ローマのミスを突いたミランが再開後2連勝!《セリエA》

2020.06.29 02:13 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第28節、ミランvsローマが28日に行われ、2-0でミランが勝利した。

リーグ再開初戦となった前節レッチェ戦を4-1と快勝した8位ミラン(勝ち点39)は、レッチェ戦と同じスタメンで臨み、レビッチとボナヴェントゥーラの2トップで挑んだ。

一方、ジェコのドッピエッタでサンプドリア戦を逆転勝利した5位ローマ(勝ち点48)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位アタランタを6ポイント差で追う中、サンプドリア戦のスタメンから6選手を変更。ペッレグリーニやクリスタンテ、G・マンチーニらが先発となった。

ジェコを最前線に、2列目に右からムヒタリアン、ペッレグリーニ、クライファートと並べたローマに対し、立ち上がりからミランがボールを保持する展開となった。

しかし、より多くゴールに迫っていったのは手数をかけないカウンターを仕掛けていたローマ。そして20分、クライファートの左クロスからジェコがヘディングシュート。決定的だったが、わずかに枠の右に外れた。

前半半ば以降も同様の構図で試合が推移する中、39分にミランに決定機。テオ・エルナンデスの左クロスからチャルハノールがヘディングシュートを放つも枠を捉えきれず、前半をゴールレスで終えた。

迎えた後半もミランがボールを持った中、54分にパケタとサレマーカーズの2選手を投入。すると65分に決定機。サレマーカーズのスルーパスでボックス左に抜け出したチャルハノールが決定的なシュートに持ち込んだ。さらに67分、パケタの右足ミドルが枠を捉えるも、ここもGKミランテに阻まれた。

それでも76分、ミランが先制する。ザッパコスタのバックパスミスをカットしたレビッチがゴールに向かうと、ケシエのボレーシュートでGKを強襲。そしてルーズボールをレビッチが蹴り込んだ。

劣勢のまま失点し、追いかける展開となったローマはパストーレを投入するも、88分に痛恨のPKを献上する。ディアワラのカットミスからテオ・エルナンデスにボールが渡り、ボックス内でスモーリングが倒してしまった。

このPKをチャルハノールが決め、リードを広げたミランが2-0で勝利。再開後リーグ2連勝としている。
コメント
関連ニュース
thumb

イブラ復帰ミラン、最下位SPALに何とかドロー《セリエA》

ミランは1日、セリエA第29節でSPALとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 3日前に行われた前節ローマ戦を勝利して再開後2連勝とした7位ミラン(勝ち点42)は、ローマ戦のスタメンから3選手を変更。ボナヴェントゥーラ、A・コンティ、ケアーに代えてパケタ、カラブリア、ガッビアを起用し、ベンチには負傷していたイブラヒモビッチが戻った。 最下位SPAL(勝ち点18)に対し、立ち上がりからボールを持ったミランは13分、CKの流れから混戦の中をヴァロティに蹴り込まれ、最初のピンチで失点する。 そして直後にはカスティジェホがスプリントの際に右足太ももを痛め、サレマーカーズとの交代を強いられた。 その後、17分にチャルハノールのコントロールシュートが枠を捉えるも、ここはGKの好守に阻止されると、30分にスーパーゴールで失点する。ゴール正面からフロッカーリに見事なドライブシュートを叩き込まれた。 2点を追う展開となったミランは37分にチャルハノールがネットを揺らすも、ラストパスを出したレビッチのポジションがわずかにオフサイドだったとしてノーゴールに。 それでも42分、テオ・エルナンデスがダレッサンドロに悪質なタックルを受けてVARの末に一発退場となり、ミランは数的優位となって前半を終えた。 後半からカラブリアに代えてレオンを投入したミランは、サレマーカーズを右サイドバックに配置。攻撃的な布陣で臨み、攻勢に出る展開が続くもゴールを割るには至らない。 そこで65分にイブラヒモビッチを投入すると、79分に1点差に詰め寄る。左サイドからのクロスが流れたところをボックス中央のレオンが受け、ゴール右へ丁寧に蹴り込んだ。 その後も攻め込み続けたミランは敗色濃厚となった中、追加タイム4分に追いつく。サレマーカーズの右クロスがヴィカリのオウンゴールを誘った。しかし反撃はここまで。最下位のSPAL相手に痛恨のドローに終わってしまった。 2020.07.02 06:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ミラン、今冬にレンタル加入したMFサレマーカーズの買い取りOPを行使

ミランは1日、U-23ベルギー代表MFアレクシス・サレマーカーズ(21)の買取オプションを行使したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 ベルギー屈指の名門アンデルレヒトのアカデミー出身のサレマーカーズは2018年2月にトップチームデビュー。右サイドを主戦場とする突破力と攻撃センスに長けたアタッカーは、トップチームで公式戦64試合2ゴール6アシストを記録した。 この活躍が認められ、今冬にミランへレンタル移籍で加入。ミランでは出場機会に恵まれず、公式戦6試合で92分の出場にとどまっていた。それでも出場した際にはポテンシャルを感じさせるプレーを披露しており、今回の完全移籍を勝ち取った。 なお、移籍金について明かされていないが、フランス『Foot Mercato』によれば総額700万ユーロ(約8億5000万円)になるとのことだ。 2020.07.02 02:10 Thu
twitterfacebook
thumb

“ゴールの外科医”トマソンが完璧な抜け出しから絶妙ループを披露【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は「ゴールの外科医」の異名を持つ元デンマーク代表FWのヨン・ダール・トマソン氏がミラン時代に決めたゴールだ。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJlREFyM1htMiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> トマソン氏は、代表通算112試合52得点を誇るデンマークのレジェンド。2002年の日韓ワールドカップ(W杯)で得点ランク3位の4得点を挙げるなど、決定力高きストライカーとして名を馳せる。 在籍したクラブもヘーレンフェーンやニューカッスル、フェイエノールト、ミラン、シュツットガルト、ビジャレアルといった欧州の有名クラブばかり。 今回はミラン時代の2004年2月1日に行われたセリエA第19節のボローニャ戦でのゴールだ。 1-0とミランがリードする展開で迎えた83分、FWアンドリー・シェフチェンコとの交代でトマソンはピッチに立つ。すると、終了間際の89分、DFセルジーニョのロングパスに完全に抜け出すと、ボックス外で優しく胸トラップ。キーパーの位置ほほとんど見ることなく、そのまま左足でループシュートを放った。シュートは相手GKジャンルカ・パリュウカの頭上を越え、ゆっくりと逆サイドのゴールネットを揺らした。 このシーズンのミランの主役はシェフチェンコやアンドレア・ピルロであったが、トマソン氏もFWとしてマルチなプレーを見せ、スクデット獲得に多いに貢献していた。 2020.06.29 17:45 Mon
twitterfacebook
thumb

来季の久保建英、ミランが武者修行先に? レアルがレンタル先に求む条件とは

マジョルカでプレーする日本代表MF久保建英(19)を巡り、ミランの関心があるようだ。 昨夏にFC東京からレアル・マドリー入りした後、トップリーグでの出場機会を求めてマジョルカにレンタル移籍した久保。残留争いに身を置くチーム状況のなかで、ここまでラ・リーガ29試合で起用され、3得点3アシストと主力の地位を固めている。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1dFRuZUZUZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> そうした活躍ぶりからレアル・マドリー復帰が期待される久保だが、DFエデル・ミリトン、FWヴィニシウス・ジュニオール、FWロドリゴのブラジル人勢がEU圏外枠を占めている現状を受け、来季も引き続きの武者修行が濃厚とみられる。 そうなれば、気になるのが新たなレンタル先。これまでレアル・ソシエダやパリ・サンジェルマン(PSG)らが挙がる久保だが、スペイン『Cadena SER』によると、他にも複数クラブが受け入れ手として興味を示すなかで、ミランも参戦しているという。 レアル・マドリーは久保の来季に関して、レンタルの移籍形態や年俸200万ユーロ(約2億4000万円)の全負担に応じるクラブを条件に。ミランはそうしたレアル・マドリーの要望に沿った姿勢を示すクラブとして、ミランが好位置にいる模様だ。 ただ、そんなミランにも1つだけネックな部分があるという。それはレアル・マドリーが求める欧州大会の出場権だ。レアル・マドリーは来季の久保に欧州の舞台を経験させたく、加入先のクラブに対して欧州大会の出場資格を求めているとのことだ。 ミランは現在のセリエAでチャンピオンズリーグ(CL)出場圏の4位アタランタと15ポイント差の7位。ヨーロッパリーグ(EL)出場圏の6位ナポリとは3ポイント差という状況だ。 将来的にレアル・マドリーでプレーするなら、ラ・リーガへのさらなる適応を期待して、国内移籍が好ましいようにも思える久保だが、どのクラブの一員として来季をスタートさせるのだろうか。 2020.06.29 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン、生え抜きの新星FWコロンボと2024年まで契約延長

ミランは25日、プリマヴェーラに所属するU-19イタリア代表FWロレンツォ・コロンボ(18)との契約延長を発表した。新契約は、2024年6月30日までとなる。 コロンボはミランユース出身で、今シーズンからU-19チームに昇格。プリマヴェーラ2Aでは6試合で9ゴールを挙げる活躍を見せると、12日に行われたユベントスとのコッパ・イタリア準決勝2ndレグに途中出場し、ファーストチームデビューを果たしていた。 世代別のイタリア代表歴があり、U-17イタリア代表として2019年の U-17欧州選手権に出場。決勝でも2ゴールを挙げる活躍を見せ、チームの準優勝に貢献していた。 2020.06.26 11:10 Fri
twitterfacebook