今季限りで現役引退のDF土屋征夫が東京23FC指揮官就任…東京V、神戸、甲府でプレー

2019.12.09 13:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
関東リーグ1部の東京23FCは9日、土屋征夫氏(45)の監督就任を発表した。

土屋はブラジル留学を経て、1997年にヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)とプロ契約後、ヴィッセル神戸、柏レイソル、大宮アルディージャ、ヴァンフォーレ甲府、京都サンガF.C.でプレー。甲府在籍時の2017年にYBCルヴァンカップの最年長出場記録と最年長ゴール記録を更新するなど、公式戦通算583試合35得点の数字を誇り、2018年から東京23FCに活躍の場を移した。そして今年10月21日に今シーズン限りでの現役引退を発表していた。

現役最後に過ごしたクラブで指導者キャリアをスタートすることとなった土屋は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「はじめまして、2020年シーズンより東京23FCの監督に就任しました土屋征夫です」

「今年25年間のプロ生活を終え、指導者の道へ進んで行こうと強く決意した中、2019年シーズンまで在籍した東京23FCから監督としてのオファーを頂きました」

「2018年、関東リーグというこれまであまり向き合ってこなかったカテゴリーにおいて、東京23FCの一員として参加し、非常に新鮮な発見がありました」

「多くの選手がサッカーと仕事を両立して生活する中での厳しさ、辛さをまざまざと感じ、またそれと同時に「サッカーが好き」という気持ちは、私が経験してきたトップカテゴリーと同等の熱意を感じる事が出来ました」

「彼らをもっと高いレベルでプレイさせてあげたい、その気持ちが芽生え始め、選手以外として力になれる事と考えた時、今回の監督という役目を通じてサッカーの厳しさと楽しさを伝えていきたい、そう決意しました」

「私がこれまでのサッカー人生で感じたのは、サッカーは18歳と45歳が抱き合って喜べる、すごく魅力のあるスポーツであるという事です」

「私が監督に就任し、チームを色々と改革していく中で、サッカーへの熱意、質は、選手時代と同様自分自身にも、選手たちにも妥協せず結果を求めていこうと思います」

「東京23FCに関わる全ての人たち、オフィシャルパートナーの皆様、そして江戸川区をはじめとする東京23区の地域の皆様へ少しでも恩返しできるよう、そういった気持ちを持った選手と共に戦いたいです」

「よろしくお願いいたします」
コメント
関連ニュース
thumb

川崎Fが静岡学園DF田邉秀斗の来季加入内定を発表「日本を代表する選手になりたい」

川崎フロンターレは13日、静岡学園高校のDF田邉秀斗(18)の来季加入内定を発表した。 田邉は京都府出身で、奈良YMCAジュニアユースから静岡学園高校へ進学。高校ではサイドバックを務めており、2019年度の全国高校サッカー選手権大会では右サイドバックとして出場し、24年ぶりの全国制覇に貢献していた。 静岡学園出身者は、MF大島僚太、MF長谷川竜也、FW旗手怜央に続いて4人目の入団となる。田邉はクラブを通じてコメントしている。 「川崎フロンターレのサポーターの皆さん、初めまして。この度、静岡学園高校から加入することになった田邉秀斗です。プロ選手になることは小学生の時からの夢でとても嬉しいのですが、ここがスタート地点なので、これから川崎フロンターレで活躍できる選手になり、日本を代表する選手になりたいと思います」 「今までお世話になった先生・監督やコーチ・保護者の方々に恩返しがしたいです。そして、家族に活躍している姿を見せられるように頑張ります」 2020.08.13 15:25 Thu
twitterfacebook
thumb

今治がC大阪のFW澤上竜二を期限付き移籍で獲得、今季はJ3で2ゴール

FC今治は13日、セレッソ大阪のFW澤上竜二(26)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年1月31日までとなり、背番号は「13」をつける。 澤上は大阪体育大学から2016年にC大阪へ入団。加入1年目はJ2で30試合に出場し1ゴールを記録。しかし、徐々に出場機会を減らしており、2019シーズンはJ1リーグ戦の出場なし。U-23としてJ3リーグで26試合に出場し3得点を記録していた。 今シーズンもここまでJ1での出場はないものの、J3で9試合に出場し2得点を記録していた。 澤上は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC今治 「セレッソ大阪から来た澤上竜二です。J2に昇格できるように、1点でも多く得点しチームに貢献できるように頑張りますので、よろしくお願いいたします」 ◆セレッソ大阪 「この2年間はJ3リーグで戦うことが多かったので、FC今治で少しでも成長しセレッソ大阪のトップチームでまた活躍できるよう頑張ってきたいと思います。今後も応援よろしくお願いいたします」 2020.08.13 09:30 Thu
twitterfacebook
thumb

八戸、岩手のDF深井脩平を期限付きで獲得「全身全霊で頑張ります」

ヴァンラーレ八戸は12日、いわてグルージャ盛岡からDF深井脩平(27)が期限付き移籍で加入することを発表した。移籍期間は2021年1月31日までとなり、岩手との公式戦には出場できない。 深井は大宮アルディージャの下部組織出身で、ユースから北陸大学へと進学。2016年にブラウブリッツ秋田へ入団した。 秋田で3シーズンを過ごした深井は、2019年から岩手でプレー。2019シーズンは明治安田生命J3リーグで24試合に出場しプロ初ゴールを記録していたが、今シーズンは秋田豊新監督の下で出場機会がなかった。 深井は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ヴァンラーレ八戸 「この度、いわてグルージャ盛岡から移籍することとなりました。途中からの加入となるため1日でも早くチームに溶け込み、ヴァンラーレ八戸に関わる全ての皆様から認めてもらえるよう全身全霊で頑張ります! 応援よろしくお願いします!」 ◆いわてグルージャ盛岡 「この度ヴァンラーレ八戸へ期限付き移籍することとなりました。試合に出てチームに貢献する事が出来ず、途中で離れることになり大変申し訳ない気持ちです」 「ここで学んだ事は自分のサッカーの財産となり、どこのチームにいっても通用すると自信を持って言えます」 「チームは変わりますが試合に出て元気な姿を岩手の皆さんに見せたいなと思っています。本当にありがとうございました。行ってきます!」 2020.08.12 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

「J1昇格。求めていることはそれだけ」新潟が浦和生え抜きのDF荻原拓也を期限付きで獲得

アルビレックス新潟は12日、浦和レッズのDF荻原拓也(20)が期限付き移籍で加入することを発表した。 なお、移籍期間は2020年8月13日から2021年1月31日となり、浦和との公式戦には出場できない。背番号は「7」をつける。 荻原は、浦和の下部組織出身で2018年にトップチームへ昇格。これまでJ1で13試合に出場。リーグカップで11試合2得点、天皇杯で3試合に出場していた。 今シーズンもJ1で1試合に出場し、カップ戦も2試合に出場している。 荻原は両クラブを通じてコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「J1昇格。自分が求めていることはそれだけです」 「自覚と責任を持つためにもこの背番号を希望して、理解していただいたクラブには感謝しかありません。毎試合すべての力を出し切り、チームの勝利に必ず貢献します」 「アルビレックス新潟サポーターのみなさん、応援よろしくお願いします!」 ◆浦和レッズ 「このたび、アルビレックス新潟へ期限付き移籍をすることになりました」 「ジュニアユースからずっと過ごしてきた大好きなこのクラブから離れる決断は、決して簡単ではありませんでした。チームの力になれなかったことに力不足と悔しさを感じています」 「ファン・サポーターのみなさんには、常に僕に対して期待感をもっていただき、気持ちのこもったご声援をいただいたこと、本当に感謝をしています」 「クラブにも、ファン・サポーターのみなさんにも必要とされる選手になって必ず戻ってきます」 2020.08.12 12:35 Wed
twitterfacebook
thumb

仙台、18歳のGK小畑裕馬とプロA契約! 「勝利へ導くことができるゴールキーパーに」

ベガルタ仙台は11日、GK小畑裕馬(18)とのプロA契約締結を発表した。 仙台の下部組織育ちである小畑は今季からトップチームに昇格すると、GKヤクブ・スウォビィクの負傷離脱もあり、明治安田生命J2リーグ第2節の湘南ベルマーレ戦でJリーグデビュー。その試合を皮切りにJ1リーグ4試合連続でスタメン入りを果たすなど、ここまで5試合に出場しており、先のU-19日本代表候補にも選ばれた。 7月26日に行われた第7節の柏レイソル戦でプロA契約変更に必要な450分の規定出場時間をクリアした小畑はクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「A契約を締結でき、とてもうれしく思います。貢献できていない部分がまだまだたくさんあるので、チームを勝利へ導くことができるゴールキーパーになるために、日ごろから支えてくださっている方々への感謝の気持ちを忘れることなく、さらに気を引き締めて日々のトレーニングに全力で取り組みます。引き続き熱いご声援をよろしくお願いいたします」 2020.08.11 14:15 Tue
twitterfacebook