C大阪、秋山大地が開幕前に全治4カ月のケガ

2020.02.01 18:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
セレッソ大阪は1日、MF秋山大地の負傷離脱を報告した。今オフにモンテディオ山形からレンタルバックの秋山だが、トレーニング中に左脛骨を疲労骨折。1月27日に手術を受け、全治4カ月の見込みだ。

C大阪は16日にホームで行われるYBCルヴァンカップ グループステージ開幕節の松本山雅FC戦が新シーズンの初陣に。22日に行われる明治安田生命J1リーグ開幕節ではホームに大分トリニータを迎え撃つ。
コメント
関連ニュース
thumb

C大阪のMF吉馴空矢が交通事故、双方にケガなし

セレッソ大阪は22日、MF吉馴空矢(よしなれたかや)が交通事故を起こしていたことを公表した。 クラブによると、事故の発生は21日(水)の12時30分ごろ。吉馴が運転する乗用車が自らの不注意で、信号待ちをしている前方の車に接触したという。 相手乗用車の運転手および吉馴にケガはなく、事故発生後に警察へ届け出を提出し、対応したとのこと。 事故を起こした吉馴は、「この度、私の不注意からこのような事故を起こしてしまい、相手の方に心よりお詫び申し上げます。運転中は常に集中し、周りの確認を怠らないよう改めて注意を払い安全運転を心がけます。本当に申し訳ございませんでした」と深く謝罪している。 同クラブの育成組織出身の吉馴は、昨年に2種登録し、今シーズンからトップチーム登録された19歳。今季はU-23チームで明治安田生命J3リーグ19試合に出場している。 2020.10.22 17:51 Thu
twitterfacebook
thumb

奥埜&豊川が2ゴール! 横浜FMは鬼門ヤンマースタジアムを攻略出来ず大敗《J1》

明治安田生命J1リーグ第23節、セレッソ大阪vs横浜F・マリノスが17日にヤンマースタジアム長居で行われ、4-1でC大阪が勝利した。 前節は最下位の湘南ベルマーレに苦戦を強いられるも、後半アディショナルタイムのマテイ・ヨニッチの値千金ゴールで連敗を止めたC大阪(勝ち点45)。この勝利でJ1通算150勝目となり、リーグ後半戦は5試合で1勝4敗と苦しい戦いが続いていただけに、嬉しいトピックとなった。 一方、横浜FM(勝ち点38)は6連勝中だったガンバ大阪相手に1-1のドローで、なんとか勝ち点1を獲得。ここ5試合の成績を2勝2分け1敗としている。互いに前節から中2日となる両者だが、それぞれスタメン変更は1人と3人にとどめている。 立ち上がりの4分に巧みなパスワークからチャンスを作ったC大阪は10分、右サイドの坂元がキックフェイントで相手を躱して左足でクロスを上げると、DFの間に飛び込んだ奥埜が頭で叩き込み、幸先良く先制に成功した。 その後も坂元を中心に攻撃を組み立てるC大阪に対して主導権を握りたい横浜FMだが、組織的なブロックを前になかなかキラーパスが通らない。いざアタッキングサードに侵入しても、強度の高い守備に絡めとられてしまう。 そうなると攻撃はサイドやカウンターに。37分に右サイドの松原から上がったクロスをエリキが待ち構えたが、上手く合わせられずマテイ・ヨニッチのブロックに逢う。39分には素早い攻撃からマルコス・ジュニオールがボックス右からシュートへ。相手に当たってコースが変わったシュートは左ポストを叩いて惜しくもゴールとはならなかった。 続く44分には、ハーフウェイライン付近でボールを奪ったエリキからカウンターを発動。左のジュニオール・サントスに展開し、グラウンダーのクロスを再びエリキが押し込んだが完全にオフサイド。前半最大の決定機を逃してしまう結果に。 後半は横浜FMがポゼッションを高めるものの、C大阪も集中した守りを見せて膠着状態が続く。そんな中、66分に初めてC大阪が交代カードを切ると、ここから大きく試合が動く。 交代直後の67分、右サイドの片山のクロスをボックス左の清武が頭で落とすと、ゴール前に飛び込んだ途中出場の豊川は届かなかったものの、逆サイドの奥埜がこぼれ球を回収。誰もがクロスを意識する中、奥埜は角度のない所からGKのニアを突くシュートを流し込んだ。 さらにその4分後、再び片山起点のロングボールをボックス手前右で収めた豊川が、GK梶川の位置を確認してループシュートを選択。これが見事にゴールに収まり、瞬く間に3点のリードを得た。 だが、これで止まらないホームチームは80分、左サイドに流れた奥埜がふわりとしたボールを前線に供給。これでGKと一対一となった豊川が冷静に仕留めて4点差に広げた。 守備崩壊の横浜FMは、途中出場で古巣対戦の水沼が後半アディショナルタイムに1点を返すが焼け石に水。試合は4-1でC大阪が勝利し、2連勝を収めた。一方の横浜FMはヤンマースタジアム長居でまたも敗戦。2012年以降14戦未勝利で、4分け10敗となっている。 セレッソ大阪 4-1 横浜F・マリノス 【C大阪】 奥埜博亮(前10) 奥埜博亮(後22) 豊川雄太(後26) 豊川雄太(後35) 【横浜FM】 水沼宏太(後46) 2020.10.17 17:05 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第23節:C大阪vs横浜FM】J1屈指の盾×矛、ストロングポイントを出して勝利を掴むのは

【明治安田生命J1リーグ第23節】 2020年10月17日(土) 15:00キックオフ セレッソ大阪(3位/45pt) vs 横浜F・マリノス(7位/38pt) [ヤンマースタジアム長居] ◆連敗ストップ、再びエンジンがかかるか【セレッソ大阪】 前節は湘南ベルマーレをホームに迎えた一戦。ポゼッションを高めた試合展開となるも、粘り強く守る湘南の前に苦戦を強いられゴールレスドローになるかと思われたが、後半アディショナルタイムにDFマテイ・ヨニッチがCKからヘディングを叩き込み、1-0で勝利。J1のホーム通算150勝を達成した。 川崎フロンターレ(1-3●)、名古屋グランパス(1-0●)と連敗、後半戦は5試合で1勝4敗と苦しい戦いが続いていただけに、なんとか勝利をもぎ取れたことは大きいだろう。 しかし、つまづいている間に首位の川崎Fは勝ち点3を積み重ねその差「17」あっという間に遠い存在に。しかし、2位のFC東京とは勝ち点差「2」とまだまだ狙える位置にいるだけに、しっかりと勝ち点3を積み上げていきたいところだ。 対戦する横浜FMは前からプレスをハメ、ボールを奪えば一気に攻撃に転じてくるスタイル。堅い守備を構築することはもちろんだが、得意のポゼッションサッカーをしっかりと出し、試合の主導権を握りたいところ。また、高いラインの裏を狙うことで押し込んでいきたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:片山瑛一、マテイ・ヨニッチ、瀬古歩夢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、レアンドロ・デサバト、藤田直之、柿谷曜一朗 FW:奥埜博亮、ブルーノ・メンデス 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ ◆苦戦しながらもドロー、9年ぶり勝利なるか【横浜F・マリノス】 前節はアウェイでガンバ大阪と対戦し、1-1のドロー。6連勝と好調を維持しているG大阪を相手に、なんとか勝ち点1を獲得した試合だ。 G大阪の積極的なプレスの前に苦戦を強いられ、信条とする後方からのビルドアップも上手く機能しない試合展開に。苦しい試合となった中、なんとか粘りを見せることができたことはプラスに捉えても良いだろう。 前半戦に比べ、後半戦は安定して勝ち点を獲得できているものの、この先はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が待っており、より苦しい戦いに。また、消化試合も多いため、見た目の順位以上に下に落ちる可能性はある。 2試合連続で大阪での試合、C大阪も調子が良いとは言えないが、横浜FMとしては2011年以来のアウェイ戦勝利を狙いたいところ。4バックをベースに可変システムを採用しているが、C大阪相手にハマ流のか。上位を目指す上では、もう勝ち点は落とせない。 ★予想スタメン[4-3-2-1] GK:梶川裕嗣 DF:松原健、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:渡辺皓太、喜田拓也、扇原貴宏 MF:水沼宏太、エリキ FW:ジュニオール・サントス 監督:アンジェ・ポステコグルー 2020.10.17 11:20 Sat
twitterfacebook
thumb

後半ATのヨニッチ弾でC大阪がJ1ホーム通算150勝達成、湘南は6連敗《J1》

14日、明治安田生命J1リーグ第22節のセレッソ大阪vs湘南ベルマーレがヤンマースタジアム長居で行われ、1-0でC大阪が勝利した。 前節はアウェイで名古屋グランパスと対戦したC大阪だが、1-0で敗戦。リーグ戦で連敗となりジリジリと首位から離される状況。直近のリーグ戦5試合で1勝4敗と調子を落としている。前節からはスタメンを3名を変更。負傷した松田陸や瀬古歩夢、柿谷曜一朗が外れ、木本恭生、丸橋祐介、奥埜博亮が起用された。 対する湘南は前節アウェイで北海道コンサドーレ札幌に2-1で敗れリーグ戦5連敗中。最下位に沈む中、前節から4名を変更。舘幸希、齊藤未月、三幸秀稔、松田天馬が外れ、坂圭祐、茨田陽生、鈴木冬一、石原直樹が起用された。 立ち上がりからインテンシティの高いプレーが続く展開に。湘南は右の岡本、左の鈴木をうまく使い分け、大きく幅を使った展開に。C大阪はボール奪取からの素早い攻めを意識し、ディフェンスラインの裏を突く形でゴールを目指す。 最初にチャンスを作ったのはC大阪。15分、左サイドでパスを受けた清武がノールックでライン裏にパス。ブルーノ・メンデスが飛び出したものの、わずかに届かずシュートは打てない。 湘南は21分、右サイドへ大きく展開すると、岡本のクロスをファーサイドで石原直がヘッド。しかし、これは枠を外れる。 湘南は32分にもチャンス。ボックス左でパスを受けた鈴木が左足でクロスを上げると、ファーサイドでタリクが丸橋と競り合いながらヘッド。しかし、このシュートは枠を捉えられない。 34分にはC大阪がチャンス。置くのがボールを奪い清武に預けると、少し運んだ清武がミドルシュート。しかし、これは僅かにGKが触りゴールとはならない。これで得たCKから、ブルーノ・メンデスがフリーでヘッド。しかし、枠の右に外れてしまう。 43分には左サイドでボールを奪った鈴木がクロス。石原直が落としたボールをタリクがシュートも、DFがブロックする。 前半終了間際にはボックス手前でC大阪がFKを獲得。丸橋が左足で直接狙うも、ボールは落ち切らずにクロスバーを越えていく。 ゴールレスで迎えた後半、立ち上がりに湘南はビッグチャンス。46分、タリクのスルーパスをボックス内右に走り込んだ岡本がシュート。しかし、GKキム・ジンヒョンがわずかに触りゴールを許さない。 C大阪は右サイドの坂元を中心に湘南ゴールに迫るが、粘り強い守備の前に決定機を作ることができない。 58分には右サイドからのFKからクロスが上がると、ボックス中央でブルーノ・メンデスがヘッド。しかし、これは力なくGK谷がキャッチする。 66分にはFKのチャンスを得たC大阪だが、清武が直接狙ったシュートは枠を越えていく。74分には奥埜に代わって入ったばかりの西川が決定機。右サイドからの浮き球のパスをボックス中央で受けた西川だが、トラップが流れファウルに。そのままイエローカードをもらってしまう。 湘南は運動量を上げてボールを奪うものの、攻撃に移った際のパス精度を欠いてチャンスを生かすことができない。 C大阪は86分には右サイドからのクロスのクリアボールを拾った高木がボックス付近からシュート。しかし、枠を捉えられない。 攻めあぐねていたC大阪だったが後半アディショナルタイムにドラマが。左CKを獲得すると、丸橋のクロスをニアサイドに飛び込んだマテイ・ヨニッチがヘッド。強烈なヘディングシュートがネットに突き刺さり、ついにC大阪が先制する。 湘南は先制されたもののラストにチャンス。FKのシーンではGK谷も上がってゴールを目指すが、最後はシュートが枠に飛ばず試合終了。土壇場で勝利したC大阪はJ1ホーム通算150勝を達成。湘南は6連敗となった セレッソ大阪 1-0 湘南ベルマーレ 【C大阪】 マテイ・ヨニッチ(後47) 2020.10.14 21:28 Wed
twitterfacebook
thumb

C大阪に痛手…今季全試合スタメンのDF松田陸が左下腿三頭筋筋損傷で3週間の離脱

セレッソ大阪は13日、DF松田陸の負傷を報告した。 クラブの発表によれば、松田は10日に行われた明治安田生命J1リーグ第21節の名古屋グランパス戦で負傷。左下腿三頭筋筋損傷との診断が下り、全治3週間となるようだ。 松田は今シーズン、ここまで全21試合にスタメン出場していた。 C大阪は現在、J1リーグ13勝3分け6敗の3位。14日に行われる次節、湘南ベルマーレをホームに迎え撃つ。 2020.10.13 16:35 Tue
twitterfacebook