3冠への大きな一撃!イニエスタが放った起死回生の無回転シュート【インクレディブル・ゴールズ】

2020.06.02 21:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがバルセロナ時代に決めたゴールだ。

2018年に神戸に加入したイニエスタは、それまでバルセロナで16シーズンを過ごし、公式戦600試合以上に出場。卓越したプレービジョンを武器に異彩を放ち続け、8度のリーガエスパニョーラ優勝や4度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇など、トータルで31個のタイトル獲得に貢献してきた。

数多く決めたゴールの中でも、本人が「言葉では言い表せない」と表現したのが、2009年5月6日に開催されたCL準決勝2ndレグ、スタンフォード・ブリッジでのチェルシー戦でのゴールだ。

ゴールレスドローに終わった1stレグをよそに、前半9分にMFマイケル・エッシェンのゴールでチェルシーが先制。さらに後半21分にはDFエリック・アビダルが退場処分を受けて、追いかける立場のバルセロナがさらなる苦境に立たされた。

誰もがチェルシーの決勝進出を信じた後半48分、イニエスタの右足が輝きを放つ。右サイドを駆け上がったDFダニエウ・アウベスがゴール前にクロスを供給。このボールは相手DFジョン・テリーに当たってボックス内の逆サイドにいたFWサミュエル・エトーに渡ったが、エトーはとっさにきたボールに対してトラップが長くなってしまう。

しかし、エトーの後方にいたFWリオネル・メッシがボールをキープすると、ボックス外のゴール正面にいたイニエスタにパス。グラウンダーのパスに対してイニエスタは迷うことなく右足を一閃。無回転のボールはぐんぐん伸びていきゴール上段の右隅へ。名GKであるペトル・チェフが反応するも、ボールは右手をかすめて、ネットを揺らした。

このゴールで追いついたバルセロナはアウェイゴールの差でチェルシーを退けてファイナルへ進出すると、勢いそのままに決勝でマンチェスター・ユナイテッドを撃破し、ジョゼップ・グアルディオラ政権となった初めてのシーズンで3冠を達成。

まさに、このイニエスタのゴールこそが“バルセロナ時代の到来”を告げる始まりの鐘となった。あの時、イニエスタのゴールが決まっていなければ、その後のバルセロナの歴史は大きく変わっていたことだろう。
コメント
関連ニュース
thumb

現代最高の司令塔デ・ブライネが体を倒しながらの技巧派ボレー【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はマンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆GKのタイミングを外すデ・ブライネの技ありボレー<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJOR3hKOUNNciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ヴォルフスブルクで評価を爆発的に高めたデ・ブライネは、2015年夏にシティに入団。初年度から公式戦41試合16ゴール14アシストの結果を残した。中でも見事だったのが、2015年10月3日に行われたプレミアリーグ第8節のニューカッスル戦でのゴールだ。 FWセルヒオ・アグエロのハットトリックで3-1としたシティは53分、パスをつなぐと、右サイドへと展開。敵陣右サイド深くでボールを受けたMFヘスス・ナバスへと渡ると、ゴール前の様子を伺いクロスを供給する。 オフザボールの動きで相手のマークを外し、ボックス内でフリーとなっていたデ・ブライネは、少し弾道が高かったクロスを、うまく体を倒しながら、右足でこすり上げるような形でボレーシュートを放つ。少しループ気味になったシュートには相手GKティム・クルルも成す術なく、ファーサイドのネットに吸い込まれていった。 この試合では、攻勢を緩めないシティがアグエロの5得点もあり、6-1で快勝。デ・ブライネも1ゴール2アシストと圧巻の活躍を見せた。 その後、ジョゼップ・グアルディオラ監督がシティ指揮官に就任した2016-17シーズンからはさらに爆発的な成長を果たしたデ・ブライネ。 今シーズンもチームの中心としての圧倒的な活躍を見せ、ここまでのプレミアリーグで30試合に出場し11得点17アシストという見事な数字を残しており、現代型司令塔の最高峰に君臨している。 2020.07.04 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

衝撃の8-0!圧巻のゴールショーでランパードが決めた豪快ミドルシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はチェルシーのフランク・ランパード監督が現役時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ランパードがバウンドに合わせた強烈ミドル!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJuNWlRNkw0QyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ウェストハム下部組織出身のランパード氏は、2001年夏からチェルシーでプレー。チェルシー在籍13年間で公式戦648試合211ゴールを記録し、3度のプレミアリーグ、4度のFAカップ、チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグなど数々のタイトル獲得に貢献した。 その中でも見事なゴールの1つに、2012年12月23日のプレミアリーグ第18節のアストン・ビラ戦でのゴールがある。 立ち上げりに先制したチェルシーは前半だけで3ゴールを決め、試合を決定づけた。後半もその手を緩めず、59分、味方のシュートのこぼれ球を敵陣右サイドで拾ったMFフアン・マタが、中央のランパードへとパス。パスが少し強かったものの、胸でトラップしたボールは、丁度いいバウンドに。2バウンドしたところを、ランパードが豪快に右足で蹴りこむと、ワンバウンドしてゴール左隅へと吸い込まれていった。 勢いの止まらないチェルシーはその後もゴールを重ね、終わってみれば8-0の圧勝で試合を終えている。 2020.07.04 18:35 Sat
twitterfacebook
thumb

まるで優雅なダンス! フェイント1つで3人を抜くジダンのエレガントゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はレアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督がユベントス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆3人を騙すジダンのエレガントな切り返し<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJBSGhBZnliViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> カンヌでのデビュー後、ボルドーで頭角を現したジダン氏は、1996年から、レアル・マドリーへと移籍する2001年までユベントスでトップ下として活躍。在籍5年で公式戦212試合に出場し31ゴール36アシストを記録している。 いくつもの名ゴールを決めているジダン氏だが、2000年の1月23日に行われたセリエA第18節のレッジーナ戦でのゴールも圧巻だった。 1-0とユベントス1点リードの64分、ユベントスは敵陣左サイドでスローインを得る。スローインを受けたジダンは、ダイレクトでFWアレッサンドロ・デル・ピエロに渡し、そのままワンツーで抜け出す。 ペナルティアーク付近まで侵入したジダンは、シュートフェイントで3人のDFを一気にかわすと、左足に持ち替え、ボックス内へと侵入。最後は左足でゴール左上に強烈なシュートを叩き込んだ。 3人を騙したシュートフェイントはもちろん、その後の持ち替えやフィニッシュもすべてがワールドクラスで、これぞジダンというエレガントなゴールだった。 2020.07.04 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

走り込んだオコチャが全力のダイレクトミドルシュートを叩き込む【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ナイジェリア代表MFジェイ・ジェイ・オコチャ氏がパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆オコチャが放った衝撃のダイレクトミドルシュート!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIybGFrYUhJNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 現役時代にナイジェリア代表やPSG、ボルトン、フェネルバフチェで魔法のようなテクニックを披露していたオコチャ氏。トリッキーかつ多彩なドリブルと決定的なラストパスに加え、強烈なミドルシュートも持ち味であった。 2001年10月14日に行われたリーグ・アン第10節のリヨン戦では素晴らしいゴールを決めている。 PSG1点ビハインドの18分、FWアレックス・ディアスが敵陣右サイド深くに抜け出すと、近くに走りこんでいたオコチャへとマイナスのパス。オコチャはこれを迷うことなくミドルシュート。放たれたシュートはゴールネットを突き破る勢いでゴール左隅に突き刺さった。 この試合のPSGのスターティングメンバーには、オコチャ氏の他、マウリシオ・ポチェッティーノ氏や現アーセナル指揮官のミケル・アルテタ氏もおり、さらに途中交代で元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏が出てくるなど、豪華なメンバーが揃っていた。 2020.07.03 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

絶体絶命のピンチをチャンスに! 別格のルーニーが全力スライディングから絶妙ロングフィード【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イングランド代表FWで現在はチャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティで選手兼コーチとしてプレーするウェイン・ルーニーがメジャーリーグ・サッカー(MLS)のDCユナイテッド時代に見せたプレーだ。 <div id="cws_ad">◆まさに救世主!ルーニーの猛追からのスーパークロス!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIxazBDaktteiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2018年8月13日に行われたMLS第24節のオーランド・シティ戦、2-2で迎えた後半アディショナルタイムにルーニーが魅せる。 DCユナイテッドは左CKのチャンスを掴むと、勝ち越しを狙いGKデイビッド・オーステッドまで前線へと上がる。しかし、ボールは相手DFに大きくクリアされ、ボックス外にいた相手MFウィル・ジョンソンへと渡ってしまう。 DCユナイテッド陣内にはGK含めて1人の選手もおらず、絶体絶命と思われたが、ルーニーだけは諦めていなかった。クリアされた瞬間に切り替え、相手を猛追。衝撃のスプリントでハーフウェイライン付近で追いつくと、ジョンソンがやや迷ったところを詰めてスライディングタックルを決める。 笛はならず、ボールはルーニーが拾うと、ドリブルで持ち上がりゴール前の様子を確認。かなりの距離があったものの、右足で正確なクロスを供給すると、これをFWルチアーノ・アコスタが頭で決め、DCユナイテッドは逆転に成功した。 本来ならば、失点のピンチを救っただけでも救世主もののスーパープレーだったが、そこからアシストまで決めてしまうルーニーの破格ぶりが分かるゴールだった。 2020.07.03 18:45 Fri
twitterfacebook