ユナイテッド、100万ポンドでクラブスタッフの給与を保証へ

2020.03.20 06:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドは19日、総額100万ポンド(約1億2700万円)でクラブスタッフの給与を保証することを発表した。

ユナイテッドは今季残りホーム戦4試合で無観客や試合が開催されなかった場合でも、クラブスタッフ3000人への給与を保証することを決定した。

ユナイテッドは公式サイトにて「我々はクラブスタッフが直面する経済的不安を解消するべく、今回の発表をすることによって彼らの希望になりたいと考えた。彼らのサポーターへのサービスがいかに重要かも理解している」と声明を発表。

CEOを務めるエド・ウッドワード氏は「前例のない状況だが、今後起こり得ることに対して十分な対策を講じたいと考えた。できるだけ早くスタジアムに全てのサポーターとクラブスタッフを迎えられることを楽しみにしている」とコメントしている。
コメント
関連ニュース
thumb

新体制移行のローマがスモーリング獲得に再び動く! 本人はイタリア残留希望を示唆?

ローマが元イングランド代表DFクリス・スモーリング(30)の完全移籍での買い取りに向け、再び動き始めたようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 今夏、マンチェスター・ユナイテッドから300万ユーロ(約3億7000万円)の有償レンタルで加入したスモーリングは、公式戦35試合に出場し3ゴールを記録。首都ローマの新たな防衛大臣としてクラブ、ティフォージの双方から高い評価を集めていた。 しかし、2000万ユーロ(約25億円)を要求するユナイテッドに対して掲示した1400万ユーロ(約17億5000万円)のオファーは拒絶され、交渉は決裂。また、レンタル期間の延長オファーも断られ、同選手は今シーズンのセリエA終了後、レンタル期間終了に伴い、クラブを去っていた。 ただ、スモーリング退団後にローマは、ジェームズ・パロッタ会長からアメリカ『フリードキン・グループ』への5億9100万ユーロ(約738億円)のクラブ売却が合意に至っており、今月末までに新体制への移行が完了する予定だ。 これにより、財政問題を一時的に解決することができたローマは、積極的な補強に動くことはないものの、噂される一部主力の流出を回避できる見込みだ。さらに、新シーズンに向けて戦力を維持するため、今シーズンの主力を担ったスモーリングの買い取りを優先事項として交渉を進めていく構えだ。 なお、当のスモーリング本人は9日、自身の公式ツウイッターを通じて、家族との休暇の様子を写した写真と共に、笑顔とハートマーク、イタリアの国旗を並べた絵文字を投稿しており、イタリア残留を希望しているとも取れるメッセージを残している。 <div id="cws_ad">◆イタリア残留希望を示唆?<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://t.co/EDoRrW0vWx">pic.twitter.com/EDoRrW0vWx</a></p>&mdash; Chris Smalling (@ChrisSmalling) <a href="https://twitter.com/ChrisSmalling/status/1292364193644060673?ref_src=twsrc%5Etfw">August 9, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.08.09 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

サンチョを狙うユナイテッド、オファー次第でリンガード放出か

マンチェスター・ユナイテッドはイングランド代表MFジェシー・リンガード(27)のオファーに耳を傾ける準備ができているようだ。イギリス『ガーディアン』が報じている。 今季のリンガードは序盤こそ途中出場もあわせて一定の出番を手にしたものの、U-21イングランド代表FWメイソン・グリーンウッドが先発の座を掴み始めると、ピッチに立つ機会がより激減。ここ公式戦2試合はいずれもゴールを決め、アピールを続けているが、今夏の売却候補に挙がっており、今後の動向に注目が集まっている。 イギリス『ガーディアン』によると、リザーブチームを率いた頃からリンガードを指導するオーレ・グンナー・スールシャール監督だが、余剰戦力としてみなしている模様。今夏にドルトムントからイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(20)を狙うユナイテッドは適切な額のオファーが届けば、売却を考慮しているという。 なお、リンガードの契約は2021年夏まで残っており、1年間の延長オプションも存在。派手さこそないが、クラブの生え抜きとして一定のパフォーマンスを披露してきたリンガードだが、果たして。 2020.08.07 17:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ベスト8が決定!ユナイテッドやセビージャ、インテルが勝ち上がり《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16が6日に終了し、ベスト8進出チームが決定した。 勝ち上がったのはイングランドからマンチェスター・ユナイテッドとウォルバーハンプトン、スペインからセビージャ、イタリアからインテル、ドイツからレバークーゼン、その他、シャフタール(ウクライナ)、バーゼル(スイス)、コペンハーゲン(デンマーク)の8チームとなっている。 準々決勝はいずれも一発勝負で行われ、10日と11日に行われる。組み合わせは以下の通り。 ◆準々決勝組み合わせ ▽8/10 マンチェスター・ユナイテッドvsコペンハーゲン インテルvsレバークーゼン ▽8/11 ウォルバーハンプトンvsセビージャ シャフタールvsバーゼル 2020.08.07 06:07 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル、ユナイテッドからレンタル中のチリ代表FWサンチェスをフリーで獲得!

インテルは6日、マンチェスター・ユナイテッドからチリ代表FWアレクシス・サンチェス(31)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。 なお、契約期間は2023年6月30日までの3年契約となる。 <div id="cws_ad">◆サンチェス、インテル加入後に見せた輝き<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ2VUR0OW9kZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> サンチェスはチリのコブレロアでキャリアをスタート。その後は、ウディネーゼ、コロコロ、リーベル・プレートでプレーし、2011年7月にバルセロナへと完全移籍していた。 バルセロナでは公式戦141試合で47ゴール36アシストを記録すると、2014年7月にはアーセナルへ完全移籍。アーセナルでは公式戦166試合で80ゴール45アシストを記録していた。 2018年1月にはストライカーの玉突き人事もあり、ユナイテッドへと移籍。しかし、ユナイテッドでは思うような結果が出ず、今シーズンからインテルへレンタル移籍していた。 今シーズンのサンチェスは、セリエAで22試合に出場し4ゴール9アシスト。公式戦では30試合で4ゴール10アシストを記録。なかなか結果を残せない時期が続いたが、中断明けはゴールとアシストで10ゴールに直接絡み、調子を取り戻していた。 2020.08.06 18:32 Thu
twitterfacebook
thumb

リンガード、4季ぶりEL制覇に意気込み「もう一度優勝したい」

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表MFジェシー・リンガードが、ヨーロッパ・リーグ(EL)制覇に意気込んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 1stレグを5-0で先勝していたユナイテッドは5日にホームでLASKリンツと対戦すると、50分にMFフィリップ・ヴイージンガーに先制を許したが、52分にMFフアン・マタのスルーパスからリンガードが同点ゴール。試合終了間際にはFWアントニー・マルシャルが逆転ゴールを記録して2-1の勝利を収めた。 この試合で1ゴールを決めたリンガードは、2016-17シーズン以来のEL制覇に意気込んでいる。 「勝利したから非常にポジティブな形で、次の試合に進めるよ。自信を得たからプレミアリーグでも3位フィニッシュができた。うまくいっているし、決勝戦まで勝ち進みたい」 「僕たちの目標はトロフィーを獲得することだ。僕たちは誰もが自分の役割を果たせると思っている。全員がそれぞれ自分の役割を果たしているし、この大会を通じて強くなりたい」 「次の試合をプレーするのが待ちきれないよ。もう一度優勝したいという気持ちが100%だ」 「トロフィーを掲げることは本当に説明できない特別な気持ちであり、それが前進する力になる。このチームは若手とベテランが混合している。若手選手たちにとって、初めてのトロフィーを勝ち取ることは素晴らしい経験になるだろう」 2020.08.06 10:57 Thu
twitterfacebook