前田が2G1A! 名古屋が神戸粉砕でフィッカデンティ体制初白星!《J1》

2019.11.09 16:20 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第31節の名古屋グランパスvsヴィッセル神戸が2日に豊田スタジアムで行われ、3-0で名古屋が勝利した。

ここまで8勝9分け13敗で14位に位置する名古屋(勝ち点33)と、11勝5分け14敗で10位につける神戸(勝ち点38)が相対した。前節の北海道コンサドーレ札幌戦を0-3で敗れて、8試合勝利がない名古屋は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。吉田に代えて太田を起用した。

一方、前節のベガルタ仙台戦を2-0で勝利し、3試合ぶり白星を飾った神戸は、仙台戦から先発メンバーを1人のみ変更。トーマス・フェルマーレンに代えて、ジョアン・オマリをピッチに送り込んだ。

試合は12分に名古屋が先制に成功する。左CKの流れからゴールラインを割りそうになったボールを長谷川が懸命なプレーで残す。このボールを拾った前田がボックス右外からカットインし、豪快に左足を振り抜いてゴール左隅に突き刺した。

先手を奪った名古屋はさらに23分、前田が右サイドから切れ味鋭い仕掛けでボックス右に侵攻し、GKとDFの間にクロス。これに和泉が飛び込んでゴールネットを揺らした。

立て続けにゴールを許し、2点を追いかける立場となった神戸はその後、ボール保持率を高めて敵陣で過ごす時間を増やすものの、思うようにチャンスを作ることができない。

後半に入ると、2点ビハインドの神戸が攻勢に出る。48分、酒井、アンドレス・イニエスタとつなぎ、古橋がボックス左手前から右足を振り抜く。これがゴール右隅を捉えるも、GKランゲラックにギリギリのところで左手で弾かれた。

神戸に流れが傾くかに思われた。が、54分、名古屋が追加点。ボックス右手前で前田が古橋との球際を制すと、ジョーとのワンツーでボックス右に侵攻する。最後はGK飯倉の股をシュートで抜き、ダンクレーに触られるも、ボールはゴールに吸い込まれた。

3-0と苦しくなった神戸。終盤にかけて田中、セルジ・サンペールを投入して反撃の糸口を探る。しかし、活路を見出すには至らず。80分には左サイドでボールを持った酒井のクロスに田中が左足を合わせるも、ボールはゴール左外に外れる。

その後、ダビド・ビジャを下げて藤本を投入した神戸だが、最後まで一矢報いることができず試合終了。3発で9試合ぶりに勝利した名古屋がフィッカデンティ体制初白星を飾った。
コメント
関連ニュース
thumb

裏天王山となった神奈川ダービーは開始20分で4発の横浜FCに軍配! 湘南は後半意地見せるも…《J1》

明治安田生命J1リーグ第10節、横浜FCvs湘南ベルマーレが15日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、ホームの横浜FCが4-2で勝利した。 17位の横浜FCと18位の湘南による、“裏天王山”となった神奈川ダービー。 前節、ガンバ大阪に1-2で敗れ、リーグ5連敗中の横浜FCだが、ミッドウィークのYBCルヴァンカップでは北海道コンサドーレ札幌に1-1でドローに持ち込み、スカッドの底上げに繋がる戦いとなった。ただ、ダービーに向けてはG大阪を踏襲するメンバー構成となり、GK南と斉藤光に代わって負傷明けのGK六反、一美が戦列に復帰した。 一方、リーグ3連敗で最下位に沈む湘南は直近のルヴァンカップでもG大阪に敗れており、公式戦5連敗と苦境が続く。0-1で敗れた前節のサンフレッチェ広島戦からは先発4人を変更。出場停止の齊藤未や岩崎らに代えて、石原、松田らを起用。前線は最前線の指宿の下に、松田と石原が並んだ。 浮上のキッカケを掴みたい両者によるダービーは、予想外のワンサイドゲームとなった。開始3分、右サイドのスペースに抜け出した一美がゴールライン際で粘って折り返すと、これをボックス右で受けた松浦が左足を振り抜くと、DF大野にディフレクトしたボールがニア隅の絶妙なコースに向かい、電光石火の先制点となった。 これで勢いづいた横浜FCは相手のプレスをうまくいなしながら、内に外と相手のハイラインの裏の広大なスペースをアタック。15分には中央で起点を作った一美の絶妙なスルーパスに抜け出した左サイドの松尾が快足を飛ばしてゴール前に運ぶと、冷静にGKをかわして嬉しいJ1初ゴールを奪取。 続く17分には松浦のクロスがボックス内でのDF岡本のハンドを誘いPKを獲得。これをキッカーの一美が冷静に決めて3点目。さらに、20分には中盤の右サイドでボールを奪った松浦が逆サイドの松尾へ大きく展開。ボックス左に運んだ松尾は強烈な左足のシュートをファーポストに突き刺し、試合開始わずか20分で4点目を奪った。 一方、攻守両面で意思疎通を欠き、距離感の悪さ、イージーミスが目立つ湘南は、ホームチームに再三引っくり返されてフィニッシュまで持ち込まれる悪循環を脱することができない。何とか5失点目こそ免れるも劣勢の展開を受け、39分には指宿、鈴木冬を下げて岩崎、馬渡を同時投入。さらに、ハーフタイム明けには茨田を下げて切り札のタリクをピッチに送り込んだ。 この交代をキッカケに湘南が攻勢に転じるなど、後半はようやくダービーらしい拮抗した展開となる。 その中で横浜FCはハットトリックに迫る場面を作っていた松尾と伊野波を下げて、10日に横浜F・マリノスからの期限付き移籍が決定した杉本を小林と共に投入した。 時間の経過と共に試合の流れが完全にアウェイチームへ傾くと、意外な形からゴールが生まれる。64分、ボックス手前左の馬渡がファーを狙って入れたクロスを杉本がクリアミスし、ボールがゴール前にこぼれる。これをフリーの石原が難なく流し込んだ。 ようやく反撃の狼煙を上げた湘南は、さらに勢いづいて攻守に相手を圧倒。セカンドボールをことごとく回収し、相手に攻撃機会を与えず、厚みのある攻撃を仕掛け続ける。そして、76分には相手陣内左サイドで得たFKの場面で、キッカーの馬渡が正確なインスウィングのボールをゴール前に入れると、これを岡本が頭で合わせた。 残り時間を考えれば、ここから湘南が追いつく可能性も出てきたが、横浜FCも今季2勝目を手にするために粘りを見せる。アウェイチームが最後まで押し込む展開が続いたものの、後半アディショナルタイムにボックス手前で石原が放ったミドルシュートは惜しくもクロスバーを叩き、試合はこのまま4-2のスコアでタイムアップ。 前半20分間で奪った4点のリードを最後まで守り切った横浜FCが、第3節の柏レイソル戦以来となる今季2勝目を手にした。一方、後半に意地を見せるも前半の不出来がたたった湘南は、厳しいリーグ4連敗となった。 横浜FC 4-2 湘南ベルマーレ 【横浜】 松浦拓弥(前3) 松尾佑介(前15) 一美和成(前17) 松尾佑介(前20) 【湘南】 石原直樹(後19) 岡本拓也(後31) 2020.08.15 20:14 Sat
twitterfacebook
thumb

首位川崎FがJ1タイ記録の9連勝! 敵地札幌で今季最多6発のゴールショー《J1》

15日に明治安田生命J1リーグ第10節の1試合が札幌ドームで行われ、アウェイの川崎フロンターレが北海道コンサドーレ札幌に6-1で勝利した。 今季初の2連敗で順位も9位に落とす札幌は海外挑戦が取り沙汰される鈴木が欠場となり、ケガ明けの福森がリーグ4試合ぶりの先発復帰。そのほか、ミッドウィークに行われたルヴァンカップの横浜FC戦でJリーグデビューの小柏が先発入りして、初のリーグ戦出場を果たした。一方、クラブ記録の8連勝でいまだ無敗を継続して、首位をひた走る川崎Fはルヴァンカップで退場処分の大島が欠場となり、下田を3試合ぶりのスタメンに抜擢。3トップの一角に今季初先発の宮代を起用した。 昨季ルヴァンカップ決勝カードの再現となる一戦は宮代の折り返しからレアンドロ・ダミアンが華麗なヒールシュートで魅せた川崎Fに対して、札幌も積極果敢にミドルレンジからゴールを狙う構図に。そのなかで、比較的ペースを握った札幌だが、川崎Fがセットプレーのチャンスを生かす。敵陣右サイドでFKのチャンスを獲得した35分、密集地帯をフリーで抜け出した車屋がキッカーの脇坂からのクロスにヘディング。コースを狙ったシュートがゴール右に吸い込まれ、川崎Fが先制する。 追いかける展開に回った札幌は38分、ルーカス・フェルナンデスの横パスから同点機。チャナティップがバイタルエリア中央から右足ダイレクトでゴールを狙うが、クロスバーに嫌われてしまう。そのまま1点ビハインドで試合を折り返すと、ハーフタイム明けからジェイをピッチに送り出した札幌だが、同じく三笘と田中を投入した川崎Fが追加点。山根が敵陣右サイドでインターセプトした50分、バイタルエリア中央で相手最終ラインを抜け出しながらボールを受けた三笘が決め切り、札幌を突き放した。 三笘の公式戦4試合連発となるリーグ戦3得点目でリードを広げた川崎Fは続く55分、脇坂と三笘のパス交換で中央から相手最終ラインを攻略。ボックス左で三笘のスルーパスに反応したレアンドロ・ダミアンがGK菅野にブロックされたボールを押し込み、チーム3得点目を奪取した。さらに、63分にもGKチョン・ソンリョンのロングキックからボックス右の旗手が折り返すと、フリーの三笘が右足シュートで勝負の行方を決する4点目。首位川崎Fが圧倒的な攻撃力で、札幌に反撃の隙を許さない。 59分に中野とアンデルソン・ロペスの投入を講じて反撃に出たものの、失点が続いて、劣勢の札幌は79分にチャナティップの浮き球パスからジェイが一矢報いる一撃を見舞ったが、64分からピッチインの小林が87分と後半アディショナルタイム5分にゴール。今季最多6発のゴールショーを演じた川崎FがJ1タイ記録のリーグ戦9連勝を成し遂げ、首位の座をより確固たるものにした。 2020.08.15 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖、濃厚接触者だったスタッフ1名が新型コロナウイルス陽性反応

サガン鳥栖は14日、トップチームスタッフ1名が新型コロナウイルスで陽性反応を示したことを発表した。 このスタッフは、陽性者と濃厚接触していたとされ、11日(火)より隔離されていたスタッフ3名のうちの1人とのことだ。なお、のどの痛みはあるものの、味覚・嗅覚障害等の症状はないという。 また、11日に行われたPCR検査80名の陰性者の中から選手24名・スタッフ22名を対象として13日にJリーグ公式PCR検査を実施。全員が陰性となったという。 これにより、鳥栖は金明輝監督を含め11名が陽性者となった。 鳥栖は、Jリーグ初のクラスターとなり、チーム活動を停止。15日に開催が予定されていたガンバ大阪戦を含めた3試合がすでに中止となっている。 2020.08.15 14:33 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌に痛手、MF白井康介が右ハムストリング肉離れで離脱

北海道コンサドーレ札幌は15日、MF白井康介の負傷を発表した。 クラブの発表によると、白井は12日に行われた2020JリーグYBCルヴァンカップ第3節の横浜FC戦で負傷したとのことだ。 検査の結果、白井は右ハムストリング肉離れと診断されている。 白井は今シーズンの明治安田生命J1リーグでここまで9試合に出場していた。 2020.08.15 14:25 Sat
twitterfacebook
thumb

もうすっかりわかった今シーズンに有利なチームってどこか?! の巻/倉井史也のJリーグ

てかさ、先週Jリーグが全試合消化できない可能性があるよって書いたでしょ。そうしたらいきなり鳥栖に10人の新型コロナウイルス陽性患者が出ちゃってクラスター化したんで、感染拡大しないことを確認するまでお休み!! ってことなっちゃったでしょ。なんか、すっごい現実味を帯びてきたんですけど。ただでさえリーグ戦の日程が詰まってるんだから、2週間も休んだから4試合ぐらい消化できないんですけど。 で、実はJリーグってそんな可能性を考えてるってのは先週も書きました。今年のリーグ戦が成立するのは、「(1)年間予定総試合数の75パーセント以上が開催」かつ「(2)当該リーグのすべてのクラブについて年間予定総試合数の50パーセント以上が開催」ってことなんです。 で、各チーム何とかこの条件をクリアした中で考えなきゃいけないのが順位。今年は例年と注意するポイントがあるって復習しておきましょう。 通常の年は順位決定方法が (1)勝ち点 (2)全試合の得失点差 (3)全試合の総得点数 (4)該当するJクラブ間の対戦成績(イ:勝点、ロ:得失点差、ハ:総得点数) (5)全試合の反則ポイント (6)抽選 なんだけど、今年はちょっと違う!! (1)勝ち点 (2)全試合の得失点差 (3)該当するクラブ間の対戦成績(イ:勝点、ロ:得失点差、ハ:総得点数) ※ただし、ホーム&アウェイの2試合を実施済みの場合のみ (4)全試合の勝利数 (5)全試合の総得点数 (6)全試合の反則ポイント (7)抽選 つまり、総得点数の順位が下がって、該当クラブ間の成績や勝利数の比重が上がってるんですよ。で、しかも当該クラブ間の成績って、全試合が消化できない場合、計算できる対戦が少なくなっちゃうから、となると全試合の勝利数の方が重要になってきた感じがするんですよ。 ってことはどんな点差であれ勝ったほうが上。ということで勝利数で現在の順位表を並べ替えてみると…… まずは現在の順位表 順位/チーム/勝点/試合/勝/分/敗/得点/失点/得失点差 1:川崎F/25/9/8/1/0/23/6/+17 2:G大阪/19/9/6/1/2/14/9/+5 3:C大阪/18/9/5/3/1/9/5/+4 4:名古屋/17/8/5/2/1/17/7/+10 5:柏/16/9/5/1/3/20/13/+7 6:FC東京/15/9/4/3/2/14/12/+2 7:浦和/14/9/4/2/3/11/16/-5 8:広島/13/8/4/1/3/11/5/+6 9:札幌/12/9/3/3/3/15/15/+0 10:神戸/12/9/3/3/3/10/12/-2 11:横浜FM/11/9/3/2/4/14/15/-1 12:鹿島/10/9/3/1/5/13/14/-1 13:仙台/9/9/2/3/4/11/16/-5 14:清水/8/9/2/2/5/13/17/-4 15:鳥栖/7/9/1/4/4/5/10/-5 16:大分/7/9/2/1/6/9/18/-9 17:横浜FC/5/9/1/2/6/8/20/-12 18:湘南/4/9/1/1/7/8/15/-7 これを勝利数で並べ替える、つまり競ったときに強いチームで並び替えると…… 1:川崎F/25/9/8/1/0/23/6/+17 2:G大阪/19/9/6/1/2/14/9/+5 5:柏/16/9/5/1/3/20/13/+7 4:名古屋/17/8/5/2/1/17/7/+10 3:C大阪/18/9/5/3/1/9/5/+4 7:浦和/14/9/4/2/3/11/16/-5 6:FC東京/15/9/4/3/2/14/12/+2 8:広島/13/8/4/1/3/11/5/+6 9:札幌/12/9/3/3/3/15/15/+0 12:鹿島/10/9/3/1/5/13/14/-1 11:横浜FM/11/9/3/2/4/14/15/-1 10:神戸/12/9/3/3/3/10/12/-2 13:仙台/9/9/2/3/4/11/16/-5 14:清水/8/9/2/2/5/13/17/-4 16:大分/7/9/2/1/6/9/18/-9 17:横浜FC/5/9/1/2/6/8/20/-12 18:湘南/4/9/1/1/7/8/15/-7 15:鳥栖/7/9/1/4/4/5/10/-5 おお!! なんと柏が急浮上。で鳥栖が急降下。やっぱり爆発力があるチームが今シーズンは有利ってコトですね。ところで、広島と名古屋って試合数が少なくて順位下がってるんですけど、今後こういうチームが増えてきそうな気が……。 <hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2020.08.14 21:00 Fri
twitterfacebook