台湾プロ野球の観客動員解禁は再開を目指すサッカー界の指標となるか?

2020.05.07 22:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止に一定の目途がついた国々では、スポーツイベントの再開に向け、各方面で動き出しているようだ。

サッカー界においても、ヨーロッパの5大リーグではフランスのリーグ・アンがリーグ戦の途中終了を発表した一方、ドイツのブンデスリーガはアンゲラ・メルケル首相及びドイツ政府からの承認を得て、5月16日からの再開が決定。無観客で実施される。

新型コロナウイルスの感染状況は各国によって様々。また、国内でも地域差があり、一概に指針を決めることは難しい。

ヨーロッパではドイツがいち早く決断を下したが、イタリア、イギリス、スペインなどは慎重な姿勢。ドイツと接しているオランダ、フランスはリーグ戦が途中で終了したことを見ても、判断は様々だ。

日本もプロ野球、そしてJリーグと国内の2大プロスポーツは開催に向けて踏み出せていない状況。ドイツの決断は1つの指針となりそうだが、距離も環境も異なり、大きく参考にはできないだろう。しかし、アジアでも1つ指針を打ち出せている国がある。それが、日本にも近い台湾だ。

4月12日にレギュラーシーズンの開幕を迎えた台湾のプロ野球リーグ(CPBL)は、開幕からおよそ1カ月にわたって、無観客試合でのリーグ戦を実施している。

“かわいすぎる台湾チアガール”としても知られるチュンチュンさんでも話題になり、今シーズンからはヴィッセル神戸や東北楽天ゴールデンイーグルスを所有する「楽天」が楽天モンキーズとして参入するなどし、台湾プロ野球の開幕は、日本のテレビでも報じられていた。

台湾では、新型コロナウイルス感染確認者が438人と比較的少数に抑えられている。また、4月中旬以降、感染者なしの日が続いていることなどを受け、いよいよ5月8日からは観客を入れて試合を行うことが発表された。

ただし、観客動員にあたっては、1試合の最大動員1000人とするという条件付き。さらに観戦者には氏名の申告と、入場時の検温、消毒、マスク着用義務を設けるとのこと。観戦時にもその対策は徹底されており、ソーシャル・ディスタンス確保のために席の間隔を大きく開けて座ること、スタンドへ飛んだファウルボールを捕ることや、ボールを追いかけたりすることを禁止するなど、衛生上のルールを細かく設けての再開となる。

一方、ブンデスリーガ再開の許可が下りたドイツは、3月中旬からいち早く事実上のロックダウン(都市封鎖)を開始。それでも世界保健機関(WHO)のレポートによると5月5日時点での感染者数は16万3680人、死者6381人に上るなど、深刻な被害を受けていた。

先週末には、ドイツサッカーリーグ機構(DFL)主導の下で各クラブは本格的な練習再開に向けて、2度の新型コロナウイルスの検査を実施。1部と2部に所属する全36クラブを対象とした1回目の検査ではケルンの3名など、合計10人に陽性反応が確認されていた。

現在でも1日100人以上の感染者が出るなど、日本と同じ、それ以上の状況であるものの、ピーク時の4月上旬と比べて感染確認者増加数は5分の1、死者増加数も半減するなど、封じ込めに向けて一定の目途が立って下り、DFLが提出したリーグ再開に向けた安全プロトコルが認められたことでリーグ再開の流れとなった。

多くのスポーツイベントやサッカーのリーグ再開の目途が立っていない中での観客動員解禁と、他国より一歩、二歩先を進んでいる台湾プロ野球。ドイツのブンデスリーガを筆頭に再開を目指す国々でも依然として予断を許さない状態が続くが、多くの制限を付けての再開となった台湾プロ野球のようにルールを明確に設置することは、再開に向けた一つの指標となるだろう。
コメント
関連ニュース
thumb

プレミアリーグでも「Black Lives Matter」人種差別撤廃への動きが拡大

アメリカのミネアポリスで黒人男性のジョージ・フロイドさんが白人警察官の暴行により死亡した事件を受け、人種差別撤廃を支援する動きが広がっている。 フロイドさんは5月25日、白人警官に取調べを受ける中、警官によりヒザで首を9分近く圧迫され、そのまま帰らぬ人となった。 この痛ましい事件は、アメリカを中心に人種差別的な事件として抗議活動に発展。「Black Lives Matter」運動のデモが起こっている。 この件を受け、サッカー界はもちろんのこと、多くのアスリートやチームなどが人種差別撤廃団体を支援するための寄付や声明を発表している。 NBAのスーパースターで、現在はシャーロット・ホーネッツのオーナーを務めているマイケル・ジョーダン氏は5日、ナイキが展開する「ジョーダン・ブランド」との共同声明を発表し、人種差別撤廃に取り組む団体を支援するため、今後10年間にわたって計1億ドル(約110億円)を寄付することを発表した。 同日には、NFLのニューイングランド・ペイトリオッツのオーナーであるロバート・クラフト氏も地元の活動団体に100万ドル(約1億1000万円)を寄付すると発表。さらに、NFL全体でも10年にわたって2億5,000万ドル(約266億9,000万円)を寄付することを11日にしている。 また、アメリカサッカー連盟(USSF)も国歌演奏時の起立強制を廃止した。元々、この規約は2016年に白人警察官による黒人射殺事件が起こった際にスポーツ界に広がった、国歌演奏中の起立を拒否してヒザをつき、抗議の意思を示す行為に対抗して連盟が設けたものであった。 さらに、その波は海を越え、17日に再開を予定しているプレミアリーグでも、リーグ再開後の最初の試合では、ユニホームの背中に選手名ではなく、「#BlackLivesMatter」というメッセージを入れるという。 人種差別撤廃への動きは個人からチーム、そしてリーグへと拡大。新型コロナウイルスという見えざる敵に一丸となって世界中が立ち向かう中で起きた明確に見える敵との戦いは、さらに発展する可能性があるだろう。 《超ワールドサッカー編集部》 2020.06.12 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

コロナ禍でのメディア取材は一体どうなる? 選手以上に感染防止策が必要か

16日に約2カ月ぶりに再開したブンデスリーガに続き、その他の4大リーグも6月以降のリーグ再開に向け歩みを進めている。 もちろん、まだまだ予断を許せる状況ではなく、一部の選手からはリーグ再開に反対する声や健康面で不安の声が上がっている。そうした中、メディアの側からすると、再開後の取材がどうなるのかという点も気になるところだ。 ドイツサッカーリーグ機構(DFL)は、ブンデスリーガ再開にあたり、膨大な安全プロトコルを策定していた。取材についても多くの規定があり、メディアの数は1試合につき総計10人に絞られた。さらに、選ばれた記者は試合前にPCR検査を受けることが義務付けられている。 16日のフランクフルトvsボルシアMGの一戦では、ドイツ国内の2大通信社、全国紙の2紙、『キッカー』、『ビルト』に加え、ホーム・アウェーの地元紙が各2紙と10人全てがドイツメディアとなった。日本人選手の試合でも、日本メディアは入れない徹底ぶりだ。 スタジアムはスタジアム内部、スタンド、そしてスタジアム外敷地の3つのゾーンに分けられ、メディアはスタンドエリアに配置されたため、選手の個別対応や取材等は行う事ができなかった。 仮にマスクを着用し、ソーシャル・ディスタンスを保ったとしても、以前のように、クラブ施設内やメディアルームなどでの取材を行うのはかなり先になりそうだ。 Jリーグも、各クラブが選手取材を行っているものの、その全てがWEB会議システムを使ってのものだ。まだ、画面越しに選手の表情は見られるためましだが、直接選手と顔を合わせて話すことができないとなれば、熱量や細かな心情を汲み取ることはまずできない。 また、18日からトレーニングを再開したラ・リーガも、メディアは一切入れず。ラ・リーガ側がトレーニング時の動画や写真をサーバーにあげて、それを各メディアが使うという形式を採用している。リーグ再開が実現した場合でも、現時点で取材形式がどうなるかは発表されていないが、ブンデスリーガ同様に、中断前とは大きく変更されることは間違いなく、感染防止策が徹底されることだろう。 その他、7月上旬の開幕を目指すアメリカのメジャーリーグ・ベースボール(MLB)では、本土が広いだけにもともと飛行機移動が基本となっている。各チームの番記者たちはチームの遠征に同行し、取材を行っていたが、少しでも接触者を減らすことが考えられる中、そういった取材もオンラインに移行する可能性が指摘されている。 まずは、日常を取り戻す第一歩として、ブンデスリーガ再開を喜びたいところだが、我々メディアが影響を受けるのはこの先。どのような形で情報を伝えていけるのか、試行錯誤は続きそうだ。 <div id="cws_ad">《超ワールドサッカー編集部》</div> 2020.05.21 21:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ブンデスリーガが先陣を切って再開…各国でスポーツ活動の制限が緩和の流れ

16日にドイツのブンデスリーガが他国の先陣を切って再開された。 世界的に流行する新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で3月途中からヨーロッパのフットボール界ではほぼすべてのリーグが中断さていた。それでも、ロックダウン(都市封鎖)を含めた各国政府の措置が功を奏し、徐々に感染拡大が収まっていったことで、現在では段階的に制限が解除されている。 16日に再開されたブンデスリーガに加え、デンマーク・スーペルリーガが28日、ポルトガル・プリメイラリーガは6月4日、トルコのスュペル・リグが6月12日、ロシア・プレミアリーグが6月21日にそれぞれ再開することが決定しており、ヨーロッパを中心にリーグ再開の動きが目立っている。 この流れはサッカー界に限った話ではなく、ツアーが7月まで中止されることが決まっているテニス界でも各国でローカル大会が開催されている。 3日にはドイツ、8〜9日にはアメリカでエキシビション大会が行われ、オーストリアやチェコでも同様の大会が計画されている。また、18日にはアメリカのカリフォルニア州、テキサス州、ニューヨーク州の知事が、無観客を条件にスポーツの試合開催に向けてゴーサインを出した。 ニューヨーク州の新型コロナウイルス感染者数は全米で最多だが、15日から部分的に経済活動を再開しており、制限緩和の方向で進んでいる。 日本でも、14日には47都道府県のうち39県で新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が解除。さらに、21日には残りの8都道府県のうち、大阪府、京都府、兵庫県の関西の2府1県の宣言解除がなされる見込みだ。 Jリーグの村井満チェアマンは先月、「緊急事態宣言下では無観客試合を含めて試合再開は難しいと認識している」と発言しており、緊急事態宣言の解除がリーグ再開の大きな目安となることは間違い無いだろう。その方針は変わらず、19日の会見でも政府見解、そして専門家の見解を受けて方針を決めると話していた。 活動再開後、試合に向けたコンディション作りのための練習期間も必要となるが、その時は確実に近づいているのかもしれない。 <div id="cws_ad">《超ワールドサッカー編集部》</div> 2020.05.20 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ブンデス再開の裏で…収入減が見込まれる下部リーグは想像以上に大きな打撃も

16日にヨーロッパ5大リーグの先陣を切って再開されたブンデスリーガ。無観客試合での開催ではあったが、ついにフットボールが戻ってきたことに心踊らせるサポーターは多かったのではないだろうか。 しかし、ブンデスリーガ以外のほとんどのリーグは再開に向けて様々な手段を模索している段階。さらに、再開できたとしても各リーグ及び各クラブは大幅な収益減が見込まれている。 5大リーグの中でも最も巨額のお金が動くプレミアリーグでは、6月中旬でのリーグ再開を目指しているが、シーズンが無観客で再開となった場合でも、国内外の放送局に対し、およそ3億4000万ポンド(約450億円)を返済する必要があると見られている。イギリス『BBC』によれば、放映権料の返済を含め、仮にプレミアリーグが再開されなければ7億7600万ポンド(約1032億円)の巨額な損失が生まれるとしている。 プレミアリーグ同様に6月中旬でのリーグ再開を目指すセリエAは、放映権を持つ『スカイ・スポーツ』が、レガ・セリエAに対して、2019-20シーズンの放映権に関して、残りの分割払いを行わないことを書面で送ったと報じられている。これは、リーグと放送局側の交渉のスタートでしかないが、放映権料の減額などは大いにあり得るだろう。 また、イタリアサッカー連盟(FIGC)のガブリエレ・グラヴィナ会長は「セリエAのシーズンを終了した場合、7〜8億ユーロ(約812億〜927億円)を失うことになる。無観客でプレーした場合、損失は3億ユーロ(約348億円)になり、ファンを入れて再開した場合は損失は1〜1億5000万ユーロ(約116億〜174億円)になる」と述べており、改めてその影響の大きさを認識させられている。 そして、フランス政府の決定を受けてシーズン打ち切りを決定したリーグ・アンでは、同リーグの主要放送局の1つである『Canal +』が、今後支払予定だったテレビ放映権料1億6200万ユーロ(約192億円)を支払わないことをすでに通達している。フランス・プロリーグ機構(LFP)はこの放映権料の支払い分について、フランス政府と融資を受け取るための交渉を行っている。 ここまで、莫大な放映権料が支払われるトップリーグについて話してきたが、さらに問題となるのは、それがない下部リーグ、そしてそのクラブだ。それらのクラブは放映権料がない分、収益の多くを入場料やグッズ売上、スポンサーとの契約に頼っている状況。しかし、その金額も大きくないこと、またスポンサー企業もトップクラブの比ではない規模であることから、企業側の経営難がスポンサー撤退などに繋がる可能性も大いにある。 このことは、サッカー界だけの問題ではない。アメリカ『AP通信』によると、今シーズンのメジャーリーグ・ベースボール(MLB)を無観客で行った場合、MLBのチームが通常の収入の40%損失を見込んでいるのに対し、マイナーリーグのチームの収益は80%の損失に及んでしまう可能性がある。 トリプルAからルーキーリーグまで7段階で構成されているマイナーリーグ。メジャーリーグの登録40人枠を目指して日々切磋琢磨しているが、その過酷さは有名。バスでの長距離移動はもちろんのこと、給与も高くない。また、MLB球団の傘下でありながら、大半は独立資本であるため、経営規模は小さいものとなっている。 そういった財政的に問題を抱えるクラブは、各国政府の一時解雇措置や選手の給与カットなどで凌いでいる場合が多いが、この影響は何も今だけにとどまらない。無観客開催も新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が防げない状態では長期間続くことになり、クラブ、球団の財務を圧迫する。また、前述の放映権やスポンサー契約料なども、これまで通りの規模で開催ができないとなれば、減額される可能性も大いにある。プロスポーツの中の下部リーグ、マイナーリーグとなると、チーム存続と言う大きな問題に直面する日もそう遠くはなさそうだ <div id="cws_ad">《超ワールドサッカー編集部》</div> 2020.05.18 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ブンデスリーガは5人交代制、MLBは両リーグDH…再開時に求められるスポーツ界の柔軟な対応

いよいよ16日に約2カ月ぶりの再開を迎えるブンデスリーガ。ヨーロッパ5大リーグにおいて先陣を切るドイツだが、そこには新たなルールも適用される。 国際サッカー連盟(FIFA)は、過密日程と選手の調整不足を考慮し、ドイツサッカーリーグ機構(DFL)主導のもと、これまでの3人交代制から5人に拡大することを決定している。なお、交代できるタイミングは3回までとなっており、同時に選手を代える必要はでてくる。 新型コロナウイルスの影響によりルール変更される競技はサッカーだけではない。開幕できていないアメリカのメジャーリーグ・ベースボール(MLB)では、ナショナルリーグにも指名打者(DH)制が導入される見込であることが分かった。 MLBはナショナルリーグとアメリカンリーグの2つのリーグで構成。ナショナルリーグはダルビッシュ有が所属するシカゴ・カブスや秋山翔吾が所属するシンシナティ・レッズが所属しており、アメリカンリーグは大谷翔平が所属するロサンゼルス・エンゼルスや前田健太が所属するミネソタ・ツインズ、田中将大が所属するニューヨーク・ヤンキースなどが所属している。 日本のセ・リーグ、パ・リーグのように分かれているMLBでは、通常アメリカンリーグにのみDH制が設けられている。 しかし、今季のMLBは新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、開幕が延期。7月中の開幕を目指しているが、開幕する場合でも変則日程での開催が見込まれており、ダブルヘッダーなど過密日程が予想される。 開幕前のキャンプの短縮化など、選手のコンディション調整不足も指摘されており、ただでさえ投手の負担にうるさいMLBだが、より投手の負担を軽減するためのDH制導入となるようだ。 MLBは、DH制以外にも、出場選手登録をベンチ入り30人、入れ替え可能なベンチ外メンバー約20人と、通常の26人枠から大幅に拡大する見通しで、チーム内に新型コロナウイルスの感染者が出た場合でも対応できる態勢を整えている。 他にも、ゴルフでは、米国ゴルフ協会とゴルフの規則を定める「R&A企業グループ」が手引きを公表。グリーン上で旗ざお(ピン)を抜かないことや、砂をならす道具のバンカーレーキを撤去するため、バンカーの砂はクラブや足を使って可能な限り整えることなどを推奨している。 また、試合と少し離れたところでは、Jリーグが14日、2020シーズンに関して、明治安田生命J2リーグおよび同J3リーグにおける「JリーグU-21選手出場奨励ルール」の適用を見送ると発表した。 「JリーグU-21選手出場奨励ルール」とは、シーズン中におけるU-21年代の日本人選手の総出場時間の基準値を定め、基準値を超えたクラブに奨励金を支払うことでU-21選手のリーグ戦出場を促そうというもの。次代の日本サッカーを担う優秀な選手を輩出することを目的として、2020年度から導入が決定していた施策だ。しかし、財務的な影響やチーム編成の状況を鑑みた結果、見送ることが決定した。 前代未聞の事態だけに、リーグ側もあらゆる想定の下で再開プランを練っている。ピッチで選手が躍動する姿を見せることがサポーターへの最大の恩返しになるだけに、臨機応変な対応をした上でリーグが再開されることを望むばかりだ。 <div id="cws_ad">《超ワールドサッカー編集部》</div> 2020.05.15 23:45 Fri
twitterfacebook