Jリーグ再開に改めてチェアマン評価/六川亨の日本サッカー見聞録

2020.05.30 20:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
ようやくJリーグの再開・開幕の日程が決まった! Jリーグは5月29日に第8回の臨時実行委員会を開き、J2リーグとJ3リーグは6月27日(土曜)に再開・開幕し、J1リーグは7月4日(土曜)にいずれも無観客で再開することを村井満チェアマンが発表した。

対戦カードは移動による新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、「長距離移動を伴わないマッチメイク」(村井チェアマン)をこれからシミュレーションするという。J1リーグとJ2リーグ、J3リーグの再開・開幕を同時にしないのは、政府の緊急事態宣言の解除が遅れた1都3府県と北海道のチームには再開のためのインターバルが必要だとチェアマンは説明。と同時に、再開の際に関係者などのサーモメーターによるチェックなど、検査態勢をまずはJ2 リーグとJ3リーグでシュミレーションすることも兼ねていると思われる。

今回のJリーグ再開・開幕に当たっては、冒頭に挨拶した村井チェアマンの言葉が全てを語っている。「国民に迷惑をかけない範囲でPCR検査をできる状況が整ったので報告します」と控えめながら目に力を込めて語った。

これまでも村井チェアマンは、サッカー選手が優先してPCR検査を受けることには抵抗感を表してきた。それも当然だろう。「国民の健康が第一」というのがポリシーだし、サッカー選手が優先してPCR検査を受けることで国民の反感を買うことは避けねばならないと思うのは自然な流れだ。

そこで村井チェアマンはどうしたか。政府や自治体の規制緩和を待つだけでなく、自ら動いた。PCR検査のセンターをJリーグ内に新部門として立ち上げ、難しい鼻腔からの検体採取ではなく唾液から1時間に100の検体をできる検査キットを、56クラブ×40名+レフェリー100名の計2340名を1回でできる体制を築いたのだ。

ここで村井チェアマンらしいのは、地元医療機関からPCR検査ができると言われたクラブに対してもJリーグがPCR検査を主導したことだ。その理由を、Jリーグだけでなくヨーロッパのリーグ戦も中断により中止となっているスポーツ振興くじ(toto)にも触れ、「試合出場の判断基準になる検査は中立であるJリーグが行うべきだと考え、コントロール機能をJリーグに置きました。検査の標準化、採取、収集、分析、管理は極めて重要な守秘義務ですし、プライバシーにも関わるので中立の立場であるJリーグがすべきだと思います」と述べた。至極当然である。

実際の検査は費用の全額をJリーグが負担しつつ、全国各地で委託する業者とはこれから交渉する。そしてPCR検査は潜伏期間から逆算して2週間に1回のペースのため、必要があれば地域住民にも開放する方針でいる。

さらに投資はこれだけではない。すでにサーモメーターは450台を確保した。消毒液12トンとマスク7万枚は各クラブがすでに充足しているという。JクラブとJリーグは新型コロナウイルスの発症以来、何度も会議を重ねて情報を共有してきた。その成果が、今回の「万全を期した」Jリーグの再開・開幕でもあるだろう。

最後に村井チェアマンは、いち早くリーグ戦の延期を決断したことについて聞かれると、自身のことよりも「データを蓄積していくことはオリンピックやパラリンピックに向けた強化データの一助となるのではないでしょうか。また医学界の方とも話しましたが、科学的にも重要なデータだと捉えていますので、活動を通じて恩返しをできていけばいいですね」と来年の五輪とパラリンピックについてのコメントを残した。

常に先を見すえている村井さんらしいコメントでもある。新型コロナウイルスという難局に彼がJリーグの旗頭に立ったことのメリットを改めて感じざるを得ない。

【文・六川亨】
1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。
コメント
関連ニュース
thumb

女子W杯辞退と主審の重要性/六川亨の日本サッカー見聞録

本来なら6月25日はFIFA(国際サッカー連盟)カウンシルでリモートによる投票から2023年の女子W杯開催国が決まるはずだった。しかし日本は22日の臨時理事会で女子W杯の招致から撤退することを決めた。 その理由として、10日に公表されたFIFAの候補地評価報告書では、6項目(スタジアム、・チーム、審判の設備、・宿泊施設、・国際放送センター、・関係イベント会場、・商業面で各5点満点)の総合評価で3・9点の2位にとどまったことが前提にあった。1位は共催で立候補したオーストラリア/ニュージーランドで、総合評価は4・1点。6項目中4項目で日本を上回り(スタジアムは同点)、日本は宿泊施設だけが高く評価された(唯一満点に近い4・9点)。 こうした客観的な情勢に加え、近年のFIFA主催の国際大会は規模が拡大傾向にあり(女子W杯も23年は24チームから32チームに増加)、そのため共催が認可されやすい傾向にあること。ASEANサッカー連盟が共催の支持を表明したこと。そして新型コロナウイルスにより東京五輪が来年に延期されたことで、女子の2大国際イベントが「短期間に日本で開催されることを危ぶむ声があった」(須原清貴JFA専務理事)ことなどから日本は撤退を決めた。 W杯の予行演習として五輪を開催した(68年と70年のメキシコ、72年のミュンヘンと74年の西ドイツ)のは遙か遠い昔の出来事だ。23年の女子W杯が黒字になるかどうかはわからないが、オーストラリアとニュージーランドにとって大会を成功裏に終わらせれば、次の国際大会の招致に向けて実績となる。 田嶋幸三JFA会長も、「(男子の)W杯を1カ国で開催できる国は限られているので、FIFAは共催がトレンドになりつつあります」と漏らしていた。すでにEUROは2000年にベルギーとオランダの共催で実施した。W杯なら02年の日韓大会があり、26年はアメリカ、カナダ、メキシコの3カ国による共催となっている。 過去のW杯で、南半球で開催されたのは南アとブラジルの2回しかない。それも10年、14年とつい最近だ。このため、そう遠くない将来、オーストラリアとニュージーランドで男子のW杯が開催される可能性は大きいのではないだろうか。 撤退するかどうかを決める理事会では、「玉砕」を覚悟に投票に賭ける理事もいたという。しかし「票読みはぎりぎりにならないとわからない。負け方によっては次にマイナスになりかねない」(田嶋会長)ことと、アジア勢同士の直接対決を避けることで「アジアのソリダリティー(連帯)と、ポイントの評価は次につながる。そのインパクトは次に計り知れないのではないか」(田嶋会長)という2点から、投票3日前の撤退となった。 12年のヤングなでしこ(U-20女子代表)に続くW杯の開催断念は残念だ。とはいえ次に可能性を広げる撤退と前向きに判断したい。 翌23日にはJリーグの臨時理事会が開催され、主立った決議事項はすでに当サイトで紹介済みだ。VARシステムは3密が予想されるだけでなく、審判はリーグ戦の過密日程で例年にない厳しいシーズンとなる。このため審判への負荷を減らすためにもVARは見送ることになった。 そして試合は主審と副審2名、第4の審判員の4名で構成されるが、万が一主審が試合当日の朝に発熱したり、移動途中で発熱したりして欠場を余儀なくされた場合は試合が中止になる可能性もある(補充できれば開催される)。これまでは選手にばかり目が行きがちだったが、ホイッスルを吹く主審は1人しかいない。むしろ主審の不在により試合が中止になる可能性の方が高いのではないだろうか。 それが杞憂に終わることを祈りつつ、27日に再開・開幕するシーズン到来を待つことにする。リモートマッチを取材できるのはカメラマン15名、記者26名という狭き門で、当日はJ2の試合を申請したが、残念ながら却下されてしまった。このためDAZNで複数の試合を楽しもうと思っている。 <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】<br />1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。</div> 2020.06.26 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

Jクラブの戦いはこれから/六川亨の日本サッカー見聞録

JFA(日本サッカー協会)は18日に定例理事会を開催し、第100回天皇杯の参加チームを50から52に増やし、準々決勝の開催を追加することを決定した。これは、J1勢2チームが準決勝から出場することは決まっていたものの、J2勢とJ3勢には門戸が閉ざされていたため新たに参加を承認したものだ。 過去にはJ2リーグのチームが天皇杯で優勝したこともあるだけに、当然の措置と言える。今年の天皇杯は「変更は今回限り」(須原清貴JFA専務理事)と特例措置のため、思わぬ波乱があるかもしれない。ヤマ場となるのはJ1勢2チームが出場する準決勝で、ここでもしもJ1チームが敗れるようであれば決勝戦でも“ジャイアントキリング”があるかもしれない。 さてJリーグは、22日の専門家チームとNPBとの合同対策連絡会議後、23日の臨時理事会で、火曜のコラムで紹介した3項目が承認されれば、後は19日のPCR検査と27日のJ2、J3リーグの再開・開幕を待つのみとなった。 そこで次の主役はJ1~J3の各クラブに移る。移動手段とホテルの確保はこれまでと大きな変化はないため、それほど心配する必要はないだろう。メディア対応としては、リモートマッチの間はカメラマン16名、記者25名と制限し、受付場所の変更やワーキングルームの使用禁止、試合後の監督と選手の会見・インタビューはwebで行うことなどが決定している。試合当日は多少の混乱はあるかもしれないが、取材者数が限られているためそれほど心配する必要はないだろう。 個人的に気になっているのは、7月10日以降のファン・サポーターを入れての準備状況だ。最大5000人もしくは50%で、アウェーのファン・サポーターは入場できないものの、まずはどのように「密」を避けるため席の配置を決めるのか。これが決まらないとチケットも販売できないだろう。 まだファン・サポーターを入れての試合は先のため、J1~J3クラブのチケット情報にアクセスすることはできない(なぜか27日の山形対栃木戦はリモートマッチなのに「チケットを買う」というボタンがあるが、クリックすると「ページが見つかりません」と表示される)。 そこで気になるのがチケットの販売方法だ。数が限られているため「プラチナチケット」となることは間違いない。このためインターネットで申し込み、抽選ということになるだろう。では、一般販売とシーズンチケットの購入者をどのように選別するのか。一般販売分とシーズンチケットのそれぞれのカテゴリーで抽選を実施することになるのだろうか。 FC東京と浦和はシーズンチケットの購入者に対し払い戻しを実施したためフラットだ。それでも払い戻しをせずに寄付をしたファン・サポーターに抽選で優先権がないとしたら、新たな不満が出るとも限らない。 チケッティング担当者はきっと頭を痛めていることだろう。そして彼ら以上に大変だと思うのが運営担当だ。席割りに始まり、試合当日は「密」を避けるため待機列の間隔をどのように保ち、彼らの導線をどう確保するか。さらに入場時のチェックもあるだけに、クラブスタッフだけでは人手が足りないだろう。 派遣会社のアルバイトを使うにしても、これまでとは勝手が違うだけに、綿密な打ち合わせと予行演習、そして彼らの安全確保も必要だ。そうした試行錯誤を重ねて27日を迎えるわけだが、明日開幕するプロ野球にそれらのヒントが隠されているかもしれない。というわけで、明日のプロ野球の開幕を密かに楽しみにしている。 <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】<br />1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2020.06.18 22:15 Thu
twitterfacebook
thumb

改めて唾吐きと飲水を考える/六川亨の日本サッカー見聞録

Jリーグは6月9日、webによる実行委員会を開催し、27日に無観客で再開・開幕するJ2リーグとJ3リーグは、7月10日から観客を入れることで合意した。J1リーグは7月4日から同じく無観客で再開し、各スタジアムはキャパシティが異なるため第4節から5000人、あるいは収容人員の50%の観客を入れることで合意した。 正直、ようやくここまでこぎ着けられたという安堵感と、まだ開幕・再開までには2週間以上あるため油断はできないという警戒感の入り交じった心境だ。 気になる日程だが、今後のスケジュールとしては12日に「移動等のガイドライン」が発表され、来週15日17時予定でJ1は第2節から第13節まで、J2は第2節から第15節まで、そしてJ3は第1節から第12節までが発表される。そして翌16日はそれ以降のリーグ戦の開催候補日(週末の場合は土曜日か日曜日か)が発表される予定だ。 すでに試合前の両チームの選手による握手、ゴール後のハイタッチなどによるゴールパフォーマンスは禁じられている。プロ野球のオープン戦でもホームラン後の選手は、ベンチで祝福するチームメイトと距離をとって喜びを共有していた。しかし野球の場合は選手がダイヤモンドを1周している間に冷静になれるだろう。 しかしサッカーの場合は瞬間のスポーツだけに、選手はよほど意識しないと難しいかもしれない。実際、新型コロナウイルスで自粛中に行われたプレマッチで、ゴール後に思わずハイタッチをしていた選手がいた。こちらは、これから始まるプレマッチで慣れていくしかないかもしれない。 実際、「試合中は激しく競り合っている(密になっている)のに、ゴールセレブレーションは離れるのはどうなの」(藤村特命担当部長)という意見もあったという。こちらに関しては「適用を考えていきたい」と、Jリーグとしても検討中のようだ。 さらに、専門家からは「唾吐き、水の吐き出しは控えるように」と言われている。しかし唾吐きは自然現象だし、ウガイしたあとに水を吐き出したいのも生理現象だろう。さらに、日本選手には少ないものの片手で鼻をかむ(手鼻)選手もいるし、レフェリーも当てはまるかもしれない。 この件に関しては5月上旬にFIFA(国際サッカー連盟)が「唾吐き禁止」を検討していることで疑問を呈したことがある。その後FIFAからは何のリリースもないと記憶しているので、やはり規制は難しかったのか。 1970年代のサッカーパンツには、なぜかお尻にポケットがついていた(使ったことはなかったが)。新型コロナウイルスとして両サイドにポケット付きのサッカーパンツにして、ティッシュなどを入れてプレーすることになるのだろうか。水吐きに関しては、ピッチ外の決められた場所――選手が水分を補強する可能性が高いのはCK時のため両ゴール裏と、ベンチの指示を聞く際のセンターライン付近――にバケツなどを置くのだろうか。 Jリーグが再開・開幕する6月下旬は梅雨も明けている可能性が高い。当然、夏本番を迎えるだけに、前後半途中での給水タイムが必要になるかもしれない。その際にも密にならず飲水し、吐き出せる場所をどう確保するか。 再開・開幕に向けて、まだまだ課題は多いと言わざるをえないようだ。 <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】<br />1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2020.06.11 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

再開のJリーグ、5人の交代枠は必要か?/六川亨の日本サッカー見聞録

Jリーグは昨日6月5日に臨時の理事会を開催し、7月4日に再開するJ1リーグの最終節を12月19日にすると発表した。合わせて今シーズンは1試合の交代枠を3人から5人に拡大するが、「交代回数はハーフタイムを除き3 回までとする」ことで合意した。 すでに反町康治JFA(日本サッカー協会)技術委員長が就任会見でも述べていたが、今回の交代枠の変更は、FIFA(国際サッカー連盟)も「特例として今シーズンに限る」ルールとなっている。 そこで反町技術委員長は、自ら「天皇杯はどうなるんだろう」と“ボケた”が、来年1月1日が今シーズンに含まれるのかどうかの判断は微妙なところ。たぶん大丈夫だろうから言及したのだと推測している。 気になるのは、やはり再開・開幕の決まったJリーグの日程だ。昨日の理事会では、開幕カードの発表があるのかと期待した。しかし、それ以前にJ2リーグの松本が日程の激化からルヴァン杯を欠場。さらにJ3リーグのFC東京―U-23もホームゲーム(味の素フィールド西が丘、駒沢オリンピック公園陸上競技場、夢の島陸上競技場)の会場確保が困難として今シーズンのリーグ戦の辞退を表明し、いずれも理事会で承認された。 J1リーグに限らず、日程の再編はやはり難航しているのだろう。ルヴァン杯はグループリーグをホーム&アウェーの2回戦制から1回戦に変え、プレーオフは取りやめて8チームによる決勝トーナメントに変更した(各グループ1位の4チームと成績上位の2位1チームに、ACL出場の3チーム)。 今後もクラブ存続のために、試行錯誤を繰り返しながら奮闘する関係者は少なくないと思う。できれば、56クラブが無事に今シーズンを終えられることを祈るばかりだ。 といったところで、冒頭に紹介した選手交代枠の拡大である。これまでは「3人を3回」交代できた。それが5人に拡がったものの、交代は「ハーフタイムを除き3回」ということで、4回に制限されることになる。5人の交代枠を使い切るには、どこかで2人を同時に交代する必要が生じる。 ただしこのルール、あまり現実性を帯びているとは思えない。スタメン11人のうちGKを除けばフィールドプレーヤーは10人。監督はベストの10人をピッチに送り込むのは当然だ。そのうち、ケガ人でも出なければ交代選手を起用することはない。次に想定されるのはビハインドのチームが劣勢を挽回するケースで、攻撃的な選手を増やすというパターンだ。 ただ、それにしてもスタメンの半数以上を交代で送り込むのは「異常事態」と言っていいだろう。何のための「スタメン」だったのか、どちらで起用された選手も戸惑うのは当然だろうし、監督としての資質を疑われてもおかしくない。 恐らく交代枠の拡大は、新型コロナウイルスの感染により登録選手の縮小を懸念した救済措置でもあると思うが、現状ではリーグ戦の再開・開幕のためにJリーグは万難を排して取り組んできた。その目処が立ったからこそ再開・開幕を決めたのだと思う。 導入を決定したものの、5人の交代枠を使う監督が果たしているのかどうか。負傷離脱などのアクシデントは別にして、むしろそちらの方が興味津々である。それで結果を残したら、賞賛すべきかどうか。これはこれで迷うところでもある。 <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】<br />1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。</div> 2020.06.06 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

JFA反町技術委員長の憂鬱/六川亨の日本サッカー見聞録

松本山雅FC元監督である反町康治氏がJFA(日本サッカー協会)の新技術委員長就任が決まったのは3月12日だった。正式には3月29日の評議員会と新理事会の承認を得てからになる。当時はすでに新型コロナウイルスでJリーグが延期になるなどスポーツ界にも暗雲が漂い始めていた。 反町技術委員長の誕生で、関塚隆氏はナショナルチームダイレクター(NTD)として森保一監督が兼任する日本代表とU-23日本代表のサポートに専任するという。とはいうものの、森保監督は1月にタイで開催されたU-23アジア選手権で惨敗した。 3月下旬には日本代表のW杯アジア予選とU-23日本代表の強化試合が重なっている。森保監督はどちらのチームの指揮を執るのか。そして東京五輪2020で本当にメダルを獲れるのか。もしかしたら関塚氏は、森保監督に何かあった場合、すぐにチームを率いることができるよう、“保険”として新たなポジションを与えられたのではないかという噂も耳にした。 結果として東京五輪2020は新型コロナウイルスの影響で来年への延期が決まった。森保監督が日本代表とU-23日本代表の監督を兼務することに支障はなくなり、なおかつ男子サッカーは24歳以下への延長も認められた。ただし、Jクラブは地域によって練習を再開したが、まだリーグ戦の再開・開幕の目処は立っていない。 そんななか、5月21日に技術委員長の反町氏が就任後初となる会見をwebで実施したので紹介しよう。 まず関塚NTDとの役割分担だが、関塚NTDはフル代表とU-23日本代表の2チームの強化に特化している。その上で反町技術委員長は環境面の整備やマッチメイクなど全体を見ることになる。東京五輪2020の延期による森保監督の任期についても、反町技術委員長は「個人的には、(森保監督の)契約は私の範疇ではない」と関わりを否定した。 そして森保監督とは電話やwebでコンタクトを取っているものの、行動には制限があり、代表スタッフは週に1回のミーティングをしているが「近況報告」にとどまっているそうだ。兼任監督に関しても「現時点ではなんとも言えないというのが正直なところです。(代表とU-23日本代表の)日程がわからない。あらゆることを常に頭に入れながら、いまのところまったく(日程が)出ていない。至るところに至っていない」とお手上げ状態であることを明かした。 それでも森保監督については、Jリーグで監督として対戦した印象としては戦い方が「とても整理されていて、相手をしっかり分析する優れた監督だと思う」と評価する。そして代表監督としても、「すべての試合を見てないが、縦軸と横軸で下からの突き上げが多くなっていると思う。それは兼任しているからで、五輪には安部(バルセロナB)が戻ってくるかもしれない。久保もそう。U-24という世代ができた。これは分けて考えるのではなく、1つのグループとして考えるべき」と兼任監督のプラス面を指摘した。 日本代表とU-23日本代表は新型コロナウイルスの影響で活動再開の時期は不透明だ。そしてそれ以上に深刻なのが、年度によって活動時期の限られる年代別のチームである。夏の甲子園は中止が決まった。サッカーでは早々とインターハイや、大学勢の総理大臣杯が中止になった。 反町技術委員長は「育成年代が将来を左右する。日本もコロナで大きなダメージを受けた。サッカーと向き合えない現実を受け入れないといけない。夏の甲子園と同様に悔しい1年になるかもしれない」と危惧するように、プリンスリーグとプレミアリーグは7~8月の中止が決まった。 それでも9月以降に再開を模索しつつ、「プレミアでは青森山田とサンフレッチェ広島との対戦では移動のリスクがある」として地域ごとでの大会開催を各県協会に打診しているそうだ。さらに危惧されるのはプレミアだけではない。例年なら東京は8月中旬から高校選手権の予選が始まる。それは順次各県でスタートするだろう。場合によっては全国高校サッカー選手権の開催も危ぶまれる可能性がある。 他にも来年2月にはペルーでU-17W杯が開催され、そのアジア予選が9月中旬に予定されている。それまでに学校やクラブで活動を再開できるのか。Jヴィレッジでのキャンプには移動のリスクが伴うが、それが実現可能なのか。さらにはアジア予選を戦うために海外渡航ができるのか。反町技術委員長が「ハードルはかなり高い」と言うのも頷ける。 出口の見えない戦いだけに、不安は募るばかりかもしれない。それでも悲観的になる必要はないだろう。緊急事態宣言は徐々に解除され、感染者も減少傾向にある。Jクラブも徐々にではあるが練習を再開している。1歩ずつではあるが確実に前進しているのは間違いない。 <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】<br />1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。</div> 2020.05.22 18:00 Fri
twitterfacebook