リバプールvsアトレティコは新型コロナ感染拡大の引き金に? 試合後に地元病院で死者増加

2020.05.24 22:20 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
試合開催の判断が、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に影響があったという経過が報告されたようだ。イギリス『サンデー・タイムズ』が伝えた。

問題となっているのは、3月11日にアンフィールドで行われたリバプールvsアトレティコ・マドリーのチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の2ndレグだ。

この試合には、アトレティコのファン3000人がスペインからイングランドへとやってきており、マージーサイドでの感染拡大につながった可能性が指摘されている。

インペリアル・カレッジ・ロンドンとオックスフォード大学のデータによると、スペインでは当時64万人の感染者があり、イギリスでは10万人に近づいていた。

この試合後、マージーサイドではCOVID-19の入院患者と死者の数は、NHS(国民保健サービス)の評価によると、試合後の5週間で地元病院での死亡率が大幅に増加したとみられている。

同日にフランスで行われたパリ・サンジェルマンvsドルトムントの試合は、無観客で行われていたが、リバプールvsアトレティコを通常通り開催したことが非難されていた。

この件に関しては、リバプールの市議会も独自で調査を行うことをすでに発表しており、イギリス政府関係者も「興味深い仮説」であると発言していた。
コメント
関連ニュース
thumb

リバプール、生え抜きの逸材MFカーティス・ジョーンズと新契約締結! 給与面の改善が目的

リバプールは4日、U-19イングランド代表MFカーティス・ジョーンズ(19)と新たな長期契約を締結したことを発表した。 U-9チームからリバプールのアカデミーに在籍する生え抜きのジョーンズは、2019年1月に行われたFAカップのウォルバーハンプトン戦でトップチームデビュー。 以降はキャプテンを務めるU-23チームを主戦場としながらも、ユルゲン・クロップ監督の信頼を集めており、今シーズンはここまでトップチームでも公式戦8試合に出場。FAカップでは3回戦でエバートン相手のダービーで決勝点を挙げると、再試合となった4回戦のシュールズベリー戦では若手主体のスカッドでゲームキャプテンを担っていた。 イングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドに続きトップチームの主力定着が期待される逸材セントラルMFは、愛するクラブとの新契約に喜びを露わにしている。 「誰もが知っているように僕にとって今回の新契約は本当に大きなことだよ。子供の頃から在籍しているクラブであり、家族のように思っているクラブだからね」 「偉大な監督の下、世界最高レベルのチームで働けることは、今回の決断は簡単なことだったし、心から誇りに思っているよ」 「僕にとってここは本当に完璧な環境なんだ。周りには毎日のように手助けしてくれるヘンド(ヘンダーソン)、ミリー(ミルナー)、ララナ、ファビーニョといった偉大な先輩たちがいるんだ。トレーニングの中で彼らのプレーを間近で観察できることは僕にとって本当に大きなことなんだ」 「だけど、彼らと共にトップチームでプレーしていくためには、彼らの良いところを学び取り、それを完璧に自分のモノとしていくことが重要だと思っているよ」 一方、クロップ監督も進境著しい生え抜きの逸材との長期契約に満足感を示している。 「本当に満足している。彼は完璧に相応しい仕事をしてきているからね」 「今回の契約に関しては昨年に結んだ以前の契約とはやや趣が異なるものだ。以前の契約はクラブとプレーヤーの長期的な信頼関係を約束するためのものだった」 「だが、今回の契約は主にサラリー面に関するものだ。カーティスがプレーヤーとして成長し続ける場合、我々はその事実を認識していることを確認(昇給)することを約束していた。それが今回の契約の理由であり、これが我々のやり方だ」 「彼のクオリティに疑問の余地はないし、テクニックや能力面において非常に高いレベルにある。カーティスにとって重要なのは今後も改善を続けることだ。それができれば、彼が試合でやりたいと思うすべてのことを成し遂げることが可能となるはずだ」 「個人的にも我々のチームで多くの“スカウサー(リバプール出身者)”がプレーするのをサポーターが楽しんでくれることは嬉しいよ」 2020.07.05 14:02 Sun
twitterfacebook
thumb

サラーの地元支援が続く! 救急ステーション建設費用を寄付

リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが、エジプトの故郷ナグリグ村に新たな救急ステーションを建設するための一部費用を寄付した。イギリス『サン』が伝えている。 新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な流行によって中近東の地域でも医療体制がひっ迫している。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad">◆サラーがチームメイトと卓球で対決!<br/><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ3ZUlCblJzcCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> そういった状況の中、サラーはおよそ3万人の地域住民に医療支援を提供する新たな救急ステーションの建設にあたり、建設費用の一部となる3万ポンド(約400万円)を寄付したという。 そして、先日に行われた完成式典には同選手の父親であるサラー・ガリー氏が代理で参加していた。 以前から熱心に慈善活動に取り組んでいるサラーは、ナグリグ村の女子校、スポーツ施設、医療機器などの建設費用を寄付。また、下水処理場建設のための土地を購入してきた。 また、コロナ禍においてはナグリグ村とその近隣の村に数千トンの食料を提供していた。 フットボーラーとしての輝かしい功績に加え、こういった熱心な慈善活動が、エジプト国内で英雄と称されるゆえんだ。 2020.07.04 15:50 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルンCEO、チアゴの新たな挑戦願望を認める! 一方でリバプールの接触なしも主張

バイエルンの最高経営責任者(CEO)を務めるカール=ハインツ・ルンメニゲ氏がスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(29)の移籍願望を認めた。 チアゴは2013年にジョゼップ・グアルディオラ氏(現マンチェスター・シティ監督)から誘われる形でバルセロナから加入。公式戦通算230試合に出場して31得点37アシストの数字を誇り、7度のブンデスリーガ制覇や3度のDFBポカール優勝など、数々のチームタイトルに寄与している。 2021年に失効するバイエルンとの契約を巡り、延長間近といわれる時期もあったが、最近の報道で一転して新たなチャレンジを望み、リバプール行きの可能性が浮上しているチアゴ。ルンメニゲ氏がドイツ『ビルト』に対して、移籍の可能性を認めた。 「彼はピッチ内外で律儀な男だ。真剣に彼と交渉して、彼の希望を満たそうとした。しかし、彼はキャリアの終わりに向けて、何か新たなチャレンジがしたいと思っているみたいだ」 一方で、「リバプールとは一切接触していない。間違いなくだ。彼がそれを望んでいるようであれば、我々はそれに対処しなければいけないがね」とコメント。現時点におけるリバプールとの交渉を否定したが、選手本人の意思を尊重する姿勢も示した。 また、「来季、選手をタダで手放したくない。それははっきりと言い切れる」とも語り、フリー移籍を避けたい意向も口にしている。 2020.07.04 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

元リバプールのバロシュが38歳で現役引退…ユーロ2004では得点王を獲得

バニーク・オストラヴァは3日、元チェコ代表FWミラン・バロシュ(38)が現役生活に終止符を打ったことを発表した。 世代別のチェコ代表にも選ばれ、将来を嘱望されたバロシュは母国のバニーク・オストラヴァでプロキャリアをスタート。2002年から2005年かけてはリバプールでプレーし、2005年にはチャンピオンズリーグ優勝を経験した。 その後、アストン・ビラやリヨン、ガラタサライ、アンタルヤスポルなどを渡り歩き、2014年からは母国のクラブを転々。2017年からは古巣バニーク・オストラヴァに4度目の復帰を果たすと、今シーズンは公式戦18試合に出場し3ゴールを記録していた。 キャリア通算ではプレミアリーグ122試合に出場して28ゴール7アシスト、リーグ・アン24試合に出場して7ゴール3アシスト、スュペル・リグ101試合に出場して50ゴール17アシスト、フォルトゥナ・リーガ(チェコ1部)138試合に出場して45ゴール8アシストをを記録した。 また、2001年にデビューを飾ったチェコ代表では通算93試合に出場し41ゴールを記録。2004年のユーロでは5試合の出場で5ゴールをマークし、ゴールデンブーツ(得点王)を獲得した。 2020.07.04 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

拍手なんて完全拒否!ベルナルド・シウバのガード・オブ・オーナー中の様子が話題に

マンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバのリバプール戦前の様子が話題になっている。 6月25日のプレミアリーグ第31節でチェルシーと対戦したマンチェスター・シティが敗れたことで、30年ぶりのリバプール優勝を達成していたリバプール。2日のリバプールとシティの直接対決では、優勝が決まったリバプールの選手たちに対して、ピッチ入場の際にシティの選手たちが花道を作り、拍手で出迎える「ガード・オブ・オーナー」が行われる予定だった。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆ガード・オブ・オナーでリバプールを讃える<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1p5af2hfv03t11vrzurzwq9s8h" async></script></div> これについては、スポーツマンシップに則った敬意に溢れる行為であるとする見方が多い中、優勝した側であるリバプールのユルゲン・クロップ監督が「必要性を感じない」とコメント。強制されるべきでないとの懐疑的な見方もあるなど、意見の分かれるトピックとなっていた。 そんな中、リバプール戦の前には予定通りシティの選手による「ガード・オブ・オーナー」が行われたが、その際のベルナルド・シウバの様子が話題になっている。 この日ベンチスタートだったベルナルド・シウバは、「ガード・オブ・オーナー」には参加はしているものの、他の選手とは違い、拍手をする素振りを全く見せずにリバプールの選手たちを静観。さらに、途中で手に持っていたドリンクを飲むと、リバプールの選手たちが入場しきる前にシティベンチへ向けて歩き出す姿がカメラにとらえられていた。 ベルナルド・シウバが拍手を拒否した理由は定かではなく、もちろん強制されて行うことではないが、少し悪目立ちしてしまっている感が否めない結果となってしまった。なお、ベルナルド・シウバはこの試合で79分から途中出場を果たしている。 2020.07.03 22:10 Fri
twitterfacebook