C大阪が新背番号を発表! 豊川は「32」、西川は「49」に決定!

2020.01.12 18:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セレッソ大阪は12日、2020シーズンの背番号を発表した。昨シーズンから就任したミゲル・アンヘル・ロティーナ監督の下、J1最小失点で5位フィニッシュとなったC大阪。新シーズンに向けて、MF水沼宏太が横浜F・マリノスに移籍したが、その後釜としてベルギーのオイペンからFW豊川雄太(25)を獲得した。

また、モンテディオ山形でブレイクしたMF坂元達裕や、鹿島アントラーズからDF小池祐太を補強。その一方で、昨シーズンから出場機会が減少したブラジル人MFソウザの去就は不透明となっており、背番号は割り当てられていない。

主な選手の背番号は豊川が「32」、坂元は「17」、小池は「4」に決定。その他、桐光学園高校から加入する高校生No1アタッカーとも呼び声高いMF西川潤は「49」を着用する。

◆2020シーズン選手背番号
新加入:☆(←前所属)※移籍形態

GK
1.永石拓海☆(←レノファ山口FC)※復帰
21.キム・ジンヒョン
27.アン・ジュンス☆(←鹿児島ユナイテッドFC)※復帰
45.茂木秀

DF
2.松田陸
4.小池裕太☆(←シント=トロイデン/ベルギー)※完全移籍
14.丸橋祐介
15.瀬古歩夢
16.片山瑛一
22.マテイ・ヨニッチ
39.庄司朋乃也☆(←大分トリニータ)※復帰
43.西尾隆矢☆(←セレッソ大阪U-18)※昇格
46.田平起也☆(←神戸弘陵学園高校)※新加入

MF
3.木本恭生
5.藤田直之
6.レアンドロ・デサバト
10.清武弘嗣
17.坂元達裕☆(←モンテディオ山形)※完全移籍
25.奥埜博亮
26.秋山大地☆(←モンテディオ山形)※復帰
29.島村拓弥☆(←京都サンガF.C.)※期限付き移籍
30.喜田陽☆(←アビスパ福岡)※復帰
38.西本雅崇
41.松本凪生☆(←セレッソ大阪U-18)※昇格
44.吉馴空矢☆(←←セレッソ大阪U-18)※昇格
47.前川大河☆(←アビスパ福岡)※復帰
49.西川潤☆(←桐光学園高校)※新加入

FW
8.柿谷曜一朗
9.都倉賢
13.高木俊幸
18.鈴木孝司
19.澤上竜二
20.ブルーノ・メンデス
24.ウェリング・ピアス
28.中島元彦
31.山内寛史☆(←FC町田ゼルビア)※復帰
32.豊川雄太☆(←オイペン/ベルギー)※完全移籍
33.タワン
34.山田寛人☆(←FC琉球)※復帰
40.安藤瑞季
42.藤尾翔太☆(←セレッソ大阪U-18)※昇格
コメント
関連ニュース
thumb

C大阪DF庄司朋乃也がV・ファーレン長崎へ期限付き移籍

V・ファーレン長崎は28日、DF庄司朋乃也(23)がセレッソ大阪から期限付き移籍で加入したことを発表した。期間は2021年1月31日までとなる。 C大阪の下部組織出身である庄司は2017年にトップチームに昇格すると、同年に金沢、2019年には大分へ期限付き移籍。今季はC大阪に復帰するもJ1リーグ、ルヴァンカップともに1試合の出場に留まっていた。 移籍に際し、長崎の公式サイトで「セレッソ大阪から来ました、庄司朋乃也です。残りの試合でチームの力になれるよう全力で頑張ります。よろしくお願いいたします」と挨拶。また、C大阪の公式サイトでは「この度、V・ファーレン長崎へ期限付き移籍することになりました。成長して帰って来られるよう頑張ってきます」とコメントしている。 187㎝のセンターバックである庄司は、各アンダーカテゴリーの日本代表に選ばれてきた逸材。2018年にはU-21日本代表としてAFC U-23選手権に出場していた。 2020.10.28 16:36 Wed
twitterfacebook
thumb

浦和が堅守C大阪に3発逆転勝利! ホーム連勝で4戦無敗に《J1》

24日、明治安田生命J1リーグ第24節の浦和レッズvsセレッソ大阪が埼玉スタジアム2002で行われ、3-1で浦和が勝利した。 3試合負けなしの浦和は前節、3連敗中だったホームでベガルタ仙台に6-0と完勝。その試合から出場停止の宇賀神に代わって左サイドバックに山中をチョイスした。一方、C大阪は前節、横浜F・マリノスに4-1で圧勝。その試合で2ゴールを記録した豊川が今季2度目のスタメン出場となった。 好調同士による両者の一戦は試合序盤からセットプレーを活用するC大阪が浦和ゴールに迫っていく。それでも大きなチャンスを作ることはできず、静かな序盤戦となったなか、C大阪が22分に決定機。レアンドロ・デサバトからのフィードに反応した豊川がボックス右からシュートを放ったが、GK西川の好セーブに遭う。さらにこぼれ球に奥埜が反応するも、こちらは槙野の対応に遭った。 これでペースを掴んだC大阪は28分、西川のゴールキックを自陣ハーフライン付近で木本が弾き返すと、このボールに反応した豊川が岩波と入れ替わり、中に切れ込んでボックス中央手前から右足シュート。槙野の股下を抜けたボールがゴール左に決まり、先制に成功する。 リードを許した浦和は失点から4分後の32分、高い位置で長澤がボールを奪取すると、武藤を経由してボックス左の汰木の足元へ。スピードを活かしたドリブル突破を試みると、瀬古に倒されてPKを獲得。キッカーの興梠のシュートはGKキム・ジンヒョンに触られながらも、ゴールネットを揺らしてスコアをタイに戻した。 その後は主導権を握られる展開となった浦和だが44分、敵陣中央右サイドから供給した長澤のクロスは相手DFにクリアされるが、敵陣中央で山中がセカンドボールを回収。ボックス中央手前から左足を振り抜くと、低弾道シュートがゴール前の瀬古に当たってゴールイン。見事に逆転に成功した。 後半は1点ビハインドで試合を折り返したC大阪が立ち上がりからチャンスを作るなか、浦和は57分と58分に立て続けに武藤に追加点のチャンスが巡ってくるも、どちらのシュートも枠に飛ばすことはできない。 65分に奥埜を下げてブルーノ・メンデスを送り込んだアウェイチームは69分、敵陣中央でボールを収めた清武が右サイドへ展開。駆け上がってきた片山のクロスをファーサイドのブルーノ・メンデスがヘディングシュートに繋げたが、GK西川のファインセーブに遭ってしまった。 対して、浦和は71分にレオナルドと古巣対戦の杉本を投入した直後、敵陣左サイド深くを突破した汰木がマイナスへクロス。ファーストプレーとなるレオナルドが対峙したDFのタイミングを外してから右足シュートを放つと、GKキム・ジンヒョンに弾かれたボールをマルティノスが押し込んで決定的な3点目を奪った。 その後、西川潤など5枚の交代カードを切ったC大阪に反撃を許さなかった浦和が3-1で逃げ切り。逆転勝利を収めて、4戦無敗となる2連勝を達成。敗れたC大阪は3試合ぶりの黒星となった。 浦和レッズ 3-1 セレッソ大阪 【浦和】 興梠慎三(前34) 山中亮輔(前44) マルティノス(後26) 【C大阪】 豊川雄太(前28) 2020.10.24 19:11 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第24節:浦和vsC大阪】浦和のケチャップは出続けるか? C大阪は2位死守へ

【明治安田生命J1リーグ第24節】 2020年10月24日(土) 17:00キックオフ 浦和レッズ(9位/37pt) vs セレッソ大阪(2位/48pt) [埼玉スタジアム2002] ◆ホームで連勝へ、ケチャップは残っているか【浦和レッズ】 前節はホームにベガルタ仙台を迎えて6-0と圧勝。ホームでは実に8月29日の大分トリニータ戦以来6試合ぶりの白星となった。 この試合では立ち上がりから積極的なプレーを見せると8分に鮮やかな連携から長澤和輝が先制点。その後は“仙台キラー”の興梠慎三が2ゴール、途中出場のレオナルドが2ゴールを挙げるなど、大量6ゴールを奪った。 直近7試合で4ゴールしか奪えなかった浦和は、まさに詰まっていたケチャップが出た状況。その勢いを、今節もホームで見せられるか、真価が問われる試合となる。 チーム状態は上向いているが、この先は上位との試合やアウェイ4連戦など険しい道が続く。浦和の意地を見せるためにも、ここで上位を叩いておきたいところだ。 ポイントとなるのは中盤での守備からのショートカウンター。高いポゼッションを誇るC大阪のパス回しをどこで奪っていくのか、連動した動きが勝敗を分けるだろう。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:西川周作 DF:橋岡大樹、岩波拓也、槙野智章、山中亮輔 MF:マルティノス、長澤和輝、エヴェルトン、汰木康也 FW:武藤雄樹、興梠慎三 監督:大槻毅 ◆まずは良い守備から、2位を死守へ【セレッソ大阪】 前節は1週間前、ホームに横浜F・マリノスを迎えて4-1と快勝を収めたC大阪。奥埜博亮、豊川雄太が効率よく2点ずつ決めて勝利した。 一時は5試合で1勝4敗と一気に調子を落とし、気がつけば首位の川崎フロンターレははるか遠い存在に。優勝争いよりも、2位を死守することから考えなくてはいけなくなってしまった。 それでもチームの状態は上向き。ホームで連勝を収めただけに、ここでもう一度勝ちグセをつけたいところだ。 ポイントは持ち味である堅い守備から、効果的な攻撃を仕掛けられるかどうか。良い守備でペースを掴んで、一気に攻撃に転じたいところ。浦和守備の隙をしっかりと突いていきたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:片山瑛一、マテイ・ヨニッチ、瀬古歩夢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、レアンドロ・デサバト、藤田直之、清武弘嗣 FW:奥埜博亮、ブルーノ・メンデス 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ 2020.10.24 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

C大阪のMF吉馴空矢が交通事故、双方にケガなし

セレッソ大阪は22日、MF吉馴空矢(よしなれたかや)が交通事故を起こしていたことを公表した。 クラブによると、事故の発生は21日(水)の12時30分ごろ。吉馴が運転する乗用車が自らの不注意で、信号待ちをしている前方の車に接触したという。 相手乗用車の運転手および吉馴にケガはなく、事故発生後に警察へ届け出を提出し、対応したとのこと。 事故を起こした吉馴は、「この度、私の不注意からこのような事故を起こしてしまい、相手の方に心よりお詫び申し上げます。運転中は常に集中し、周りの確認を怠らないよう改めて注意を払い安全運転を心がけます。本当に申し訳ございませんでした」と深く謝罪している。 同クラブの育成組織出身の吉馴は、昨年に2種登録し、今シーズンからトップチーム登録された19歳。今季はU-23チームで明治安田生命J3リーグ19試合に出場している。 2020.10.22 17:51 Thu
twitterfacebook
thumb

奥埜&豊川が2ゴール! 横浜FMは鬼門ヤンマースタジアムを攻略出来ず大敗《J1》

明治安田生命J1リーグ第23節、セレッソ大阪vs横浜F・マリノスが17日にヤンマースタジアム長居で行われ、4-1でC大阪が勝利した。 前節は最下位の湘南ベルマーレに苦戦を強いられるも、後半アディショナルタイムのマテイ・ヨニッチの値千金ゴールで連敗を止めたC大阪(勝ち点45)。この勝利でJ1通算150勝目となり、リーグ後半戦は5試合で1勝4敗と苦しい戦いが続いていただけに、嬉しいトピックとなった。 一方、横浜FM(勝ち点38)は6連勝中だったガンバ大阪相手に1-1のドローで、なんとか勝ち点1を獲得。ここ5試合の成績を2勝2分け1敗としている。互いに前節から中2日となる両者だが、それぞれスタメン変更は1人と3人にとどめている。 立ち上がりの4分に巧みなパスワークからチャンスを作ったC大阪は10分、右サイドの坂元がキックフェイントで相手を躱して左足でクロスを上げると、DFの間に飛び込んだ奥埜が頭で叩き込み、幸先良く先制に成功した。 その後も坂元を中心に攻撃を組み立てるC大阪に対して主導権を握りたい横浜FMだが、組織的なブロックを前になかなかキラーパスが通らない。いざアタッキングサードに侵入しても、強度の高い守備に絡めとられてしまう。 そうなると攻撃はサイドやカウンターに。37分に右サイドの松原から上がったクロスをエリキが待ち構えたが、上手く合わせられずマテイ・ヨニッチのブロックに逢う。39分には素早い攻撃からマルコス・ジュニオールがボックス右からシュートへ。相手に当たってコースが変わったシュートは左ポストを叩いて惜しくもゴールとはならなかった。 続く44分には、ハーフウェイライン付近でボールを奪ったエリキからカウンターを発動。左のジュニオール・サントスに展開し、グラウンダーのクロスを再びエリキが押し込んだが完全にオフサイド。前半最大の決定機を逃してしまう結果に。 後半は横浜FMがポゼッションを高めるものの、C大阪も集中した守りを見せて膠着状態が続く。そんな中、66分に初めてC大阪が交代カードを切ると、ここから大きく試合が動く。 交代直後の67分、右サイドの片山のクロスをボックス左の清武が頭で落とすと、ゴール前に飛び込んだ途中出場の豊川は届かなかったものの、逆サイドの奥埜がこぼれ球を回収。誰もがクロスを意識する中、奥埜は角度のない所からGKのニアを突くシュートを流し込んだ。 さらにその4分後、再び片山起点のロングボールをボックス手前右で収めた豊川が、GK梶川の位置を確認してループシュートを選択。これが見事にゴールに収まり、瞬く間に3点のリードを得た。 だが、これで止まらないホームチームは80分、左サイドに流れた奥埜がふわりとしたボールを前線に供給。これでGKと一対一となった豊川が冷静に仕留めて4点差に広げた。 守備崩壊の横浜FMは、途中出場で古巣対戦の水沼が後半アディショナルタイムに1点を返すが焼け石に水。試合は4-1でC大阪が勝利し、2連勝を収めた。一方の横浜FMはヤンマースタジアム長居でまたも敗戦。2012年以降14戦未勝利で、4分け10敗となっている。 セレッソ大阪 4-1 横浜F・マリノス 【C大阪】 奥埜博亮(前10) 奥埜博亮(後22) 豊川雄太(後26) 豊川雄太(後35) 【横浜FM】 水沼宏太(後46) 2020.10.17 17:05 Sat
twitterfacebook