バルセロナのCL優勝を阻むものが発覚…立ちはだかるイタリアの壁

2020.02.26 18:17 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2014-15シーズン以来、チャンピオンズリーグ(CL)の優勝から遠ざかっているバルセロナ。近年のチームには、苦手なものがあるようだ。

25日に行われた、CLラウンド16のナポリ戦で1-1のドローに終わったバルセロナ。この結果、イタリアで行われたノックアウトステージの未勝利記録が「6」に伸びてしまった。

2010年の準決勝・インテル戦(3-1)で敗れると、その後の5試合も勝てず。さらに、2分け4敗と負けが多く、イタリアクラブとアウェイで戦うことを苦手としているようだ。

昨シーズンは準々決勝でローマを相手に3-0と惨敗。その結果、準々決勝敗退の憂き目に遭っていた。

バルセロナが、イタリアの地で最後に勝利を収めたのは、今シーズンのグループステージのインテル戦(1-2)だが、ノックアウトステージとなると、2006年4月18日の準決勝ミラン戦にまで遡ることとなる。

そのミラン戦が行われた2005-06シーズンは、バルセロナがCL優勝。その後、2008-09、2010-11、2014-15と3度CL制しているものの、そのシーズンはイタリアクラブとノックアウトステージで対戦していない。バルセロナにとっては、まさに壁となっている。

◆バルセロナ、イタリア勢とのアウェイゲーム戦績

2010年4月20日
準決勝 vsインテル 3-1

2012年3月28日
準々決勝 vsミラン 0-0

2013年2月20日
ラウンド16 vsミラン 2-0

2017年4月11日
準々決勝 vsユベントス 3-0

2018年10月4日
準々決勝 vsローマ 3-0

2020年2月25日
ラウンド16 vsナポリ 1-1
コメント