ベッカムらとユースで同期の元ウェールズ代表のファイター、サヴェージが45歳で現役復帰

2019.11.25 20:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてはバーミンガム、ブラックバーンなどプレミアリーグで活躍した元ウェールズ代表MFロビー・サヴェージ氏(45)が、現役復帰を果たした。

サヴェージは、デイビッド・ベッカムらと同じ黄金世代の一員としてマンチェスター・ユナイテッドの下部組織で育ったが、2度の交通事故のせいでクルーへと移籍。その後は、レスター・シティやバーミンガム、ブラックバーン、ダービー・カウンティ、ブライトン&ホーヴ・アルビオンでプレー。2011年7月にダービーで現役を引退していた。

それから8年の月日が流れ、解説者としても活躍していたサヴェージが現役に復帰した。契約したのはイングランド10部にあたるストックポート・タウンだ。

サヴェージは現役復帰について「これはPRではない。若者が試合で成長するのを助けようとしている」とコメントしている。

「認められないこと、リハビリ、サッカーのメンタルなど自分のキャリアで経験したことを少しだけ伝えたいと思っている」

「ゲームをするつもりはない。僕の周りに脚が必要になるからね。息子は今日出かけて、私にスパイクを買わなければならなかった。それは私にとって素晴らしい機会だよ」

サヴェージといえば、豊富な運動量を生かしたハードワークと、激しいスライディングタックルが売りの中盤のファイター。プレミアリーグ史上7番目となる89枚のイエローカードを受けているクラッシャータイプの選手だ。

プレミアリーグでは346試合に出場し20ゴール4アシスト、チャンピオンシップ(イングランド2部)でも108試合に出場し7ゴール8アシストを記録。ウェールズ代表としても39試合で2ゴールを記録している。

ストックポート・タウンは、アマチュアクラブでノースウェスト郡フットボールリーグ(NWCFL)に所属している。
コメント
関連ニュース
thumb

モンペリエ、ユーベからFWマヴィディディを獲得! 今季レンタル先のディジョンで8ゴール

モンペリエは2日、ユベントスからイングランド人FWステフィー・マヴィディディ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「19」に決定したが、契約期間に関する詳細は明かされていない。 なお、ユベントスの発表によると、移籍金は630万ユーロ(約7億6000万円)となった。 アーセナルのアカデミー出身のマヴィディディは、2017年のFIFA U-17ワールドカップにU-17イングランド代表として出場経験もある身体能力とテクニックに優れた183cmのセンターフォワード。アーセナルでのトップチームデビューは叶わず、幾つかのレンタル先で武者修行を積んだ中、2018年にユベントスへ完全移籍。 セリエCに所属するユベントスU-23で主力として活躍すると、昨年4月に行われたセリエAのSPAL戦では待望のトップチームデビューも飾っていた。 今シーズン、1年間のレンタル移籍で加入したディジョンでは公式戦28試合に出場し8ゴール2アシストの数字を残していた。 2020.07.02 21:07 Thu
twitterfacebook
thumb

ニース、リヨンの逸材FWグイリを獲得! 移籍金は700万ユーロに

ニースは1日、リヨンからU-20フランス代表FWアミーヌ・グイリ(20)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までの4年となる。 リヨンの発表によると、移籍金は700万ユーロ(約8億5000万円)となるという。さらに、グイリが今後他クラブに移籍した際の移籍金の15%がリヨンに支払われることになる。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆フランスの新星、アミーヌ・グイリ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTR3dVZ2JudSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> リヨンの下部組織出身のグイリは、2017年に17歳でトップチームデビューを飾った逸材FW。2017年に行われたFIFAU-17ワールドカップで大会5ゴールを挙げる活躍をみせ、一躍国内外のスカウトの注目を集める存在に。 ただ、好アタッカーが揃うリヨンのトップチームではなかなか出番がなく、今シーズンここまでは公式戦5試合の出場にとどまっていた。 2020.07.02 16:04 Thu
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、育成名門ル・アーヴルから守備的MF加入! 一時ワトフォード入り発表も…

マルセイユは1日、フランス人MFパプ・グイエ(21)の加入を発表した。背番号は「22」に決定。契約期間は2024年6月30日までの4年となる。 グイエは、MFポール・ポグバや同DFバンジャマン・メンディ、DFフェルラン・メンディ、アルジェリア代表MFリヤド・マフレズらが過去に在籍していたことで知られるル・アーヴル育ちの守備的MF。 昨シーズンの終盤戦から主力に定着すると、経験豊富なポール・ル・グエン新監督を迎えた今シーズンは、リーグ・ドゥ(フランス2部)で25試合に出場するなど、主力として活躍していた。 ただ、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、グイエの去就に関してはまだひと悶着が予想されるという。 今シーズン限りでル・アーヴルとの契約が終了したグイエに関しては今年4月29日、プレミアリーグのワトフォードが5年契約での来季加入を公式発表。 だが、グイエ本人と担当弁護士は、グイエの元代理人であるバカリ・サノゴ氏が選手サイドの許可を得ず、事前契約にサインしたとしてワトフォードとの契約無効を訴えていた。 その問題に関しては今後、裁判に発展する可能性が高いというが、ひとまずマルセイユ行きが決定した。 <div id="cws_ad">◆ひとまずマルセイユ行きが決定<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">[] : 01010000 01100001 01110000 01100101 00100000 01000111 01110101 01100101 01111001 01100101 <a href="https://twitter.com/hashtag/DroitAuBut?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DroitAuBut</a> <a href="https://t.co/HDp2pguHCT">pic.twitter.com/HDp2pguHCT</a></p>&mdash; Olympique de Marseille (@OM_Officiel) <a href="https://twitter.com/OM_Officiel/status/1278347843795931136?ref_src=twsrc%5Etfw">July 1, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.07.02 14:40 Thu
twitterfacebook
thumb

元アーセナルのコスタリカ代表FWキャンベルがメキシコクラブへ完全移籍

メキシコのレオンは1日、フロジノーネからレンタル移籍中のコスタリカ代表FWジョエル・キャンベル(28)を買い取ったことを発表した。 キャンベルは、母国のサプリサでキャリアをスタート。若くしてアーセナルへと移籍すると、ロリアンやレアル・ベティス、オリンピアコス、ビジャレアル、スポルティング・リスボンへのレンタル移籍を経験。2018年8月にフロジノーネへ完全移籍していた。 2019年1月にレオンへとレンタル移籍すると、今シーズンはリーグ戦21試合に出場し1ゴール3アシストを記録していた。 2020.07.02 10:05 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルが未来の流失阻止! 成長著しいサカと長期契約延長

アーセナルは1日、U-19イングランド代表FWブカヨ・サカ(18)との長期契約延長を発表した。 アーセナル下部組織育ちのサカは2018年11月にトップチームデビュー。今季からトップチーム定着を遂げると、本職の左ウィングだけでなく、負傷者の穴埋め的に左サイドバックとしても起用され、ここまで公式戦33試合3得点10アシストの活躍を披露している。 しかし、現行契約は2021年夏までの残り1年という状況もあり、今後の去就が注目の的に。延長交渉の難航もあり、プレミアリーグ王者リバプールやシティとユナイテッドのマンチェスター勢らのほか、国外からの関心も取り沙汰されている状況だった。 クラブのリリースを受け、サカも自身のツイッター(@BukayoSaka87)で契約延長を報告。喜びの心境を綴っている。 「ロンドンは僕の家。アーセナルは僕のチームだ。やっと契約延長を発表できて、すごく嬉しい。このチームでのプレーが好きだし、将来が楽しみ。僕の夢に向かって、これからもハードワークを続ける」 なお、ミケル・アルテタ監督もクラブ公式サイトを通じて「ブカヨは才能の持ち主で、知的な若手だ。勤勉さと学習意欲、適応しようとする姿勢に感心するし、そういう彼の姿がパフォーマンスに反映されている。これからも彼の成長を手助けできること、我々の目標達成を目指して彼と一緒に仕事ができることに興奮している」とコメントしている。 2020.07.01 22:38 Wed
twitterfacebook