カンテが感染リスク恐れチェルシーのトレーニングを欠席

2020.05.21 12:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテが、トレーニングを欠席したようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

6月中のリーグ再開を目指して動き始めているプレミアリーグ。20日には、トレーニング施設を利用した少人数でのグループ練習が再開。多くのプレミアリーグクラブにとって、この日がリーグ中断後初のトレーニング再開となった。

しかし、今でもイギリス国内では1日あたり100人ほどの死者を出している新型コロナウイルス(COVID-19)の感染リスクを考えて、トレーニングを欠席している選手も数多くおり、チェルシーのカンテもそういった選手の1人だったようだ。

チェルシーは一足早く19日にトレーニング施設での練習を再開しており、この練習にカンテは出席していたものの、20日の練習には欠席することを伝えた模様。フランク・ランパード監督も選手の判断を尊重しているようだ。

イギリス国家統計局のデータは、新型コロナウイルス感染者のうち、黒人男性と女性の死亡率が白人感染者の倍近くになっていることを示しており、このデータが今回のカンテの判断に影響しているのではないかとみられている。

チームとしては、世界最高峰のDMFとして高い評価を受けているカンテの力を必要としていることに疑いの余地はないが、クラブとして選手の判断については尊重するスタンスをとるようだ。

なお、カンテは自宅でのトレーニングを継続して行うとみられている。
コメント