1993年のエポック②ソロモン諸島取材編/六川亨の日本サッカーの歩み

2020.05.26 14:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今週は先週に引き続き、93年4月から5月にかけて、U-17W杯オセアニア最終予選を取材した際のエピソードをお届けしよう。

オーストラリアのケアンズ経由で無事にソロモン諸島の首都ホニアラに到着したのは午後の3時過ぎ。現地通貨であるソロモンドルは事前に購入することができないため、米ドルの現金とトラベラーズチェック、そして日本円の3種類で取材費を持参した。もちろんクレジットカードも持っていたが、当時は使える所も限られていた。

「まずは空港に着いたら現地の通貨を購入すればいいだろう」と思っていたのだが、飛行機から降りたとたんに嫌な予感がした。タラップを降りて地上に立つと、目に飛び込んできたホニアラ国際空港(当時の名称は第二次世界大戦中に名付けられたヘンダーソン飛行場。その前は日本軍によりルンガ飛行場と呼ばれていた)は、丸太を組んでできている平屋の小屋だったからだ。

それまで国際空港といえば大なり小なり立派な建物で、両替店やショッピングモール、レストランが併設されているものと思っていた。しかし丸太小屋の中にお店は1軒もなく、人もまばら。スーツケースはベルトコンベアではなく人力のリヤカーで運ばれてくる。もちろん出迎えてくれるはずのサッカー協会らしき人の姿はどこにもないし、外には客待ちのタクシーすら1台もない。

このままでは空港に足止めになる。そう思ったところで、同じ飛行機で現地に着いた白人夫婦と現地人が乗り合いタクシーのような1ボックスカーに乗り込むので、同乗させてもらうことにした。車中、同行したカメラマンは「現地通貨がないのに、どうするんですか」と不安げに聞いてくるので、「どこかのホテルに止まるだろうから、そこで降りて両替しよう」と言うと納得してくれた。

この読みは的中し、そこそこ立派なホテルで止まったのでタクシー代を支払うことができた。次は今日の宿泊場所である。まずはいまいるメンダナホテルに泊まれるかどうか交渉しようと支配人のオフィスを訪ねると、意外な事実を知ることになった。

なんと、そこにいたのは日本人だったからだ。そして、このメンダナホテルを建設・運営しているのは長野県に本社がある北野建設で、正式名称はソロモン・キタノ・メンダナホテルという。支配人に事情を話すと、「今日は泊められるが明日は満室なので、紹介するホテルに移って欲しい。そして明後日からなら帰国するまで泊まることが可能です」ということだった。

まさかソロモン諸島に日本企業が進出しているとは夢にも思わなかったが(当時はまだパソコンが普及していなかったので調べようがなかった)、まさに「地獄に仏」とはこのことを言うのだろうと実感した。さらに幸いなことにメンダナホテルは大会のオフィシャルホテルで、オセアニア所属の各協会の役員も宿泊しているという(優勝候補のオーストラリアの選手も)。明日の午前中には大会初日ということで、会議が開催されることも知った。

翌日、オブザーバーとして会議に参加すると、いきなり司会のオーストラリアサッカー協会会長の女性から「W杯のホストカントリーの日本から、記者とカメラマンの方が取材に訪れてくれました」と紹介された。立ち上がって挨拶したまではよかったが、「ではスピーチを」と言われた瞬間に凍り付いた。

予選リーグは日差しの和らぐ午後4時からだった。グラウンドに木で組んだ櫓のような2階が大会本部だ。記者席などないため、櫓の上の屋根が取材場所となった。上がってみるとすでに先客がいた。髪の毛を肩まで伸ばし、真っ黒に日焼けしているので、てっきり現地のメラネシア系住民と思ったところ、「日本の方ですか」と話しかけてきたので、昨日に続き驚きの連続だった。

彼の名前は渡邊カズノリといい、なんとU-17ソロモン諸島の監督だった。北陽高校、大阪商業大サッカー部出身で、卒業後は指導者と英語の習得を目指し、JICA(ジャイカ。国際協力機構)の青年海外協力隊に応募してボランティア活動をしている。当時はソロモン諸島代表のコーチを務めながら、U-17代表の監督も任されたそうだ。

大会は予想通りオーストラリアが圧倒的な強さを見せて日本行きを決めた。地元ソロモン諸島も健闘したものの、ベスト4で力尽きた。それでも健闘したと言っていいだろう。主力選手がたびたび欠けるので三浦監督に聞くと、「いまマラリアで休んでいます」と、まるで風邪でも引いたかのように平然と答えていた。

4月28日に現地に到着し、7泊8日。帰路はオーストラリアのブリスベーンで1泊し、日本に着いたのは5月6日だったが、初めての、そして2度とないソロモン諸島での取材だった。大会期間中には島内を散策したが、女性が浜辺で働いているのに対し、男性は「ウォーク・アラウンド」と言って、朝から晩まで同じ部族の人と歩き周るのが仕事のようだ。そして知人と会うと、座り込んで話すことの繰り返しで日がな1日を過ごす。島内には、第二次世界大戦中の日本軍の戦車や飛行機などの残骸が展示されていたことも忘れがたい。

帰国してJFA(日本サッカー協会)に提出するリポートを作成したら、次は翌週末に開幕するJリーグの準備だ。9日にはUAEでアメリW杯アジア予選を取材していた主任の金子達仁君も帰国した。Jリーグ開幕に向けて万全の体制が整った。そして8月21日からはU-17W杯が開幕した。以下、次週に続く(次週はU- 17W杯本大会と、それに続くアメリカW杯アジア最終予選をレポートします)。

【文・六川亨】
1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。
コメント
関連ニュース
thumb

リモートマッチで感じたサポーターの存在/六川亨の日本サッカーの歩み

Jリーグは27、28日、約4カ月ぶりにJ2リーグが再開し、J3リーグも開幕した。選手・関係者はもちろんのこと、ファン・サポーターがどれほどこの日を待ち望んでいたか。それを計るバロメーターの1つとして各試合会場の入場者数をあげられるが、再開・開幕2試合はリモートマッチ(無観客試合)のため彼らの熱量を計ることはできない。 スタジアムで直接取材することはできなかったが、それでも映像越しに各会場では録音しておいたファン・サポーターの声援を流したり、段ボールの写真をスタンドに置いたりして各クラブは工夫を凝らしていた。得点後には選手が揃ってファン・サポーターに感謝を捧げる場面もあった。こうして少しずつJは日常を取り戻して行くのだろう。 27日の試合後、Jリーグの公平性を保つため「降格なし」などのルール作りに尽力した原副理事長はスポーツ紙に独占告白した。その一部を抜粋しよう。 「リモートマッチは選手の声、ぶつかり合う音まで聞こえる。サッカーができる喜びが伝わってきた。先月、93年5月15日のJリーグ開幕戦の映像を見た。決してうまくはないけど当時の選手から感じたのは、自分たちが成功させるという使命感。今日の選手たちも同じ気持ちを持ったと思う」 同感である。と同時に93年との違いも感じた。 Jリーグの開幕当初の93~94年のJリーグは、選手はもちろんファン・サポーターを含め、スタジアム全体が異様な雰囲気に包まれていた。簡単に例えるなら「昨日までアマチュアだった選手が、一夜明けたら高給取りのプロ」になっていた。 しかし一夜で技術が向上するわけがない。このため選手は、週2試合(さらに延長戦もあった)のハードスケジュールにもかかわらず、90分間手(足)を抜かず、全力で走り、ぶつかり合った。 今と比べれば多くの選手が技術的に未熟だったため、トラップが大きくなることもあった。するとミスした選手とボールを奪おうとする選手が、ルーズボールめがけて激しく交錯する。そこで選手生命に関わる大けがが多かったのも開幕したばかりのJリーグだったと記憶している。それでも選手のひたむきなプレーにファン・サポーターは感動し、熱狂した。 もしかしたら、JSL(日本サッカーリーグ)の時代にはなかった彼らの熱量に満ちた声援が、選手から極限までのプレーを引き出していたのかもしれない。 それに比べると、27、28日に再開・開幕した全試合を見たわけではないが、J2はもちろんJ3の選手もイージーなトラップミスはほとんど見られなかった。Jリーグの誕生により日本のサッカーは格段の進歩を遂げたが、一番スキルアップしたのはトラップの技術ではないだろうか。シュートに関しては、磐田戦で2ゴールを決めた京都のFWピーター・ウタカのように、外国人選手の方がまだ一枚上手かもしれないが……。 J2、J3に続き7月4日にはJ1リーグも再開される。そこでは、より熱いバトルが繰り広げられることだろう。試合はもちろんのこと、ゴール後に選手がファン・サポーターに向けどんなメッセージを発するのかも、Jリーグの新たな楽しみの1つになるかもしれない。コロナ禍による「災い」を「福」に転じる効果とも言える。 リモートマッチではあるが、リモートマッチだからこそ気づけた、ファン・サポーターと選手との深い絆でもあった。 <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】<br />1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。</div> 2020.06.30 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

無観客試合で聞こえる選手の声/六川亨の日本サッカーの歩み

3月19日に始まったJリーグのwebブリーフィングは、6月23日の臨時理事会のブリーフィングで33回目を迎えた。週に換算すると15週になるので、単純計算で毎週2回はNPBとJリーグの対策連絡会議(計10回)か、Jリーグの理事会と臨時理事会、実行委員会と臨時実行委員会が開催されたことになる。 Jリーグの再開・開幕に向け、多くの関係者が寸暇を惜しんで議論を重ね、最善の道を模索した33回の会議でもあった。そしてその努力は実り、いよいよ今週末からJ2リーグとJ3リーグが再開・開幕する。 22日には10時30分から対策連絡会議のブリーフィングが、16時からはJリーグの臨時実行委員会のブリーフィングが、そして17時30分からは急きょJFA(日本サッカー協会)理事会ブリーフィングと1日3回、トータル124分のリモート会議が行われた。 そして23日には17時30分から前日の臨時実行委員会を受け、臨時理事会が開催され、新型コロナウイルスの影響で変更された決議事項が承認された。 それぞれのブリーフィングで興味深かったことを上げると、対策連絡会議では三鴨ドクターが「(プロ野球もJリーグも)試合の中止については行政との関連が一番大きい。スポーツ庁と自治体、知事ら行政の決定に従っていく。知事に逆らって(専門家が)やることはない」と、試合開催の可否は知事の権限であることを改めて明言した。 Jクラブは56もあり、その規模は全国的だ。そして未だ感染者がゼロの岩手県もあれば、東京では連日のように感染者が報告されるなど、地域によってバラツキがある。村井チェアマンも「(56クラブの)難しさは全国一律ではなく地域、地域で一様ではないので、再開の難易度も高かった」と振り返る。このため各都道府県知事が最終判断を下すのは、当然と言えば当然と言えるだろう。 そして観客を入れての試合開催に関しても、館田ドクターは「患者数を見つつ、我々の情報分析でやるべきでないと判断したら、やめないといけない。7月10日はあくまで予定」と慎重な態度を崩さなかった。 Jリーグは再開・開幕へ大きく前進したものの、常に感染拡大のリスクはつきまとうので、「喉元過ぎれば」の例えではないけれど、あえて警鐘を鳴らしたのだろう。 続く臨時理事会で結論が出なかったのは、観客を入れた試合の際にアルコールの販売をどうするかということと、「投げ銭」に関してだった。アルコール(ビール)は利益率が一番大きい飲食でもある。クラブによっては1試合3千万円ほどの収益になる。スタンドを歩きながら販売する、いわゆる「売り子」は時期尚早として退けられたが、売店での販売に関しては「許容範囲」とという意見もあり、23日の臨時理事会後、専門家の意見を聞くことになった。 「投げ銭」については、何に対して支払うのか明確にしないと資金決済上でグレーになり、マネーローンダリングの疑いを持たれるかもしれないので、想定されるリスクをJリーグが提示し、クラブに判断してもらうことになった。こちらは法律の解釈の問題として、クラブのマーケティング担当と継続審議中だ。 興味深かったのは、19日に開幕したプロ野球で、無観客試合のためネット裏の放送席の解説者の声がバッターに筒抜けだったということで、Jリーグではどんな弊害があるかという質問だった。村井チェアマンの答は「監督の指示は聞こえるが、むしろ観客、ファン・サポーターには選手がどんな指示をしているか聞こえる、貴重な場ではないでしょうか」というものだった。 Jリーグはもちろん、日本代表でも試合が始まればゴール裏のサポーターの声援で選手の声はまるで聞こえない。しかしJリーグ開幕以前、1980年代のJSL(日本サッカーリーグ)では、メインスタンドにある記者席からバックスタンドの観客数をカウントできるくらいガラガラだった。「閑古鳥が鳴いている」という表現がぴったりのスタジアムだった。 サッカー専用の西が丘サッカー場(現・味の素フィールド西が丘)ではさらにピッチが近いため、選手の声は筒抜けだった。とはいえ、それが特別な指示だったかというと答はノーだ。考えてみて欲しい。サッカーは試合中に局面がすぐに変わるスポーツでもある。このため指示の声も複雑なものではなく、単純かつ簡潔だった。 例をあげるなら「行け」、「待て(ディレイ)」、「フリー」、「背負った」、「勝負」といった具合に一瞬で状況を現す言葉だった。後はシュートミスした時などに、選手が自分自身に向けて悔しさを現す言葉くらいだろう。 とはいえ、それらを聞けるのも数試合に限られているだけに、無観客試合を観戦できるファン・サポーターにとっては村井チェアマンが言う通り貴重な場であるといえる。 JFAの女子W杯に関するブリーフィングと、23日の臨時理事会後のブリーフィングについては、今週木曜のコラムで紹介することにしよう。 <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】<br />1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2020.06.24 21:45 Wed
twitterfacebook
thumb

Jリーグ再開の日程が決定/六川亨の日本サッカーの歩み

6月15日の月曜はJ1〜J3リーグの全日程が発表され、夕方には日本トップリーグ連携機構が「無観客試合」の新名称を公募した結果「リモートマッチ」に決定したことを発表した。そして16日はJリーグの第9回臨時実行委員会が午前10時から開催され、午後からは村井チェアマンらがwebでの会見に臨んだ。 まず日程だが、J1〜J3とも7月中はそれぞれ東西のグループに分かれて近隣との対戦で大幅な移動を制限した(とはいえJ1リーグの東は札幌と湘南が同じグループ)。全国的な移動が解禁になるのは8月に入ってからで、新型コロナウイルスの感染が拡大しなければJ1は第4節の7月11日から観客を入れの試合となる。 日程を改めて見ると、7月4日の再開後は12月29日の第34節まで毎週末に試合が開催され、さらに7〜9月と11月は1週間に2試合が組まれている超ハードスケジュールだ。これまでJ1勢はリーグ戦とルヴァン杯、ACLなどでターンオーバー制を採用したチームもあるが、選手層の厚いチームはリーグ戦でターンオーバー制を採用するかもしれない。 そしてルヴァン杯は大会方式を変更し、グループステージで1回戦総当たりのリーグ戦後、ACL出場の4チームを加えた8チームで決勝トーナメントを行う。グループステージの残り2試合は8月5日と12日に、準々決勝は9月2日、準決勝は10月7日、そして決勝は11月7日に行うことが決定した。 8月から11月にかけてのJ1で、水曜日の“予備日"は7日しかない。台風などで延期した試合のための予備日ではあるが、ここにACLが飛び込んで来る可能性もある。しかしこの日数では現行方式でACLの残り試合を消化するのは不可能に近い。例え大会方式を変更したとしても、ACLに出場している横浜FM、FC東京、神戸の3チームはルヴァン杯を並行して戦う可能性も出てくる。 中国と韓国には新型コロナウイルスの第2波が訪れる可能性があり、さらに中東は感染が拡大している最中だ。いまだリーグ戦を再開できていない国もあるだけに、AFC(アジアサッカー連盟)は今シーズンのACLを、例えテレビマネーが入らないとしても中止する勇気を持つべきである。 リモートマッチ(略称リモマ)に関しては多くを説明する必要はないだろう。9000以上の応募中、「リモートマッチ」は100件近くあったそうだ。その他で最終候補に残ったのは「ステイホームマッチ」、「キズナマッチ」、ラグビーW杯から「ワンハートマッチ」などだ。この名称はJリーグだけでなく、トップリーグ機構に加盟する他の団体球技12リーグでも統一して使う予定でいる。 そして16日の臨時実行委員会では次の3点が話し合われたが、最終決定は来週23日の理事会の承認を得てからとなる。その3点とは(1)試合開催の可否判断をどうするか。(2)コロナ対策用の拠出金を捻出するために賞金のあり方の見直し。(3)PCR検査の手順について、である。 まず簡単な方から説明すると、(2)は優勝賞金や個人賞の賞金総額8億円の50%、4億円を拠出金の原資にすることで合意した。それに伴い各チームに分配される強化理念分配金は秋まで議論すると持ち越しにした。合わせて2021年シーズン後の昇降格も意見交換しながら秋までに決めることになった。 (3)のPCR検査は2週間に1回、金曜日に実施し、翌週の月曜には結果が判明するため、陽性反応の場合は水曜の試合から適用される。ただし「確定ではないのでドクターと相談して、保健所の指示に従う」(藤村特命担当部長)と含みを持たせている。 検査は綿棒2本を口に2分間含んで唾液を採取。選手とスタッフを含め1クラブ60人が検査対象で、トータル1回で3000人以上が検査を受けることになる。現在はコロナ検査センターならびに検査ラボと交渉中で、Jリーグは情報管理の役割を担うことになる。 最後に(1)の試合開催の可否判断だ。現状では37・5度以上発熱した選手はエントリー不可で、GKも含めて14名以上、ピッチ上に7名以上なら試合は成立する予定だ(事前の体温チェックとPCR検査をクリアする必要あり)。 もしも試合2日前に14名をエントリーできない場合はJリーグと協議の結果、開催の可能性を探るものの、最終的には「チェアマン判断」となる。同じようにレフェリーは3名で試合開催可能となるが、3名以下の場合も試合開催の可否は「チェアマン判断」になるし、不測の事態による試合の延期・中止にしても最終的に「チェアマン判断」で決定する。 一見するとチェアマンの権限が増大したように見えるかもしれないが、いずれも極めて重要な判断となるだけに、1個人に集約した方がいい。「船頭多くして船山に上る」ではないが、即断即決が求められるため「チェアマン判断」以外に解決策はないだろう。 思えば2月、村井チェアマンの英断によりJリーグの延期は決まった。今シーズンの舵取り役として、これほどの適任者はいない。複雑な胸中だろうが、いまは無事にリーグ戦が再開・開幕することを楽しみにしているに違いない。 <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】<br />1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2020.06.16 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

1993年のエポック④ドーハの悲劇/六川亨の日本サッカーの歩み

1993年の日本サッカーを振り返るコラムも今回が最終回だ。前年のアジアカップで初優勝、そしてJリーグの開幕により、悲願のワールドカップ初出場に期待がかかった。しかしオフト・ジャパンには不安もあった。左SB(サイドバック)の都並敏史(V川崎)がJリーグの試合で左足首を亀裂骨折してしまったからだ。 9月15日から始まったスペイン合宿でオフト監督は、初戦のレアル・ベティス戦で江尻篤彦(ジェフユナイテッド市原)をスタメン起用したものの、途中で勝矢寿延(横浜M)と交代させ試合も2-3で敗れた。続く第2戦のカディス戦と第3戦のヘレス戦は勝矢がスタメンでフル出場したが、1-2、1-2で敗れ、都並の代役探しはいよいよ深刻を極めた。 そこでオフト監督は都並をドーハに帯同させつつ、本来はMFの三浦泰年(清水エスパルス)を都並の代役に起用した。これまでメンバーを固定して戦ってきた弊害が、肝心なところで弱点として露呈することになった。 ところで話は最終予選前に遡る。当時の日本代表のユニホームはアディダス社、プーマ社、アシックス社の3社による持ち回り制だった。日本代表がアディダスなら、U-23日本代表はプーマ、そしてU-20日本代表はアシックスという形で、1年ごとに交代していく。現在のようにアディダスが日本代表のオフィシャルサプライヤーになったのは、1999年にナイジェリアで開催されたワールドユース(U-20W杯)以降のこと。実に21年もオフィシャルサプライヤーを務めてきた。 そしてドーハでの日本代表を担当したのはプーマだった。ところがプーマは、キャプテンの柱谷哲二(V川崎)にキャプテンマークを渡すことを忘れていた。このため、JFA(日本サッカー協会)には内緒で、大会を最後まで取材する金子達仁君にキャプテンマークを託し、無事に試合ができたというエピソードがある。 大会に話を戻すと日本は初戦でサウジアラビアと0-0のドロー発進。しか第2戦のイラン戦は1-2で落としてしまう。ただ、1点を返した交代出場の中山雅史(ヤマハ発動機)の、左ゴールラインぎりぎりから放ったシュートが決まったのは今でも奇跡としか思えない。 後のなくなったオフト・ジャパンだったが、ここから三浦知良(V川崎)が真骨頂を発揮する。北朝鮮戦では2ゴールを決めて3-0の勝利に貢献する(もう1点は中山)。続く韓国戦でも三浦知が決勝点を奪い1-0の勝利を収めた。 あとは最終戦、イラク戦に勝てば日本のアメリカW杯出場が決定する。この試合でも三浦知と中山のゴールで2-1とリードして迎えたロスタイム、オムラム・サムランのヘッドが決まって2-2のドローに持ち込まれてしまった。俗に言う「ドーハの悲劇」である。 後に都並氏は、ケガをしたのが敗退の原因だと自分自身を責めた。キャプテンの柱谷氏は、「相手の圧力が強いので、ラモス(瑠偉)にボランチまで下がって守備をしてくれと伝えた。しかし前線に残ってボールをキープしてもらった方が良かった」と悔やんだ。たぶん正解は誰にも分からないだろう。 帰国した選手には「よくやった」と賞賛するメディアもあれば、「オフトの限界」を厳しく指摘するメディアもあった。それでも凄いと思ったのは、敗戦に打ちひしがれているはずの選手が、再開されたJリーグでそれまでと変わらないプレーを見せたことだ。メンタルの強さを改めて感じた「ドーハの悲劇」だった。 <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】<br />1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2020.06.08 22:20 Mon
twitterfacebook
thumb

1993年のエポック③U-17W杯日本大会/六川亨の日本サッカーの歩み

1993年、ソロモン諸島ガダルカナル島でのU-17W杯オセアニア最終予選を取材したことは先週のコラムで紹介した。当時、現地で出会ったソロモン諸島の監督は青年海外協力隊で現地に赴任していた日本人の渡邊和典(わたなべ かずのり)さんだった。 彼とは現地で別れて以来音信不通だったが、ふとしたことで同業者が彼と知り合いになり、携帯の番号だけは聞いていた。しかし電話をかけることも、メールを送ることもしないまま27年が過ぎた。帰国した93年はJリーグがスタートするなど慌ただしい日々を過ごしたこともあるが、それは言い訳に過ぎない。 彼の消息を知った時は、時が経っていたため僕のことを覚えてくれているか臆病になっていたのが正直なところだ。 それが、先週初めにコラムで彼を紹介したところ、木曜日の28日にメッセンジャーで連絡が来た。「1993年のエポック読みました!なんだかとても懐かしくなり、連絡した次第です。お元気ですか?」という文面だった。 すぐに電話して、27年ぶりに近況を聞いた。「こんな再会もあるのだな」と、改めてネット社会の影響力を実感した。僕の書いた原稿を、どこで誰が読んでいるのか、そしてつながっているのか、楽しくもあり、身の引き締まる思いでもある。 さて本題に戻ろう。93年、日本で初めて開催されたU-17W杯は8月21日から9月4日にかけて日本各地で開催された。最終予選を取材したオーストラリアは選手とも親しくなったので会いたかったが、試合は関西が多かったため一度も取材に行けなかったのが残念だった。 そして日本代表である。監督は国見高校の名将である小嶺忠敏さん。そしてコーチは東京ヴェルディの小見幸隆さんという異色の組み合わせだった。というのも当時のメンバーは松田直樹(前橋育英高)、中田英寿(韮崎高)、船越優蔵(国見高)ら高校生と、宮本恒靖(G大阪ユース)、財前宣之(読売クラブ。中田ら誰もが認めた天才だった)らクラブ育ちの選手の混成チームだったため、監督は「教育的な配慮」から高校の監督、そしてコーチにはクラブ出身という指導体制になった。 日本はグループAで1勝1分け1敗で2位となり決勝トーナメントに進出する。1勝もできずグループAで最下位に終わったのはイタリアだったが、この時のチームにはジャンルイジ・ブッフォン、フランチェスコ・ココ、フランチェスコ・トッティらがいた。 残念ながら日本は準々決勝で優勝したナイジェリアに1-2で敗れてしまう。準優勝はグループリーグで日本と同じA組のガーナで、後にバイエルン・ミュンヘンなどで活躍したサミュエル・クフォーがチームを牽引した。そして優勝したナイジェリアにはヌワンコ・カヌ、セレステン・ババヤロら3年後のアトランタ五輪で金メダルを獲得するメンバーが揃っていた。 大会後、カヌらナイジェリアの選手は、誕生したばかりのJリーグの“あるチーム”に売り込みをかけたが、当時はアフリカのティーンエイジャーよりも、ヨーロッパで実績を残したベテラン選手の方が重宝されたため、移籍は実現しなかった。たぶん格安で獲得できたはずだが、当時のJリーグの異常な盛り上がり方を考えれば仕方がなかったかもしれない。 3年後のアトランタ五輪で、28年ぶりに出場した日本は初戦でブラジルを倒し「マイアミの奇跡」を演出する。しかし1勝1分け1敗ながら得失点差でグループリーグ3位になり敗退を余儀なくされた。グループリーグで日本から勝利を奪ったナイジェリアが金メダル、日本に敗れたブラジルが銅メダルを獲得した。 2大会とも、グループリーグの対戦相手が違っていれば、結果も変わっていたのではないかと当時は思ったものだ。それもW杯に出たことのない僻みだったかもしれない。そして、メディアもファンもこの大会のことはすぐに忘れたと記憶している。なぜなら1週間後には、オフト・ジャパンが初のW杯出場に向けてスペイン合宿をスタートしたからだった。(以下、次週のアメリカW杯アジア最終予選に続く) <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】<br />1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2020.06.02 17:00 Tue
twitterfacebook