国立競技場は陸上競技場?/六川亨の日本サッカー見聞録

2020.01.03 11:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
あけましておめでとうございます。

といったところで、令和2年の天皇杯はJ1神戸が創部25年にして初めてのタイトルを獲得した。試合巧者の鹿島に前半で2-0とリードすると、後半は鹿島の猛攻に遭いながらも時間を上手く使って逃げ切り、初の戴冠を果たした。

試合後のセレモニーでは、ホームのゴール裏サポーターから「三木谷」コールが起きると、オーナーの三木谷氏も手を振ってサポーターに応えていた。

鹿島は、シーズン中に鈴木優磨や安部裕葵ら主力選手が海外のチームに移籍しながらも決勝まで勝ち上がってきたのには、伝統の底力を感じずにはいられない。イニエスタから何度もボールを奪ったレオ・シルバは孤軍奮闘していたものの、攻撃陣の迫力に欠けたのが敗因だったのではないだろうか。

正直なところ、神戸が優勝してよかったと思う。それというのも神戸は昨シーズンから三木谷オーナーの個人的なマネーで大型補強をしてきたからだ。先行投資が、天皇杯優勝という結果に結びついた。

かつてC大阪はディエゴ・フォルランを獲得したものの、結果を残せず低迷した。ビッグネームの獲得は観客動員に貢献したものの、チームの強化に結びつかなかった。

有望な若手選手の海外流出が続きJ1チームは空洞化するなか、ベテランではあるがイニエスタらは数少ない「客を呼べる選手」である。そうした選手を擁してもC大阪のように結果が出なければ、先行投資は失敗したと言われ、「お金をかければ勝てるわけではない」という風潮になってしまう。

そんな現状に風穴を開けたのが、今シーズンの横浜F・Mのシティグループによる外国人選手の獲得であり、神戸の天皇杯優勝だった。

果たして神戸の成功例を、ビッグクラブを自認する首都圏のチーム、浦和とFC東京、さらには財力のある大宮などはどうとらえるか。試合に勝つために、そして勝つだけでなくファン・サポーターに「一度は見てみたい」とスタジアムに足を運ばせる選手の重要性に気付くかどうか。

とりわけ試されるのは、昨シーズンは残留争いに巻き込まれ、新シーズンは強化スタッフが一新された“ビッグクラブ”と言われる浦和の本気度だ。

最後に、こけら落としとなった国立競技場である。日産スタジアムに比べて見やすいものの、やはり陸上競技場のトラックがあるため臨場感はない。可もなく不可もないといった平凡なスタジアムだった。

完成したと言われていたが、メインスタンド中央の記者席は仮設で、監督会見の行われた部屋も臨時と、まだまだ工事は続くようだ。恐らくメインスタンド中央は、今後はロイヤルボックスに改装されることだろう。

そして一番がっかりしたのは、今回は一般ファンに販売されて使用できなかった本来の記者席である。

3層に設置された記者席だが、旧国立競技場と同じでメインスタンドの中央ではなく、右よりに設置されている。普通、サッカースタジアムの記者席は埼玉スタジアムやカシマスタジアムのようにメインスタンド中央に造られている。

しかし国立競技場は前述したように右よりの、陸上競技のゴールラインを延長線上にある。オリンピックとパラリンピック終了後に、国立競技場を陸上競技で使うことはほとんどないだろう。なのに記者席は陸上競技用に造られている。

一般ファンには関係のない話ではあるが、こうした造り、さらにはオリンピックとパラリンピックの終了後はトラックの撤去などにも、もっとJFA(サッカー協会)は発言力を持って欲しいと思わざるを得なかった。果たして国立競技場がサッカーの“聖地”となるのかどうか。

サッカー専用競技場として埼玉スタジアムがあるものの、アクセスの良さは国立競技場にかなわない。だからこそ、サッカーファンの1人として国立競技場は、陸上競技場ではなくサッカーの“聖地”にしたいだけに、残念な現状でもある。

【六川亨】
1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。
コメント