前田大然、PK奪取で今季2点目! チームはブラガとドロー《プリメイラ・リーガ》

2019.09.24 09:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マリティモは23日、プリメイラ・リーガ第6節でブラガと対戦し、2-2で引き分けた。日本代表FW前田大然はフル出場し、1ゴールを記録している。前節のベレネンセス戦を1-3で敗れた14位・マリティモ(勝ち点4)。15位・ブラガ(勝ち点4)とのアウェイ戦に向けて、前田は2トップの一角で先発した。

試合は32分、前田が敵陣中央右から供給されたスルーパスに反応し、ボックス右外からワンタッチでボックス右に侵攻を図ると、相手DFにスライディングで倒されてPKを獲得。これを自らが落ち着いて決めて、マリティモが先制する。

1-0でリードして試合を折り返すと、マリティモは53分、ザイナディーヌがボックス内で相手選手を倒してしまい、PKを献上。しかし、ここはGKアベドサデフがゴール左へのシュートを読み切り、チームを救う。

それでもその3分後、マリティモは相手に左サイドからのクロスを許し、ゴール前左のパウリーニョにシュートを打たれる。これをゴールライン付近のルベンがブロックを試みるも、ボールはそのままゴールに吸い込まれた。

追いつかれたマリティモだったが、70分、敵陣中央右でFKを獲得。キッカーを務めたエドガル・コスタのファーサイドへのクロスが相手GKの頭上を越えると、フランク・イブ・バンボックが頭で押し込み、2-1と勝ち越しに成功する。

しかし、マリティモはこのリードを守り切れず。78分、ボックス左手前からのクロスに合わせたパウリーニョにヘディングシュートを決められ、2-2の同点に。このまま試合は終了し、勝ち点1を分け合った。

ブラガ 2-2 マリティモ
【ブラガ】
OG(後12)
パウリーニョ(後33)
【マリティモ】
前田大然(前32[PK])
バンボック(後25)
コメント
関連ニュース
thumb

福岡が開幕直前に補強! マリティモから30歳ブラジル人DFを獲得

アビスパ福岡は18日、ブラジル人DFドウグラス・グローリ(30)の完全移籍加入決定を発表した。背番号は「33」。本日のトレーニングからチームに合流する。 センターバックを主戦場とするドウグラス・グローリは、これまでシャペコエンセや、グレミオ、クルゼイロなど母国ブラジルのクラブを渡り歩き、2019年1月からマリティモでプレー。今シーズンは公式戦8試合に出場したが、16日にクラブから日本行きを理由に退団が発表されている状況だった。 FW前田大然も所属するマリティモからの福岡入りを受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「初めまして。ドウグラス グローリです。アビスパ福岡に加入したことを嬉しく思います。チームの大きな目標であるJ1昇格に貢献できるように、みんなと一つになって戦っていきたいと思いますので、応援をよろしくお願いします」 長谷部茂利新体制で5年ぶりのJ1復帰を狙う福岡。23日に開幕する明治安田生命J2リーグ第1節でギラヴァンツ北九州のホームに乗り込む。 2020.02.18 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

前田大然の同僚DFがJリーグ行きへ…クラブが公式発表

ポルトガルのマリティモに所属するブラジル人DFドウグラス・グローリ(30)がJリーグにやってくるようだ。 マリティモは16日、グローリの退団で合意したことを発表。クラブ名は明かされていないものの、日本でプレーを続けるための退団だと発表した。 「マリティモは、ドウグラス・グローリがマリティモのために尽くしたコミットメント、努力、献身を高く評価し、個人的なそしてプロとしての成功を願っています」 グローリは、シャペコエンセやグレミ、クルゼイロ、ポンチ・プレッタ、バイーアなどでプレー。2019年1月にバイーアからマリティモへ移籍すると、昨シーズン後半戦は主力としてプリメイラ・リーガで13試合に出場。しかし、今シーズンはリーグ戦6試合の出場にとどまっていた。 [写真はシャペコエンセ時代のドウグラス・グローリ] 2020.02.17 12:57 Mon
twitterfacebook
thumb

前田大然所属のマリティモにジョゼ・ゴメス氏就任…最近ではリオ・アヴェやレディングを指揮

日本代表FW前田大然が所属するマリティモは14日、新監督にポルトガル人監督のジョゼ・ゴメス氏(49)を招へいしたことを発表した。 今シーズン、ヌーノ・マンタ前監督を新たに迎えてスタートしたマリティモ。だが、プリメイラ・リーガではここまで2勝5分け8敗と低調が続き、11日に双方合意の下で辞任することが発表されていた。 20代で指導者として歩み始めたジョゼ・ゴメス氏は、アヴェスやモレイレンセといった国内クラブで監督を務めた後、一時はポルトやパナシナイコスでアシスタントコーチを歴任。その後、アル・アハリやUAEのバニーヤースSC、リオ・アヴェなどでの指揮を経て、2018年12月からはチャンピオンシップ(イングランド2部)のレディングの監督に就任していたが、翌2019-20シーズンでは11試合でわずか2勝しか挙げられず、10月に解任されていた。 2019.11.15 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

前田大然がマリティモ移籍後初先発初ゴール! チームは連敗で今季未勝利《プリメイラ・リーガ》

前田大然が所属するマリティモは25日、プリメイラ・リーガ第3節でトンデラと対戦した。 7月に加入した前田はここまでリーグ戦2試合で途中出場。今節は初先発を果たした。 試合はマリティモが19分に選手負傷のアクシデントに見舞われた中、前半アディショナルタイムにデヤン・ケルケスがPKを献上し、相手に先制を許す。66分にもカウンターから失点し、リードを広げられてしまう。 だがマリティモはここから反撃に出る。68分に前田がこの試合初シュートでゴールに迫ると、その2分後の70分、ロングボールで左サイドを抜け出した味方が持ち上がって、最後はホドリゴ・ピーニョがボックス手前から左足でゴールに突き刺し1点差に詰め寄る。 その後もマリティモが攻勢を続ける中迎えた75分、ついにあの男に待望の初ゴールが生まれる。敵陣中央左サイドのFKからペナルティエリアにボールを供給。競り合いになってボックス右に流れたところをザイナディネ・ジュニオールが後ろ向きにクロスを送ると、これを前田が頭で泥くさく押し込み同点に追いついた。 しかし、90分に再びPKを献上。これを決められ2-3で敗戦。マリティモは第3節を終えた時点で1分け2敗となった。 2019.08.26 03:15 Mon
twitterfacebook
thumb

松本エースの前田大然、ポルトガル1部のマリティモ移籍が決定!

松本山雅FCは21日、日本代表FW前田大然(21)がマリティモ(ポルトガル)に期限付き移籍することを発表した。期間は2020年6月30日までとなる。 大阪府出身の前田は、2016年に山梨学院大学附属高校から入団した東京五輪世代の快速アタッカーで、2017年にレンタル移籍した水戸ホーリーホックでブレイク。2018年から松本に復帰した。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグ2得点(18試合出場)。今年6月に行われたコパ・アメリカ2019でA代表に初招集され、2試合に出場している。 東京五輪世代として、MF久保建英(レアル・マドリー)、MF安部裕葵(バルセロナ)、DF菅原由勢(AZ)、FW中村敬斗(トゥベンテ)に次ぐ今夏5人目の欧州挑戦者となる前田。移籍決定を受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「このたび、マリティモに期限付き移籍することになりました。2020年の東京オリンピックで日の丸をつけて活躍するには、自分自身もっと成長しなくてはならないと思い海外にチャレンジする決断をしました」 「J1でのチャレンジの途中でチームを離れるにあたり、チームメイト、監督、コーチ、スタッフをはじめクラブの皆さんに理解していただき、今回の移籍をサポートしてくれたことには感謝しかありません。 またサポーターの皆さんには昨日の試合のときに直接ご挨拶ができずに旅立つことになり申し訳ありません」 「松本山雅はファン・サポーターあってのクラブで、その一員として戦えたこと誇りに思います。ありがとうございました。次に日本に来るときは日の丸を着けて、ピッチで躍動してる姿を見せられるよう、しっかりポルトガルで結果を出してきます。本当にありがとうございました」 マリティモは、マデイラ諸島に拠点を置く1910年創設のクラブ。かつて相馬崇人氏が所属したポルトガル1部のクラブで、昨シーズンは国内リーグ戦12勝3分け19敗の11位に終わっている。 2019.07.21 11:30 Sun
twitterfacebook