慣れていかないと…J・アルバが再開後の過密日程やソーシャルディスタンスにコメント

2020.05.29 16:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナに所属するスペイン代表DFジョルディ・アルバがラ・リーガ再開後の過密日程に言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受け、他国と同様に中断を決断したラ・リーガだが、スペイン政府のペドロ・サンチェス首相が6月8日の週からの再開にゴーサイン。リーグも6月中の再開に向けた動きを強めており、残る11試合を1カ月強でこなしていくハードスケジュールが予想されている。

しかし、再開後はソーシャル・ディスタンス遵守の観点からハグや握手などの接触行為が禁じられ、選手はこれまでと異なる形でのプレーを強いられる。スペインのテレビ番組『El Hormiguero』に出演したJ・アルバはブンデスリーガを引き合いに出して、話している。

「唾を吐くと、イエローカードを受けてしまう可能性がある。ブンデスリーガを見てもハグがなく、祝うことすらほとんどできていない。ひどいよね。どうやって、コントロールできるかを考えているよ」

また、勝ち残っているチャンピオンズリーグ(CL)の戦いを含めると、8月まで過密日程が予想されるが、「1カ月以内で全試合を終えた後、CLに出場する。僕たちは何をコントロールすべきかをわかっている。とても注意する必要がある」とコメントした。

最後に無観客試合については「僕たちは良くも悪くも、たくさんコミュニケーションを取る。基準を超えてしまうときもあるかもしれないが、慣れなければいけない」と述べている。
コメント
関連ニュース
thumb

14歳のメッシの言葉、バルセロナや自身のプレーを冷静に語った初インタビューが公開

まだ幼さの残る顔からは、あどけなさも感じる少年。バルセロナは、約20年前に行われたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)の初インタビューを公開した。 今からちょうど20年前の2000年9月17日、当時13歳のメッシがバルセロナの入団テストを受けにスペインへやってきた。 20年が経過した今年の夏は、そのクラブからの退団を希望するなど、世界中で大きな話題となったメッシとバルセロナの関係。今シーズンはそのまま残ることが決定した中、バルセロナは、2001年に行われた当時14歳のメッシの初インタビューを公開。バルセロナでの生活や、チームのイメージなどを語り、自身のプレーについても冷静に語っている。 <div id="cws_ad">◆若きメッシがバルセロナで受けた初インタビュー(英語字幕)<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRYUl3YjBJeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 「僕が5歳の時に地元のグランドーリでサッカーを始めたんだ。毎週日曜日に家族が集まって、忘れられない時間を過ごしたよ。7歳の時、兄のおかげもあってニューウェルズに行った。そこでは14歳までプレーしたよ。その後バルサに来たんだ」 「ここでとても幸せだよ。アルゼンチンでの生活とは全然違うんだ。アルゼンチンは僕の母国だし、友達も家族もみんないるけど、ここでの生活とは違うし、バルセロナの生活の方がずっと良いよ」 「ここに来て、インファンティルB(U-13世代)でみんなとプレーした。2試合プレーして、1試合はアウェイでもう1試合はホームだった。早い時間にタックルを受け、ケガしてしまったんだ。プレーができないと分かった時、とても打ちのめされたよ。チームメイトたちとトーナメントを戦うことにとても興奮していたからね。そして僕が戻ってきたとき、残りの試合は少ししかなかった」 「でも、次のシーズンのリズムをつかむためにはトーナメントと親善試合の両方で与えられる機会を最大限に活用する必要があった。僕は攻撃的なMFとしてプレーした。ボールを受けてウイングに配給し、展開するのが好きだ。時には、自分でDFに仕掛けていって、ゴールを狙うかパスをすることもあるよ」 「僕はまだ、フィジカルと高さの面で不足している。ボールや相手にチャレンジしなければいけないシチュエーションで、時々自分が弱いと感じることがあるんだ。いずれ、それは僕にとって今よりも簡単なことになると思っているよ。なぜなら南米の人はヨーロッパの試合に慣れるのに時間がかかるからね」 このインタビューから約20年、バルセロナ一筋のキャリアで、数多くのゴールとタイトルをバルセロナへもたらせたメッシ。今夏の退団騒動を払拭する活躍を見せてくれるのか。今まで以上に注目を集めるシーズンとなるだろう。 2020.09.18 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

スアレスがイタリアのパスポートを取得も…ユーベはジェコ獲得に集中

バルセロナを戦力外とされているウルグアイ代表FWルイス・スアレス(33)がイタリアのパスポートを取得した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 このパスポート取得により噂されていたユベントスへの移籍が再加速するかに思われたが、ユベントスはアンドレア・ピルロ新監督が高く評価するローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(34)の獲得に集中し、スアレスの獲得は見送るとのことだ。 イタリア『スカイ』によればローマはナポリのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク(26)の獲得に近づいており、その交渉が成立し次第、ジェコのユベントス移籍が決まると報じている。 ユベントスへの移籍は破談に終わったものの、スアレスとしてもイタリア国籍取得により、移籍先の選択肢は増えた形にはなっている。 2020.09.18 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

右足でゴラッソを決めたメッシ、“左足だけしか使えない”は本当?全ゴールの内訳を検証してみた結果…

バルセロナは16日、プレシーズンマッチでセグンダ(スペイン2部)に所属するジローナと対戦し、3-1で勝利した。この試合で、チームのエースであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、利き足ではない右足で、ボックス左手前から見事なミドルシュートを決めていた。 メッシと言えば、“黄金の左足”を持つと言われ、変幻自在の高速ドリブルや正確無比なシュートのほとんどを利き足である左足で行うイメージの強い選手だ。この左足はメッシの強力な武器である一方で、逆足が使えないというイメージも強く、それが“弱点”であるとの声もある。 <div id="cws_ad">◆メッシが親善試合で決めた右足のゴラッソ!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJqMUpBVjJPNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 実際にサッカー界のレジェンドである元ブラジル代表FWペレ氏は、過去にメッシと自身を比較されることについて、2018年に行われたブラジル『Folha de S.Paulo』のインタビューの中で、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを引き合いに出しながら、「ある選手はヘディングも上手く、左足でも右足でもシュートを打てる。もう一方は片足しか使えず、スキルもたった一つだけ。ヘディングも上手くない」と辛口の評価を下している。 そこで本当にメッシは左足頼みの選手なのか、これまでの総ゴールの内訳を調べ、検証してみた。 メッシはこれまでのキャリアの中で、バルセロナで公式戦731試合に出場し634ゴールという途方もない数のゴールを決めている。そのうち、利き足である左足で決めたゴールは525ゴール。全体の約82%のゴールを左足で決めていることになる。 一方で、逆足の右足で決めたゴールは86ゴールと、全体の約14%という結果に。イメージ通り、左足でのゴールが圧倒的な割合を占めていた。 ただ、メッシの場合はジローナ戦のゴールだけでなく、2014年11月に行われたチャンピオンズリーグ、グループリーグのアポエル戦では右足だけでハットトリックを決めるなど、右足も高いレベルで使えており、ドリブル時のアクセントなどでも右足を使う。左足と比べて威力・精度ともに落ちるのは間違いないものの、どちらかと言うと左足のレベルが高すぎるというのが結論だろう。 ちなみに、メッシが何かと比較されやすいC・ロナウドのクラブキャリアでのゴールの内訳も調査。 こちらは逆足の左足で決めたゴール数は、104で全体の約16%。割合だけで比べるとメッシとそこまで変わらない結果となったが、頭でのゴール数が101とメッシの22と比べて大きな差が出た。 187cmのC・ロナウドと170cmのメッシの身長差に加え、C・ロナウドは他に類を見ない圧倒的なジャンプ力も併せ持っているため、この結果は当然と言えるが、逆足でのゴール数の割合がそこまで変わらないのはやや意外であった。 ◆メッシ全634ゴールの内訳 左足:525ゴール(82.8%) 右足:86ゴール(13.6%) 頭:22ゴール(3.5%) その他の部位:1ゴール(0.1%) ◆C・ロナウド全638ゴールの内訳 右足:411ゴール(64.4%) 左足:104ゴール(16.3%) 頭:101ゴール(15.8%) その他の部位:1ゴール(0.1%) 不明:21ゴール(3.3%) 2020.09.17 21:15 Thu
twitterfacebook
thumb

囲まれても倒されても問題なし!メッシがナポリ戦で見せた半端ないソロゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆メッシが囲まれながらも決めた半端ないソロゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJYZjFBQmV0TSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> その変幻自在のドリブルを武器にたった1人で試合を変えてしまう力を持つメッシ。相手から徹底的なマークを受け、試合中に複数のDFに囲まれることもしばしばあるメッシだが、2020年8月8日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16ナポリ戦の2ndレグでは、そんなマークをものともしない素晴らしいゴールを決めている。 アウェイでの1stレグを1-1のドローで終え、ホームでの2ndレグを迎えたバルセロナ。早々に先制し1-0でリードして迎えた23分、右サイドでボールを持ったメッシは、相手DF2人にマークされつつも、細かいタッチとターンで間を抜きボックス内に侵入する。 ボックス内のメッシは相手のタックルを受け、一度は倒されてしまうものの、ボールを失わずに起き上がると、そのままドリブルを続ける。さらに集まってくるDFたちに囲まれながらも、シュートコースを見つけると倒れながら何とかシュート。左足から放たれたシュートはGKの届かないゴール左に見事に決まった。 メッシの素晴らしいソロゴールでリードを広げたバルセロナは、3-1で2ndレグに勝利し、準々決勝の進出を決めている。 2020.09.17 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ、違約金巡ってセティエン前監督と対立中

バルセロナと前監督のキケ・セティエン氏による、違約金を巡る問題がなおも続いているようだ。スペイン『COPE』が伝えている。 セティエン氏は今年1月に前任のエルネスト・バルベルデ監督に代わってバルセロナの監督に就任。ラス・パルマスやベティスで展開していたポゼッションサッカーが評価された人事だったが、終わってみれば12年ぶりの無冠という結果となり、チャンピオンズリーグではバイエルンに2-8という圧倒的大敗で屈辱を味わった。 選手からの信頼も失っていたというスペイン人指揮官は、無冠の責任を負わされシーズン終了後に解任。後任にはオランダ代表を率いていたロナルド・クーマン監督が就いた。 だが、バルセロナとセティエン氏の問題は解決しておらず、現在は違約金を巡って交渉中。セティエン側は2022年6月までとなっていた本来の契約分の給与の支払いを要求しているようだ。 また『COPE』によると、両者の和解が確認できないスペインサッカー連盟は、クーマン監督の登録を完全に認可出来ない状況にあるようで、このままではオランダ人指揮官は公式戦でベンチ入り出来ない可能性があるという。 先日に行われたプレシーズンマッチの2試合では快勝を収めたバルセロナ。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの退団騒動然り、それに伴う上層部への支持率低下然り、解決しなければならない問題は山積みとなっている。 2020.09.17 16:03 Thu
twitterfacebook