JFAの支援事業の概要が決定、地域に差し伸べられた救いの手/六川亨の日本サッカー見聞録

2020.05.08 22:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
JFA(日本サッカー協会)の田嶋幸三会長は5月7日、17時過ぎよりWeb会見を実施し、14時よりJFA公式サイト上に、新型コロナウイルス対策として電話での相談窓口と、資金難に陥っているクラブ・チームを対象にした財政支援のためのwebによる申請フォームを開設したと発表した。すでに4月24日のweb会見で、田嶋会長はJFAの支援事業の概要を発表していたが、今回はより具体的な内容となっている。正式名称は「新型コロナウイルス JFAサッカーファミリー支援事業(仮称)」といい、仮称となっているのは14日の理事会で予算を承認される必要があるからだ。

14日の理事会の承認を待たずに開設した理由を田嶋会長は「各地から悲鳴が聞こえている。14日の予算が承認後はすぐに融資したい」と説明した。こちらも14日の理事会での承認待ちではあるが、選手はもちろんコーチやレフェリーらのJFAへの年間登録料の免除、そして納付金(有料試合の入場料収入の3%をJFAが徴収)の免除も発表通り実施する予定だ。


そして支援の対象は男女のサッカー、フットサル、ビーチサッカーも含み、法人格の有無や協会登録の有無を問わない。その一方でJ1~J3、JFL、なでしこリーグ、Fリーグは対象外とした。その理由は「各連盟が各チームを支援するイメージでいる。まずは小さなクラブから支援する」(田嶋会長)からだ。

そして融資の条件としては次の【1】から【4】の全てを満たすこととしている。それは【1】「2019年のチーム活動の実績があること」。【2】「クラブの規模として次のA、B、C、Dのどれかに該当すること」。

A)有給コーチ(専任)が少なくとも1名以上いるクラブ(チーム)
B)アルバイトコーチ5名以上いるクラブ(チーム)
C)クラブ(チーム)で自己占有しているホームグラウンドを有するクラブ(チーム)
D)毎月の固定的なキャッシュアウトが100万円を超えるクラブ(チーム)。

【3】の条件は、「4月(もしくは5月)の月次の収入が対前年度同月比で半分以上減少していること」。【4】が「クラブ(チーム)は指導者の雇用などのクラブ環境の維持に最大限務めること」となっている。

融資額は上記に応じて、例えばA)なら人数×30万円など、申請者が法人格を有する場合はクラブハウスの維持費も含め総額500万円、法人格のない任意団体は総額200万円を無利子、無担保で最長10年借りることができる(初回返済は2023年まで延長可能)。

田嶋会長は200~300件ほどの融資申請を想定し、さらに感染者の多い13都道府県など47都道府県と全国9地域からの申請も視野に入れ、「地域の特性によってサポートしなければならないだろう」とした。

今回の決定で「さすがだな」と思ったことが2点ある。Jクラブよりも街クラブの救済を優先したのは、ほとんどの選手がまず街クラブでサッカー人生をスタートさせ、その後スキルに応じてJクラブに移るから、優先的に救いの手を差し伸べるのは当然と言える。

その上で、「法人格の有無と(協会への)登録の有無は問わない」としたことと、「ホームグラウンドを有するクラブ(チーム)」も救済することだ。

前者に関して言えば、例えば東京23区のチーム(少年団から社会人まで)は、全国大会の予選に参加するためにはJFAに選手登録をしなければならない。しかし日常の活動が区リーグ止まりの場合は区に選手登録こそするものの、JFAに登録することは稀だ(昔からの懸案事項でもある)。恐らく23区ではそうしたチームの方が多いのではないだろうか。だからこそJFAも、そうしたチームを救済するために「登録の有無は問わない」としたのだろう。

そして「ホームグラウンドを有するクラブ」である。都心でホームグラウンドを持っているクラブ(チーム)はほとんどないだろう。にも関わらず救済の条件に加えたのは、「フットサルコート」を想定したのではないだろうか。

都心には区営、私営を含めて数多くのフットサルコートがある。多くは時間帯によって小学生を対象にしたスクールも併設している。当然、有給もしくはアルバイトのコーチもいる。しかし現状は休業状態だろう。彼らも「サッカーファミリー」の一員だからこそ、救いの手を差し伸べたのではないだろうか。

短期間ながら、非常によく考えられた支援事業の概要でもある。

【文・六川亨】
1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。
関連ニュース
thumb

パルチザンと横山ジャパン/六川亨の日本サッカーの歩み

日本代表の俊足FW浅野拓磨が5月2日、自身のブログでパルチザン・ベオグラード(セルビアリーグ1部)との契約を解除したことを発表した。その理由として、たび重なる給料の未払いと、それに対する不誠実な対応を挙げた。 浅野は16年に広島からアーセナルへ完全移籍し、16-18年はシュツットガルト、18-19年はハノーファーに期限付き移籍。そして19年8月にパルチザンに完全移籍した。 今シーズンはここまで33試合に出場して18ゴールと、ヨーロッパ1部リーグで日本人最多となる得点を決めていて、記録更新が期待されていただけに残念でもある。それでも今シーズンの活躍で注目度が上がったのは確かだろう。このため契約解除がスムーズに進めば5大リーグへの移籍も可能かもしれない。 そのパルチザンだが、旧ユーゴではレッドスター・ベオグラードと並ぶ名門チームである。国内のタイトルではユーゴスラビアリーグ優勝11回、ユーゴスラビア/セルビア・モンテネグロリーグ優勝8回、セルビアリーグ優勝8回を誇っている(リーグ名の変遷からも複雑な国家であることが分かる)。 そんなパルチザンが91年7月に来日して、大宮サッカー場(現NACK5スタジアム大宮)では1-1、三ツ沢球技場(現ニッパツ三ツ沢)では1-0で日本を下している。 当時のパンフレットによると、オーディオ・ビジュアル機器メーカーのアイワ(aiwa)がパルチザンの胸スポンサーだったことから「日本 ユーゴスラビア親善サッカー」として開催されたことが紹介されている。 前年に開催されたイタリアW杯で、ユーゴは準々決勝でマラドーナ率いるアルゼンチンにPK戦で負けたものの、“ピクシー(妖精)”ストイコビッチが注目を集めただけに、タイミングとしてはマッチしていたのかもしれない(残念ながらストイコビッチはレッドスター所属)。 イタリアW杯でユーゴを率い、パルチザンでも監督として来日したのがイビチャ・オシム氏だったことを知ったのは、彼が日本代表の監督に就任してからだった。それよりも驚いたのは、ユーゴ大使館で開催されたパーティーだった。 ホールでの駐日ユーゴスラビア大使の挨拶が終わると、選手は急いで別室に用意されていたバイキング形式の食堂に駆け込み、タバコを吸いながらビールやワインを飲んでいる。紫煙で食堂がかすむほど、選手は一斉にタバコを吸っていた。 「プロなのに(厳密に言うと社会主義連邦共和国である旧ユーゴにプロは存在しないが、似たようなものだと思っていた)昼間からアルコールを飲んでタバコを吸っていいのか」と訝しんだものだ。 当時の記録によると、大宮での観衆は9500人、三ツ沢が1万人となっているが、正式にカウントしたのではなく、目分量で「だいたい、こんなところだろう」と記録係が決めた可能性が高い。それだけ注目度も低かったということだ。 当時の日本代表は横山ジャパンの時代で、日本国籍を取得したラモス瑠偉とブラジルから帰国した三浦知良が加わり、さらに大学生だった森山泰行(順天堂大)、礒貝洋光(東海大)らを抜擢するなど若返りを図っていた。 しかしこの2試合後、7月27日に長崎県諫早市で開催された日韓定期戦で0-1と敗退。その後のバルセロナ五輪アジア最終予選でもU-23日本代表は6チーム中5位に終わり、横山監督は更迭された。 93年に始まるJリーグを控え、続々と選手がプロ契約を結んでいくなかで、監督だけがアマチュアのボランティアでは限界があると、当時の川淵三郎技術委員長は考えていたのも当然である。 そして翌年の3月にハンス・オフト監督と契約するまで、9カ月近くも日本代表の活動は一切ないという異常事態(92年5月のキリンカップがオフト監督の初陣)だったが、当時はそれを誰もおかしいとは思わなかったこと自体、異常だったと言える。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.05.03 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

カズがルヴァン杯で最年長出場記録を更新/六川亨の日本サッカー見聞録

ルヴァンカップのグループステージ8試合が28日に行われ、横浜FCの三浦知良(カズ)が54歳2カ月2日の最年長出場記録を更新した。 とはいっても、それほど大きな話題にならなかったのは、横浜FCが2-0とリードした後半45分からの出場だったからだろう。カズ自身の衰えぬ現役へのこだわりと、そのための厳しい修練には頭の下がる思いだが、それでも“引退のタイミング”を逃してしまった印象を拭えないのは私だけだろうか。 カズが横浜FCに加入したのは2005年のことだった。東京プリンスホテルで開催された入団会見で、「サントスでプロデビューし、イタリアのジェノアや神戸でプレーし、不思議と港町のクラブに縁があります」と話したことをいまでも覚えている。 この05年はカズにとってもクラブにとってもターニングポイントだった。学校や病院の給食、企業の社内食堂を展開するLEOCが筆頭株主になり、カズだけでなく山口素弘、望月重良ら元日本代表を補強。監督には元JAPANサッカーカレッジの足達勇輔を招聘した。 ところが翌06年3月4日のJ2リーグ開幕戦で愛媛に0-1で敗れると、足達監督はわずか1試合で解任される。これはいまでも最短記録である。そして後任にはコーチだった高木琢也が就任した。 高木監督は第2節から第18節まで15戦無敗(9勝6分け)などの記録で勝点を積み上げ、念願のJ2リーグ優勝とJ1昇格を勝ち取った。初めてのJ1リーグ開幕戦はアウェーの浦和戦。埼玉スタジアムでの試合は、この年から加入した“ドラゴン”こと久保竜彦の超ロングシュートで一時は1-1の同点に追いついたが、浦和の永井雄一郎に決勝点を決められた。 そして高木監督は8月の横浜ダービーで1-8と大敗後に解任され、チームも最下位に終わりJ2へと降格した。 その後、チームの指揮官はジュリオ・レアル、都並敏史、樋口靖洋、岸野晴之、山口素弘、ミロシュ・ルス、中田仁司、タヴァレス、下平隆宏と9人が務め、今シーズン途中で成績不振から下平監督は解任され、ユースチーム監督の早川知伸が指揮を執ることになった。 この間、カズは一選手として黙々とトレーニングに励み、出場に向けて準備をするだけだった。10年前は両親や叔父さんなどが試合観戦によく訪れたものの、近年はその回数もだいぶ減った。 LEOCのグループ会社の代表取締役社長である小野寺氏はカズの大ファンのため、「何歳になってもカズに引退を勧めることはない」とか、「カズを試合に起用しない監督は解任される」といった憶測も流布されているが、それはカズに失礼な話だろう。 いつ訪れるかわからない出場機会に備えてトレーニングを積むことほど、精神的に苦しいことはないと思うからだ。それでもカズが引退を決意するとしたら、それはゴールを決めた時ではないだろうか。ストライカーの矜持として、J1リーグでのゴールでサッカー人生を締めくくる。ダンスを踊るかどうかは別にして、その瞬間に立ち会いたいと思うのは私だけではないだろう。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.04.29 19:25 Thu
twitterfacebook
thumb

ESL構想はあっけなく崩壊/六川亨の日本サッカー見聞録

「大山鳴動して鼠一匹」ではないが、欧州スーパーリーグ(ESL)構想はたったの1~2日で崩壊したようだ。 イングランド・プレミアリーグのアーセナル、チェルシー、リバプール、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナムの6クラブ、スペインのレアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリーの3クラブ、そしてセリエAのユベントス、インテル、ミランの3クラブが参加して創設される予定だったESL。しかし創設の発表直後からUEFA(欧州サッカー連盟)とFIFA(国際サッカー連盟)はもちろんのこと、各国FA(協会や連盟)と各クラブの監督や選手、著名なOB選手、ファン・サポーター、さらにイングランドでは政界も巻き込んでの大ブーイングが起こった。 その結果、イングランドの6クラブは早々にESLからの離脱を表明。そしてインテルとミラン、アトレティコも6クラブに続き撤退を表明している。 このESL構想、過去にも何度か創設が噂に上ったものの、いずれも消滅してきた歴史がある。例えは古いが詐欺の口実に使われる「M資金(第二次世界大戦後、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)が占領下の日本で接収した財産などを基に、現在も極秘に運用されていると噂される秘密資金)」のようなものだ。 古くは1998年頃からESLの構想はあった。「強豪同士の試合を増やせばスタジアムは満杯になる」というビッグクラブのオーナーの発想で、それは今も変らない。そこでUEFAは各国のカップ戦の勝者が戦うカップ・ウィナーズ・カップを廃止して、CL(チャンピオンズ・リーグ)の出場チームを24から32に増やし、イングランドやイタリア、スペイン、ドイツといった実績のある国には出場権を4クラブに増やした。 次に創設が噂されたのは2010年のこと。今回と同様にレアルのフロレンティーノ・ペレス会長が創設を訴えた。彼曰く、「The best always play the best」(強豪は、いつも強豪と戦う)と、CLから脱退して欧州4大リーグの上位チームによる欧州スーパーリーグ構想をぶち上げた。 しかしこの時も具体的な参加チームなどが発表されるわけではなく(クラブからの参加の意思表示はなく)、ペレス会長のかけ声倒れに終わった。 そんなESL構想が、今回は12クラブが参加を表明したのは、ひとえにコロナ禍の影響に他ならないだろう。Jリーグは制限があるとはいえ有観客で試合を開催しているが、ヨーロッパの主要リーグはいまなお無観客だ。このため入場料収入はもちろんのこと、飲食やレプリカユニホームなどの物販からの収入もない。 にもかかわらず、選手とスタッフには賃金を払い、試合運営のための経費もかかる。昨年10月、バルセロナは約250億円の減収により、最終的に約120億円の赤字になったとAFP(フランス通信社)が報じていた。おそらく他のビッグクラブも似たような財政事情だろうし、現状では放映権料の引き上げ交渉も難しいだろう。 そのためのESL構想だったが、今回はファン・サポーターが「NO」の意思表示をしたことで、クラブも考えを改めざるをえなかったのではないだろうか。なぜなら彼を抜きにクラブの存続はありえないからだ。これはこれで、サッカー界にとって健全なリアクションではないだろうか。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.04.23 20:35 Fri
twitterfacebook
thumb

Jリーグジャッジリプレイで原副チェアマンはレッドに理解を示す/六川亨の日本サッカー見聞録

今週の「Jリーグジャッジリプレイ#6」で最初に取り上げられたプレーが、4月7日に開催されたJ1リーグ第8節のFC東京対札幌戦の後半10分のプレーだった。スコアは0-0。しかしFC東京は前半29分にFW小柏の独走を体当たりで阻止したCB渡辺剛が1発レッドで退場となっていた。 FC東京はCB岡崎がカバーに入れたかもしれないが、渡辺剛のアプローチはボールではなく明らかに体をぶつけに行っただけに、VARを採用するまでもなく主審は退場処分とした。 当の渡辺剛は15日のズーム会見で、「失点につながるプレーだったので、自分としては食い止めたい、ピンチになるのを止めたかったので体をぶつけに行った」と先週のプレーを冷静に振り返りつつ、「もったいないことをしたが、恥じてはいません。結果として(札幌に)勝てたが、次の試合(川崎F)が出場停止でチームに迷惑をかけてしまった」と揺れ動く心境を素直に話した。 問題のプレーは後半10分、自陣バイタルエリア付近でルーズボールを拾ったディエゴ・オリベイラがドリブル突破を試み、札幌のペナルティエリアに迫ろうとしたところでCBキム・ミンテに倒された。 主審は最初、キム・ミンテにイエローカードを出したが、VARが採用され、オンフィールドレビューの結果、レッドカードに変更。守備の要を失った札幌は、このFKからディエゴ・オリベイラに先制点を許した。 このイエローからレッドに変わったカードについて、「Jリーグジャッジリプレイ」でJリーグウォッチャーの平畠啓史氏は、VARの介入条件である「明白な」シーンだったかどうかに疑問を呈しつつ、「僕の印象ではイエローでいいのかなという気がする」と主審の最初の判断を支持した。 面白かったのはJリーグ副チェアマンの原博実氏の見解だった。 原氏は「難しいけど、この試合のシチュエーション(前半にFC東京の渡辺剛が退場していた)で言うと、やはりドグソ(決定的な得点機会の阻止)になってしまうんだろうなという気がした」とコメント。これは、選手・監督経験者ならではの発想である。 VARを始めとする様々なテクノロジーが導入される以前は、主審のジャッジが最終判断だった。そこで、Aというチームに退場者が出たら、試合の公平性を保つために主審は数的優位にあるBチームから退場者を出すケースが往々にしてあった。 これはルールブックに明記されているわけではないし、試合後の主審もコメントを出すことはない。いわば万国共通の「暗黙のルール」のようなものだった。 だから数的優位にあるBチームの選手は、経験や肌感覚から主審が退場者を出すのではないかと察し、「余計なファウルはするな!」とお互いに声がけして気をつけ合ったものである。それは記者席から見ていても「それをやったらダメでしょ。イエロー2枚で退場だよ」というシーンを何度か目撃した。 だからこそ原氏も「この試合のシチュエーションで言うと、やはり」と、自身の経験からレッドになっても仕方がないと思ったのではないだろうか。 最終的な結論としては、深野悦子審判インストラクターの、メインスタンドからのカメラではイエローカードと思ったものの、ゴール裏に近いカメラからの映像を見てレッドカードと思ったということに落ち着いた。 深野インストラクターいわく「ポイントとなるのがペナルティエリアの角です。割と幅に近いところ、いわゆる45度ぐらいでした。そうすると、シュートに持っていけると思える。最初の印象では、もうちょっとタッチラインに寄っているので、角度がないのではないかと思ったんですけど、十分にいい角度だった。そういう意味では違う映像を見てドグソに変わりました」と、VARの介入と主審の判断を妥当だったと認めた。 このシーンについては、主審もオンフィールドレビューを3分近く繰り返し見ていた。それだけジャッジが難しいプレーだったということだろう。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> <span class="paragraph-title">【動画】2選手が退場となったFC東京vs札幌ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=bptf6kfoayk21f13nas15x2bb" async></script> 2021.04.15 22:01 Thu
twitterfacebook
thumb

試合前に知ったルーケの訃報/六川亨の日本サッカー見聞録

昨日26日に行われた国際親善試合、U-24日本代表対Uー24アルゼンチン代表戦のことである。アルゼンチンの選手がタテ1列になって入場してくると、全員が「セレステ・イ・ブランコ」のユニホームを着ているのは当然だが(GKも)、全員が「背番号10」のユニホームを着ていた。 その意味は誰でもすぐにわかっただろう。昨年11月25日に60歳で亡くなったアルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナを追悼する行為である。 国歌の演奏と集合写真の撮影後、キックオフ前に選手たちはセンターサークルに並んだ。しかし、何のアナウンスもない。不審に思っているところ、ちょっと遅れてアナウンスと電光掲示板に3人の映像が映し出された。 中央はもちろん見慣れたマラドーナだ。そして左には年配の人物、右隣には口ひげを生やしたユニホーム姿の選手。まだ若い頃の姿で、確かに見たことがある。そしてアナウンスにより2人の名前を聞き、往時を思い出した。 年配の人物はアレハンドロ・サベーラ(66歳)で、14年ブラジルW杯ではアルゼンチン代表の監督としてチームを決勝まで導いた。決勝ではドイツに0-1で敗れたものの、MVPに輝いたリオネル・メッシがW杯で最も優勝に近づいた大会であり、マラドーナを擁した90年イタリアW杯以来24年ぶりの決勝進出というのも何かの縁かもしれない。昨年の12月に他界したことを知った。 そしてもう1人の選手は、オールドファンには懐かしい選手である。78年に地元アルゼンチンで開催されたW杯で、母国を初優勝に導いたストライカーのレオポルド・ルーケである。 アルゼンチン大会は、オランドとの決勝戦で延長に入りゴールを決め、通算6ゴールで得点王に輝いたマリオ・ケンペスがあまりに有名だ。バレンシア時代の79年には日本を訪れ、東京ドームになる前の後楽園球場で試合をしたことがある。 余談になるが、前座試合では日本リーグ選抜とFCアムステルダムが対戦。日本リーグ選抜はジョージ与那城とラモス・ソブリーニョ(日本国籍を取得する前)の読売クラブやカルバリオ(フジタ)らブラジル勢に加え、御大・釜本邦茂が参加。ブラジルらしい細かいパス交換から最後は釜本が豪快なボレーシュートを突き刺すなど、日本代表より強いチームであることは間違いなかった。 そのケンペスに次いで有名なのは清水などで監督を務めたオズワルド・アルディレスになるだろう。残念ながらルーケはヨーロッパに渡ることはなく、来日すらしたことはないので、アルゼンチンW杯での活躍しか日本人は知らない。 それでも母国のW杯では4ゴールを奪い、初優勝に貢献した。ケンペスとの長身(だったと記憶している)コンビに加え、ロン毛に口ひげでピチピチのサッカーパンツを履いていた姿はいまでも鮮明に思い出せる。 先月15日、新型コロナウイルス感染症による合併症で71歳の生涯に幕を閉じた。アルゼンチンのメディアは、試合よりも黙祷の1分間を取り上げていたようだが、改めて安らかな眠りを祈らずにはいられない。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.03.27 21:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly