【2022年カタールへ期待の選手㉞】コロンビア戦惨敗の中、持ち前の積極性を発揮。チームの光明になった海外組アタッカー/食野亮太郎(ハーツ/FW)

2019.11.20 12:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
「負けてたし、外から見ていてドリブルで仕掛けるシーンがあまりなかった。それが自分の特徴でもあるので、しっかり入ってアクセントを加えようかなと。チームとしてゼロで終わるよりは1で終わりたかったんで、とりあえず点を取りに行こうと思って、ガンガン仕掛けました」

国内初のテストマッチであるU-22日本代表戦(17日=広島)に挑みながら、0-2で圧倒されていたU-22日本代表。森保一監督は流れを引き寄せるため、残り時間が7分となったところで背番号11をつける食野亮太郎(ハーツ)を送り出した。

年代別代表経験が皆無に近い浪速のアタッカーは今夏、いきなり名門のマンチェスター・シティからオファーを受けて完全移籍。日本サッカー界を震撼させた。そこから今季はレンタルでスコットランド1部のハーツにレンタルに出され、ここまで9試合出場(うち先発5試合)2ゴールというまずまずの数字を残している。

とりわけ、傑出しているのが、ドリブルとフィニッシュの迫力。森保監督もそこに目を付け、10月のブラジル遠征にごぼう抜きで選出。ブラジル戦(レシフェ)にもスタメンに抜擢した。その期待に応えるかのように、食野は力強いドリブルでボールを運び、積極的に局面打開を図る。ゴールこそ奪えなかったもの、大きなインパクトを残したのは間違いない。

しかしながら今回、A代表組でガンバ同期である堂安律(PSV)と2つ年下の久保建英(マジョルカ)が合流すると、食野はベンチに回され、なかなか出番が巡ってこなかった。序列社会の代表では仕方ないことではあるが、少しずつ這い上がっていくしかない。コロンビア相手にゴールという結果を残すことができず、日本も苦杯を喫してしまったが、彼自身の10分程度のパフォーマンスには「上へ上へ行きたい」という強い思いがにじみ出ていた。

「結局は個人のところだと思うんです。個人が大きくならないと試合には勝てないですし、自分はそういうところを特徴としている選手。スコットランドへ行って大きな選手と当たりながらやってるんで、プレッシャーの強度とかは慣れましたけど、それは南米の選手が相手でも変わらない。自信はついてますし、海外に行って成長しているとも思います。だからこそ、少ないチャンスで決め切りたかった。そういう力は今後のサッカー人生を考えても重要。『ワンチャンスで刺せるようにしたい』というところは、しっかり意識して取り組んでいきたい」と食野は自身を奮い立たせるようにこうコメントし、スコットランドへ戻っていった。

彼のようにA代表経験のない東京五輪世代のアタッカーが本大会参戦を果たすには、所属クラブで目に見える結果を残すしかない。それはラスト3分で搭乗した前田大然(マリティモ)も強調した点だ。すでにA代表レギュラーの堂安と18歳でレアル・マドリード行きを勝ち取った久保は森保監督にとって絶対的存在。そこに割って入るには、彼ら以上に勝利を引き寄せられる選手であることを証明するしかないのだ。

「スコットランドに行って感じたのは、海外の選手はミドルレンジからでも枠に鋭いシュートを飛ばせるところ。スーパーシュートを持ってる選手もチームにもいます。(グラスゴー・)レンジャーズとやった時には、エグイシュートがバンバン飛んでるのを見て、『これが海外で上のチームに所属する選手なんだ』と思った。一発を持ってるだけで得点のバリエーションが増えると思うので、それはすごく大事だと思いますね」

異国でフィニッシュの迫力を目の当たりにした食野は、クラブに戻って肉体改造を行い、パワフルなシュートを打てるフィジカルを作り上げるつもりだ。もちろん技術的な部分にも磨きをかけなければならない。日本人選手はゴール前で厳しいプレッシャーを受けると冷静さを欠く嫌いがあるが、日本代表で2022年カタールワールドカップアジア2次予選4連続ゴールを決めた南野拓実(ザルツブルク)などはその課題を克服しつつある。同じ関西、しかも泉南出身の食野も南野以上に負けん気が強いはず。4学年上の森保ジャパンのエースに追いつき追い越す野心は満々に違いない。そういうタフなメンタルを持ち合わせている彼は間違いなく伸びしろがある。

非凡なポテンシャルを生かすも殺すも自分次第。まずはハーツで自己研鑽を図るしかない。スコットランドはイングランド・プレミアリーグ同様、ここから年末まで超過密日程が続く。12月1日のレンジャーズ戦、18日のセルティック戦と2強との直接対決も控えている。チームは現時点で12チーム中9位に低迷しているが、少しでも順位を上げる必要がある。食野が勝利請負人になってくれれば、クラブとしても本望だろうし、彼自身のマンC復帰も近づくはずだ。

東京五輪出場も含めて、大きな目標の続く有望株の今後に大きな期待を寄せたい。
【元川悦子】
長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。
コメント