代表監督をネットで募集!? イングランド女子代表監督になりたい方は6月30日が締切!

2020.06.02 09:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イングランドサッカー協会(FA)がイングランド女子代表監督について、インターネット上での募集を開始したようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

先月、イングランド女子代表監督のフィル・ネビル監督が2021年7月に契約満了により退任することをFAが発表。契約は残っているものの、退任までの間にチームの指揮を執ることはないとされている。

ネビル監督は、2022年に延期されたUEFA女子欧州選手権、2023年の女子W杯に臨む同国代表の新監督選定にアドバイザーチームの1人として参加する予定。 また、2021年夏に延期された東京オリンピックにおいてチームGB(グレートブリテン)を率いる予定だったが、監督としてではなく別の役割を担う可能性が高まっているという。

FAはネビル監督退任に伴い、今後のチーム作りを行うために早期に新指揮官を招へいしたいと考えているとされている。そのため、FAは公式サイト上で、イングランド女子代表監督募集広告を掲載。新指揮官招へいに向けた意欲がさらに明確なものになった。

募集の求める人材としては「FAの価値観と哲学を尊重し体現することのできる、勝者のチームを作ることができる人材」とあり、その他にも「自信と一体感、ポジティブな精神を中心としたチーム、カルチャーを作り上げること」、「チームの強いアイデンティティを確立することを含め、選手とスタッフを素晴らしい活躍に導いた経験」を有することが求められている。オンラインでの募集期限は6月30日までとなっている。

ちなみにFAが重要なポストをオンラインで募集するのはこれが初めてではなく、2016年に、当時のU-21イングランド代表監督であった、ガレス・サウスゲート氏がA代表の監督に就任した際、その後任者の募集もオンラインで行われていた。この結果100名以上の応募の中から、アイディ・ブースロイド氏が選出されている。
コメント
関連ニュース
thumb

女子W杯辞退と主審の重要性/六川亨の日本サッカー見聞録

本来なら6月25日はFIFA(国際サッカー連盟)カウンシルでリモートによる投票から2023年の女子W杯開催国が決まるはずだった。しかし日本は22日の臨時理事会で女子W杯の招致から撤退することを決めた。 その理由として、10日に公表されたFIFAの候補地評価報告書では、6項目(スタジアム、・チーム、審判の設備、・宿泊施設、・国際放送センター、・関係イベント会場、・商業面で各5点満点)の総合評価で3・9点の2位にとどまったことが前提にあった。1位は共催で立候補したオーストラリア/ニュージーランドで、総合評価は4・1点。6項目中4項目で日本を上回り(スタジアムは同点)、日本は宿泊施設だけが高く評価された(唯一満点に近い4・9点)。 こうした客観的な情勢に加え、近年のFIFA主催の国際大会は規模が拡大傾向にあり(女子W杯も23年は24チームから32チームに増加)、そのため共催が認可されやすい傾向にあること。ASEANサッカー連盟が共催の支持を表明したこと。そして新型コロナウイルスにより東京五輪が来年に延期されたことで、女子の2大国際イベントが「短期間に日本で開催されることを危ぶむ声があった」(須原清貴JFA専務理事)ことなどから日本は撤退を決めた。 W杯の予行演習として五輪を開催した(68年と70年のメキシコ、72年のミュンヘンと74年の西ドイツ)のは遙か遠い昔の出来事だ。23年の女子W杯が黒字になるかどうかはわからないが、オーストラリアとニュージーランドにとって大会を成功裏に終わらせれば、次の国際大会の招致に向けて実績となる。 田嶋幸三JFA会長も、「(男子の)W杯を1カ国で開催できる国は限られているので、FIFAは共催がトレンドになりつつあります」と漏らしていた。すでにEUROは2000年にベルギーとオランダの共催で実施した。W杯なら02年の日韓大会があり、26年はアメリカ、カナダ、メキシコの3カ国による共催となっている。 過去のW杯で、南半球で開催されたのは南アとブラジルの2回しかない。それも10年、14年とつい最近だ。このため、そう遠くない将来、オーストラリアとニュージーランドで男子のW杯が開催される可能性は大きいのではないだろうか。 撤退するかどうかを決める理事会では、「玉砕」を覚悟に投票に賭ける理事もいたという。しかし「票読みはぎりぎりにならないとわからない。負け方によっては次にマイナスになりかねない」(田嶋会長)ことと、アジア勢同士の直接対決を避けることで「アジアのソリダリティー(連帯)と、ポイントの評価は次につながる。そのインパクトは次に計り知れないのではないか」(田嶋会長)という2点から、投票3日前の撤退となった。 12年のヤングなでしこ(U-20女子代表)に続くW杯の開催断念は残念だ。とはいえ次に可能性を広げる撤退と前向きに判断したい。 翌23日にはJリーグの臨時理事会が開催され、主立った決議事項はすでに当サイトで紹介済みだ。VARシステムは3密が予想されるだけでなく、審判はリーグ戦の過密日程で例年にない厳しいシーズンとなる。このため審判への負荷を減らすためにもVARは見送ることになった。 そして試合は主審と副審2名、第4の審判員の4名で構成されるが、万が一主審が試合当日の朝に発熱したり、移動途中で発熱したりして欠場を余儀なくされた場合は試合が中止になる可能性もある(補充できれば開催される)。これまでは選手にばかり目が行きがちだったが、ホイッスルを吹く主審は1人しかいない。むしろ主審の不在により試合が中止になる可能性の方が高いのではないだろうか。 それが杞憂に終わることを祈りつつ、27日に再開・開幕するシーズン到来を待つことにする。リモートマッチを取材できるのはカメラマン15名、記者26名という狭き門で、当日はJ2の試合を申請したが、残念ながら却下されてしまった。このためDAZNで複数の試合を楽しもうと思っている。 <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】<br />1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。</div> 2020.06.26 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

日本が2023年女子W杯招致撤退…25日に開催国決定

日本サッカー協会(JFA)が22日、2023年の女子ワールドカップ(W杯)招致撤退を発表した。 2023年大会の開催国を巡っては共同開催を狙うオーストラリアとニュージーランド、コロンビア、そして日本が立候補。25日に行われる国際サッカー連盟(FIFA)の理事会で招致国が決まる予定だったが、JFAは本日の臨時理事会で女子W杯招致国としての立候補取り下げを決定した。 JFAの田嶋幸三会長は撤退理由として「新型コロナウイルスの影響によってその女子サッカー最高峰を決める2つの大会が、短期間に同じ国で開催されることに対する抵抗感が強まった」と挙げ、「すでにASEANサッカー連盟がオーストラリア・ニュージーランドへの支持を表明」した点も指摘した。 10日にFIFAから評価報告書が公表され、日本はオーストラリアとニュージーランドの共催案に次ぐ2番目の評価。投票で同票だった場合、評価報告書のポイントなど、客観的な評価も大きな要素となるという。 また、コロンビアやオーストラリアとニュージーランドは女子も含めて年齢制限のないFIFA主催大会の招致を経験しておらず、南米や南半球初の女子W杯開催となれば、普及の観点からアドバンテージにもなる。 田嶋会長はそうした点を踏まえて、「投票直前というタイミングであらゆることを分析すると、今回の招致レースにおける日本の状況は決して楽観視できるものではなく、さらに厳しい状況になっていると言わざるを得ません」と説明した。 さらに、「今回予想される結果を冷静に見極めながら、今後、長期的な視点で日本のプレゼンスをいかに高めていくか、世界の女子サッカーをリードし、日本としてどのように世界に貢献をしていくのかを含め、戦略的に考え、実行していかなければなりません」と続けている。 2020.06.22 20:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ブラジル、2023年女子W杯の招致断念…日本も立候補中

ブラジルサッカー連盟(CBF)が2023年に行われる女子ワールドカップ(W杯)の招致断念を発表した。 2023年大会の開催国として、共同開催を狙うオーストラリアとニュージーランド、コロンビア、日本、そしてブラジルが立候補。招致国は国際サッカー連盟(FIFA)が今月25日に予定する理事会にて、オンライン投票で決められる。 しかし、CBFは8日、招致レースからの撤退を表明。新型コロナウイルスの影響で国の経済と財政が厳しくなるシナリオが予想され、FIFAが求める政府の財政保証も見込みが立たず、立候補取り下げの決断に至ったという。 この決断を受け、CBFは同じく南米勢として初開催を狙うコロンビアを支持していく方針も明らかにしている。 2020.06.09 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

日本初の女子プロサッカーリーグは「WEリーグ」に決定!2021年秋に開幕

日本サッカー協会(JFA)は3日、日本初の女子プロサッカーリーグの名称を発表。新リーグの名称は、「WEリーグ(ウィーリーグ)」となることが決定した。 「WEリーグ」は「Women Empowerment League」の略称。「女子サッカー・スポーツを通じて、夢や生き方の多様性にあふれ、一人ひとりが輝く社会の実現・発展に貢献する」ことを理念とし、この名称にはWEリーグの誕生によってこれまでなかった“女子プロサッカー選手"という職業が確立され、リーグを核に関わるわたしたちみんな(WE)が主人公として活躍する社会を目指す、という思いが込められている。 WEリーグは、これまで30年以上にわたって日本の女子サッカーをけん引してきた日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)の上位に位置する、日本女子サッカー最高峰のリーグで、参加クラブは6~10チームを予定。参加チームは今年秋に発表する予定だ。 また、リーグは2021年秋に開幕し、ホーム&アウェイ方式による総当りリーグ戦で順位を決定。WEリーグは、クラブ、選手、ファンサポーター、パートナーらとみんな(WE)で創り上げていくリーグを目指していく。 ◆田嶋幸三会長(日本サッカー協会) 「2021年秋に開幕する日本初の女子プロサッカーリーグは、日本の女子サッカーを発展させることだけが目的ではありません。女子プロリーグを核にして様々な雇用を生み出したり、人々の生き方の選択肢を広げたりすることによって、更なる女性の社会進出や持続可能な社会の実現に貢献していくことも目指しています。スポーツを通して社会に貢献していくことは、スポーツ界にとって重要な使命です。少女たちの夢となる女子プロサッカー選手という職業を確立していくと同時に、女性活躍社会の推進や社会が抱える課題解決にも取り組んでまいります」 ◆佐々木則夫 女子新リーグ設立準備室長 「WEリーグの誕生によって、女子プロサッカー選手という職業が確立され、少女たちの夢の受け皿となります。そこを核にさまざまな雇用が生まれ、人々の生き方の選択肢を広げる。多様な考えや目標、生き方があることを知り、認め合い、そして自らの信念や可能性を解き放つことのできるステージへと進んでいくことができる。リーグに関わる全ての人が手を取り合い、リーグから生まれる「わたしたち」のポジティブなエネルギーが社会全体に波及していく。私たちは、それを体現するリーグでありたいと思っています」 ◆今井純子 女子委員長(日本サッカー協会) 「WEリーグの設立によって、トレーニング環境やゲームレベルのスタンダードは間違いなく向上します。選手たちにはその中で、パフォーマンスを高め、自身の選手としての価値向上にも目を向けて活躍してほしいと思っています。しかし、WEリーグ設立はプロ選手だけのためではなく、グラスルーツからシニアに至るまでのすべての日本女子サッカーの発展の契機となると同時に、世界の女子サッカー発展の一翼を担うものでもあると信じています。WEリーグのビジョンを実現させ、全ての女の子がプロサッカー選手に憧れ、WEリーグを目指す、そんな世界を作っていきます」 ◆高倉麻子監督(なでしこジャパン) 「女子サッカー選手の長年の夢だった女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」がいよいよ誕生します。このリーグが成功するためには選手の覚悟が必要です。その覚悟が日本を必ず強くするはずです。WEリーグが、応援して下さる方々が楽しめる場所、女の子たちの夢の舞台になることを期待しています。WEリーグをみんなで盛り上げていきましょう」 2020.06.03 18:40 Wed
twitterfacebook
thumb

なでしこリーグの開幕が7月18日に決定! 開幕からの2戦は無観客開催

日本女子サッカーリーグは2日、2020プレナスなでしこリーグ1部、2020プレナスなでしこリーグ2部および2020プレナスチャレンジリーグの開幕日程を発表した。 なでしこリーグ1部と2部は7月18日に開幕日に設定され、開催方式は開幕から第2節は無観客での開催となる。第3節以降に関しては感染拡大状況などを鑑み、決定するという。 一方、8月22日に開幕日が設定されたチャレンジリーグに関しては、感染拡大状況などを鑑み、観客を入れての開催か、無観客開催かを決定する予定だ。 試合開催日、対戦カード、キックオフ時刻、試合会場についてはいずれも決定次第、追って発表される。 今シーズンのなでしこリーグは当初、3月21日に開幕予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって延期を余儀なくされていた。また、プレナスなでしこリーグカップは開催中止となっている。 2020.06.02 19:05 Tue
twitterfacebook