シュティンドル2発のボルシアMGが4位浮上!《ブンデスリーガ》

2020.06.21 00:29 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボルシアMGは20日、ブンデスリーガ第33節でパーダーボルンとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。前節ヴォルフスブルク戦を快勝し、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位レバークーゼンを1ポイント差で追う5位ボルシアMG(勝ち点59)は、テュラムとプレアを引き続き負傷で欠く中、前節に続きエンボロが最前線で起用された。


前節降格の決まったパーダーボルン(勝ち点20)に対し、ボルシアMGは開始4分に先制する。シュティンドルのスルーパスに抜け出したエンボロのシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールをヘアマンが押し込んだ。

前がかるパーダーボルンに対し、15分にJ・ホフマンの直接FKで追加点に迫ったボルシアMGは、続く24分にはJ・ホフマンのラストパスからエンボロが決定的なシュートを放つが、枠を捉えきれなかった。

さらに28分にはノイハウスのミドルシュートで追加点に迫ったボルシアMGが主導権を渡さず前半を1点リードで終えた。

迎えた後半、エンボロやヘアマンに決定機が訪れたボルシアMGだったが54分、ミヒャエルにミドルシュートを叩き込まれ、追い付かれる。

しかし直後、シュティンドルがボックス内で相手DFに倒されてPKを獲得。このPKをシュティンドル自ら決めて勝ち越すと、65分にはエンボロがヒューネマイアーに2枚目のイエローカードを出させてボルシアMGは数的優位となった。

そして73分にオフサイドトラップをかいくぐったベンセバイニのアシストからシュティンドルがこの試合2ゴール目を決めて勝負あり。同時刻に行われていた試合でレバークーゼンがヘルタ・ベルリンに敗れたため、ボルシアMGが最終節を前に4位に浮上している。
関連ニュース
thumb

ボルシアMGの新指揮官はフランクフルトのヒュッター監督に決定、3年契約を締結

ボルシアMGは13日、今シーズン限りでフランクフルトを退団するアディ・ヒュッター監督(51/写真右)が来シーズンから指揮官に就任することを発表した。 なお、契約期間は2021-22シーズンから3年間となる。 ボルシアMGのマックス・エーベル氏は「アディ・ヒュッターを迎えられてとても満足している」とコメント。「我々のチーム、クラブにとて、彼は夏から我々の目の前にある課題と目標にとって、最高の監督だ」と歓迎した。 ボルシアMGは今シーズンのチャンピオンズリーグに出場したものの、リーグ戦では振るわずに現在8位に位置。さらに、マルコ・ローゼ監督(写真左)が来シーズンからドルトムントの監督に就任することがすでに発表されており、後任を探している状況となっていた。 ヒュッター監督が最有力候補として浮上していた中、予想通りの結果に。来シーズンはどんなチームを作るのか注目を集めることとなる。 オーストリア人指揮官のヒュッター氏は、ザルツブルクやヤング・ボーイズで指揮を執ると2018年7月にフランクフルトの監督に就任。2018-19シーズンは7位で終えると、チームはヨーロッパリーグ(EL)に出場。2019-20シーズンは過密日程もありブンデスリーガでは9位に終わっていた。 それでも、今シーズンはここまで勝ち点53を積み上げて現在4位。来シーズンはCLに出場する可能性残している状況だ。 2021.04.13 18:05 Tue
twitterfacebook
thumb

鎌田と長谷部にも影響? フランクフルト監督がライバルの監督就任か

日本代表MF鎌田大地やMF長谷部誠が所属するフランクフルトが大きく揺らぐ可能性がありそうだ。 ドイツ『ビルト』によると、チームを率いるアディ・ヒュッター監督(51)が今夏で退団する可能性があるとのこと。ボルシアMGの監督に就任する可能性があるようだ。 オーストリア人指揮官のヒュッター氏は、ザルツブルクやヤング・ボーイズで指揮を執ると2018年7月にフランクフルトの監督に就任した。 2018-19シーズンは7位で終えると、チームはヨーロッパリーグ(EL)に出場。2019-20シーズンは過密日程もありブンデスリーガでは9位に終わっていた。 それでも今シーズンはここまで勝ち点53を積み上げて現在4位。来シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)に出場する可能性残している状況だ。 一方で、ボルシアMGは今シーズンのCLに出場したものの、リーグ戦では振るわずに現在8位に位置。さらにマルコ・ローゼ監督が来シーズンからドルトムントの監督に就任することが発表されており、後任を探している状況となっている。 これまでの最有力候補として名前が挙がっていたヒュッター監督だが、ボルシアMGのスポーツ・ディレクターを務めるマックス・エーベル氏も他の候補者との交渉をやめたと語り、「プランB」が存在していないことを明かした。 チームの状況を考えれば、CLに挑戦できる可能性が高いフランクフルトに残留した方がよさそうだが、ヒュッター監督の決断はいかに。シーズン中にも発表される可能性もあるようだ。 2021.04.12 18:30 Mon
twitterfacebook
thumb

兄に劣らぬ輝き!トルガン・アザールが高速カウンターでバルセロナを切り裂く/2016-17【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はドルトムントのベルギー代表FWトルガン・アザールがボルシアMG時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アザール弟がバルサディフェンスを切り裂く<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJXdzY4QjNTMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> レアル・マドリーのFWエデンを兄に持つT・アザールは、若くして兄も所属したチェルシーに加入。2014年にボルシアMGに加入し、ブレイクを果たすと、2019年夏にドルトムントに移籍した。 今シーズンこそ長期離脱があったものの、ドルトムントでも主力の1人としてプレーし、背番号「10」を背負うT・アザールだが、ボルシアMG時代の2016年9月28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのバルセロナ戦では、見事な連携からゴールを記録している。 0-0で迎えた34分、自陣に攻め込んで来たバルセロナに対し、センターサークル付近でFWラファエウがボールを奪うと、カウンターが発動。一気にドリブルで相手陣内中央までボールを運ぶと、ボックス手前のMFマハムド・ダフードにパス。ダフードがボックス内に走り込んだT・アザールにパスを送ると、ゴール前でこのパスにT・アザールがシュートを合わせ、見事なカウンターから先制ゴールを挙げた。 バルセロナ相手に先手を取ったボルシアMG。しかし後半に逆転を許し1-2で敗れている。 <span data-sg-movie-id="1029" data-sg-movie-title="【兄に劣らぬ輝き】トルガン・アザールが高速カウンターでバルセロナを切り裂く"></span> 2021.03.31 10:00 Wed
twitterfacebook
thumb

密集を打ち砕く豪快弾!近距離からの強烈シュートにDF、GK成す術なし/2020-21【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は、ボルシアMGの元ドイツ代表MFラルス・シュティンドルが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆豪快シュートがネット上部に突き刺さる<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJXVTFReTQ0ZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> カイザースラウテルンでキャリアをスタートさせたシュティンドルは、ハノーファーでのプレーを経て2015年夏にボルシアMGに加入。主力として定着し、ここまで公式戦206試合に出場している。 状況判断能力の高さと正確なプレーを持ち味に、クラブの主将も務めるシュティンドルだが、2020年3月20日に行われたブンデスリーガ第26節のシャルケ戦では、豪快なゴールを決めている。 0-0で迎えた15分、ボックス内でボルシアMGがチャンスを作ると、相手のクリアボールを拾ったMFフロリアン・ノイハウスがシュート。このシュートも相手に弾かれたものの、ゴール前でフリーになっていたシュティンドルの前へボールが転がると、シュティンドルが豪快なダイレクトシュート。ゴール上部のネットに突き刺さる強烈シュートでゴール前にブロックに入った相手選手全員を無効化し、見事な先制ゴールを挙げた。 先手を取ったボルシアMGは、そのまま追加点を加え、3-0で大勝している。 <span data-sg-movie-id="1011" data-sg-movie-title="【密集を打ち砕く】近距離からの強烈シュートにDF、GK成す術なし"></span> 2021.03.27 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGが“バーゲン価格”でザカリア売却か? 獲得狙うビッグクラブに朗報

ボルシアMGはスイス代表MFデニス・ザカリア(24)をバーゲン価格で売却することになりそうだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 母国ヤング・ボーイズでの活躍が認められ、2017年夏にボルシアMGへステップアップしたザカリアは、190cmの屈強なフィジカルを持つボランチ。 その体格通りのボール奪取力に加え、ポジショニングセンス、推進力にも長けた総合力の高い守備的MFは、ボルシアMGでの3シーズン半で100試合以上に出場するなど絶対的な主力に成長。また、昨シーズンから就任したマルコ・ローゼ監督の下、3バックの一角を担うなどプレーヤーとしての引き出しを増やしている。 その逸材に関しては以前からバイエルンやマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、リバプールといった国内外のビッグクラブが獲得に興味を示していると言われ、その移籍金は5000万ユーロ(約64億3000万円)程度に見積もられていた。 しかし、『ビルト』が伝えるところによれば、ボルシアMGは今夏の移籍市場において2000万ユーロ(約25億7000万円)程度の金額での売却を余儀なくされる見込みだという。 その原因に関してはコロナ禍における市場全体の選手価格の下落に加え、ボルシアMGの財政難があるという。さらに、ザカリアとの現行契約が18カ月を切っている点、昨年5月にヒザを手術して以降、パフォーマンスがなかなか上がり切っていないことも影響しているという。 ただ、そのポテンシャルの高さは折り紙付きなだけに、前述のビッグクラブにとってザカリアの価格下落は歓迎すべきところだ。 2021.03.25 08:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly