鹿島、トレーニングマッチ町田戦が開催自粛 「予防するための判断」

2020.04.03 16:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
鹿島アントラーズは3日、FC町田ゼルビアとのトレーニングマッチの開催自粛を発表した。

両クラブは4日に一般非公開で試合を予定したが、協議の末、新型コロナウイルス感染拡大の予防対策および拡散防止のため、開催取り止めに。クラブ公式『YouTube』チャンネルでのライブ配信もなくなったという。

鹿島は「新型コロナウイルスに関する状況が日に日に変化する中、両クラブ選手、スタッフ、家族、試合に関わる審判らの健康管理を最優先とし、感染症拡大を予防するための判断」とし、ファン・サポーターに理解と協力を求めた。
コメント
関連ニュース
thumb

鹿島が今季初完封&連勝! 和泉の1GAで鳥栖撃破《J1》

明治安田生命J1リーグ第9節の鹿島アントラーズvsサガン鳥栖が8日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、ホームの鹿島が2-0で勝利した。 鹿島は前節から5選手が入れ替わり、J1デビューの沖が初先発。今季リーグ戦初出場の小泉もスタメン入りした。一方、前節から2選手の変更を施した鳥栖は原川が先発復帰。16歳の中野はプロ初先発となり、17歳の相良がリーグ戦初のベンチ入りを果たした。 勝ち点7で並ぶ両者の一戦は鹿島がボールを握る形で進み、15分に敵陣右寄りの位置でFKのチャンス。キッカーの永木から上がったクロスにファーサイドのエヴェラウドが頭で合わせ、ゴールマウスの逆サイドに押し込みにかかるが、ゴールライン上でエドゥアルドのクリアに遭い、ゴールとはならない。 長くボールを保持する鹿島だが、自陣にセットした守りからカウンターを狙う鳥栖に決定打を見いだせない状況が続く。そのなかで、前半アディショナルタイム2分に許した右CKからボックス内でこぼれ球に反応した趙東建に右足フィニッシュの形に持ち込まれるが、GK沖がブロック。鳥栖に先制を許さない。 堅い守りで踏ん張り、ゴールレスで試合を折り返した鳥栖は開始早々の46分に樋口がフィニッシュに持ち込むと、続く52分にもバイタルエリア左から趙東建が右足シュート。その鳥栖がボールの主導権でも巻き返してみせるなか、鹿島は59分に3枚替えに動いて荒木、和泉、三竿を投入。リズムを引き寄せにかかる。 その交代を皮切りに両軍のベンチワークが活発化するなか、68分に鹿島も染野をピッチに送り出すと、策が実を結ぶ。69分、左CKの流れからバイタルエリア右の小泉がボールを入れ直すと、ファーサイドの染野が頭で折り返して、ゴール前の和泉が反応。胸トラップから左足シュートを突き刺して、鹿島が先取する。 リードを許した鳥栖は67分の石井と豊田の投入に続いて、77分に安庸佑と大畑歩夢の交代カードを切るが、鹿島が華麗な崩しから追加点を手にする。80分、右サイドの荒木からのパスにボックス右で反応した染野が後方に叩くと、和泉がゴール前にボールを供給。これをエヴェラウドが難なく押し込み、鳥栖を突き放した。 エヴェラウドの2戦連発となる一発で展開に余裕が出た鹿島はこのまま鳥栖の反撃を無失点でシャットアウト。今季初の無失点ゲームを演じた鹿島が初の2連勝を飾っている。 2020.08.08 20:32 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第9節:鹿島vs鳥栖】結果を掴み始めた両者、今季初の連勝を飾るのは?

【明治安田生命J1リーグ第9節】 2020年8月8日(土) 18:30キックオフ 鹿島アントラーズ vs サガン鳥栖 [県立カシマサッカースタジアム] ◆初連勝でシーズンに光明を【鹿島アントラーズ】 第5節の横浜F・マリノス戦でシーズン初勝利を挙げて以降も波に乗れていない鹿島。そんな中、前節はアウェイでの戦いながら大分トリニータ相手に1-4と快勝を収めた。 ミッドウィークに行われた川崎フロンターレ戦は同じメンバーで臨んだものの、3点ビハインドと苦しい試合に。終盤に伊藤翔が2ゴールを奪い粘りを見せたことだけがプラス材料となり、AFCチャンピオンズリーグに続いてYBCルヴァンカップからの敗退も決定した。 今シーズン、天皇杯に出場するにはリーグ戦で上位2つに入らなくてはいけないため、今の鹿島には実質リーグ戦しか残されていない状況。早い所、勝利を重ねていきたい。 2試合連続で同じ11名を起用したことで、鳥栖戦はターンオーバーすることが決定的。その中で、誰を起用し、連勝を収めるか。ザーゴ監督の采配がものを言う。 ポゼッションはできているだけに、あとはフィニッシュの部分が課題。得点も徐々に奪えているだけに、バランスを保って戦えるかがカギとなる。 ★予想スタメン[4-4-1-1] GK:クォン・スンテ DF:小泉慶、関川郁万、町田浩樹、杉岡大暉 MF:土居聖真、三竿健斗、永木亮太、荒木遼太郎 FW:伊藤翔、白崎凌兵 監督:アントニオ・カルロス・ザーゴ ◆手にした結果を繋げる事ができるか【サガン鳥栖】 前節は若手の活躍もあり上位のFC東京相手にアウェイで2-3と勝利。今シーズンの初白星を記録した。これで3戦無敗。徐々に結果を掴み出している。 今シーズンは結果に繋がらないものの、試合内容は悪くなかった。しかし、昨シーズン同様に全くと言っていいほど攻撃陣が結果を残せないと言う事態に陥っていた。 しかし、信じてやってきた事が難敵であるFC東京相手に勝利という結果に繋がった事は大きな自信となるはず。選手たちのメンタル面に与える影響は大きい。 ルヴァンカップではメンバーを入れ替え、疲労回復はある程度見込めるはず。相手は鹿島だが波に乗れていない相手を、前節の勢いを持って制する事ができるか。連勝という結果を掴めれば、この先のシーズンが大きく変わるターニングポイントとなりそうだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:高丘陽平 DF:森下龍矢、原輝綺、エドゥアルド、内田裕斗 MF:原川力、松岡大起、高橋秀人、小屋松知哉 FW:豊田陽平、石井快征 監督:金明輝 2020.08.08 13:55 Sat
twitterfacebook
thumb

エヴェラウドがハットトリックの活躍! 鹿島が最下位脱出、大分は4連敗《J1》

1日、明治安田生命J1リーグ第8節の大分トリニータvs鹿島アントラーズが昭和電工ドーム大分で行われ、1-4で鹿島が快勝を収めた。 前節は清水エスパルス相手に4-2で敗れた大分は、スタメンを4名変更。刀根、高山、佐藤、小塚が外れ、三竿雄、小出、長谷川、高澤が起用。連敗ストップを目指す。 対する鹿島は前節FC東京相手に2-2のドロー。スタメンを3名変更し、GKクォン・スンテ、ファン・アラーノ、伊藤が外れ、GK曽ヶ端、和泉、土居が起用された。曽ヶ端は今季初出場となった。 互いに勝利が欲しい一戦。しかし、先制点は試合早々に大分に入る。 5分、相手のパスミスを敵陣で奪った大分は横パスをつなぎ髙澤へ。ボックス手前でパスを受けた髙澤は左足を振り抜くと、アウトにかかったボールにGK曽ヶ端が逆を取られ、大分が先制する。 先手を奪われる嫌な流れとなった鹿島だったが、15分に相手のミスを突く。島川がバックパスを行うと、GKとの連携ミスからルーズボールに。これに反応したエヴェラウドがGKとの一対一を冷静に決め、鹿島が同点に追いつく。 早々に同点に追いついた鹿島は、徐々にボールを保持してペースを握り返しにいく。それでも一進一退の攻防が続く中、鹿島が1つのチャンスを生かす。 38分、土居がボックス内に浮き球のパスを入れると、ダイアゴナルな動きを見せた和泉が受けようとすると、GK高木と接触。これがPKとなると、エヴェラウドが豪快に決めて、鹿島が逆転に成功する。 逆転を許した大分は、ハーフタイムで知念に代えて渡を投入する。すると53分、右CKからゴール前で混戦となると、最後は島川が押し込むも、オフサイドでゴールとはならない。 すると鹿島は55分、右サイドでパスを受けた遠藤がボックス内へパス。これを裏に抜けた土居が受けると、折り返したパスをエヴェラウドが流し込み、ハットトリック達成。鹿島がリードを2点に広げる。 65分にはFKからサインプレー。ボックス左で得たFKから遠藤がマイナスに出すと、上がってきた永戸がシュート。しかし、これはミートしない。 鹿島は74分にゴールを処理に出たGK曽ヶ端の頭部とレオ・シルバの太ももが接触。曽ヶ端が倒れこみ心配されたが、大事に至らずプレーを続ける。 大分は78分にビッグチャンス。左サイドから香川がアーリークロス。これに飛び込んだ佐藤がヘディングで合わせるが、わずかにクロスバーを越えていく。 鹿島は徐々にポゼッションで大分のプレスをいなし、試合を落ち着かせにいく。大分はパスの精度を欠く場面が散見されるなど、攻撃の形を作れない。 鹿島はアディショナルタイム5分、投入されたばかりの伊藤がゴール。右サイドからの広瀬のクロスを荒木が頭でフリック。これを白崎がシュートもGk高木がセーブ。しかし、こぼれ球を伊藤が蹴り込み駄目押しの今季初ゴール。そのまま試合は終了し、鹿島が1-4で今季2勝目。大分は4連敗となった。 大分トリニータ 1-4 鹿島アントラーズ 【大分】 髙澤優也(前5) 【鹿島】 エヴェラウド(前15、前40、後10) 伊藤翔(後50) 2020.08.01 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第8節:大分vs鹿島】元チームメイトの指揮官対決、上昇のキッカケを掴むのは?

【明治安田生命J1リーグ第8節】 2020年8月1日(土) 19:00キックオフ 大分トリニータ vs 鹿島アントラーズ [昭和電工ドーム大分] ◆連敗ストップへ、仕切り直しの1週間【大分トリニータ】 前節、清水エスパルスを相手にセットプレー4発で敗れた大分。流れの中ではやらせなかったものの、同じパターンで4失点を喫したことは大きな課題となった。 再開後の3試合を2勝1分けで終えた大分だったが、直近3試合ではガンバ大阪(2-1●)、名古屋グランパス(0-3●)、清水(4-2●)と3連敗を喫した。 特に3連戦では選手層の薄さも目立つ格好に。選手を入れ替えると結果が出にくい状況は、チームとして同じベクトルで戦うことを信条としている大分にとっては、致し方ない部分でもある。 成熟度を増せない過密日程だが、やることは変わらない。チームとして改めて方向性を確認し、ピッチで体現することが、勝利への道となるだろう。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:高木駿 DF:岩田智輝、鈴木義宜、三竿雄斗 MF:松本怜、島川俊郎、長谷川雄志、香川勇気 FW:田中達也、渡大生 FW:知念慶 監督:片野坂知宏 ◆どうしても波に乗れない常勝軍団【鹿島アントラーズ】 前節はFC東京を相手に2-2のドロー。またしても勝利することはできなかったが、逆転された展開で追いつけたことはプラスに捉えて良いだろう。 今シーズンはわずか1勝、再び最下位に転落した鹿島だが、徐々にザーゴ監督のサッカーは浸透してきている。 主導権を握れる時間帯を作れているだけに、あとはいかにして効果的にゴールを奪えるか。ポゼッションはできつつあるが、大分の術中にハマる可能性もあり、より精度を上げていく必要がある。 ザーゴ監督と片野坂知宏監督は柏レイソル時代のチームメイト。監督としては初の顔合わせとなるが、浮上のキッカケを掴めるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:クォン・スンテ DF:広瀬陸斗、犬飼智也、町田浩樹、永戸勝也 MF:土居聖真、三竿健斗、レオ・シルバ、和泉竜司 FW:遠藤康、エヴェラウド 監督:アントニオ・カルロス・ザーゴ 2020.08.01 14:40 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿島とFC東京のシーソーゲームはドロー…終盤攻勢の鹿島は押し切れず《J1》

明治安田生命J1リーグ第7節、鹿島アントラーズvsFC東京が26日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。 前々節、ザーゴ新体制初白星を手にした鹿島だが、前節の湘南ベルマーレ戦を0-1で落とし、1勝5敗の17位に低迷。さらに、初白星の立役者となった上田が負傷離脱するアクシデントにも見舞われた。昨季、2位チームをホームで迎え撃った今節では先発5人を入れ替え、伊藤と遠藤が2トップでコンビを組んだ。 対するFC東京は北海道コンサドーレ札幌とのアウェイゲームを室屋の劇的同点ゴールでドローに持ち込み、3戦無敗を継続。2戦ぶりの白星を目指すこの一戦に向けては先発6人を変更。先発復帰の永井がディエゴ・オリヴェイラと2トップを組み、左サイドハーフに入った内田宅が今季初出場を飾った。 後方からボールを繋ぐホームチームに対して、アウェイチームが前から圧力をかけていく。開始3分には三田とのワンツーで右サイド深くに侵攻した室屋からクロスを受けた永井がボックス左からシュート。さらに、GKが弾いたボールに安部が詰めるもシュートを枠に飛ばせない。 その後もハイプレス、リトリートをうまく使い分けながら鹿島の攻撃をしっかりと封じるFC東京が優勢に試合を運ぶ。自慢の2トップを起点にボックス付近でのプレーを増やしていくと、28分にはボックス手前で得たFKの場面で森重がブレ球のミドルシュートを枠に飛ばすが、GKクォン・スンテの好守に遭う。 一方、なかなか良い形でアタッキングサードまでボールを運べない鹿島だったが、見事なカウンターでゴールをこじ開ける。34分、自陣でのエヴェラウドのボール奪取からカウンターに転じると、右サイドでフリーとなった広瀬が絶妙なクロスをゴール前に供給。最後はファーに走り込んだエヴェラウドが打点の高いヘディングで合わせた。 ワンチャンスを生かして先制に成功した鹿島は42分にも左CKから町田がクロスバー直撃の惜しいヘディングシュートを放つなど、良いリズムの中で試合を折り返しかけるが、前半終了間際に悪夢の展開が待っていた。 失点以降、我慢の戦いとなっていたFC東京は45分に左CKを獲得。キッカーの三田がニアサイドへ正確なボールを入れると、マークを振り切った渡辺が巧みなヘディングシュートをファーポストに流し込む。さらに、前半アディショナルタイム5分には右CKの場面で三田のインスウィングのクロスをゴール前でGKに競り勝った森重が頭で合わせ、ラストプレーで逆転した。 ハーフタイム直前の連続失点で気落ちも予想された鹿島だったが、勢いを持って後半に入る。キックオフ直後にエヴェラウドのシュートでアウェイチームのゴールを脅かすと、遠藤が続けて惜しいシュートを放つなど、ゴールを匂わせる仕掛けを継続する。 一方、得意のカウンターがハマり易い展開となったFC東京はアダイウトン、紺野と個人技に特長を持った選手を投入し、ディエゴ・オリヴェイラと共に幾度も鋭い縦への仕掛けを見せていくが、最後のところで決め切れない状況が続く。 すると、オープンな展開が続く中で鹿島の選手交代が後半最初のゴールをもたらす。67分に伊藤、ファン・アラーノに代わって入った土居と和泉は75分、相手陣内で遠藤との連係で攻撃を構築。そして、ボックス手前左で遠藤が上げた浮き球のクロスに反応した土居が後方からのボールを巧みな左足ボレーで流し込んだ。 この同点ゴールをキッカケにここからは鹿島が躍動を見せる。82分にエヴェラウドが見事なオーバーヘッドでスタンドを沸かすと、85分には相手陣内でボールを奪った遠藤がGK林のポジションを見極めてロングシュート。スーパーゴールでの勝ち越しかに思われたが、惜しくもクロスバーを叩いた。 試合最終盤にも永木のプレースキックから惜しい場面を作り出した鹿島だったが、最後のところで粘るFC東京の守備を崩し切るには至らず、試合は2-2でタイムアップ。互いに勝利のチャンスがあった白熱の一戦は痛み分けのドローに終わった。 鹿島アントラーズ 2-2 FC東京 【鹿島】 エヴェラウド(前34) 土居聖真(後30) 【FC東京】 渡辺剛(前45) 森重真人(前50) 2020.07.26 20:49 Sun
twitterfacebook