だってもう開幕カードで楽しむしかないでしょ!? の巻/倉井史也のJリーグ

2020.01.19 13:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
開幕戦と2節のカードが発表されたわけなんですけど、実はまだ選手の陣容って固まってないんだよね。なのにこのワクワク感って、もしかしてU-23アジア選手権の反動ですか? 1月26日の決勝戦まで楽しめるんじゃないかって思ってたのに、もうタイ以外は興味ないやって大会になってて、だから開幕戦のこと考えて紛らわせてませんか? 私はそうです。

ってことで、開幕戦カードのこれまでの成績を調べておいたよ!! もちろん、J1リーグ戦の結果で、ホーム&アウェイも考慮済み!! みんな、この数字からモーソーを深めてほしいのだ。なお、カッコの中の順位は2019年の成績です。

湘南(16位)<9勝41得点>—2分—<17勝60得点>浦和(14位)

仙台(11位)<9勝32得点>—4分—<9勝30得点>名古屋(13位)

柏(J2・1位)<8勝24得点>—1分—<5勝19得点>札幌(10位)

川崎(4位)<8勝21得点>—4分—<4勝15得点>鳥栖(15位)

C大阪(5位)<5勝13得点>—4分—<3勝11得点>大分(9位)

横浜FM(1位)<30勝97得点>—11分—<17勝80得点>G大阪(7位)

清水(12位)<11勝36得点>—7分—<18勝49得点>FC東京(2位)

神戸(8位)<2勝6得点>—0分—<0勝0得点>横浜FC(J2・2位)

広島(6位)<19勝68得点>—8分—<29勝84得点>鹿島(3位)

どうです、横浜FMvsG大阪の対戦数58試合って、すごく歴史を積み上げてきてるって感じがしませんか。で、神戸vs横浜FCはこれまで2回しか対戦がないってのも、なんかフレッシュな感じで。もしこの試合でカズが点取っちゃったら、横浜FCが神戸から初めて挙げるゴールになるんですよ。あぁ、なんかありそうな気もする!! いやいや、こんなにモーソーし過ぎてるのも、もしかしたらやっぱりショックを忘れたいからかもなぁ……。
【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。
コメント