ワイナルドゥムが人種差別根絶へ強いアクション! F・デ・ヨングとのパフォーマンスに称賛

2019.11.20 14:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールに所属するオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムがキャプテンマークを巻きハットトリックを達成したエストニア代表戦で、近年のフットボール界で問題視される人種差別に対して最高のリアクションを示した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

オランダ代表は19日、ユーロ2020予選グループC最終節でエストニアと対戦し、5-0で大勝した。前節、北アイルランド代表戦をゴールレスドローで終え、2大会ぶりのユーロ本選出場を決めたオランダは、“個人的な理由”によって早期離脱したキャプテンのDFヴィルヒル・ファン・ダイクら一部主力を温存し、ややフレッシュな顔ぶれで今回の試合を戦った。

その中でキャプテンマークを託されたワイナルドゥムは立ち上がりの6分にいきなり先制ゴールを奪うと、後半半ばにも続けてゴールを奪い、代表キャリアでは初となるハットトリックを達成。ユーロ予選を締めくくる大勝に大きく貢献した。

ただ、そのピッチ上の活躍以上に称賛を集めたのは、6分に先制点を決めた直後にMFフレンキー・デ・ヨングと共に行ったゴールセレブレーションだった。

ワイナルドゥムはゴール直後、デ・ヨングを引き連れてピッチサイド中央で一番目立つ中継カメラの前に向かうと、自身の褐色の腕とデ・ヨングの白い腕を並べると共に手をがっちりと握り合い、人種差別根絶のために徹底的に戦う強い意志を示した。

オランダでは今月17日にオランダ2部のエールステ・ディビジ、デン・ボスvsエクセルシオールでエクセルシオールに所属するオランダ人FWアフマド・メンデス・モレイラに対する人種差別行為が発覚し、同国代表FWメンフィス・デバイらがSNSを通じて憤りを示していた。

また、ワイナルドゥム自身はこの試合前に行われた現地メディアのインタビューで、「個人的にショックな出来事だった。オランダでこういったことが起きるとは思っていなかった」と、人種差別に関する率直な思いを語っていた。

さらに、そのインタビューでは人種差別に対抗する手段に関しても以下のように言及していた。

「厳しい罰が必要だ。そうすれば、誰もそういった愚行は犯さないはずだ。それに我慢して試合を成立させるべきではないと思う。もし、自分たちの試合でそういったことが起きれば、僕は迷うことなくピッチを後にするだろう」

「これは社会的な問題であり、政治的に取り組むべきものだ。こういった問題には何らかのアクションが必要なんだ。ただ単に人種差別に反対するだけじゃダメなんだ」

先日のインタビューで語っていた通り、今回の試合で人種差別根絶に向けた目に見えるアクションを示したワイナルドゥム。その素晴らしい勇気は、人種差別を行う臆病で卑怯な人間たちを間違いなく震え上がらせたはずだ。

◆人種差別根絶を心から願う
コメント
関連ニュース
thumb

オランダ代表のクーマン監督の“夢”は?「バルサで指揮を執ることだとみんな知っている」

オランダ代表のロナルド・クーマン監督が、かねてより噂されているバルセロナでの監督の仕事について改めてコメントした。スペイン『アス』が伝えている。 現役時代、ヨハン・クライフ氏に率いられたバルセロナで、“ドリーム・チーム"の一員として活躍したクーマン監督。今年1月にエルネスト・バルベルデ監督が解任された際には、後任候補に挙がっていたが、オランダ代表での仕事を全うするために、クラブからのオファーを断っていた。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI0NThSa2FWbyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> スペイン『カタルーニャ・ラジオ』の番組に出演したクーマン監督は、改めてバルセロナでの監督就任について言及。同クラブの指揮を執ることは“夢”としながらも、やはりオランダ代表での現在のプロジェクトを優先させたいとの意向を語った。 「何度も説明したように(バルサから)電話があった。しかし、私は代表チームとの約束を守りたかったし、今夏にユーロ2020が開催されると思っていた」 「代表チームは今とても良い状態にあるし、それが私にとって今最も重要なことだ」 「この先何が起こるかは誰も分からない。私の契約にはユーロの後代表監督を退任できるという条項があるが、今はその契約について考える時ではない」 「私の夢がバルサで指揮を執ることだとみんな知っている。この先その機会が私に訪れることを願っているが、それは自分の監督としての実績によって左右されるもの。バルサのようなチームを率いるには多くの経験が必要だからね」 また、バルセロナの現状についてもコメント。素晴らしいチームであるとしつつも、チャンピオンズリーグ(CL)制覇の為にはより改善が必要だと述べた。 「バルサについてどう思うかというのは、私にとって答えるのが難しい。今のバルセロナはグアルディオラ監督が率いていたチームと同じではないが、それでも素晴らしいチームだ」 「(フレンキー・)デ・ヨングがいるから彼らの試合をよく観ている。彼らがラ・リーガを優勝できることを願っているよ。CLに関しては、優勝するためにはより今より改善しなければチャンスはないだろう」 2020.06.08 17:05 Mon
twitterfacebook
thumb

名将・ファン・ハール、監督業再開の可能性は「5%」

様々なチームを指揮してきたルイス・ファン・ハール氏(68)が、自身の監督業復帰について言及した。オランダ『NOS』が伝えている。 1991年に指導者のキャリアをスタートさせたファン・ハール氏は、現役時代に活躍したアヤックスで次々とタイトルを獲得し、1997年にバルセロナの監督に抜擢される。 スペインの地でも成功を収めると、その後、2度のオランダ代表や2度目のバルセロナ監督、さらにはバイエルンでも結果を残し、2014年からはマンチェスター・ユナイテッドを指揮するなど、キャリアで多くのビッグクラブを率いてきた。 キャリア通算では、チャンピオンズリーグ(CL)で1度、ラ・リーガで2度、ブンデスリーガで1度、エールディビジで4度など合計20のタイトルを獲得。オランダ史上最高の監督とも評されていたが、2019年3月にフットボール界からの引退を発表していた。 引退から1年が経ったファン・ハール氏だが、監督業を再開する可能性はゼロではないものの、現時点では低いという。 「復帰がゼロになることは決してない。だが、小さな可能性であり、5%だ。私的な状況でさえ、何が起こるかを予測することはできない」 また、監督業以外のアドバイザーなどの役割を担うことは考えていないようだ。 「私はマンチェスター・ユナイテッドと別れた後、3年間その役割を務めた。ポルトガルの私の家にやってきた多くのオランダサッカー協会の人と知識を交換した」 「私は責任からくるものに依存している。それがなくなったので辞めた。知識交換に忙しいだけだった。それは私を満足させなかった」 2020.05.12 12:10 Tue
twitterfacebook
thumb

緊急心臓手術を受けた後に退院したクーマン「全ての人に感謝」

オランダ代表を指揮するロナルド・クーマン監督が7日、自身のツイッターで感謝の気持ちを述べた。 クーマン監督は3日に胸の痛みを訴えて緊急入院し、即カテーテルの手術を行っていた。その後、翌日には退院できたクーマン監督だが、治療にあたってくれた医療関係者や励ましのコメントをくれた人たちに感謝の弁を述べている。 「先週末の出来事は少し恐ろしかった。自分自身にとってもだが、家族や友人にとってもね。幸い、医師たちが迅速に行動してくれたので私は助けられた。とても感謝している。また、メッセージをくれた人たちからは思いやりを感じることができた。彼らのメッセージを見るのは嬉しいことだった。サッカー界以外からも頂いた。皆さんに感謝したい!もう一度、私をサポートしてくれた全ての人に感謝を言いたい。またお会いしよう!」 2020.05.08 08:00 Fri
twitterfacebook
thumb

心臓の緊急手術を受けたクーマン監督、退院は再検査後の7日以降か

オランダ代表を率いるロナルド・クーマン監督(57)は、少なくとも7日まで入院生活を続けるようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 クーマン監督は3日、自転車に乗っている際に胸に痛みを感じてアムステルダムの病院に緊急入院すると、同日に心臓カテーテルの緊急手術を受けていた。 オランダサッカー協会(KNVB)は公式声明で「4日には退院できる予定だ」と明かしていたが、現在もクーマン監督の入院生活は続いている模様。 『レキップ』によれば、クーマン監督は6日に再検査を受ける必要があるため、少なくとも退院は7日以降になるとのことだ。 現役時代にオランダ代表やバルセロナで活躍した名DFのクーマン監督は、現役引退後はアヤックスやPSV、AZにフェイエノールトといった母国クラブ、サウサンプトンやエバートンといったプレミアのクラブを指揮。そして2018年からオランダ代表監督に就任し、低迷していたオランダを立て直していた。 2020.05.06 06:01 Wed
twitterfacebook
thumb

心臓手術のクーマン監督にルカクらが激励のメッセージ

3日に心臓のカテーテル手術を行ったことが判明したオランダ代表のロナルド・クーマン監督へ、選手から激励のメッセージが届いている。 オランダサッカー協会(KNVB)の報告によると、同日3日に自転車に乗っている際に胸に痛みを感じたというクーマン監督は、すぐに病院へ搬送され心臓の手術を行った。無事に手術は成功し、翌日にも退院できる見込みとのことだ。 そんな知らせを受けて、弟子たちから励ましのメッセージが届いた。 オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムはインスタグラムで「すぐに良くなることを願っているよ、監督」と投稿。サウサンプトンとエバートンで師事していたモルガン・シュナイデルランは「あなたに指導してもらった選手たちは皆、あなたと共に!弱気にならないで」とメッセージ。また、同じくエバートンで師弟関係にあったFWロメル・ルカクからは「大丈夫かい監督、一刻も早い回復を願っているよ」とコメントが届いた。 そして、エバートンも公式ツイッターを通じて「エバートンFCの全スタッフが、ロナルド・クーマン前監督の迅速な復帰を心よりお待ちしております」と声明を発表している。 クーマン監督はこれまでに、アヤックスやPSV、AZなどの母国クラブの他、ベンフィカやバレンシアを指揮。近年はサウサンプトンとエバートンなどプレミアリーグで手腕を振るい、2018年2月からオランダ代表監督に就任している。 2020.05.04 14:40 Mon
twitterfacebook