新型コロナウイルスの影響は大きく…ACLの日程が再度変更、横浜FM&神戸の中国開催が5月に延期《ACL2020》

2020.02.19 17:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本サッカー協会(JFA)は19日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020のマッチスケジュールの変更を発表した。横浜F・マリノスと、FC東京、ヴィッセル神戸が出場しているACLは、今週第2節が開催。一方で、新型コロナウイルスの影響で中国クラブの試合が延期となっており、日程変更が2月7日に発表されていた。

今回の発表では、7日に発表された日程からさらに変更が加えられ、日本勢が絡むところでは中国ホームでの試合が4月に開催される第4節の予定だったが、横浜FMと神戸に関しては、日本での開催に変更。代わりに5月に中国ホームでの試合となった。

◆日本勢グループステージ日程※キックオフ日時は現地時間
【グループF】
・第4節【変更】
▽4月7日(火)
《19:00》
ヴィッセル神戸 vs 広州恒大
[神戸市御崎公園球技場]

・第5節
▽4月21日(火)
《20:45》
ジョホール・ダルル・タクジム vs ヴィッセル神戸
[スルタン・イブラヒムスタジアム]

・第6節
▽5月5日(火)
《19:00》
ヴィッセル神戸 vs 水原三星ブルーウィングス
[神戸市御崎公園球技場]

・第3節【変更】
▽5月27日(水)
《20:00》
広州恒大 vs ヴィッセル神戸
[広州天河体育中心]

【グループH】
・第4節【変更】
▽4月8日(火)
《19:30》
横浜F・マリノス vs 上海上港
[横浜国際総合競技場]

・第5節
▽4月21日(火)
《19:30》
横浜F・マリノス vs 全北現代
[横浜国際総合競技場]

・第6節
▽5月5日(火)
《19:35》
シドニーFC vs 横浜F・マリノス
[ジュビリースタジアム]

・第3節【変更】
▽5月27日(水)
《18:00》
上海上港 vs 横浜F・マリノス
[上海浦東源深体育場]
コメント
関連ニュース
thumb

FC東京とACL同組の上海申花、正守護神GKゾン・チョンが右手の指を骨折

上海申花の元中国代表GKゾン・チョンが右手の指を骨折。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を欠場する可能性が高いようだ。 上海申花は、ACLでFC東京、パース・グローリー、蔚山現代とグループFで同居。11月24日と27日にFC東京と対戦する。 河北建業から2013年1月に広州恒大へと加入。中国スーパーリーグで6度の優勝を誇る他、2013年と2015年のACL優勝も経験。今シーズンから上海申花へレンタル移籍で加入していた。 今シーズンは中国スーパーリーグで12試合に出場。プレーオフでも2試合に出場したが、23日に行われた上海上港との試合で負傷していたようだ。 ゾン・チョンは少なくとも3週間はプレーできないとのこと。11月18日に再開するACLではプレーできないとのこと。その後の試合も回復の度合いを見る必要があるようだ。 2020.10.27 15:35 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FMとACLで対戦する上海上港、正守護神の中国代表GKヤン・チュンリンが目を負傷で長期離脱

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で横浜F・マリノスと対戦する中国スーパーリーグの上海上港だが、正守護神を欠くことになるようだ。 中国代表でもあるGKヤン・チュンリンだが、中国スーパーリーグのプレーオフの試合で目を負傷したとのことだ。 ヤン・チュンリンは、18日に行われたプレーオフの上海申花戦に先発出場。試合は0-0の引き分けに終わったが、ヤン・チュンリンは前半で交代していた。 上海上港によると、ヤン・チュンリンは試合から2日後の20日に検査を実施。手術を受ける必要があり、長期間の欠場になると発表されている。 ACLは11月18日から再開。グループHに属しており、11月25日と28日に横浜FMと対戦するが、欠場する可能性が高いと見られている。 ヤン・チュンリンは今シーズンの中国スーパーリーグで13試合に出場し4試合でクリーンシートを記録。通算ではリーグ戦215試合に出場している経験豊富なGK。ACLも36試合に出場経験がある。また、中国代表としてもこれまで29試合に出場していた。 2020.10.22 18:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ACL決勝開催地、カタールのドーハに決定 J1最終節と同じ日の12月19日に予定

アジアサッカー連盟(AFC)が16日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020決勝の開催地決定を発表した。 開催地はカタールのドーハ。カタールサッカー協会(QFA)との共同開催となる。AFCはQFAの主催能力や医療インフラなどが条件を満たすとして、ドーハでの開催を決定したという。 新型コロナウイルスの感染拡大でスケジュールが乱れた今季のACLだが、西地区は9月中旬からカタールで再開され、イランのペルセポリスがひと足先に決勝進出を果たしている。 東地区の戦いは11月18日からドーハで集中開催で再開。Jリーグ勢から横浜F・マリノス、FC東京、ヴィッセル神戸が出場する。 なお、決勝の開催日は12月19日。同日には明治安田生命J1リーグ最終節も予定されている。 2020.10.17 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ACLの残り試合はカタールで開催!Jリーグ3クラブが参戦《ACL2020》

アジアサッカー連盟(AFC)は9日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の東地区に関して、カタールのドーハで実施されることを発表した。 今シーズンのACLは、新型コロナウイルス(CPVID-19)の影響で日程変更が2度行われていた。 特に東地区に関しては、中国で新型コロナウイルスが発生したこと、韓国や日本でも感染が拡大したことでグループステージの2試合までを実施した段階で中断。2度の日程変更で、Jリーグも2度日程を変更することとなった。 AFCはカタールサッカー協会(QFA)と合意。東地区に関しては、11月18日から12月13日までにかけてカタールのドーハで集中開催することとなる。 東地区はグループステージから再開し、ラウンド16、準々決勝、準決勝と開催。12月19日に決勝が予定されている。 2020.10.09 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

新型コロナの影響で前回王者アル・ヒラルが失格、ACLラウンド16進出決定も敗退に《ACL2020》

アジアサッカー連盟(AFC)は23日、サウジアラビアのアル・ヒラルがAFCチャンピオンズリーグ(ACL)から強制敗退となることを発表した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、変則的に行われている今シーズンのACL。Jリーグ勢が出場する東地区は、開催地が決定していない状況で日程だけが何度も変更。この先も開催が不透明な状況が続いている。 一方、試合が行われている西地区だが、アル・ヒラルがUAEのアル・アハリとの試合で規則違反を起こしたとのこと。これにより、今大会からの敗退が決定した。 AFCの発表によると、アル・ヒラルはアル・アハリ戦に向けて11人(GK2人、FP9人)の選手のみで臨んだとのこと。競技規則では、「COVID-19に関連するかどうかに関わらず、試合に参加できる選手が13名(GK1名を含む)未満の場合、関連するチームは試合を行えない」とsあれ、「そのチームは行われない試合に対して責任を負うものとし、関連する大会から敗退したとみなされる」とされている。 アル・ヒラルは、35人が登録可能な中30人を登録。そのうち27人だけがドーハへと渡っていた。しかし、新型コロナウイルスの感染が確認されたとのこと。AFCは陽性反応を示したGKの代わりに2人のGKを追加することを許可。カタールサッカー協会と協力し、代わりのGK以外の2選手と2人のスタッフがドーハにすぐ来られるように手配したとのことだ。 しかし、アル・ヒラルとサウジアラビアサッカー連盟(SAFF)は今回の状況を受けて試合の延期を要求。規則では、代替日程がすでに決定している日程に影響を与えない場合は、例外が認められ別日程で試合を行えるはずだが、AFCはすでに決まっている試合日程に大きな悪影響を与えると判断し、例外を認めなかった。 アル・ヒラルはグループBに属しており、5試合を終えて勝ち点11で首位。ラウンド16への進出が決定していた状況にも関わらず、今回の決定を受けて敗退となった。なお、パフタコール(ウズベキスタン)とシャバブ・アル・アハリ(UAE)がラウンド16に進出した。 アル・ヒラルは、2019シーズンのACLで浦和レッズを決勝で破り優勝していた。なお、2017シーズンはその浦和に決勝で敗れていた。 2020.09.24 10:20 Thu
twitterfacebook