ドルトムント戦で負傷したノルトヴェイトが右足骨折の重傷…

2020.06.30 02:01 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ホッフェンハイムは29日、ノルウェー代表DFホーバル・ノルトヴェイトが右足骨折の重傷を負ったことを発表した。

ノルトヴェイトは、27日に行われたブンデスリーガ第34節のドルトムント戦(4-0で勝利)に83分から出場。しかし86分、ラーセンとのパス交換でボックス内に侵入したノルトヴェイトはシュートを放った際にブロックに入ったザガドゥの足と接触。そのまま右足を押さえて倒れこむと、メディカルスタッフの肩を借りてピッチを後にした。

ホッフェンハイムによれば、ノルトヴェイトはその後の検査で右足の骨折と診断された模様。なお、現時点で離脱期間に関して言及していないが、長期離脱が見込まれる。

2017年にウェストハムから加入したノルトヴェイトは、これまで在籍2年半で公式戦42試合に出場。フルアムからのレンタル復帰となった今季は、肋骨の負傷などもあり公式戦12試合に出場にとどまっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ホーム連敗フィニッシュのドルト、ファブレ「誰か一人でも100%の力を出さなければ…」

ドルトムントを率いるルシアン・ファブレ監督は、大敗に終わったホッフェンハイムとの今季最終戦を振り返っている。クラブ公式サイトが会見コメントを伝えている。 前節、RBライプツィヒとの直接対決を制し、今シーズンのリーグ戦2位フィニッシュを確定させたドルトムント。そして、消化試合となったブンデスリーガ最終節ではホームにホッフェンハイムを迎えた。 同試合にDFレオナルド・バレルディ、DFマテウ・モレイ、MFジョバンニ・レイナと先発経験の少ない数選手を起用したドルトムントは、ヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に勝ち点3が必要なアウェイチームの攻勢に晒される。 開始早々の8分にFWアンドレイ・クラマリッチに先制点を奪われると、後半立ち上がりまでに、そのクラマリッチ一人に4ゴールを献上するなど、守備が崩壊。後半はMFジェイドン・サンチョの投入などで巻き返しを図るが、自慢の攻撃陣は最後まで不発。攻守に全く良いところを出せないまま、今シーズンの戦いを0-4の大敗で終えることになった。 ドルトムントは直近のホームゲームでも残留を争うマインツに0-2で完敗しており、観客を入れた状態であれば、無敵ともいえるジグナル・イドゥナ・パルクでまさかの連敗フィニッシュとなった。 同試合後、ファブレ監督はモチベーションの面で大きな差が見られたことも含め、ホッフェンハイム相手の完敗を受け入れている。 「試合内容が良くなかった。相手にチャンスをプレゼントし過ぎた。我々はボールの奪い合いにも参加していなかった」 「誰か一人でも100%の力を出さなければ、他のプレーヤーに負担がかかる。今日はその点が不十分だった。そして、もっと我慢強く戦う必要があったし、全員で守ることを忘れてはいけない」 「今日は何人かメンバーを入れ替え、非常に若いチームで戦わなければならなかった。ホッフェンハイムは今日、明確な目標を持って試合に臨んでいた。彼らの気合いは見ていてわかったし、ウチのチームにはそれが足りなかった」 最終戦でのパフォーマンスに苦言を呈したスイス人指揮官だが、最低限のノルマである2位フィニッシュを成し遂げたシーズン全体のパフォーマンスには満足している。 「今日のことはすぐに忘れなければならない。我々は1週間前のライプツィヒで見事な試合をし、シーズンの目標も達成した。それが何より重要だ。良いシーズンを過ごしたよ」 また、同試合にフル出場したGKロマン・ビュルキとMFアクセル・ヴィツェルのベテラン2選手も、「こんな形でシーズンを終わらせたくなかった」、「一方は勝利を求め、もう一方のチームはあまり意欲が感じられなかった」と、ファブレ監督同様に低調なパフォーマンスに憤りを感じている。 とりわけ、大量失点を喫した守護神は、「僕ら全員、ここでプレーできることに幸せを感じるべきだ。僕らは勝者のメンタリティーを持ち続けなければならない。それがバイエルンより劣っている点だ」と、同じ消化試合にも関わらず、大勝でシーズンを締めくくった8連覇中の王者から学ぶべきことがあると主張している。 2020.06.28 16:27 Sun
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ指揮官、古巣ホッフェンハイムに2-0勝利…「今日の3ptは大きい」

RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督が「今日の3ポイントは大きなものだ」と語った。クラブ公式サイトが伝えている。 ブンデスリーガ首位のバイエルン、2位のドルトムントに次いで3位につけるライプツィヒは12日に敵地で行われた第31節でホッフェンハイムと激突。指揮官にとって、古巣凱旋ゲームとなる一戦だった。 その試合は今年1月にディナモ・ザグレブから加入したスペイン代表MFダニ・オルモが輝きを放ち、9分に先制ゴールをマーク。その2分後にもダニ・オルモが追加点を挙げ、チームを2試合ぶりの白星に導いた。 リーグ戦12試合無敗となる勝利を飾り、今節の戦いを残す2位ドルトムントと1ポイント差に詰めたライプツィヒ。ナーゲルスマン監督はホッフェンハイム戦を振り返り、結果に満足感を示した。 「序盤を1点差で終わらなかったのが少しラッキーだったね。あっという間に2点目も奪うことができたが、3点目を決め切れなかった。ホッフェンハイムもすごくプレッシャーをかけてきて、我々も少しラッキーだったが、勝利に値しなかったわけじゃない。今日の3ポイントは大きなものだ。今の我々にはチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できるチャンスがある。それを掴み取りたい」 2020.06.13 13:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒがダニ・オルモのドッペルパックでホッフェンハイムを撃破!12戦無敗で3位を死守《ブンデスリーガ》

ライプツィヒは12日、ブンデスリーガ第31節でホッフェンハイムとアウェイで対戦し、2-0で勝利した。 前節、最下位パーダーボルンに痛恨のドローを喫した3位のライプツィヒ(勝ち点59)は、その試合からスタメンを3人変更。エンクンクやアダムス、ウパメカノに代えてザビッツァー、ライマー、ハルステンベルクをスタメンで起用した。 立ち上がりから積極的なホッフェンハイムに対し、やや押し込こまれるライプツィヒは6分にピンチを迎える。ツバーのパスがバウムガルトナーに当たりゴール前にこぼれると、これに反応したダブールを飛び出したGKが倒してしまいPKを献上。しかし、VAR検証の結果、ツバーのパスがバウムガルトナーの手に当たっており、PKは取り消された。 ピンチを凌いだライプツィヒは9分、右サイドをオーバーラップしたムキエレの横パスをボックス内で受けたダニ・オルモがグリリッチュをかわしゴール前に侵攻。右足トゥーキックでゴールネットを揺らした。 ファーストチャンスで先制したライプツィヒは、11分にもアンヘリーニョのロングパスをボックス右深くに駆け上がったザビッツァーが頭でマイナスに折り返すと、走り込んだダニ・オルモがダイレクトシュートをゴール右隅に突き刺した。 2点を追うホッフェンハイムは、27分にビカクチッチ、38分にバウムガルトナー、41分に再びビカクチッチがライプツィヒゴールに迫ったが、ゴールネットは揺らせず。 迎えた後半、リードするライプツィヒは53分にチャンス。中盤でのボール奪取からザビッツァーが素早くスルーパスを送ると抜け出したヴェルナーがボックス内まで持ち上がりラストパス。最後は併走していたアンヘリーニョがゴールネットを揺らしたが、ヴェルナーのオフサイドを取られ、ゴールは取り消された。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続く。そんな中、ライプツィヒは83分にヴェルナー、85分にエンクンクと立て続けにホッフェンハイムゴールに迫ったが、共にGKバウマンの好セーブに阻まれた。 結局、試合はそのまま2-0で終了。ダニ・オルモのドッペルパックで逃げ切ったライプツィヒが、12戦無敗で3位を死守している。 2020.06.13 05:48 Sat
twitterfacebook
thumb

残り4試合にしてホッフェンハイムがスロイデル監督を解任!

ホッフェンハイムは9日、オランダ人のアルフレッド・スロイデル監督(47)を解任したことを発表した。 スロイデル監督は、現在ライプツィヒを指揮するユリアン・ナーゲルスマン監督の後任として今シーズンから就任。昨年3月に内定が発表された際にはアヤックスのアシスタントコーチを務めていたが、それまではホッフェンハイムでナーゲルスマン監督の右腕として働いていた。 そのため、クラブ史上初となるチャンピオンズリーグ出場に導いたナーゲルスマン監督の血を引く正真正銘の後任として期待されたスロイデル監督は、来季のヨーロッパリーグ出場権を狙える7位に位置していた。 しかし、クラブと袂を分かつ原因となったのは方向性の違い。ディレクターのアレクサンデル・ローゼン氏は「コロナ禍での将来に向けた話し合いで合意点を見つけられなかった」と公式サイトで説明。ブンデスリーガ再開後は2勝2分け1敗という成績だったが、道半ばにして解任の憂き目に遭った。スロイデル監督はこのように語っている。 「私は初めからホッフェンハイムでの仕事が大きな挑戦になることを知っていた。内容にはとても満足している。ブンデスリーガで働く機会を与えてくれたクラブに感謝する」 「残念ながらホッフェンハイムを将来的にどのように導いていきたいかという共通の道を見つけられなかった。後悔しているがこのようなキャリアにおいて意見の相違は珍しいことではない。適切な答えを見つけるために、お互いに正直でなければならない」 なお、リーグ戦残りの4試合については、アカデミー監督のマルセル・ラップ氏やローゼン氏を中心に指揮を執っていく方針とのことだ。 2020.06.09 18:01 Tue
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム戦で退場のボルナウが2試合の出場停止に…

ケルンは29日、DFセバスティアン・ボルナウが2試合の出場停止処分を受けたことを発表した。 ボルナウは27日に行われたブンデスリーガ第28節のホッフェンハイム戦に先発出場したが、26分にクリストフ・バウムガルトナーのふくらはぎを踏みつけてしまうと、その後にVAR検証が行われ、レッドカードを提示された。 そして、ドイツサッカー連盟(DFB)のスポーツ裁判所は、ボルナウに対して2試合の出場停止処分を言い渡した。 なお、ケルンは今回の処分を受け入れており、同選手は6月1日に行われるブンデスリーガ第29節のライプツィヒ戦と、7日に行われる第30節のアウグスブルク戦を欠場することが確定している。 2020.05.30 00:30 Sat
twitterfacebook