【ブンデス第19節プレビュー】2位バイエルンvs5位シャルケの上位対決開催!

2020.01.24 18:01 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
再開初戦となった前節、上位陣ではボルシアMGを除いて勝利を収め、ライプツィヒが首位をキープ。バイエルンが2位に浮上した。そしてドルトムントではFWハーランドがデビュー戦でハットトリックを決める衝撃のデビューを飾った。迎える第19節、バイエルンvsシャルケの上位対決が開催される。ヘルタ・ベルリン相手に後半の4発で快勝したバイエルン(勝ち点36)は、MFキミッヒが出場停止から復帰。FWコマンも練習に復帰した中、ほぼ盤石の状態でシャルケ戦に臨める状況だ。5連勝として4ポイント差で追うライプツィヒ追走となるか。

対するシャルケ(勝ち点33)は前節ボルシアMG戦を2-0と快勝し、5位をキープ。新戦力のMFグレゴリッチュが早速ゴールを挙げ、好調なチームに新たな得点源が加わった格好だ。前線を牽引するFWラマンと共にグレゴリッチュがバイエルン相手に脅威となれるか。

そして首位ライプツィヒ(勝ち点40)は、11位フランクフルト(勝ち点21)とアウェイで対戦する。ウニオン・ベルリン相手にFWヴェルナーのドッペルパックで3-1と快勝したライプツィヒは、移籍したMFデンメの穴を感じさせない試合を演じた。後半戦も最高のスタートを切った中、連勝を3に伸ばせるか。

一方の11位フランクフルト(勝ち点21)はMF鎌田が負傷により、MF長谷部が病気によりそれぞれ欠場となった中、ホッフェンハイムに2-1と競り勝ち、連敗を3で止めた。4バックへの変更によって勝利したため、復帰が予想される長谷部はスタメンを外れる可能性が高いが、首位ライプツィヒ相手にフランクフルトは連勝となるか。

シャルケに力負けする格好となって3位に後退したボルシアMG(勝ち点35)は、15位マインツ(勝ち点18)とのホーム戦に臨む。ややチームの勢いに陰りが見られるボルシアMGだが、格下相手に勢いを取り戻したい一戦となる。

途中出場ハーランドの活躍によってアウグスブルクに5-3と打ち勝った4位ドルトムント(勝ち点33)は、金曜に13位ケルン(勝ち点20)とのホーム戦に臨む。一時は1-3とリードされる苦しい展開を強いられた中、デビュー戦でハットトリックを達成したハーランドの活躍により勝利を手繰り寄せたドルトムント。4連勝中と好調を持続するケルン相手に衝撃のデビューを飾ったハーランドの再びの活躍は見られるか。

最後にFW大迫が最終盤の出場のみに終わった16位ブレーメン(勝ち点17)は、8位ホッフェンハイム(勝ち点27)とのホーム戦に臨む。前節デュッセルドルフ戦では1-0と逃げ切り、連敗を4で止めたブレーメン。残留を争うライバルから貴重な勝利を手にした中、大迫は引き続きベンチスタートが予想されるが、チームの勝利に貢献する働きを見せられるか。

◆ブンデスリーガ第19節
▽1/24(金)
《28:30》
ドルトムント vs ケルン

▽1/25(土)
《23:30》
ウニオン・ベルリン vs アウグスブルク
フランクフルト vs ライプツィヒ
ヴォルフスブルク vs ヘルタ・ベルリン
ボルシアMG vs マインツ
フライブルク vs パーダーボルン
《26:30》
バイエルン vs シャルケ

▽1/26(日)
《23:30》
ブレーメン vs ホッフェンハイム
《26:00》
レバークーゼン vs デュッセルドルフ
コメント
関連ニュース
thumb

バイエルンがスパーズの守備をするりとかわし、流れるようなパスワークから決めた美しいゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆レヴァンドフスキが美しいパス回しからフィニッシュ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRaENoQU8yUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ドルトムントでブレイクを果たしたレヴァンドフスキは、2014年夏にバイエルンに加入。絶対的エースとして得点を量産している。 豊富なゴールパターンから驚異的なペースでゴールを決めているレヴァンドフスキだが、2019年10月1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのトッテナム戦では、美しいパスワークからゴールを決めている。 5-2とバイエルンが大きなリードを奪って迎えた87分、カウンターからバイエルンがチャンスを作り、左サイドのMFイバン・ペリシッチにボールが入る。ドリブルでボールを前線に運んだペリシッチは、ペナルティーアーク内でフリーのMFフィリペ・コウチーニョにパスを出す。 パスを受けたコウチーニョは、相手のプレッシャーをかわしながらボックス内のレヴァンドフスキにダイレクトでラストパス。レヴァンドフスキもダイレクトでこのパスをゴール左に決め、流れるようなパス回しからいとも簡単に追加点を奪ってみせた。 このゴールの直後にも追加点を奪ったバイエルンが7-2と大勝を収めている。 2020.11.30 19:00 Mon
twitterfacebook
thumb

遠藤航フル出場のシュツットガルト善戦もバイエルンが逆転勝利で首位キープ《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第9節、シュツットガルトvsバイエルンが28日に行われ、1-3でバイエルンが勝利した。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 前節ホッフェンハイム戦を土壇場で3-3の引き分けに持ち込んだ8位シュツットガルト(勝ち点11)は、遠藤が開幕から9試合連続スタメンとなった。 対する首位バイエルン(勝ち点19)は前節ブレーメンに引き分け、2位ドルトムントに1ポイント差と迫られたが、3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではザルツブルク相手に3-1と快勝し、決勝トーナメント進出を決めた。リーグ戦に集中できる状況となった中、ザルツブルク戦のスタメンから2選手を変更。ロカとクリス・リチャーズに代えてトリソとリュカを起用した。 3トップに右からニャブリ、レヴァンドフスキ、コマンと並べ、トップ下にミュラーを据える[4-2-1-3]で臨んだバイエルンは開始3分、レヴァンドフスキのヘディングシュートが左ポストに直撃した。 一方、クリバリを最前線起用としたシュツットガルトは11分、カストロの直接FKでゴールに迫った。互角の攻防で立ち上がった中、シュツットガルトが20分に先制する。カウンターの流れから右サイドのワマンギトゥカの折り返しをクリバリが押し込んだ。 先制したシュツットガルトは35分、高い位置でボールを奪った流れからフェルスターが決定的なシュートを浴びせれば、その1分後にも決定機。フェルスターがボックス右に侵入してシュートに持ち込んだが、GKノイアーの好守に阻まれた。 すると38分、バイエルンが同点とする。ニャブリの見事なダイレクトパスを起点に、ミュラーのパスを受けたコマンがボックス左に侵入。カットインからゴール左にシュートを蹴り込んだ。 追いついたバイエルンは42分にニャブリがボックス右からGK強襲のシュートを浴びせると、追加タイム1分に逆転した。コマンのパスをバイタルエリア中央で受けたレヴァンドフスキがゴール右に強烈なミドルシュートを突き刺した。 迎えた後半、いなすバイエルンがリードを保つ中、69分にコマンとニャブリの両ウイングをお役御免とし、サネとドグラス・コスタを投入。 追うシュツットガルトは72分にようやく決定機。カマラがワマンギドゥカのマイナスクロスに合わせたが、DFに阻止された。 そして88分、ボックス右でパスを受けたドグラス・コスタがカットインから左足のシュートでネットを揺らし、バイエルンが3-1で逆転勝利。首位キープに成功している。 2020.11.29 01:41 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルン期待の逸材FWザークツィーがデビュー戦ファーストタッチで記録したプロ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はU-21オランダ代表FWジョシュア・ザークツィーがバイエルンで決めたプロ初ゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ザークツィー衝撃のプロ初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ5ZzF2UWhhUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2017年夏に母国のフェイエノールトユースからバイエルンの下部組織に引き抜かれたザークツィー。順調にアンダーカテゴリーを進むと、2019年にファーストチームデビューを飾った。 2019年12月18日に行われたブンデスリーガ第16節のフライブルク戦がプロデビュー戦となったザークツィーだが、デビュー戦でいきなり初ゴールを決めている。 1-1と同点のまま迎えた90分、途中交代でザークツィーがピッチに立つ。すると直後の92分、ボックス手前でボールを持ったFWセルジュ・ニャブリのパスを受けたザークツィーが、ファーストタッチでGKの股を通すゴールを決めてみせた。 デビュー戦2分のファーストタッチでプロ初ゴールを決めるという離れ業をやってのけたザークツィー。決勝点となる勝ち越し弾を決め、チームの勝利に貢献している。 2020.11.28 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

“ロベリー”が見せた阿吽の呼吸!リベリーがロッベンに送ったピンポイントの浮き球スルーパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はフィオレンティーナの元フランス代表FWフランク・リベリーがバイエルン時代に決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆“ロベリー”コンビが見せた阿吽の呼吸<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJyMGhIU3pQbiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2007年夏にマルセイユからバイエルンに加入したリベリーは、世界屈指のウインガーとしてバイエルンで長きに渡り活躍。数多くのタイトルを勝ち取った。 共にバイエルンのウインガーとして長く活躍したFWアリエン・ロッベンとは“ロベリー”と呼ばれた強力タッグを形成したが、2013年8月9日に行われたブンデスリーガ開幕戦のボルシアMG戦では、そんな両選手のコンビからゴールを決めている。 0-0で迎えた12分、相手陣内中央でボールを受けたリベリーは、前線で走り出すロッベンを確認すると、柔らかい浮き球スルーパスを送る。相手ディフェンスラインの裏に見事に落ちたパスは、ロッベンの走路にピンポイントで入ると、ロッベンがハーフバウンドのところを左足で合わせ、見事な先制ゴールを挙げた。 この先制点で試合の主導権を握ったバイエルンは、試合に3-1で勝利している。 2020.11.28 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ボアテングが“デア・クラシカー”で見せた正確無比な逆足ロングフィード【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はバイエルンの元ドイツ代表DFジェローム・ボアテングが決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ボアテングが正確なロングフィードでレヴァンドフスキをアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJCQ3NXM1hzOSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2011年夏にマンチェスター・シティからバイエルンに移籍したボアテングは、ドイツの絶対王者の守備の要として活躍。世界屈指のCBとしてのステータスを確固たるものにした。 安定した守備力に加え、前線への正確なロングフィードも得意とするボアテングだが、2015年10月4日に行われたブンデスリーガ第8節のドルトムント戦では、強みを活かしたアシストを記録している。 2-1とバイエルンリードで前半を折り返し、後半開始早々の46分、最終ラインでボールを持つボアテングは、ドリブルでボールを運ぶと、左足で前線にロングフィードを送る。相手ディフェンスラインの裏に落ちたボールにFWロベルト・レヴァンドフスキが追いつくと、そのままGKを抜き、ゴールイン。後半早々に相手を突き放す追加点を決めた。 このゴールで試合の流れを引き寄せたバイエルンが、5-1でライバル相手に大勝を収めている。 2020.11.28 16:00 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly