CLベスト8以降、8月にリスボンで12日間の集中開催決定!

2020.06.17 23:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
欧州サッカー連盟(UEFA)は17日、今季のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝以降に関して、ポルトガルの首都リスボンで行うことを発表した。

期間は8月12〜23日で、ベスト8以降の試合は全て1試合制に定め、会場もエスタディオ・ダ・ルスとエスタディオ・ジョゼ・アルヴァラーデの2カ所に限定。8月12〜15日に準々決勝、18〜19日の2日間で準決勝、23日にファイナルを行う。

また、3月に行われる予定だった決勝トーナメント1回戦2ndレグのマンチェスター・シティvsレアル・マドリーなど全4試合に関しては8月7日と8日に開催されるが、場所はポルトガルで行うか、ホストチームのスタジアムで行うか未定とのことだ。

なお、今季のCL決勝開催地だったトルコのイスタンブールが、来季のCL決勝を開催することも併せて発表されている。新シーズンのCLは10月20日に開幕する。

また、決勝トーナメント2回戦1stレグの一部試合を残して中断に入ったヨーロッパリーグ(EL)は8月10日から21日までドイツの4カ所で行われ、決勝は8月21日に開催されるとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

新シーズンのCLは10月20日スタート!決勝は5月29日に

欧州サッカー連盟(UEFA)は1日、2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)が10月20日にスタートすることを発表した。 そして決勝は今季開催される予定だったトルコのイスタンブールにあるアタテュルク・オリンピヤ・スタドゥで5月29日に開催される。 新型コロナウイルス(COVID-19)によって中断を強いられたサッカー界では、今季の欧州リーグ終了が大幅に遅れ、今季残りのCLを8月にポルトガルで開催することになったため、新シーズンのCLは例年よりも約1カ月遅れてスタートする形になった。 発表された日程は以下の通り。 ◆グループステージ第1節 10月20日/21日 ◆グループステージ第2節 10月27日/28日 ◆グループステージ第3節 11月3日/4日 ◆グループステージ第4節 11月24日/25日 ◆グループステージ第5節 12月1日/2日 ◆グループステージ最終節 12月8日/9日 ◆ラウンド16・1stレグ 2021年2月16日/17日、23日/24日 ◆ラウンド16・2ndレグ 2021年3月9日/10日、16日/17日 ◆準々決勝1stレグ 2021年4月6日/7日 ◆準々決勝2ndレグ 2021年4月13日/14日 ◆準決勝1stレグ 2021年4月27日/28日 ◆準決勝2ndレグ 2021年5月4日/5日 ◆決勝 2021年5月29日 2020.07.02 02:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ハイクロスをダイレクトボレー!現役復帰のロッベンがCLで見せた地を這うシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は現役復帰を発表した元オランダ代表FWアリエン・ロッベンがバイエルン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロッベンがハイボールをドンピシャボレー!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJNZHhReUp2WSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2009年夏から昨年までバイエルンでプレーしたロッベン。負傷に悩まされながらも公式戦通算307試合143ゴール101アシストの圧巻のスタッツを残し、7度のブンデスリーガ制覇やチャンピオンズリーグ優勝に貢献した。 右サイドからのカットインや抜群のスピードを生かしたゴールを多く決めてきたロッベンだが、2010年4月7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝、マンチェスター・ユナイテッドとの2ndレグでは見事なボレーシュートを決めている。 2戦合計3-4の1点ビハインドで迎えた74分、バイエルンは左CKのチャンスを獲得すると、キッカーのFWフランク・リベリが高く浮かせたボールは、ボックスギリギリのところで構えていたロッベンのもとへ。意表を突かれたユナイテッド守備陣はロッベンへのプレッシャーが少し遅れる。 落下点を見極め、少しポジションを修正したロッベンは狙いをすまして得意の左足を振り抜くと、地を這うようなボレーシュートはGKファン・デル・サールの手の先、ゴール左下隅へと吸い込まれていった。 ここしかないというコースに決まったこのゴールでバイエルンは2戦合計4-4に追いつき、アウェイゴールの差で準決勝進出を決めていた。 2020.07.01 11:50 Wed
twitterfacebook
thumb

イニエスタのベルベットパスからメッシの浮かせ技でアーセナルを翻弄【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのゴールだ。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJuelpXREtPMiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 6月24日に34歳の誕生日を迎えたメッシだが、2004-05シーズンのトップデビュー以降、これまでのキャリアにおいてバルセロナで「629」ものゴールを決めている。 数多くのスーパーゴールを決めてきたメッシだが、今回は2011年3月8日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16、アーセナルとの2ndレグのゴールだ。 アウェイでの1stレグを1-2で落としていたバルセロナだが、49分にメッシが魅せる。敵陣ボックス前でMFアンドレス・イニエスタがボールを奪うと、絶妙なタッチで相手DFを引き付ける。 ギリギリまで引き付けたところで、イニエスタは相手DFの間を抜く浮き球のパスを選択。上手くトラップしたメッシは、相手GKマヌエル・アルムニアとの1対1になるが、落ち着いてボールを浮かせて簡単に抜いてしまう。最後は無人のゴールに左足で叩き込んだ。 メッシは2009-10シーズンのCLでもアーセナル相手に1試合4得点を記録。アーセナルサポーターやアルムニアにとっては、トラウマのような存在かもしれない。 2020.06.30 11:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ブッフォンがCL決勝で見せた集中力と反射神経、インザーギのドンピシャヘッドをセーブ【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 今回はユベントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが見せたセーブだ。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJmUFl6aVoyQiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ブッフォンはパルマでキャリアをスタート。2001年7月にユベントスへと入団すると、2018年7月にパリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍するまで17年間プレー。PSGでは1シーズンのみのプレートなり、今シーズンから復帰している。 長年ユベントスのゴールマウスを担ってきたブッフォンだが、2003年5月28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝のミラン戦では素晴らしいセーブでチームを救っている。 イタリア勢同士の決勝らしい堅い試合となったこの試合は、両者とも中盤での激しいプレスの掛け合いで主導権を奪い合い、決定機は多くなかった。その中でミランが最もゴールに近づいたシーンでは、ブッフォンが立ちはだかった。 ミランはFWアンドリー・シェフチェンコが前線にボールを運ぶと、ボックス右端にいたMFクラレンス・セードルフへと展開する。ボールを受けたセードルフは、再度に流れながら、マイナス気味のクロスを中央へと送る。これに誰よりも早く反応したのがFWフィリッポ・インザーギだった。走り込みながらのダイビングヘッドはドンピシャで合い、ヘディングシュートが枠をとらえていたが、ブッフォンが超人的な反応を見せ、左手でセーブした。 結局、試合は0-0のまま120分間の戦いを終え、PK戦へ。ブッフォンとミランのGKヂダが好セーブを連発し、合わせて4連続セーブが生まれるなど最後まで目が離せない展開となったが、最後はシェフチェンコが決め、ミランが勝利した。 だが、この試合や準決勝のレアル・マドリー戦での活躍があったブッフォンは、この年のCL最優秀選手賞を受賞している。 2020.06.24 22:30 Wed
twitterfacebook
thumb

3冠を手繰り寄せる左手、CL決勝でジュリオ・セーザルがロッベンの十八番を阻止【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 今回は元ブラジル代表GKのジュリオ・セーザル氏が見せたセーブだ。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ2ZkYybHBJRyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> フラメンゴでキャリアをスタートさせたジュリオ・セーザル氏は、2005年1月にインテル加入後、直後の半年間だけキエーボにレンタル移籍。インテル復帰後は、5度のセリエA優勝や、1度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇など数々のタイトルに貢献した。 中でも、2009-10シーズンのCL決勝バイエルン戦でのセーブは見事だった。 インテル1点リードで迎えた65分、クリアボールのこぼれ球をバイエルンFWアリエン・ロッベンがインテル陣内ボックス外で拾う。ボックス内に差し掛かろうかというところで、ロッベンは十八番でもある左足でのコントロールシュートを放った。 いつもの角度、いつもの弾道に「入った」と思ったサポーターも多いのではないだろうか。しかし、思い切りジャンプしたジュリオ・セーザルは、懸命に手を伸ばし、何とか左手でセーブした。このシュートは枠をとらえていた。 その後、インテルはFWディエゴ・ミリートが追加点を記録し、そのまま2-0で勝利。CL制覇とともに、セリエA、コッパ・イタリアとの3冠を達成したのだった。 2020.06.23 20:30 Tue
twitterfacebook