久保建英へのコーチの行動は「欧州至上主義」の片鱗とアジア人差別への意識の希薄さか

2020.02.10 19:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
世界で最も人気のあるスポーツと言われるサッカー。世界各国でほぼ毎週末に試合が行われ、多くの人々が熱狂する。その一方で、毎週のように舞い込んで来るニュースがある。それが“人種差別”に関わるものだ。その多くが、スタンドに集まったサポーターが相手チームの選手に対して行うもの。特に顕著に標的とされるのが、黒人選手だ。

現代において肌の色や身体的な特徴は人種を分けるものではない。黒人選手とひとまとめにしても、アフリカ出身の選手もいれば、ヨーロッパ出身の選手もいる。もちろん、アジアやアメリカ大陸出身の選手にも黒人選手は存在する。

また、身体的な特徴とは別に、風評被害もある。現在最も世界を恐怖に陥れている「新型コロナウイルス」。この影響で、アジア人が人種差別の被害に遭っている。トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリが軽率な行動をとり、謝罪する事態も起こっているほどだ。

そんな中、あるコーチがとった行動が話題となっている。それは、9日に行われたラ・リーガ第23節のエスパニョールvsマジョルカでのこと。マジョルカのコーチが、ウォーミングアップをしていた日本代表MF久保建英を呼んだ際のジェスチャーだ。

このコーチは、指笛を鳴らした後、ウォーミングアップエリアに向けて「つり目ポーズ」をとっていた。このジェスチャーは、アジア人が「つり目」であることを形容した差別的な意味を持っているとされ、世界中で多くの被害者がいる。

しかし、この話題には1つ疑問が生じる。「レアル・マドリーからわざわさレンタルで獲得し、高く評価されている久保に対してそのようなジェスチャーをするだろうか」と。

通常の思考回路であれば、相手チームの選手ならともかく(それも実際は重大な問題ではあるが)、自チームの選手を差別することは考えにくい。もちろん、今回の件でもコーチに「差別」の意図があったかどうかはわからない。では、一体なぜ「差別」が無くならないのか。それは、「差別している」という認識が低いということだろう。

「差別」に関しては、加害者と被害者では捉え方が違う。「やった側」にそのつもりがなくとも、「やられた側」の受け止め方次第で状況は変わる。これは「いじめ」にも近いことが言える。

しかし、「加害者」の中には、意図的に「差別」を行う者と、そうではない者がいるのも事実。ただし、その差は潜在的な「差別」を捉えていないだけであり、大概は少し考えれば「差別」だと疑われる可能性があることは明白なものばかりだ。その裏には、どうしても消えることのない「欧州至上主義」があるとも考えられる。

「欧州至上主義」とは、15世紀から17世紀の大航海時代に端を発するもの。欧州各国が世界中に植民地を作り、18世紀から19世紀にかけて技術革新と経済発展が進んだことで、欧州の文明が世界を席巻したことから起きている。

その考えは、現代社会においても変わっていない。経済的な立場は政治的な立場が変わろうとも、文化的な影響力は強く、どうしても欧州中心に考えが及んでしまうのだろう。だからこそ、「差別的」な行動を軽率に取ってしまう、相手に疑念を持たせることをしてしまうのだと思う。

加えて、黒人選手に対する人種差別に関しては、世界中のあらゆる場面において「差別反対」の意見が出るようになってきたが、アジア人への差別はまだまだ意識の中に希薄と言えるだろう。インターネットやSNSが発達するだけでなく、サッカーを始め、スポーツ以外の各分野でも様々な人種が力を持つ現代社会においても、ヨーロッパにとってアジアは極東の未開の地。地図上だけでなく、潜在意識の中にもその考えがあるのかもしれない。

それは、他スポーツのルール変更を見ても感じる部分。アジア人が活躍する欧州発祥の競技は、ルール変更が欧州贔屓だと言われることも多い。例えばスキーのジャンプは、身長と板の長さの制限が設けられ、ノルディック複合ではジャンプの比率が減らされるということもあった。フィギュアスケートの採点項目も疑問視されている部分が多い。

いずれも、欧州(米国も含む)がアジア人の突き上げに対して取った措置とも言われているが、本来評価されるべきは人種や国籍ではなく、プレー面。優れた選手は平等に評価されるべきである。

どれだけ結果を残そうとも、差別の被害に遭う可能性がなくならない可能性は高い。そうであれば、「差別」をしたくないと思う人々は、優れたプレーヤーを純粋に称え続けることが何よりも大事になるだろう。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》
コメント
関連ニュース
thumb

磐田に選手や監督として在籍したアジウソン氏が心臓発作で緊急手術、一命を取り留める

現役時代にジュビロ磐田でもプレーし、後に監督も務めたアジウソン・バティスタ氏(52)が心臓発作を起こしていた。ブラジル『グローボ』が報じた。 ブラジル国内のクラブでプレーしていたアジウソン氏は、1997年にルイス・フェリペ・スコラーリ監督に連れられ磐田に加入。加入1年目にはチームの優勝に貢献していた。 引退後はブラジルで監督を務めていたが、2006年には関東に就任。若手選手を起用してチームを立て直した一方で、黄金期を支えるベテランが相次いで退団するなどしていた。 そのアジウソン氏は14日に心臓発作を起こし救急搬送。集中治療室に運ばれ、2度のカテーテル手術を受けたとのことだ。 現在のところ命に別状はなく、意識もあり会話もできる状態とのこと。集中治療室からこの週末にも一般病棟へ移る可能性があるようだ。 なお、今後2週間は経過を観察する必要があるという。 2021.01.17 12:53 Sun
twitterfacebook
thumb

カラスコが年代物の大衆車で通勤? マドリードの大寒波受け隣人からレンタル

アトレティコ・マドリーに所属するベルギー代表MFヤニック・カラスコが、マドリードの大寒波の中、練習場に向かうために隣人の年代物の4WD車(四輪駆動)をレンタルした。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 現在、スペインでは記録的な大寒波に見舞われており、とりわけ首都のマドリードでは積雪量が50cmを超えるなど、1971年以来の記録的な大雪に見舞われている。そのため、マドリード近郊の交通網は完全に麻痺しており、同地域に本拠地を置くフットボールクラブも大きな影響を受けている。 そういった中、アトレティコでは自力で練習場まで通えない選手たちの送迎のため、クラブスタッフが運転する4WD車を派遣している。 ただ、クラブのサポートを受けず、自力で練習場への通勤を果たしたのが、カラスコだった。 普段どの車種を所有しているかは不明も、大雪の中での運転に不向きな車しか所有していないカラスコは、何とか練習場に通うために4WD車を所有していた隣人に車を借りることを依頼。そして、同選手が借りた車が1980年製の『フィアット・パンダ』というかなりの年代物だった。 そして、カラスコは雪上でもスムーズに走行可能なその年代物を運転し、途中にはMFトマ・レマル、DFシメ・ヴルサリコら同僚をピックアップし、無事に練習場までたどり着いたとのことだ。 めったに大雪が降ることがないマドリードでは高級スポーツカーを所有する選手が多いが、今回の出来事を受けて、雪上でも問題なく走行可能なパワフルな4WD車が人気を集めることになるか。 <div id="cws_ad">◆隣人から借りたパンダで通勤!<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Si este Atlético de Madrid no te representa es que no eres del Atlético de Madrid. Foto histórica <a href="https://t.co/SRgIRhrOqJ">pic.twitter.com/SRgIRhrOqJ</a></p>&mdash; David Vinuesa Malbac (@Dvinuesa) <a href="https://twitter.com/Dvinuesa/status/1348610489698430977?ref_src=twsrc%5Etfw">January 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.12 23:20 Tue
twitterfacebook
thumb

主審が判断ミスを認める、ファン・ダイクが重傷を負ったシーンは「オフサイドに気を取られすぎた」

プレミアリーグで主審を務めているマイケル・オリヴァー氏が、今シーズンの重要な判定に関してミスだったと認めた。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 オリヴァー氏は、今シーズン担当したプレミアリーグの試合で1つの大きなミスを犯したことを認めた。それは、リバプールvsエバートンのマージーサイド・ダービーでの一件だ。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=91fgrkmgbeld1al24mu6kc3mx" async></script></div> 事件は10月17日に行われたプレミアリーグ第5節のエバートンvsリバプールの一戦。シーズン序盤好調を維持していたエバートンと首位のリバプールの一戦は大きな注目が集まったが、開始5分に起こったプレーが世界中で物議を醸した。 リバプールのセットプレーの流れで、クロスに飛び込んだヴィルヒル・ファン・ダイクがエバートンGKジョーダン・ピックフォードのアフターチャージで足を挟まれ負傷交代。試合後の検査で右ヒザ前十字じん帯の損傷が見つかり、手術を余儀なくされる重傷となった。 このシーンでは、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入し、ファン・ダイクがオフサイドポジションにいたためPKはなし。さらにその後のプレーということで、ピックフォードもお咎めなしとなっていた。 しかし、この試合で主審を担当していたオリヴァー氏はこの時の判断について間違いだったことを認め、オフサイドであった判定は変わらなくとも、ピックフォードも退場すべきだったと語った。 「当初はオフサイドなのでPKにはなり得ないので、最初にオフサイドをチェックする必要があると考えていた」 「オフサイドでなければ、私はPKを与えるつもりだとVARにも言ったと思う。私は何度もその場面を見直した。ピックフォードが自分で手を広げている以外には何もしていないと本当に思っている。ただ、ケガが示しているように、間違った方法をとったとも言える」 「私を含め、チャレンジついて考えることはあまり考慮していなかった。オフサイドを与えて、ピックフォード退場させることもできた。後でそれを見て驚いたのは、ピッチで何も抗議されなかったということだ。選手は誰もレッドカードを要求はしていなかった」 「より大きなプロセスを考えることとは対照的に、我々は一歩ずつ進むことに夢中になりすぎていた。PKにはなり得ないという事実だけでなく、チャレンジも検討していた。我々がしたように、オフサイドから再開すべきだったと思うが、ジョーダン・ピックフォードには別のペナルティが与えられるべきだった」 VARが導入されたなかでも起きてしまったこの事件。ミスジャッジは減った一方で、肉眼では判別できないレベルの細かすぎるオフサイドの判定には異論も唱えられている。 しかし、オリヴァー主審はVAR自身はプラスに働いていることを強調。ピッチ内での不平不満は減り、余計な論争を産まなくなったと感じていると明かした。 「VARが強迫観念を与えていることは知っている。しかし、私はそれを望んでいる。ゲームを変えることに関するすべてのことには騒ぎが付いて回る。ただ、明日のランチタイムにそれを無くした場合、週末を通して聞こえてくるの人々が“VARを通した報道”を叫ぶことだけだろう」 「最終的にVARを使用したとしても、それは私の決断だ。フィールドで決定を下すのは私だ。そして、最初に正しく判定できれば、VARが関与する理由はない」 「今、私は前に進むことができ、ピッチサイドのモニターに確認するという2度目のチャンスもある。気が変わったり、そのままにしたりすることができる」 「VARは試合に役立っていると思う。より公正な決定が得られている。選手も受け入れてくれている。モニターに行くと、少なくともどちらも満足しているため、フィールドで受け入れてくれることが増える。それをライブや写真で見ることができる」 「そして、我々が受ける虐待にも役立つ。選手は20分前に起きたことに対して、しつこく不平を言ってくることはない。彼らはそれが発見されたことを嬉しく思う。チェックされたことを嬉しく思う。彼らは自分たちの考えをいい、世界は進んでいく」 2021.01.10 22:45 Sun
twitterfacebook
thumb

J2山口のフィジオセラピスト、福田智志氏が暴行容疑で逮捕…クラブは詳細確認中

レノファ山口FCは5日、チームスタッフの逮捕を発表した。 山口の発表によると、逮捕されたのはフィジオセラピストの福田智志氏(31)。暴行容疑で5日に逮捕されたとのことだ。 福田氏は地元の山口県防府市出身で、2013年から山口でフィジオセラピストとして働いていた。 選手としては、山口県鴻城高等学校やFC宇部ヤーマンでプレーしていた。 クラブは「現時点では、内容について確認中であり、今後の対応につきましても検討中でございます」とし、「詳細が分かり次第、改めてお伝えさせていただきます」と改めて報告するとしている。 また、「レノファ山口FCを応援いただいている多くのファン・サポーターの皆様や、パートナー・クラブサポーターの皆様、その他クラブを支えていただいている多くの皆様にご心配をおかけすることになりましたこと、深くお詫び申し上げます」と陳謝した。 2021.01.05 18:47 Tue
twitterfacebook
thumb

賭博違反で10週間出場停止処分のアトレティコDFトリッピアー、FIFAが介入し処分が一時凍結

賭博規制違反により10週間の出場停止が科されていたアトレティコ・マドリーのイングランドDFキーラン・トリッピアーだが、一時的にその処分は停止されることとなった。 トリッピアーは、2019年夏にトッテナムからアトレティコへ移籍する際、友人グループに移籍に関する内部情報を漏洩。2020年5月にイングランドサッカー協会(FA)が違反行為と定める賭博に関与したとして、告発されていた。 FAの調査の結果、トリッピアーは7つの違反疑惑の内、3件の嫌疑は晴れたものの、残る4件の違反行為が立証されたため、10週間の出場停止と7万ポンド(約980万円)の罰金処分が科されていた。 しかし、スペイン『マルカ』によると、FAが下したこの制裁措置に対して、国際サッカー連盟(FIFA)が介入し、暫定的に出場停止処分を停止することを決定したという。 トリッピアー自身も容疑を完全に否定。しかし、出場停止処分を受け入れざるを得なかった状況だった。 なお、これにより一時的にチームへ復帰できるトリッピアーは、早ければ6日のコパ・デル・レイ2回戦のコルネジャ戦で復帰することになるようだ。 2021.01.03 20:05 Sun
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly