イブラが復帰2戦目で初ゴール! 本拠地サン・シーロでの得点に意欲

2020.01.12 11:25 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが復帰後初ゴールに言及した。

今冬、38歳にして約8年ぶりのミラン復帰が決まり、6日に本拠地で行われたセリエA第18節のサンプドリア戦に途中から出場したイブラヒモビッチ。続く11日、敵地で行われた第19節のカリアリ戦で復帰後初先発を果たすと、65分に敵陣左サイド深くからDFテオ・エルナンデスが折り返したボールにボックス左で左足ダイレクトで合わせ、チームに4試合ぶりの白星をもたらした。

復帰2試合目でゴールネットを揺らしてみせたイブラヒモビッチ。2012年5月6日のインテル戦以来となるミランでの得点後、イタリア『スカイ』に対して、こうコメントした。

「ストライカーとして、ゴールは重要。決まることもあれば、そうならないときもあるけどね。良い気分だ。試合開始時、いくつかミスもあったが、試合を重ねていけば、シャープさは取り戻せる。敵地じゃなく、サン・シーロであれば、神のように祝われる。俺がゴールを決めるたびにね。それは俺に活力を感じさせてくれるものだ!」

なお、イブラヒモビッチはカリアリ戦にフル出場。ミランは19日に行われる次節、ウディネーゼをホームに迎え撃つ。
コメント
関連ニュース
thumb

インモービレ欠いたラツィオ、イブラ復帰弾のミランに完敗でユーベと7ポイント差に《セリエA》

セリエA第30節、ラツィオvsミランが4日に行われ、0-3でミランが完勝した。 前節トリノに逆転勝利し、2戦連続での逆転劇となって首位ユベントスを4ポイント差で追走する2位ラツィオ(勝ち点68)は、インモービレとカイセドが共に累積警告で欠場となった中、コレアとL・アルベルトが2トップを形成した。 一方、最下位SPALに何とかドローに持ち込む形となった7位ミラン(勝ち点43)は、カスティジェホが負傷欠場となった中、前節復帰したイブラヒモビッチが先発となった。 立ち上がりからボールを握ったのはラツィオとなったが、シュートにつなげることはできない。 すると23分、ミランが最初のチャンスで先制する。ボックス手前左からチャルハノールが右足を振り抜くと、DFにディフレクトしたシュートがGKストラコシャの頭上を越えてネットを揺らした。 さらに33分、サレマーカーズの右クロスがボックス内のラドゥの手に当たり、ミランにPKが与えられる。このPKをイブラヒモビッチが決め、ミランがリードを広げた。 ハーフタイムにかけてチャルハノールが負傷するアクシデントがあったミランだったが、ラツィオに流れを渡さず2-0で前半を終えた。 迎えた後半、負傷明けのイブラヒモビッチに代えてレビッチを投入したミランに対し、ラツィオはルーカス・レイバに代えてアタッカーのアディナカイを投入。 53分にラツィオはロングカウンターからL・アルベルトのラストパスを受けたラッツァーリがネットを揺らすも、オフサイドに阻まれる。 すると59分、ミランに3点目が生まれた。ボナヴェントゥーラのラストパスをボックス左で受けたレビッチが確実にシュートを流し込んだ。 敗勢のラツィオはミリンコビッチ=サビッチが負傷交代となった中、終盤にかけてもチャンスを生み出せずに完敗。エースを欠いた影響が大きく痛恨の黒星を喫し、ユベントスとのポイント差が7に拡大した。 2020.07.05 06:37 Sun
twitterfacebook
thumb

ミランに痛手…カスティジェホが右ハムストリングを負傷…

ミランは3日、スペイン人FWサムエル・カスティジェホの負傷を発表した。 カスティジェホは1日に行われたセリエA第29節のSPAL戦(2-2のドロー)で先発出場を果たしたが、前半の15分過ぎに右足を痛め、負傷交代を強いられていた。 そして、クラブのメディカルスタッフによる精密検査の結果、右ハムストリングにグレード1の損傷を負っていることが発覚した。 ミランは現時点での離脱期間は明かしていないが、1週間以内に再検査を行うことを発表しており、少なくとも1週間以上の離脱が見込まれる。 そのため、今月4日と7日に行われるセリエA第30節と第31節のラツィオ戦、ユベントス戦の欠場が決定的となっている。 2018年夏にビジャレアルから加入したカスティジェホは今シーズン、前半戦こそ出場機会に恵まれなかったが、2020年に入って定位置を確保すると、ここまで公式戦22試合2ゴール4アシストを記録している。 2020.07.03 21:25 Fri
twitterfacebook
thumb

イブラ復帰ミラン、最下位SPALに何とかドロー《セリエA》

ミランは1日、セリエA第29節でSPALとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 3日前に行われた前節ローマ戦を勝利して再開後2連勝とした7位ミラン(勝ち点42)は、ローマ戦のスタメンから3選手を変更。ボナヴェントゥーラ、A・コンティ、ケアーに代えてパケタ、カラブリア、ガッビアを起用し、ベンチには負傷していたイブラヒモビッチが戻った。 最下位SPAL(勝ち点18)に対し、立ち上がりからボールを持ったミランは13分、CKの流れから混戦の中をヴァロティに蹴り込まれ、最初のピンチで失点する。 そして直後にはカスティジェホがスプリントの際に右足太ももを痛め、サレマーカーズとの交代を強いられた。 その後、17分にチャルハノールのコントロールシュートが枠を捉えるも、ここはGKの好守に阻止されると、30分にスーパーゴールで失点する。ゴール正面からフロッカーリに見事なドライブシュートを叩き込まれた。 2点を追う展開となったミランは37分にチャルハノールがネットを揺らすも、ラストパスを出したレビッチのポジションがわずかにオフサイドだったとしてノーゴールに。 それでも42分、テオ・エルナンデスがダレッサンドロに悪質なタックルを受けてVARの末に一発退場となり、ミランは数的優位となって前半を終えた。 後半からカラブリアに代えてレオンを投入したミランは、サレマーカーズを右サイドバックに配置。攻撃的な布陣で臨み、攻勢に出る展開が続くもゴールを割るには至らない。 そこで65分にイブラヒモビッチを投入すると、79分に1点差に詰め寄る。左サイドからのクロスが流れたところをボックス中央のレオンが受け、ゴール右へ丁寧に蹴り込んだ。 その後も攻め込み続けたミランは敗色濃厚となった中、追加タイム4分に追いつく。サレマーカーズの右クロスがヴィカリのオウンゴールを誘った。しかし反撃はここまで。最下位のSPAL相手に痛恨のドローに終わってしまった。 2020.07.02 06:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ミラン、今冬にレンタル加入したMFサレマーカーズの買い取りOPを行使

ミランは1日、U-23ベルギー代表MFアレクシス・サレマーカーズ(21)の買取オプションを行使したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 ベルギー屈指の名門アンデルレヒトのアカデミー出身のサレマーカーズは2018年2月にトップチームデビュー。右サイドを主戦場とする突破力と攻撃センスに長けたアタッカーは、トップチームで公式戦64試合2ゴール6アシストを記録した。 この活躍が認められ、今冬にミランへレンタル移籍で加入。ミランでは出場機会に恵まれず、公式戦6試合で92分の出場にとどまっていた。それでも出場した際にはポテンシャルを感じさせるプレーを披露しており、今回の完全移籍を勝ち取った。 なお、移籍金について明かされていないが、フランス『Foot Mercato』によれば総額700万ユーロ(約8億5000万円)になるとのことだ。 2020.07.02 02:10 Thu
twitterfacebook
thumb

“ゴールの外科医”トマソンが完璧な抜け出しから絶妙ループを披露【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は「ゴールの外科医」の異名を持つ元デンマーク代表FWのヨン・ダール・トマソン氏がミラン時代に決めたゴールだ。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJlREFyM1htMiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> トマソン氏は、代表通算112試合52得点を誇るデンマークのレジェンド。2002年の日韓ワールドカップ(W杯)で得点ランク3位の4得点を挙げるなど、決定力高きストライカーとして名を馳せる。 在籍したクラブもヘーレンフェーンやニューカッスル、フェイエノールト、ミラン、シュツットガルト、ビジャレアルといった欧州の有名クラブばかり。 今回はミラン時代の2004年2月1日に行われたセリエA第19節のボローニャ戦でのゴールだ。 1-0とミランがリードする展開で迎えた83分、FWアンドリー・シェフチェンコとの交代でトマソンはピッチに立つ。すると、終了間際の89分、DFセルジーニョのロングパスに完全に抜け出すと、ボックス外で優しく胸トラップ。キーパーの位置ほほとんど見ることなく、そのまま左足でループシュートを放った。シュートは相手GKジャンルカ・パリュウカの頭上を越え、ゆっくりと逆サイドのゴールネットを揺らした。 このシーズンのミランの主役はシェフチェンコやアンドレア・ピルロであったが、トマソン氏もFWとしてマルチなプレーを見せ、スクデット獲得に多いに貢献していた。 2020.06.29 17:45 Mon
twitterfacebook