身の見解を示している。そして、選手の発言の意図はあくまで将来的なものであることを強調している。 「彼が言ったことは『将来的にチャンスがあった場合、引退前にヨーロッパでのキャリアをスタートしたベンフィカに戻って引退する可能性がある』というものだ。したがって、彼がいますぐにベンフィカに戻りたいと言ったわけではない」 大物代理人の言葉がすべて事実であれば、少なくともダビド・ルイスは来シーズンもアーセナルでプレーを続けることになりそうだ。 2020.06.01 19:47 Mon
twitterfacebook