シュティンドル2発のボルシアMGが4位浮上!《ブンデスリーガ》

2020.06.21 00:29 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボルシアMGは20日、ブンデスリーガ第33節でパーダーボルンとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。前節ヴォルフスブルク戦を快勝し、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位レバークーゼンを1ポイント差で追う5位ボルシアMG(勝ち点59)は、テュラムとプレアを引き続き負傷で欠く中、前節に続きエンボロが最前線で起用された。

前節降格の決まったパーダーボルン(勝ち点20)に対し、ボルシアMGは開始4分に先制する。シュティンドルのスルーパスに抜け出したエンボロのシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールをヘアマンが押し込んだ。

前がかるパーダーボルンに対し、15分にJ・ホフマンの直接FKで追加点に迫ったボルシアMGは、続く24分にはJ・ホフマンのラストパスからエンボロが決定的なシュートを放つが、枠を捉えきれなかった。

さらに28分にはノイハウスのミドルシュートで追加点に迫ったボルシアMGが主導権を渡さず前半を1点リードで終えた。

迎えた後半、エンボロやヘアマンに決定機が訪れたボルシアMGだったが54分、ミヒャエルにミドルシュートを叩き込まれ、追い付かれる。

しかし直後、シュティンドルがボックス内で相手DFに倒されてPKを獲得。このPKをシュティンドル自ら決めて勝ち越すと、65分にはエンボロがヒューネマイアーに2枚目のイエローカードを出させてボルシアMGは数的優位となった。

そして73分にオフサイドトラップをかいくぐったベンセバイニのアシストからシュティンドルがこの試合2ゴール目を決めて勝負あり。同時刻に行われていた試合でレバークーゼンがヘルタ・ベルリンに敗れたため、ボルシアMGが最終節を前に4位に浮上している。
コメント
関連ニュース
thumb

ドルトムントが好発進!レイナのブンデス初弾とハーランドのドッペルパックでボルシアMGに快勝!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ開幕節、ドルトムントvsボルシアMGが19日に行われ、3-0で快勝した。 昨季ブンデスリーガ2位のドルトムントと4位のボルシアMGによる好カード。 バイエルンと優勝を争うことが期待されるドルトムントは、先週行われたDFBポカールのデュイスブルク戦では期待の超新星ベリンガムが早速デビューゴールを挙げるなど、5-0の圧勝を飾った。そのドルトムントは、デュイスブルク戦と同様のスタメン、システムで臨んだ。 一方、4部相手のDFBポカール初戦を8-0と圧勝したボルシアMGは、ドルトムントに合わせて[3-5-2]を採用。シュティンドルとヴォルフの2トップで臨んだ。 2トップにハーランドとサンチョを据え、ベリンガムとレイナをインサイドMFに据えたドルトムントが仕掛ける入りとなった中、15分にアクシデント。左サイドのT・アザールが右足太ももを痛め、パスラックとの交代を強いられた。 それでも22分に最初のチャンス。パスラックの浮き球パスに抜け出したハーランドがボックス左に侵入し、決定的なシュートに持ち込んだ。 それでも35分にゴールをこじ開ける。ボックス中央でルーズとなったボールをベリンガムが拾い、スルーパス。これを受けたボックス右のレイナがゴール左に蹴り込んだ。 レイナのブンデス初弾で先制したドルトムントは続く40分にサンチョが際どいヘディングシュートを浴びせて追加点に迫ったのに対し、ボルシアMGは42分に同点のチャンス。だが、右サイドのライナーがカットインから放ったミドルシュートはGKビュルキにセーブされ、ドルトムントの1点リードで前半を終えた。 迎えた後半、ドルトムントは52分にVARの末にPKを獲得する。ボックス内でレイナがベンセバイニに倒されたプレーがPKとなり、これをハーランドが決めて加点した。 2点を追う展開となったボルシアMGがテュラムとプレアを投入したのに対し、ドルトムントが78分に勝負を決定付ける。高速ロングカウンターからサンチョが持ち上がってスルーパスを送り、最後はハーランドが決めきった。 このままドルトムントが3-0で快勝。若手スター選手たちが躍動したドルトムントが好スタートを切っている。 2020.09.20 03:23 Sun
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGがインテルからラザロをレンタル!

ボルシアMGは20日、インテルからオーストリア代表MFヴァレンティーノ・ラザロ(24)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ザルツブルクの下部組織出身のラザロは昨夏にインテルに加入するも、熾烈なレギュラー争いに敗れ、冬の移籍市場でニューカッスルに移籍。公式戦15試合の出場で2ゴールをマークしたが、買い取りオプションは行使されず、インテルに復帰していた。 2017年夏から2年間ヘルタ・ベルリンでプレーしていたラザロにとって1年ぶりのドイツ復帰。ボルシアMGのスポーツ・ディレクターを務めるマックス・エバール氏は「彼は用途に富んだプレイヤーであり、チームに強さと厚みをもたらしてくれるだろう」と評価している。 なお、ドイツ『キッカー』によれば、レンタル料は推定120万ユーロ(約1億5000万円)で、1500万ユーロ(約18億8000万円)の買い取りオプションが付随するようだ。 2020.08.20 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

アタッカー補強目論むレバークーゼン、ラザロ争奪戦参戦か!?

レバークーゼンがインテルに所属するオーストリア代表MFヴァレンティーノ・ラザロ(24)の獲得レースに参戦する可能性が浮上した。ドイツ『キッカー』が伝えている。 昨夏にインテルに加入したラザロだったが、熾烈なレギュラー争いに敗れると出場機会を求め、今冬にニューカッスルへレンタル移籍。ニューカッスルでは、公式戦15試合の出場で2ゴールをマークしたが、買い取りオプションは行使されず、インテルに復帰していた。 今冬に獲得した元イングランド代表MFアシュリー・ヤングや元ナイジェリア代表FWビクター・モーゼスの活躍により新シーズンも構想外とみなされているラザロには、RBザルツブルクで一度指導を受けたマルコ・ローゼ監督率いるボルシアMGやRBライプツィヒが獲得に関心を示しているとされている。 そんな中、『ビルド』は新たにレバークーゼンも獲得レースに名乗りを挙げたと伝えた。同紙によれば、買取オプション付きのレンタル移籍での獲得を目指すボルシアMG、ライプツィヒに対し、完全移籍での獲得を目指すレバークーゼンは、チェルシーへの移籍が噂されるドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(21)の移籍が完了次第、インテルが求める2000万ユーロ(約25億円)の移籍金を準備するとのことだ。 2020.08.14 00:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ関心のギンター、ボルシアMG残留を宣言

ドイツ代表DFマティアス・ギンター(26)がボルシアMG残留を強調した。ドイツ『キッカー』が伝えている。 20歳の時に若くしてドイツ代表に選出され、2017年夏に加入したボルシアMGでも不動の地位を築いているギンター。今季もブンデスリーガ31試合に出場し、来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献した190㎝のセンターバックには多くのビッグクラブが関心を示しており、インテルは4000万ユーロ(約49億7500万円)の移籍金と800万ユーロ(約9億9400万円)の年俸を用意しているとも伝えられている。 だがギンターは『キッカー』のインタビューで「間違いなくボルシアMGに残るよ」と、移籍の可能性を否定。クラブが秘める可能性に期待しているようだ。 「もちろんいろんなクラブが関心を持ってくれることには感謝しているよ。でもボルシアMGで幸せなことも何度も言ってきたよね」 「今のチームは凄いポテンシャルを秘めてるんだ。監督も僕たちにとって大きな存在だ」 「クラブは素晴らしいファンとこの環境で何かを成し遂げようとしている最中だ。その中で僕も大きな目標を持っているし、契約も残ってるからね」 2020.08.03 18:03 Mon
twitterfacebook
thumb

これぞサポーターの鑑! 愛するクラブのためにクイズ番組でとった行動が話題

ある1人の男性がとった行動は、まさにサポーターの鑑といえる存在と言って良いだろう。 その行動を見せたのは、ボルシアMGのサポーターである、クラウス・ブリュメルさん。ドイツ『ビルト』によると、とあるクイズ番組での行動が話題となっているようだ。 ブリュメルさんは、ドイツの国営放送ARDのクイズ番組『Gefragt-Gejagt』に出演。この番組は4人1組で出演し、様々なラウンドを対戦。クイックレートラウンドでは、60秒間に出来るだけ多くの質問に答える必要があり、正解するごとに500ユーロ(約6万円)が貰えるものとなっている。つまり、答えるだけ賞金が上がるというものだ。 そんな中、ブリュメルさんが挑戦。2問目で一見簡単な問題が出されたが、答えられなかったのだ。 問題は、「2018-19シーズンのブンデスリーガ2部で優勝したチームは?」というもの。1年前の王者を答えるだけであり、自国のサッカーを観ているファンであれば、難しい問題ではない。 しかし、ブリュメルさんは少し考え、「いいや。それは言えません」と答えたのだ。 答えはケルンなのだが、ケルンはボルシアMGにとって最大のライバル。両者の対戦は“ラインダービー”としても知られ、初代ブンデスリーガ王者のケルンと、バイエルンとの2強時代を築いたボルシアMGは、今なお強いライバル関係にある。 この行動には、ボルシアMGからも賞賛が送られ、「この模範的な行動は報われるべきである。親愛なるサポーター、我々に連絡してください。メインスポンサーのFlatexと我々で、あなたに何かを用意します」とツイートされている。 いくらクイズ番組の賞金が懸かっているとはいえ、ライバルの名前を出すことを拒否したブリュメルさん。サポーターの鑑と言ってもいいだろう。 <div id="cws_ad">◆一瞬考えた答えは…<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Manchmal gibt es eben wichtigere Dinge als Geld. <a href="https://t.co/pMq9UP2bR0">pic.twitter.com/pMq9UP2bR0</a></p>&mdash; Sportschau (@sportschau) <a href="https://twitter.com/sportschau/status/1286612944890007553?ref_src=twsrc%5Etfw">July 24, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.07.29 19:20 Wed
twitterfacebook