“イブラ2世”にまたしてもバルセロナが関心…しかし本人は興味なし?

2020.05.17 12:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・ソシエダのスウェーデン代表FWアレクサンダー・イサク(20)が、バルセロナからの関心について言及した。スペイン『アス』が報じた。

スウェーデンのAIKでキャリアをスタートさせたイサクは、同郷のスターであるズラタン・イブラヒモビッチになぞらえて“イブラヒモビッチ2世”と称されていた。

2017年1月にドルトムントに移籍するも羽ばたけず、2019年1月ヴィレムⅡへレンタル移籍。すると公式戦18試合で14ゴール7アシストと爆発。2019年7月にソシエダが完全移籍で獲得していた。

今シーズンはラ・リーガで27試合に出場し7ゴール1アシストを記録。チームの攻撃の一翼を担っているが、予てから何度も興味を示していたバルセロナが、またしても興味を持っているようだ。

バルセロナは、今夏の移籍市場でインテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスの獲得に動いているものの、簡単な取引ではない。そのため、失敗した場合のプランとして、イサクを狙っているようだ。

イサク本人はオランダ『Studio Blagul』でバルセロナからの関心んついてコメント。名誉としながらも、ソシエダに集中していることを明かした。

「僕はそれについてあまり知らないし、実際には何もない」

「もちろん、バルセロナのようなクラブが僕のパフォーマンスを見てくれるのは名誉なことだと思う」

「僕はとても楽しんでいる。良いシーズンだし、チームも調子が良い。今シーズン何が起こるかを見てみよう」

「ヨーロッパの大会でプレーする権利を得る可能性がまだまだあり、それに集中してやっている。僕の本当の仕事だよ」

ソシエダは、現在勝ち点46で4位に位置。熾烈なチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いの真っ只中にいるが、イサクはその状況を勝ち抜いて来シーズンのCL出場を望んでいる。
コメント