ピッチ上での濃厚接触者の基準は? 「非常に難しい」と語るJリーグ村井満チェアマン、中継映像を分析する方法も

2020.06.22 11:55 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグと日本野球機構(NPB)は22日、「第10回 新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施した。

3月から実施されてきた対策連絡会議も10回目を迎える中、プロ野球は19日にシーズンが開幕。JリーグはJ2の再開とJ3の開幕が27日に、J1の再開が7月4日と迫っている。

その中で1つ問題となっているのが、選手間での濃厚接触者の定義だ。野球の場合はコンタクトプレーはあまりないものの、例えば出塁した場合はランナーとファーストの選手は近い距離にいる。サッカーの場合は、セットプレー時やピッチ内でのコンタクが多く、仮に出場選手に感染者がいた場合の対応が難しくなっている。
この件について賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部・感染症学教室特任教授)は「1m以内で15分以上という濃厚接触者の定義を当てはめられるべきなのか。例えば、ラグビーとサッカーも違いますし、サッカーと野球も違います。1人1人の濃厚接触をどう考えるかは違うと思う」と、一般的に適用される濃厚接触者の基準をそのままは使えないと指摘した。

また「欧州のプロサッカーの状況を参考にしながら、プロスポーツの濃厚接触というのはどういった意味があるのかという難しさがある。専門家グループのコンセンサスがある程度出来上がっているのは事実だが、それを当てはめて良いのかという部分がある。それでも、ある程度の判断を示したいと思います」とし、今後プロスポーツにおける濃厚接触者の基準を示していくと語った。

今週末にJ2リーグ再開、J3リーグ開幕を迎えるJリーグの村井満チェアマンは「オン・ザ・ピッチにおける濃厚接触の判断は非常に難しいと認識している。アスリートの場合は一般生活と異なる難易度の高い部分がある」と、専門家と同様に基準が別になるとコメントした。

また、「中継映像があるので、それを解析していく中で、引水ボトルを当該選手と他の選手がシェアしていたかどうかとか、そういったデータがあれば参考になるかなとか。粘膜接触にあたる部分があったかなどもある」とし、映像を利用した分析で濃厚接触者を特定する方法も考えられると語った。

一般的な基準について「マスクしない状態で1m以内の距離で15分間会話をするというものは、試合ではない」とし、「トレーニングでもクラブは努力をしているので、オン・ザ・ピッチでは我々の協力が必要かなと思っています」と、Jリーグとしても感染防止対策や発覚後の調査への協力を行うとした。

関連ニュース
thumb

「申し訳ない気持ち」…降格清水、10月に手術の神谷優太と契約更新

清水エスパルスは7日、MF神谷優太(25)の契約更新を発表した。 神谷は東京ヴェルディのアカデミー出身だが、青森山田高校に進学して、2016年に湘南ベルマーレ入り。愛媛FCや、柏レイソルでもプレーして、今年から清水に活躍の場を移した。 その清水では公式戦29試合出場で2得点を決めたが、今年8月の練習で足関節捻挫、足関節インピンジメント症候群、三角骨障害と診断。10月に手術を受け、後半戦の大半を欠場した。 チームも明治安田生命J1リーグ17位で降格の憂き目に遭ったが、残留を決断した神谷。1年でのJ1復帰を目指して、クラブの公式サイトで決意を新たにしている。 「来シーズンも清水エスパルスでプレーさせていただくことになりました。J2降格という結果となり、エスパルスに関わる全ての皆様に申し訳ない気持ちでいっぱいです。今シーズンの最後は力になれず、最終戦後、画面の前でこんなに悔しい思いをしたのは初めてです。来シーズンは誰よりも覚悟と責任を持ち、プライドを捨てて強い気持ちで闘います。J2は甘くなく、1年で復帰することは簡単ではありませんが、皆様の力を貸していただき必ず昇格します。来シーズンもよろしくお願いいたします」 2022.12.07 13:20 Wed
twitterfacebook
thumb

名古屋が湘南に期限付き移籍していたMF米本拓司の復帰を発表「タイトルを獲れるように一丸となって闘いましょう!」

名古屋グランパスは7日、湘南ベルマーレに期限付き移籍していたMF米本拓司(32)の復帰を発表した。 FC東京で長らくキャリアを過ごした米本は、2019年に名古屋へと完全移籍。それまで大きなケガを何度もした中で、名古屋では主軸としてプレーした。 今シーズンから長谷川健太監督が就任すると、湘南へと期限付き移籍。明治安田生命J1リーグで27試合、YBCルヴァンカップで6試合、天皇杯で1試合と主軸としてプレーを続けた。 名古屋に復帰する米本は両クラブを通じてコメントしている。 ◆名古屋グランパス 「このたび、名古屋グランパスに復帰することになりました。今までの経験を全て出し切って、名古屋グランパスの勝利に貢献出来るように精一杯頑張ります!」 「ファミリーの皆さん、タイトルを獲れるように一丸となって闘いましょう!応援よろしくお願いします」 ◆湘南ベルマーレ 「名古屋グランパスへ戻ることになりました。一年間という短い期間でしたがありがとうございました」 「今年の目標である5位以内に入ることができず、とても悔しい気持ちと申し訳ない気持ちでいっぱいです。それでもこのチームの一員として戦えたことは誇りです」 「来年は違うチームになりますが、湘南ベルマーレが来年の目標を達成できることを願っています。本当にありがとうございました」 2022.12.07 12:17 Wed
twitterfacebook
thumb

山形、川崎FからDFイサカ・ゼインを獲得! 今季は横浜FCにレンタル

モンテディオ山形は7日、川崎フロンターレからDFイサカ・ゼイン(24)の完全移籍加入を発表した。 ガーナ人の父親と日本人の母親を持つ東京都出身のイサカ・ゼインは2020年に桐蔭横浜大学から川崎F入り。2シーズンでわずか1試合の出場にとどまったこともあり、今シーズンは横浜FCに期限付き移籍の形で加入した。 横浜FCでは開幕からスタメンの座を掴むと、シーズンを通して右ウィングバックの主軸に定着。明治安田生命J2リーグで29試合に出場して2ゴール7アシストを記録し、チームのJ1昇格に大きく貢献した。 新シーズンに再びJ2でプレーすることになったイサカ・ゼインは、期限付き移籍期間満了が発表された横浜FCを含む3クラブでコメントしている。 ◆モンテディオ山形 「モンテディオ山形の皆さん、はじめまして。イサカ・ゼインです。来季よりモンテディオでサッカーができることになりすごくワクワクしています。これから一緒に戦い、応援してくださるサポーターの皆さんの前で一日でも早くプレーできるように、勝利の喜びを分ちあえるように、毎日全力でサッカーに取り組みベストを尽くしたいと思います。ゼインと呼んでいただけたら嬉しいです。これからよろしくお願いします」 ◆川崎フロンターレ 「川崎フロンターレサポーターの皆さん、フロンターレに携わっていただいている全ての皆さん、この度モンテディオ山形に完全移籍することになりました。フロンターレではなかなか試合に出ることができず、サポーターの皆さんと共にピッチで喜びを分かち合える時間がなくて、悔しい時間のほうが長かったです」 「しかし、川崎フロンターレという日本一のチームに2年間在籍し、偉大な選手たちをはじめとした素晴らしいチームメイト、チームスタッフ、そして関係者の方々にサポートしていただき、プロサッカー選手としての基盤をつくっていただけたと思っています。これから、サッカー選手としても、一人の人間としても、もっともっとレベルアップして、またいつかフロンターレの皆さんの前でプレーできるように頑張ります!」 「1年間期限付き移籍でチームを離れても、SNSなどで応援してくださるサポーターがいて本当にうれしかったですし、励みになりました。少し離れますが、引き続き応援していただけたらありがたいです。ありがとうございました!」 ◆横浜FC 「横浜FCサポーターの皆さん、横浜FCに携わっていただいている全ての皆さん、大変お世話になりました。プレーしたのは1年間でしたが、横浜FCでプレー出来たことは僕のサッカー人生でとても大切な時間になりました」 「良い時も悪い時も常に三ツ沢の素晴らしい雰囲気の中で勝利に向けて皆さんとプレーできたこと、勝利を分ちあうことが出来たこと、本当に素晴らしい時間をすごさせていただき感謝しています。横浜FCからは離れてしまいますが、これからも応援していただけると嬉しいです。1年間本当にありがとうございました!」 2022.12.07 11:38 Wed
twitterfacebook
thumb

柏の補強が続く! 今度は“大学時代に練習参加”の名古屋MF仙頭啓矢が完全移籍加入

柏レイソルは7日、名古屋グランパスからMF仙頭啓矢(27)の完全移籍加入を発表した。 仙頭は2017年に東洋大学から京都サンガF.C.に入団し、プロの世界に。横浜F・マリノスやサガン鳥栖でもプレーして、今季から名古屋入りした。 名古屋でも中盤の複数エリアでプレー可能な柔軟性も生かして活躍。明治安田生命J1リーグでは全34試合出場で2ゴールだったが、柏移籍を決断した。 今オフの補強が盛んな柏に移る仙頭はクラブの公式サイトを通じて意気込みを語った。 「大学時代に練習参加させていただいたチームから、プロになって評価していただき、オファーをいただけたことを嬉しく思います。『柏から世界へ』の言葉のように、レイソルで世界のチームと戦えるようにACLに出て、クラブワールドカップをめざすとともに、僕自身日本代表に選ばれるように全力で闘っていきます。一緒にタイトル目指して闘いましょう」 一方、名古屋の公式ウェブサイトでは別れの挨拶とともに感謝の言葉を綴っている。 「1年間の短い間でしたが、ありがとうございました。名古屋グランパスで、リーグ戦全試合出場することが出来たことは凄く自信になりましたし、誇りに思います。ファミリーの皆さまの応援を声出し解禁で初めて聞いた時は、鳥肌が立ちました。たくさんの応援本当にありがとうございました」 2022.12.07 11:10 Wed
twitterfacebook
thumb

京都、町田の主将MF平戸太貴を完全移籍で獲得! 「このクラブで何かを成し遂げられるように」

京都サンガF.C.は7日、FC町田ゼルビアからMF平戸太貴(25)の完全移籍加入を発表した。 ジュニアユース時代から鹿島アントラーズの下部組織で育った平戸は2016年に昇格し、2017年から2年間にわたって町田に期限付き移籍。2019年に鹿島復帰を果たすが、同年途中から町田に完全移籍で再加入した。 町田では不動の主軸としてプレー。今シーズンもチームが目標としていたJ1昇格を逃すなかで、キャプテンとして明治安田生命J2リーグ38試合に出場して、9ゴールの活躍を見せた。 新シーズンからJ1での挑戦に臨む平戸は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆京都サンガF.C. 「京都サンガF.C.に加入することになりました、平戸太貴です。京都サンガF.C.の勝利に1日でも早く貢献して、そしてこのクラブで何かを成し遂げられるように頑張ります。よろしくお願いします」 ◆FC町田ゼルビア 「この度、京都サンガF.C.に移籍することになりました。FC町田ゼルビアにはレンタル期間も含め5年半在籍させていただきました。これまでを振り返るとFC町田ゼルビアでは本当に様々な経験をさせていただきました」 「決して恵まれる環境ではない中で、FC町田ゼルビアに関わる全ての方達が同じベクトルに向かって戦い、J2優勝を目の前まで掴みかけていた2018年。そして、クラブ全体で明確にJ1昇格という目標を掲げた今シーズン。僕自身、FC町田ゼルビアで絶対にJ1昇格するという強い気持ちを持って、皆さんからの期待や想いを背負い戦ってきました。ただ、自分の力不足で不甲斐ない結果となってしまいました」 「今シーズンは人生で初めてのチームキャプテンも任せていただき、1つのチームをまとめて上へ引っ張っていくことが、これほど大変なことなのかと改めて感じさせられました。このクラブに加入した当時。19歳で何もない僕をプロサッカー選手として、1人の人間としてここまで成長させてくれたのはこのクラブです」 「ここで出会った監督・スタッフ・選手・フロントの方々。FC町田ゼルビアに関わり、応援してくださる全ての方のおかげです。本当にありがとうございました。嬉しいこと・楽しいこと、苦しいこと・悔しいこと。ここでの全ての経験が僕にとっての大きな財産です」 「大好きなこのクラブを離れるのは本当に寂しいですし、たくさんの思い入れもあります。ここで目標を達成できなかったことはとても悔しいですが、この想いを胸に、J1での活躍を期待して応援していただけると嬉しいです」 「最後にどんな時も熱く応援をしてくださり、前向きな声をかけてくださった沢山のファン・サポーターの皆さん。本当にありがとうございました。頑張ってきます。FC町田ゼルビアの躍進とJ1昇格を心から応援しています!」 2022.12.07 10:26 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly