ブッフォンがCL決勝で見せた集中力と反射神経、インザーギのドンピシャヘッドをセーブ【アンビリーバブル・セーブス】

2020.06.24 22:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。

しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。

今回はユベントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが見せたセーブだ。

ブッフォンはパルマでキャリアをスタート。2001年7月にユベントスへと入団すると、2018年7月にパリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍するまで17年間プレー。PSGでは1シーズンのみのプレートなり、今シーズンから復帰している。

長年ユベントスのゴールマウスを担ってきたブッフォンだが、2003年5月28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝のミラン戦では素晴らしいセーブでチームを救っている。

イタリア勢同士の決勝らしい堅い試合となったこの試合は、両者とも中盤での激しいプレスの掛け合いで主導権を奪い合い、決定機は多くなかった。その中でミランが最もゴールに近づいたシーンでは、ブッフォンが立ちはだかった。

ミランはFWアンドリー・シェフチェンコが前線にボールを運ぶと、ボックス右端にいたMFクラレンス・セードルフへと展開する。ボールを受けたセードルフは、再度に流れながら、マイナス気味のクロスを中央へと送る。これに誰よりも早く反応したのがFWフィリッポ・インザーギだった。走り込みながらのダイビングヘッドはドンピシャで合い、ヘディングシュートが枠をとらえていたが、ブッフォンが超人的な反応を見せ、左手でセーブした。

結局、試合は0-0のまま120分間の戦いを終え、PK戦へ。ブッフォンとミランのGKヂダが好セーブを連発し、合わせて4連続セーブが生まれるなど最後まで目が離せない展開となったが、最後はシェフチェンコが決め、ミランが勝利した。

だが、この試合や準決勝のレアル・マドリー戦での活躍があったブッフォンは、この年のCL最優秀選手賞を受賞している。
コメント
関連ニュース
thumb

テア・シュテーゲンが見せた超人的反応!ラウタロも苦笑いのスーパーストップ【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆テア・シュテーゲンのスーパーストップ!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJnbkdMWlRmNSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回はバルセロナのドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンが見せたセーブだ。 ボルシアMGユース出身のテア・シュテーゲンは、“ポスト・ノイアー”一番手としてドイツで頭角を現し、2014年7月にバルセロナへ移籍。加入当初こそチリ代表GKクラウディオ・ブラーボとのローテーションでの起用だったが、2016年からは、同選手の移籍もあり、バルセロナの守護神として活躍を続けている。 その超人的な反応でバルセロナのピンチを救ってきたテア・シュテーゲンだが、2019年10月2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのインテル戦では、試合の流れを変えるスーパーセーブを見せた。 前半3分にインテルのFWラウタロ・マルティネスのゴールで先制を許し、ホームでリードされていたバルセロナ。これ以上失点できない場面だったが、再びピンチを迎える。 右サイドでボールを持ったMFアントニオ・カンドレーバがボックス内へクロスを上げると、この日1ゴールのラウタロがフリーで叩きつけるようなヘディングシュートを放つ。ファーポスト側へ流れるかと見えたボールがヘディングにより突然進路を変えた格好になったが、テア・シュテーゲンはここで超人的な反応を見せる。身体の進路とは逆の方向へ飛ぶボールに対して、重心を左足になんとか留めると、左手を伸ばし、強烈なヘディングをセーブしてみせた。 追加点を許せば試合が終わってしまう可能性もあった場面で見せたスーパーストップ。相手に傾きかけた流れを手繰り寄せるセーブでチームを救ったテア・シュテーゲン。この後バルセロナは後半の2得点で逆転勝利を収めている。 2020.07.10 15:00 Fri
twitterfacebook
thumb

守護神復帰のケパが昨季終盤に見せた驚異の跳躍力【アンビリーバブル・セーブス】

たった一つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。しかし裏を返せばセーブ一つでチームを救うこともできる。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 今回はチェルシーのスペイン代表GKケパ・アリサバラガのセーブだ。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJMYU5xR0RZUSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 2018年夏にGK史上最高額の7200万ポンド(現レートで約99億2000万円)でアスレティック・ビルバオからチェルシーへと移籍したケパ。加入2年目の今季は不調から第2GKへと降格した時期もあったものの、再び守護神としてゴールマウスを守っている。 何度もチェルシーのピンチを救ってきたケパだが、2019年5月5日のプレミアリーグ第37節のワトフォード戦では圧巻のセーブを見せた。 ワトフォードのDFホセ・ホレバスが左サイドからクロスボールを上げると、FWトロイ・ディーニーがフリーで頭で合わせる。ヘディングシュートはゴール左上隅に向かい一直線。スタンドの多くのサポーターがゴールを覚悟したが、ケパが驚異的な跳躍力とともに腕を伸ばし、ギリギリのところで左手で掻き出した。 このセーブにチェルシーの選手たちはケパのもとに駆け寄りセーブを称賛。試合も3-0とクリーンシートで勝利していた。 2020.06.30 15:10 Tue
twitterfacebook
thumb

3冠を手繰り寄せる左手、CL決勝でジュリオ・セーザルがロッベンの十八番を阻止【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 今回は元ブラジル代表GKのジュリオ・セーザル氏が見せたセーブだ。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ2ZkYybHBJRyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> フラメンゴでキャリアをスタートさせたジュリオ・セーザル氏は、2005年1月にインテル加入後、直後の半年間だけキエーボにレンタル移籍。インテル復帰後は、5度のセリエA優勝や、1度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇など数々のタイトルに貢献した。 中でも、2009-10シーズンのCL決勝バイエルン戦でのセーブは見事だった。 インテル1点リードで迎えた65分、クリアボールのこぼれ球をバイエルンFWアリエン・ロッベンがインテル陣内ボックス外で拾う。ボックス内に差し掛かろうかというところで、ロッベンは十八番でもある左足でのコントロールシュートを放った。 いつもの角度、いつもの弾道に「入った」と思ったサポーターも多いのではないだろうか。しかし、思い切りジャンプしたジュリオ・セーザルは、懸命に手を伸ばし、何とか左手でセーブした。このシュートは枠をとらえていた。 その後、インテルはFWディエゴ・ミリートが追加点を記録し、そのまま2-0で勝利。CL制覇とともに、セリエA、コッパ・イタリアとの3冠を達成したのだった。 2020.06.23 20:30 Tue
twitterfacebook