【ACLプレビュー】初戦はOGで痛恨ドロー、ホーム初戦で初ACLの相手に白星を《FC東京vsパース・グローリー》

2020.02.18 13:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020の第2節が行われる。

FC東京は、ホーム・東京スタジアムにパース・グローリー(オーストラリア)を迎え、今大会初勝利を目指す。

◆前節はドローも手応え
Getty Images

11日に行われた初戦はアウェイでの蔚山現代(韓国)との対戦となったが、0-1でリードしたものの、終盤のオウンゴールで1-1のドローに終わっていた。

勝利まであとわずかのところでのドローとなったが、韓国勢とのアウェイゲームで勝ち点を持ち帰れたことはプラスに捉えるべきだろう。

試合もディエゴ・オリヴェイラ、アダイウトン、レアンドロのブラジル人トリオを前線に並べると、厚みのある攻撃を展開。ゴールこそ1つしか決められなかったが、攻撃的な姿勢を貫き勝利に近づいたことはプラスだ。

今シーズンから挑戦している[4-3-3]は攻守にわたって良いパフォーマンスを見せ、準備期間の短さを感じさせなかった。守備陣もしっかりと体を張れていたこともあり、Jリーグ開幕直前に行われるホーム初戦での勝利に期待が懸かる。

◆元Jリーガーの指揮官が率いるパース・グローリー
Getty Images

対するパース・グローリーは今大会が初出場。第1節は上海申花(中国)戦が予定されていたが、新型コロナウイルス の影響で中国勢との日程が変更。今節のFC東京戦が初戦となる。

チームを率いるトニー・ポポヴィッチ監督は、現役時代にサンフレッチェ広島でプレー。その他、クリスタル・パレスでも長らくプレーした経験があり、オーストラリア代表としても58キャップを記録している。

指導者としてもシドニーFCで暫定監督を務めると、2012年5月からウェスタン・シドニー・ワンダラーズの初代監督に就任。すると、1年目でいきなりAリーグ優勝を果たしていた。また2014年のACLでは、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズを優勝に導くなど、指揮官としてのACL経験は豊富だ。

また、小野伸二(2012-14)や田中裕介(2015)、楠神順平(2016-17)と日本人も指導し、FC東京の高萩洋次郎も2015年にポポヴィッチ監督の下でプレーした。

システムは[3-4-2-1]を採用。1トップにはウルグアイ人FWブルーノ・フォルナロリを置き、ヘタフェなどでプレー経験もあるスペイン人MFディエゴ・カストロらを擁する攻撃的なスタイルを標榜。油断できない相手だ。

★FC東京予想スタメン

GK:林彰洋
DF:室屋成、渡辺剛、森重真人、小川諒也
MF:髙萩洋次郎、橋本拳人、安部柊人
FW:レアンドロ、ディエゴ・オリヴェイラ、アダイウトン
監督:長谷川健太

◆注目選手
Getty Images

注目選手はMF髙萩洋次郎をピックアップしたい。

初戦の蔚山現代戦でも先発出場した髙萩は、今シーズンもチームの中心となるべき存在。インサイドハーフというポジションで攻守にわたる活躍が期待される。

相手指揮官とは久々の再会となり、チームとしても今シーズンのACLでの初勝利をしっかりと挙げたいところ。悲願の優勝を目標とするJリーグの開幕前に、ホーム戦でしっかりと勝利を収められるかだ。

守備面では、周囲とのバランスもある程度取れていた印象があり、しっかりとマークの受け渡しと強度を保ちたい。また、攻撃面では試合をコントロールし、チャンスをどれだけ作れるか。前線のブラジル人トリオを生かす髙萩のプレーに注目だ。
コメント