イグアインがトリノに到着! ユベントスの全選手がイタリアに帰還

2020.05.16 01:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが、トリノに帰還したようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。

伝えられるところによれば、イグアインは15日の午後にトリノに到着。2週間の自己隔離を行う前にJ Medicalでメディカルチェックを実施するとのことだ。

癌を患っている母親を見舞うため、3月アルゼンチンに帰国したイグアイン。4日にロックダウン(都市封鎖)の措置も段階的に緩和され、イタリアの各クラブが練習を再開していたが、イグアイン引き続き母親の看病を行いたい意向があり、イタリアへの帰還を延期。

しかし、6月13日からセリエAが再開する可能性が高まったため、イタリアに戻ることを決めたようだ。なお、イグアインは5月18日から再開となるチームトレーニングには間に合わないものの、6月にはチームトレーニングに合流できる見込みだ。

また、イグアインの帰還によりユベントスに所属するトップチームの全選手がイタリアに戻ってきたことになる。
コメント
関連ニュース
thumb

モンペリエ、ユーベからFWマヴィディディを獲得! 今季レンタル先のディジョンで8ゴール

モンペリエは2日、ユベントスからイングランド人FWステフィー・マヴィディディ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「19」に決定したが、契約期間に関する詳細は明かされていない。 なお、ユベントスの発表によると、移籍金は630万ユーロ(約7億6000万円)となった。 アーセナルのアカデミー出身のマヴィディディは、2017年のFIFA U-17ワールドカップにU-17イングランド代表として出場経験もある身体能力とテクニックに優れた183cmのセンターフォワード。アーセナルでのトップチームデビューは叶わず、幾つかのレンタル先で武者修行を積んだ中、2018年にユベントスへ完全移籍。 セリエCに所属するユベントスU-23で主力として活躍すると、昨年4月に行われたセリエAのSPAL戦では待望のトップチームデビューも飾っていた。 今シーズン、1年間のレンタル移籍で加入したディジョンでは公式戦28試合に出場し8ゴール2アシストの数字を残していた。 2020.07.02 21:07 Thu
twitterfacebook
thumb

セリエA首位を走るユーベ、ベンタンクールが手応え! 「監督の要求どおりのことがやれた」

ユベントス所属のウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクールが試合を振り返っている。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ユベントスは30日に行われたセリエA第29節でジェノアと対戦し、FWパウロ・ディバラ、FWクリスティアーノ・ロナウドの3試合連続となるアベックゴールもあり、3-1と快勝。2位ラツィオとの勝ち点差4を維持したまま首位をキープしている。 この試合にフルタイム出場して勝利に貢献後、イタリア『スカイ』のインタビューに応じたベンタンクール。まだ改善すべき点があると認識しつつ、マウリツィオ・サッリ監督のもとでうまくチームがまとまっていると感じているようだ。 「僕らは素晴らしいゲームをした。ここで自分たちの歩みを振り返ってみよう。かなりうまくいっているけど、まだ改善すべき点がある。チームのパフォーマンスにはとても満足だけどね」 「今日の僕らは監督の要求どおりのことをやった。今季は試合を重ねるごとに調子が上がっている。それはチームの努力であって、誰か1人の賜物というわけじゃない。僕らはとても良くやっていると思うよ」 ベンタンクールは今季のここまでリーグ戦22試合に出場して7アシストの活躍を披露。攻守においてチームに貢献している。 2020.07.01 18:40 Wed
twitterfacebook
thumb

快勝を喜ぶユーベ指揮官、3試合連続アベック弾のC・ロナウド&ディバラは「相互に利益をもたらしている」

ユベントスのマウリツィオ・サッリ監督が、ジェノア戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 セリエAで首位に立つユベントスは、6月30日に第29節でジェノアと対戦。前半こそゴールレスで終えていたが、後半にFWパウロ・ディバラ、FWクリスティアーノ・ロナウドの3試合連続ゴールやMFドグラス・コスタのゴールで3-1と快勝した。 <div id="cws_ad">◆好調維持するディバラ、ボローニャ戦の技ありゴール<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJtdXRnUlVRMyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> サッリ監督は試合を振り返り、「チームは上手く戦った。ボールも早く動いていた。大部分で、ゴールを与えずに最後まで戦い、良いチームパフォーマンスで3つの美しいゴールが決まった」とコメント。「コッパ・イタリアでの失望の後、我々はよく立ち直ったが、それはコンディションの問題だけだった」と語り、コンディションが上がったことで結果を残せるようになったと語った。 また、バルセロナへの移籍が決定したボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチはこの試合も先発出場したが、「ピャニッチ?彼はとても元気で、チームと上手く連携し、心配はない」とコメント。また、同じく先発したMFアドリアン・ラビオについては「この時期に成長しているラビオのパフォーマンスを評価する」とし、パフォーマンスの向上を称賛した。 また、3試合連続で共にゴールを記録したC・ロナウドとディバラについても言及。C・ロナウドの交代は事前から予定されていたものとし、両者のコンビネーションについても手応えを明かした。 「前半のクリスティアーノはまだゴールを決めていなかったが、とても危険な存在で、調子が良かった。最も多くプレーした選手であり、彼を入れ替えることにしたが、試合の前にそのことについては話し合っていた」 「彼とディバラは以前よりもずっとお互いを探しあい、相互に利益をもたらしている。トレーニングでそれを見ていて、テストはゴールを決めることだけと感じていた」 2020.07.01 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントスとシティの間で若手のトレード成立! ポルトガルとスペインの未来が移籍

ユベントスは6月30日、マンチェスター・シティのU-19ポルトガル代表FWフェリックス・コレイア(19)の獲得を発表した。また、シティはU-18スペイン代表FWパブロ・モレノ(18)をユベントスから獲得したことを発表している。 ユベントスの発表によると、コレイアは完全移籍で加入。5年契約を結んだとのことだ。なお、シティに対し、2020-21シーズン中に1050万ユーロ(約12億7000万円)を支払うことも発表している。 <div id="cws_ad">◆ユベントスユースで輝きを放つパブロ・モレノ<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJKM1d3RXN0QiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 一方で、シティはモレノを完全移籍で獲得し4年契約を締結。移籍金は1000万ユーロ(約12億1000万円)とのことだ。 コレイアは昨夏スポルティング・リスボンからシティに加入。左右のウイングを主戦場とする右利きのアタッカーで、ポルトガルの世代別代表で常にプレーしてきた逸材はスピードを生かした縦への突破に加え、トリッキーな足技を生かして密集地帯をすり抜けるその仕掛け、右足のパワフルなシュートを特長としている。 今シーズンはAZに1年間の武者修行に出てU-23チームの一員として、エールステディビジ(オランダ2部)で23試合3ゴール5アシストの数字を残していた。 ユベントスのプリマヴェーラを主戦場とするモレノは、2018年夏にバルセロナの下部組織から加入したストライカー。バルセロナのカンテラ在籍6年間で公式戦200ゴール以上を奪った逸材は、繊細なボールタッチを生かした打開力に加え、優れた両足のキック、抜群の得点感覚を最大の特長とする。 今シーズンのプリマヴェーラでは公式戦21試合に出場し5ゴール2アシストの数字を残していた。 2020.07.01 12:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ディバラとC・ロナウドが3戦連続アベック弾!ユーベがラツィオとの4ポイント差を維持《セリエA》

ユベントスは6月30日、セリエA第29節でジェノアとのアウェイ戦に臨み、3-1で快勝した。 前節レッチェ戦をC・ロナウドとディバラの2試合連続アベック弾で快勝した首位ユベントス(勝ち点69)は、2位ラツィオとの4ポイント差を維持した中、レッチェ戦のスタメンからマテュイディに代えてダニーロのみを変更し、バルセロナ移籍の決まったピャニッチが先発となった。 残留争いに巻き込まれている17位ジェノア(勝ち点26)に対し、ユベントスは12分にベルナルデスキ、13分にC・ロナウドと立て続けにミドルシュートでGKを強襲していく。 ユベントスが徐々に圧力をかけると、35分にはラビオがヘディングシュートでオンターゲットを記録。しかし、43分のC・ロナウドのシュートも元ユベントスGKペリンにセーブされ、前半はゴールレスで終了した。 それでも迎えた後半、開始5分にユベントスが均衡を破る。決めたのは3試合連続ゴールとなるディバラ。鋭いドリブルでボックス右に侵入し、狙いすましたシュートでゴール左へ蹴り込んだ。 そして56分にはファインゴールが生まれる。中央でボールを受けたC・ロナウドが右足を一閃。強烈な弾丸シュートがゴール右に突き刺さった。 ディバラとC・ロナウドの3戦連続アベック弾でリードを広げたユベントスは、73分に3点目。途中出場のドグラス・コスタがボックス手前右からゴール左へ完璧なコントロールシュートを流し込んだ。 ドグラス・コスタの今季初ゴールも生まれたユベントスは76分にピナモンティのゴールを許すも、3-1で快勝。ディバラとC・ロナウドの3戦連続アベック弾で勝利したユベントスが2位ラツィオとの4ポイント差を維持している。 2020.07.01 06:40 Wed
twitterfacebook