オナイウ&仲川が共に2ゴール! 豪州王者に快勝の横浜FMが連勝でJ1開幕戦へ!《ACL2020》

2020.02.19 21:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
横浜F・マリノスは19日、ホームで行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループH第2節でシドニーFC(オーストラリア)と対戦し、4-0で勝利した。

前節、敵地で行われた全北現代(韓国)との初戦を2-1で競り勝った横浜FMは、ゼロックス杯での敗戦をきっちり払拭。23日に王者として臨むガンバ大阪とのJ1開幕戦を控える中で臨んだ今節は、初戦から先発1人を変更。負傷でベンチ外の畠中に代えて伊藤を起用した。

今季最初のホームゲームで気合いが入る横浜FMは立ち上がりから相手を押し込み、ゴールの匂いをさせる良い形の崩しを見せていく。

すると12分、右サイドからドリブルで内に切り込んだ仲川が喜田にボールを預けると、喜田からペナルティアーク付近のオナイウ阿道にワンタッチパスが出る。これは相手DFに引っかけられるも、うまくボールを巻き込んだオナイウがすかさずシュートに持ち込むと、相手DFに当たって大きくディフレクトしたボールがゴール左隅に決まり、今季のホームゲーム初ゴールはオナイウの移籍後初ゴールとなった。

幸先良く先制に成功した横浜FMはその後もリズム良くボールを動かして主導権を掌握。相手に攻撃権を渡さない、攻守一体のプレーが光る。その良い流れの中で存在感を放ったのがエースの仲川。まずは31分、最後尾のチアゴ・マルチンスからの縦パスをオナイウが裏のスペースへ流すと、これに反応した仲川が完璧に抜け出す。最後は飛び出したGKを嘲笑うかのような絶妙なループシュートを流し込み、今季の公式戦初ゴールを奪取。

さらに、畳み掛けるホームチームは33分、相手を押し込んだ状態からボックス手前のティーラトンがボックス中央の仲川の足元へ絶妙な斜めのパスを通す。オフサイドトラップを掛け損なって完全に動きが止まったDFを尻目に、落ち着き払った動きを見せた仲川は冷静にゴールネットへ流し込んだ。

攻守両面でオーストラリア王者を圧倒した横浜FMは後半も早速ゴールをこじ開ける。51分、左サイドの広大なスペースに飛び出した遠藤に味方からのフィードが通る。このままボックス内に持ち込んだ遠藤はカットインを匂わせつつ、自身の左をオーバーラップするマルコス・ジュニオールに絶妙なヒールパス。そして、マルコス・ジュニオールの丁寧なマイナスクロスをファーでドフリーのオナイウが難なく合わせ、後半最初のゴールとした。

この立ち上がりの4点目で完全に相手の心を折った横浜FMは追加点を狙いつつも、やや省エネモードにシフト。さらに、週末のJ1開幕戦を睨んで65分過ぎに喜田とマルコス・ジュニオールを下げて和田と大津を同時投入。75分には殊勲の仲川に代えて水沼を最後のカードとして投入した。

その後も危なげない試合運びを見せたホームチームは幾度か訪れたピンチをGK梶川を中心にきっちり防ぎ切り、今シーズンの公式戦初のクリーンシートで試合をクローズ。そして、4ゴールの快勝でACL連勝となった横浜FMは最高の形でG大阪との開幕戦に臨むことになった。
コメント