シュティンドル2発のボルシアMGが4位浮上!《ブンデスリーガ》

2020.06.21 00:29 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボルシアMGは20日、ブンデスリーガ第33節でパーダーボルンとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。

前節ヴォルフスブルク戦を快勝し、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位レバークーゼンを1ポイント差で追う5位ボルシアMG(勝ち点59)は、テュラムとプレアを引き続き負傷で欠く中、前節に続きエンボロが最前線で起用された。

前節降格の決まったパーダーボルン(勝ち点20)に対し、ボルシアMGは開始4分に先制する。シュティンドルのスルーパスに抜け出したエンボロのシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールをヘアマンが押し込んだ。

前がかるパーダーボルンに対し、15分にJ・ホフマンの直接FKで追加点に迫ったボルシアMGは、続く24分にはJ・ホフマンのラストパスからエンボロが決定的なシュートを放つが、枠を捉えきれなかった。

さらに28分にはノイハウスのミドルシュートで追加点に迫ったボルシアMGが主導権を渡さず前半を1点リードで終えた。

迎えた後半、エンボロやヘアマンに決定機が訪れたボルシアMGだったが54分、ミヒャエルにミドルシュートを叩き込まれ、追い付かれる。

しかし直後、シュティンドルがボックス内で相手DFに倒されてPKを獲得。このPKをシュティンドル自ら決めて勝ち越すと、65分にはエンボロがヒューネマイアーに2枚目のイエローカードを出させてボルシアMGは数的優位となった。

そして73分にオフサイドトラップをかいくぐったベンセバイニのアシストからシュティンドルがこの試合2ゴール目を決めて勝負あり。同時刻に行われていた試合でレバークーゼンがヘルタ・ベルリンに敗れたため、ボルシアMGが最終節を前に4位に浮上している。


関連ニュース
thumb

仏代表FWテュラムは今夏スパーズ移籍か?

トッテナムがボルシアMGに所属するフランス代表FWマルクス・テュラム(23)の獲得に向けて順調に交渉を進めているようだ。フランス『RMC Sport』が報じている。 『RMC Sport』が伝えるところによれば、新シーズンに向けて新たなアタッカーを探すトッテナムはテュラムの獲得を希望しており、すでに選手サイドと交渉を進めているという。そして、テュラム自身が移籍に前向きなこともあって、個人間での交渉は順調なようだ。 ただ、テュラムに関しては今夏に有効だった3000万ユーロ(約40億円)の契約解除条項がすでに期限切れとなっており、来夏に4500万ユーロ(約60億円)に再設定されるまでは、クラブ間での交渉が必要になるという。 また、ボルシアMGにとってテュラムは、ドイツ代表MFフロリアン・ノイハウスと並んで現スカッドにおける最も価値が高い選手の一人となっており、トッテナムとしては相応の金額のオファーを掲示できるかが、獲得のカギを握っているようだ。 現役時代にパルマやユベントスやバルセロナで活躍した元フランス代表DFのリリアン・テュラム氏を父親に持つマルクスは、190cmを超える恵まれた体躯とスピード、テクニックに優れたアタッカー。 2015年にリーグ・ドゥ(フランス2部)のソショーでプロデビューを飾ると、ギャンガンでの活躍を経て、2019年夏にボルシアMGへ移籍。同クラブでは左ウイングやセンターフォワードを主戦場に公式戦79試合に出場し、25ゴール21アシストを記録している。 また、昨年11月にデビューを飾ったフランス代表ではここまで3試合に出場し、今月開幕するユーロ2020の登録メンバーにも入っている。 2021.06.10 08:00 Thu
twitterfacebook
thumb

今季躍動のドイツ代表MFホフマン、ロンドン勢も注目か

ボルシアMGのドイツ代表MFヨナス・ホフマン(28)にプレミアリーグ勢から関心があるようだ。 ホフマンはホッフェンハイムIIでデビュー後、ドルトムント、マインツを渡り歩いたサイドアタッカーで、2016年冬からボルシアMGでプレー。移籍6年目の今シーズンはキャリア最高の輝きを放ち、公式戦33試合出場で8得点13アシストとインパクトを残して、今夏のユーロ2020に向けたドイツ代表のメンバーも果たした。 そうした活躍ぶりは代表入りだけでなく、国外クラブからの関心をも高めることに繋がっているという。ドイツ『キッカー』によると、ラ・リーガのクラブのみならず、チェルシーやトッテナムのロンドン勢からの関心も集めているようだ。 なかでも、トッテナムはホフマンを長らく注視している模様で、これまで数回にわたってコンタクト。ボルシアMGは手放すとなれば、資金力を考えてプレミアリーグになる可能性が高い選択肢になり得るという。 なお、ボルシアMGとの契約は2023年までで、リリース条項なども存在していないとのこと。年齢的にもキャリアのピークを迎えつつある攻撃的MFだが、海外へと活躍の場を移すのだろうか。 2021.05.28 16:59 Fri
twitterfacebook
thumb

ブレーメンがホーム最終戦で4失点の惨敗…17位後退で41年ぶりの2部降格が決定《ブンデスリーガ》

大迫勇也の所属するブレーメンは22日、ブンデスリーガ第34節でボルシアMGと対戦し2-4で敗戦。この結果、ブレーメンの2部降格が決定した。大迫は55分からプレーしている。 リーグ戦9試合勝利のない16位ブレーメン(勝ち点31)が、8位ボルシアMG(勝ち点46)をホームに迎えた一戦。 16日にフロリアン・コーフェルト監督を解任し、トーマス・シャーフ暫定監督に自動残留の望みを託したブレーメンは、前節のアウグスブルク戦からスタメンを3人変更。ブレーメンの大迫は公式戦6試合連続のベンチスタートとなった。 残留へ負けられないブレーメンだが、開始早々に失点を許す。3分、テュラムのパスでボックス右までオーバーラップしたライナーが折り返すと、中央のシュティンドルが冷静にゴール右隅に流し込んだ。 先制を許したブレーメンは19分、ドリブルでボックス中央右から侵入したサージェントが相手GKを引きつけラストパス。しかし、ゼルケのシュートは好反応を見せたGKゾンマーに弾かれる。さらに、こぼれ球を回収したゼルケの落としから走り込んだエンボムがシュートを放ったが、これも相手DFのブロックに防がれた。 同点のチャンスを逃したブレーメンは、33分にロングフィードを前線で競り合ったシュティンドルに繋がれると、DFの裏に抜け出したテュラムにゴールネットを揺らされたが、これはオフサイドの判定。さらに39分にも、右CKからライナーのヘディングシュートでゴールを脅かされたが、これはGKパブレンカのファインセーブで難を逃れた。 0-1で迎えた後半、ブレーメンは再び立ち上がりに失点を許す。52分、センターサークルでパスを受けたテュラムがヴォルフとのワンツーでDFの裏に抜け出すと、そのままボックス内まで持ち上がりゴール左隅にシュートを流し込んだ。 リードを広げられたブレーメンは、55分にエンボムを下げて大迫を投入。しかし、悪い流れを止めることはできず。58分には、シュティンドルの左FKをボックス内のベンセバイニが頭で合わせると、ふわりと浮いたシュートがゴールに吸い込まれ、3失点目を喫した。 さらに67分には、右サイドからの折り返しを中央で合わせたシュティンドルのシュートが軸足に当たると、こぼれ球に反応したノイハウスに狙いすましたシュートをゴール左隅に決められた。 4点差となったブレーメンは、79分にビッテンコートとトプラクを下げてモフワルドとアグを投入。すると80分、モフワルドのループパスで抜け出したラシツァがそのままゴール前まで持ち上がりゴール左隅に流し込むと、一度はオフサイドと判定されたものの、VARの末にゴールが認められた。 さらに83分にも、ボックス左でパス受けたフュルクルクが相手DFにプレスをかいくぐりながらシュートをゴール右に突き刺し、2点を返すが、反撃もここまで。後半立ち上がりの連続失点が響き2-4でブレーメンが敗戦した。 また、同日に行われた17位ケルンがシャルケに勝利したため、ブレーメンは17位に後退。この結果、ブレーメンが41年ぶりの2部降格となった。 2021.05.23 00:43 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤航が今季3点目をゲット!シュツットガルトがボルシアMGに逆転勝利!《ブンデスリーガ》

遠藤航の所属するシュツットガルトは15日、ブンデスリーガ第33節でボルシアMGと対戦し2-1で勝利した。遠藤はフル出場している。 前節のアウグスブルク戦で5試合ぶりに勝利した10位シュツットガルト(勝ち点42)が、8位ボルシアMG(勝ち点46)のホームに乗り込んだ一戦。遠藤は[3-4-2-1]のダブルボランチの一角で33試合連続スタメンとなった。 試合はホームのボルシアMGがやや押し込む展開で推移すると、24分にJ・ホフマンのロングパスに反応したプレアがチャンスを迎えたが、シュートはGKコベルのセーブに阻まれた。 ハーフタイムにかけては膠着状態が続いたが、前半終了間際のに試合が動く。45分、敵陣中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、ボックス右から侵入したプレアの折り返しのこぼれ球を拾った6がクロスを供給。最後はシュティンドルがボレーシュートで流し込み、ボルシアMGが1点のリードで前半を折り返した。 後半は立ち上がりから一進一退の展開が続く中、シュツットガルトは63分にE・トミーとソサを下げてカストロとチュルリノフを投入。すると72分、フェルスターのパスをペナルティーアーク手前で受けた遠藤が反転から右足一閃。強烈なミドルシュートがゴールネットに突き刺さった。 同点弾で勢いづくシュツットガルトは、77分にも左CKから二次攻撃を仕掛けるとカストロの左クロスをボックス手前で受けたシュテンツェルがミドルシュート。これをボックス内のカライジッチが右足に当てると、コースの変わったボールがゴール左隅に吸い込まれた。 結局、これが決勝点となり、シュツットガルトが2-1で勝利。遠藤の今季3点目などで逆転勝利したシュツットガルトが9位に浮上している。 2021.05.16 01:50 Sun
twitterfacebook
thumb

9連覇決定のバイエルン、レヴァンドフスキがハットで6発圧勝《ブンデスリーガ》

バイエルンは8日、ブンデスリーガ第32節でボルシアMGをホームに迎え、6-0で圧勝した。 前節マインツに不覚を取って9連覇がお預けとなったバイエルン(勝ち点71)だったが、直前の試合でライプツィヒがドルトムントに敗れたことで優勝が決まった。そのバイエルンはレヴァンドフスキやミュラーら主力を起用した。 ヨーロッパリーグ出場権を争っている7位ボルシアMG(勝ち点46)に対し、開始2分にバイエルンが先制する。左サイドからのアラバのクロスをファーサイドで受けたレヴァンドフスキが蹴り込んだ。 あっさり先制したバイエルンがその後も攻め立てると、23分にリードを広げた。カウンターに転じた流れから、ボックス左のミュージアラのラストパスをミュラーがダイレクトで蹴り込んだ。 さらに34分、ボックス手前右からのミュラーのフィードをレヴァンドフスキが豪快なボレーシュートで叩き込んで3点目。 止まらないバイエルンは44分、レヴァンドフスキのパスを受けたボックス右のコマンが決め、4-0として前半を終えた。 迎えた後半、60分にアラバ、コマン、ミュージアラをお役御免としたバイエルンは、64分にPKを獲得。CKの流れでハビ・マルティネスのヘディングシュートをノイハウスが腕で止めてしまった。 このPKをレヴァンドフスキが決めてリーグ戦40ゴールの大台にあと1点とした中、バイエルンは73分にクアシが一発退場となったものの、終盤にかけてもボルシアMGの反撃を許さず、85分にはサネも続いて6-0で圧勝。9連覇に華を添える大勝を飾っている。 2021.05.09 03:21 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly