自走できた森保ジャパンが誇る攻撃ユニット、課題は後半の決定機逸/日本代表ポイントレビュー

2019.09.11 08:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表は10日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選でミャンマー代表と対戦した。7大会連続のW杯出場を目指す日本代表にとって、大事な初戦。過酷なアウェイの地で、2-0と勝利を収めた。高温多湿な気候に加え、雨季の終盤ということもあり、環境面では日本と大きく異なる中での試合となり、日中に加え、キックオフ時も強い雨に見舞われた。


さらに、芝の状態も良いとはいえず、長さに加え、雨による緩さも目立った中、日本は前半からしっかりと対応力を見せつけた。試合のポイントを振り返る。

◆自走できた前線のユニット

この試合のポイントはしっかりとコンディションにアジャストしたことと言えるだろう。選手個々のフィジカルコンディションは去ることながら、ピッチコンディションに合わせた戦いを見せた。

立ち上がり、日本の攻撃陣は得意の細かいパスをつなぐ連携プレーではなく、積極的に浮き球のパスを使うことを選択する。長い芝、緩いピッチを考えると、明らかにボールが転がらない。自分たちの本来の戦い方ではないものの、しっかりとボールをつないでいった。

試合は、16分に中島翔哉(ポルト)が左サイドからカットインし、得意の角度から豪快にゴールを決める。厳しい戦いになる理由は、押し込んでいる時間帯に得点を奪えないことが多いが、このゴールが日本を楽にさせたことは間違いない。

そして26分には、得意の細かいつなぎから堂安律(PSV)がボックス手前で左足を振り抜く。これはGKにセーブされるも、跳ね返りを拾った堂安は、再び強引に打つのではなく、今度は優しいクロス。フリーで抜け出た南野拓実(ザルツブルク)がドンピシャで合わせて追加点を奪った。

この日の攻撃ユニットは、森保体制が始まってから主軸をになっている4人。中島、南野、堂安に、トップに入る大迫勇也(ブレーメン)を加えたメンバーだ。1年前に組んだこのユニットが、しっかりとW杯予選の初戦で結果を残したことは、森保監督にとっても大きいだろう。

特に、この試合では大迫と南野の関係、そして堂安の判断力が光った。大迫はノーゴールに終わったものの、この試合の前半はトップの位置ではなく、下がり目にポジションを取り、中盤でゲームメイクに参加するシーンも多く見られた。

一方で、南野がトップに入る役割や、下がり目の位置から裏に飛び出す動きを見せていた。ミャンマーが大迫を警戒してくることは明白であり、大迫がトップからポジションをズラすことで、南野、中島、堂安が動くスペースが生まれた。これは、引いて守るミャンマーに対して、スペースがない中で4人がポジションを取っても効果的ではないこともあるだろう。

後半に入ると、ミャンマーのプレスの位置が高くなったこともあり、大迫は積極的にポストに入る場面が増えた。日本の選手たちも芝に慣れ、縦パスが入るシーンも増え、実際に決定機も増えた。ピッチ内だけではないものの、しっかりと判断し、戦い方を変えられたことはプラスだ。

また、右サイドの堂安のプレーも、ここ数試合のパフォーマンスに比べると高かったと言える。強引なシュート、無理な突破という場面はほとんど見られず、守備面でも大きく貢献。機を見つけては個人技を見せるなど、好感触を見せてくれた。また、同サイドの酒井宏樹(マルセイユ)の上がりを促す動きも多く、効果的なサイド攻撃も発揮できたと言える。

同じポジションに久保建英(マジョルカ)というライバルが生まれたこと、また久保だけでなく、伊東純也(ヘンク)などもいることが刺激になったのかもしれない。この先には新天地でのポジション争いもある堂安だが、10月の予選でも成長した姿を見せてもらいたい。

中島の先制点も含め、この4人が自走できることは今の日本代表の強みであり、アウェイの地でもしっかりと力を発揮できたことは、この先の戦いに向けてはプラス材料と言える。

◆気になる後半のパフォーマンス

試合を通じてゴールを目指し、シュート数も多かった日本。攻撃の姿勢をやめなかったこと、さらに守備はしっかりとオーガナイズされ、ほぼ完璧な試合運びを見せたことは評価して良いだろう。

しかし、5日のキリンチャレンジカップ2019のパラグアイ代表戦(2-0)に続き、前半で2点をリードしながら後半は無得点という展開に終わった。

ミャンマー戦は圧倒的に試合の主導権を握り、シュートチャンスも数多く作っていた中で後半無得点。この先の予選、さらには最終予選を考えると心配せざるを得ない部分だ。

もちろん、無得点の背景にはミャンマーの決死の守備や、GKの好セーブもあった。しかし、決め切らなければいけない場面も確実にあった。途中出場の伊東が背後をとり、GKと一対一になったシーンや、クロスから大迫がヘディングで折り返し、フリーの柴崎岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ)がボレーを放ったシーンなどだ。

ミャンマーの選手たちは、限界までプレーし、終盤には足がつる選手や炒めて倒れ込む選手が多くいた。日本の選手たちはただそれを待つことしかできないが、それは2点リードしていたからであり、仮にイーブンの状況であれば、焦ることは間違いない。

日本からなんとかして勝ち点を獲ろうと考える他のチームを考えれば、アウェイゲームでは時間稼ぎに遭う可能性も少なくないだろう。そういった点では、試合を決定づける3点目を奪えなかったことは残念であり、2試合続けて後半のパフォーマンスが上がらなかったことは、環境面の難しさなどを考慮しても、この先の課題と考えた方がいいだろう。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》
関連ニュース
thumb

なでしこジャパンの東京五輪の組み合わせが決定!カナダ、イギリス、チリと同組に

東京オリンピックの女子サッカーのグループステージ抽選会が、21日にスイスのチューリッヒで行われた。 ホスト国として臨むなでしこジャパン。ブラジルのリオデジャネイロで行われた前回大会は不参加だったため、準優勝したロンドンオリンピック以来2大会ぶりの出場となる。 グループステージは4チーム3グループに分かれて行われる女子サッカー。なでしこジャパンは、カナダ、イギリス、チリと同じ組となった。 また、リオデジャネイロ大会で準優勝したスウェーデン(優勝はドイツ)は、ロンドン大会を制し、通算4度の優勝経験を誇るアメリカやオーストラリアと同居。前回4位のブラジルは中国やオランダと同じグループに入った。 なお、女子サッカーは7月21日に開幕し、8月6日にオリンピックスタジアムで決勝戦を迎える。 ◆グループステージ組み合わせ 【グループE】 日本(2大会ぶり5回目) カナダ(4大会連続4回目) イギリス(2大会ぶり2回目) チリ(初出場) 【グループF】 中国(2大会連続6回目) ブラジル(7大会連続7回目) ザンビア(初出場) オランダ(初出場) 【グループG】 スウェーデン(7大会連続7回目) アメリカ(7大会連続7回目) オーストラリア(2大会連続4回目) ニュージーランド(4大会連続4回目) 2021.04.21 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

東京五輪男子サッカーは南アフリカ、メキシコ、フランスと同組! 組み合わせが決定

今夏開催が刻々と迫る東京オリンピックのグループステージ組み合わせが決定した。 先日に出場16カ国を4カ国ずつの4グループにポッド分けした国際サッカー連盟(FIFA)は21日、スイスのチューリッヒでグループステージの組み合わせ抽選会を実施。開催国枠としてブラジルやアルゼンチン、韓国と同じポッド1の日本は南アフリカ、メキシコ、フランスと同居のグループAに入った。 また前回覇者のブラジルはドイツ、コートジボワール、サウジアラビアと激突するグループDに。グループCはエジプト、スペイン、アルゼンチンが集うなかにオーストラリアが入り、韓国はニュージーランド、ホンジュラス、ルーマニアのグループBに組み込まれた。 東京五輪のサッカーは東京のほか、札幌、宮城、鹿島、埼玉、横浜で催され、男子は7月22日に東京スタジアムで開幕。決勝は8月7日に横浜国際総合競技場で行われる。 ◆グループステージ一覧 ・グループA 日本 南アフリカ メキシコ フランス ・グループB ニュージーランド 韓国 ホンジュラス ルーマニア ・グループC エジプト スペイン アルゼンチン オーストラリア ・グループD ブラジル ドイツ コートジボワール サウジアラビア 2021.04.21 17:40 Wed
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.70】「化け物」酒井宏樹の牙城を崩すべく、2年目の川崎でも圧倒的存在感を示し続ける!/山根視来(川崎フロンターレ/DF)

2月20日の富士ゼロックススーパーカップでガンバ大阪を3-2で撃破してからというもの、2021年シーズン突入後は無敗街道を驀進している川崎フロンターレ。2月26日に開幕したJ1でも優勝争いのライバルと目された横浜F・マリノスを2-0で寄せ付けず、2020年YBCルヴァンカップ王者・FC東京との多摩川クラシコでも4-2で圧勝。圧倒的な強さが光っている。 シーズンスタート前は「昨季限りでレジェンド・中村憲剛(現川崎FRO)が引退し、アンカーの守田英正(サンタ・クララ)も移籍したこともあって、今年は去年のようにはいかないだろう」という見方も根強かったが、ふたを開けてみると、チーム力に磨きがかかった印象だ。4月18日のサンフレッチェ広島戦までに12試合を消化して10勝2分の勝ち点32。向かうところ敵なし状態と言っても過言ではないだろう。 その一翼を担うのが、右サイドバック(SB)の山根視来。湘南ベルマーレから移籍加入1年目から31試合出場4ゴールという実績を残し、Jリーグベストイレブンに選ばれた27歳の遅咲きDFは、チーム唯一の公式戦全試合フル出場を果たしている。鬼木達監督はアタッカー陣を試合ごとに入れ替え、谷口彰悟とジェジェウの両センターバック(CB)も超過密日程を考慮して休ませる試合があったが、鉄人右SBだけはスタメンから外そうとはしなかった。まさに「代えの利かない選手」として絶対的な信頼を寄せられているのだ。 直近の広島戦も、14日のアビスパ福岡戦から中3日のハードスケジュールだったが、右サイドを献身的にアップダウンし、要所要所で攻撃にも参加していた。最たる例が前半38分の先制点の場面。三笘薫が思い切りよくドリブルで前進しているのをしっかりと見極めた山根はペナルティエリア内を斜めに走り、スルーパスを受け、左足を一閃。これはU-24日本代表守護神・大迫敬介に弾かれたものの、自らこぼれ球を拾って脇坂泰斗に展開。それが家長昭博につながり、ゴールが生まれた。 前半終了間際にも、右SBの低い位置からゴール前までロングスプリントを見せ、家長のクロスに反応しかけたチャンスもあった。それだけダイナミックな走りとゴールへの意欲を示す右SBは滅多にいない。かつて攻撃的右SBとして世界に羽ばたいた内田篤人(JFAロールモデルコーチ)でさえもで、そこまでの大胆さは持ち合わせていなかった。日本代表デビュー戦となった3月25日の日韓戦(日産)でいきなりゴールを奪ったのも、決して偶然でなく、日常のプレーの延長戦上だったのだろう。 この勢いであれば、酒井宏樹(マルセイユ)と室屋成(ハノーファー)の牙城を一気に崩しそうな予感もある。だが、本人はそこまで楽観的ではないようだ。3月代表活動の一発目に吉田麻也(サンプドリア)から「Jリーグでいつも行っている1.5倍くらいの力で行かないとダメだ」と言われたことで、国内組と海外組の現然たる差を改めて痛感させられたという。 「サッカーの映像を見るだけでも海外のスピードはメチャメチャ早いし、ゆっくりしてる時間がほとんどないというイメージだった。日本代表の試合に出て、やっぱりこれだけ違うのかと感じたし、すごい刺激を受けました。酒井宏樹選手に関しては、昨年10・11月の試合を見て、3バックでもSBでも強度や対人のところの強さは圧倒的だし、正直、『代表の中でも化け物だな』とテレビで見て思ったので。普段の(フランス)リーグでもネイマール(PSG)とかを相手に止めてる選手なんで、違いはかなりあると思います」と山根は神妙な面持ちでコメントしていた。 確かにドイツ・ブンデスリーガ1部で4シーズン、リーグアンで5シーズンを戦ってきた百戦錬磨の先輩と差があるのは事実だ。2011年U-17ワールドカップ(W杯=メキシコ)や2016年リオ・デ・ジャネイロ五輪の舞台に立ち、現在ドイツ・ブンデスリーガ2部で奮闘中の室屋と比べても、国際経験値では劣っていることは認めなければならないだろう。 ただ、ここまで無印だった山根にはまだまだ伸びしろがある。湘南で恩師の曺貴裁監督(現京都)から徹底的に世界基準の球際やデュエルの重要性を学び、川崎でボールを止める蹴るの大切さを再認識した今、彼はフットボーラーとしての確固た土台を身に着けた状態だ。そこに国際経験を積み重ねていけば、凄まじい成長速度で高みに到達する可能性もあるのだ。 そうなるように、まずは川崎で他を寄せ付けないパフォーマンスを見せ続ける必要がある。全試合フル出場の継続はもちろんのこと、攻守両面で大きなインパクトを残し続ければ、海外へ打って出る道も開けるかもしれない。仮にJリーグに居続けることになっても、国内組で2018年ロシアW杯に参戦した昌子源(G大阪)のようなケースを目指せばいい。昌子も年代別代表実績は皆無に近かったのだから、山根にもチャンスはあるはず。成功を信じて前進を続けることが肝要なのだ。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の日程変更によって川崎は4月29日まで2週間近く試合が空く。この空白期間を最大限有効活用し、自分自身を磨くことができれば、山根はもっともっと強い輝きを放つだろう。短期間でスターダムにのし上がるべく、流れが来ている今を逃す手はない。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.04.20 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

中田英寿が10周年迎える『FOOT×BRAIN』に初回放送以来のゲスト出演、サッカー界に対する思いなどを語る

この4月で放送開始から10周年を迎えるテレビ東京の『FOOT×BRAIN』が4月17日、24日と2週連続でスペシャル企画を放送。元日本代表MF中田英寿が10年前の初回放送以来となるゲスト出演することが決定した。 10年前の番組初回放送では、東日本大震災直後に収録を行い、その当時国外にいた中田は、台湾でのチャリティ番組にてスパイクを提供した後、日本に帰国し収録に参加し。今回の記念すべき10周年目についても、日本サッカーを代表する人物として、番組から中田に出演のオファーがあったとのことだ。 番組開始10周年を迎えるにあたり、2週に渡って中田氏と番組MCの勝村政信氏がスペシャル対談を実施する。 今週の放送回では、中田の日本サッカー界に対する思いや豪華スペシャルゲストからの質問など、サッカーにまつわる知られざるエピソードを交えて紹介。現役時代にイタリアでチームメイトだった人物などからの質問にも答えている。 また、来週24日の放送回では中田氏が代表取締役を務める日本酒の販売促進事業を行う会社、「株式会社 JAPAN CRAFT SAKE COMPANY」でのビジネス展開について、中田氏の活動に密着。日々の仕事内容や様々なプロジェクトの紹介など、元アスリートが手掛ける取り組みを深掘りしていく。 ■番組概要 番組名:『FOOT×BRAIN』 放送日時: 【テレビ東京】 2021年4月17日(土)・24日(土) 24:20~24:50 【BSテレ東】 2021年4月25日(日)・5月2日(日) 26:20~26:50 ※再放送 ゲスト: 中田英寿(元サッカー日本代表) 2021.04.17 20:45 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表、活動後の新型コロナ感染対策で誓約違反が判明…JFAが発表

日本サッカー協会(JFA)は、3月の日本代表の活動において、感染対策の誓約違反があったことを発表した。 3月に行われた日本代表とU-24日本代表の活動は、スポーツ庁や関連省庁と議論を重ねた結果、JFAの責任下において厳格な防疫措置を講じることを条件に、日本政府に対戦国などの入国許可を得て実施していた。 今回の厳格な防疫措置の適用は、代表活動中にのみならず、代表活動終了後(バブル解除後)14日間についても求められており、検査(代表活動終了後3日目、14日目およびJリーグ試合前)、行動管理および健康フォローアップを行っており、今回の代表戦を開催するにあたり、上記の防疫措置について遵守する旨をスポーツ庁に誓約書として提出していたとのことだ。 しかし、誓約書に定められた代表活動終了後の検査(代表活動後3日目)が実施されず、Jリーグに出場していた事案が判明したとのこと。これは、選手が所属するクラブに対するJFAからの説明および確認不足によるものだという。 JFAは「今回の代表活動の受入責任団体として、このような事象が発生したことは非常に遺憾であり、事象の発生を大変重く受け止めております。関係各所にご迷惑をおかけすることになりましたことをお詫び申し上げます」と陳謝。「今回発生した事象を受け、JFAは3月に招集された選手が所属する全てのクラブと連絡をとり、検査などの必要な措置に関して改めて説明をしました。4月に実施したなでしこジャパン(日本女子代表)の活動も含めて、代表活動後14日目までに行われる検査や健康フォローアップにおいて同様の事象が発生しないよう、人々の健康や安全・安心を最優先に、JFAでは関係するクラブとともに防疫措置を徹底し、再発防止に努めてまいります」と再発防止についても説明した。 Jリーグでは、4月に入り、FC岐阜や水戸ホーリーホック、浦和レッズ、アビスパ福岡、セレッソ大阪と選手に新型コロナウイルスの陽性判定者が出ており、直近では鹿島アントラーズと柏レイソルでも陽性判定者が出ていた。 2021.04.16 17:58 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly