自走できた森保ジャパンが誇る攻撃ユニット、課題は後半の決定機逸/日本代表ポイントレビュー

2019.09.11 08:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表は10日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選でミャンマー代表と対戦した。7大会連続のW杯出場を目指す日本代表にとって、大事な初戦。過酷なアウェイの地で、2-0と勝利を収めた。高温多湿な気候に加え、雨季の終盤ということもあり、環境面では日本と大きく異なる中での試合となり、日中に加え、キックオフ時も強い雨に見舞われた。

さらに、芝の状態も良いとはいえず、長さに加え、雨による緩さも目立った中、日本は前半からしっかりと対応力を見せつけた。試合のポイントを振り返る。

◆自走できた前線のユニット

この試合のポイントはしっかりとコンディションにアジャストしたことと言えるだろう。選手個々のフィジカルコンディションは去ることながら、ピッチコンディションに合わせた戦いを見せた。

立ち上がり、日本の攻撃陣は得意の細かいパスをつなぐ連携プレーではなく、積極的に浮き球のパスを使うことを選択する。長い芝、緩いピッチを考えると、明らかにボールが転がらない。自分たちの本来の戦い方ではないものの、しっかりとボールをつないでいった。

試合は、16分に中島翔哉(ポルト)が左サイドからカットインし、得意の角度から豪快にゴールを決める。厳しい戦いになる理由は、押し込んでいる時間帯に得点を奪えないことが多いが、このゴールが日本を楽にさせたことは間違いない。

そして26分には、得意の細かいつなぎから堂安律(PSV)がボックス手前で左足を振り抜く。これはGKにセーブされるも、跳ね返りを拾った堂安は、再び強引に打つのではなく、今度は優しいクロス。フリーで抜け出た南野拓実(ザルツブルク)がドンピシャで合わせて追加点を奪った。

この日の攻撃ユニットは、森保体制が始まってから主軸をになっている4人。中島、南野、堂安に、トップに入る大迫勇也(ブレーメン)を加えたメンバーだ。1年前に組んだこのユニットが、しっかりとW杯予選の初戦で結果を残したことは、森保監督にとっても大きいだろう。

特に、この試合では大迫と南野の関係、そして堂安の判断力が光った。大迫はノーゴールに終わったものの、この試合の前半はトップの位置ではなく、下がり目にポジションを取り、中盤でゲームメイクに参加するシーンも多く見られた。

一方で、南野がトップに入る役割や、下がり目の位置から裏に飛び出す動きを見せていた。ミャンマーが大迫を警戒してくることは明白であり、大迫がトップからポジションをズラすことで、南野、中島、堂安が動くスペースが生まれた。これは、引いて守るミャンマーに対して、スペースがない中で4人がポジションを取っても効果的ではないこともあるだろう。

後半に入ると、ミャンマーのプレスの位置が高くなったこともあり、大迫は積極的にポストに入る場面が増えた。日本の選手たちも芝に慣れ、縦パスが入るシーンも増え、実際に決定機も増えた。ピッチ内だけではないものの、しっかりと判断し、戦い方を変えられたことはプラスだ。

また、右サイドの堂安のプレーも、ここ数試合のパフォーマンスに比べると高かったと言える。強引なシュート、無理な突破という場面はほとんど見られず、守備面でも大きく貢献。機を見つけては個人技を見せるなど、好感触を見せてくれた。また、同サイドの酒井宏樹(マルセイユ)の上がりを促す動きも多く、効果的なサイド攻撃も発揮できたと言える。

同じポジションに久保建英(マジョルカ)というライバルが生まれたこと、また久保だけでなく、伊東純也(ヘンク)などもいることが刺激になったのかもしれない。この先には新天地でのポジション争いもある堂安だが、10月の予選でも成長した姿を見せてもらいたい。

中島の先制点も含め、この4人が自走できることは今の日本代表の強みであり、アウェイの地でもしっかりと力を発揮できたことは、この先の戦いに向けてはプラス材料と言える。

◆気になる後半のパフォーマンス

試合を通じてゴールを目指し、シュート数も多かった日本。攻撃の姿勢をやめなかったこと、さらに守備はしっかりとオーガナイズされ、ほぼ完璧な試合運びを見せたことは評価して良いだろう。

しかし、5日のキリンチャレンジカップ2019のパラグアイ代表戦(2-0)に続き、前半で2点をリードしながら後半は無得点という展開に終わった。

ミャンマー戦は圧倒的に試合の主導権を握り、シュートチャンスも数多く作っていた中で後半無得点。この先の予選、さらには最終予選を考えると心配せざるを得ない部分だ。

もちろん、無得点の背景にはミャンマーの決死の守備や、GKの好セーブもあった。しかし、決め切らなければいけない場面も確実にあった。途中出場の伊東が背後をとり、GKと一対一になったシーンや、クロスから大迫がヘディングで折り返し、フリーの柴崎岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ)がボレーを放ったシーンなどだ。

ミャンマーの選手たちは、限界までプレーし、終盤には足がつる選手や炒めて倒れ込む選手が多くいた。日本の選手たちはただそれを待つことしかできないが、それは2点リードしていたからであり、仮にイーブンの状況であれば、焦ることは間違いない。

日本からなんとかして勝ち点を獲ろうと考える他のチームを考えれば、アウェイゲームでは時間稼ぎに遭う可能性も少なくないだろう。そういった点では、試合を決定づける3点目を奪えなかったことは残念であり、2試合続けて後半のパフォーマンスが上がらなかったことは、環境面の難しさなどを考慮しても、この先の課題と考えた方がいいだろう。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》
コメント
関連ニュース
thumb

海外組と国内組の2つの日本代表/六川亨の日本サッカーの歩み

今週はシーズンオフにも関わらず、様々なアクションがあった。月曜25日の午前はNPBとJリーグの第24回対策連絡会議が行われ、午後にはJリーグの臨時実行委員会が開催された。両会議ともメインテーマはキャンプ時における注意事項で、無観客で実施されることや、取材する際にはメディアにも検査等が必要になることなどが確認された。 そして同日夜の20時にはAFC(アジアサッカー連盟)からメールが届き、FIFA(国際サッカー連盟)に続いてAFCもU-19アジア選手権(3月にウズベキスタンで開催)とU-16アジア選手権(4月にバーレーンで開催)、さらにフットサル(クウェート)とビーチサッカー(タイ)のアジア選手権も中止すると発表。U-20とU-17の女子アジアカップは夏や秋へと開催時期の変更も合わせて発表された。 その30分後にはACL(アジアチャンピオンズリーグ)の日程も発表され、東西のグループステージはセントラル方式(開催地未定)で、ラウンド16と準々決勝は1発勝負で開催することが決定した。 日本はもちろん、いまだに新型コロナは感染が拡大し、変異株の出現により大会の延期・中止はやむを得ないところ。 各大会の中止を受けて反町技術委員長は「FIFAに続きAFCの国際大会も中止となってしまったことは残念に思います。しかし、いままさに伸びようとしている選手たちの成長の芽を伸ばし続けることがJFAの役目だとも感じています。歩みをとめることなく、対象年代を含む若い世代の強化を継続し、選手たちを次のステージへとつなげていきたいと思います」とのコメントを、JFA(日本サッカー協会)を通じて出した。 こうなると反町技術委員長には、まだ2ヶ月先とはいえ3月のW杯アジア2次予選やU-24日本代表のテストマッチが予定通り開催できるのか聞きたくなるが、それに答えられる人は皆無だろう。ワクチンの開発が進んでいるとはいえ、まだ接種は始まっていない。 対策連絡会議で賀来満夫(東北医科薬科大)ドクターは、ワクチンの接種について「2月後半から医療従事者と高齢者なので、Jリーグとプロ野球選手は5月くらいになるだろう」と予測し、舘田一博(東邦大学)ドクターも「スポーツ選手だから(早くなる)ということはなく、一般人と同じ順序になると思う」と話していた。 状況が劇的に好転しない限り、3月の代表戦は延期の可能性が高いのではないか。 昨年12月、代表選手とACLに出場するJクラブの選手は、入国後14日間の待機期間中に練習や試合等を実施できる「アスリートトラック」の適用を受けた。それが緊急事態宣言の出されている現状、もしくは宣言が1ヶ月ほど延長された場合に適用されるのかどうか。それにより代表チームのメンバーも大幅に変わる可能性が高い。 極端な話、海外組の日本代表と国内組の日本代表の2チームを編成も視野に入れておくべきだろう。そうなると、いっそ国内組は、開催されるかどうか不確かだが東京五輪の強化も兼ねてU-24日本代表にしてはどうだろう。 これまで森保監督は多くの若手選手を招集してラージグループを作ってきたが、案外それが役に立つかもしれない。いずれにせよ、FIFAには素早い決断を期待したいところだ。 <hr><div id="cws_ad">【文・六川亨】<br/>1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.01.27 15:00 Wed
twitterfacebook
thumb

日本代表のコーチに浦和HCの上野優作氏が就任、森保一監督とは現役時代にチームメイト

日本サッカー協会(JFA)は21日、日本代表のコーチングスタッフに上野優作氏(47)が就任したことを発表した。 上野氏は真岡高校から筑波大学へと進学し、1996年にアビスパ福岡に入団してプロキャリアをスタートした。 2000年にはサンフレッチェ広島に移籍。森保一監督ともチームメイトとしてプレー。2001年には京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)に移籍すると、アルビレックス新潟、広島、栃木SCでプレーし、2008年に現役を引退した。 2010年に引退した栃木でアシスタントコーチとして指導者としてのキャリアをスタート。2012年にはヘッドコーチ、2013年にはアカデミーダイレクター兼ユース監督、2015年にはヘッドコーチに就任した。 2015年10月には浦和の育成部門のコーチに就任すると、2018年4月にトップチームコーチに就任。2019年5月からトップチームのヘッドコーチを務めていた。 2021.01.21 18:50 Thu
twitterfacebook
thumb

反町技術委員長ブリーフィングで日本代表の新コーチは?/六川亨の日本サッカー見聞録

JFA(日本サッカー協会)は1月14日、今年最初の技術委員会を開催し、終了後は反町技術委員長がオンラインによるブリーフィングに応じた。 注目の的は、昨年11月に森保監督が「Jリーグが終了すればオープンになるでしょう」と言っていた代表チームの人事に関してだ。 すでに12月末の夢フィールドでのU-24代表キャンプ後の会見で、森保監督は3月と6月の代表の活動期間ではA代表に専念することを発表。東京五輪に出場するU-24日本代表については横内コーチが指揮を執り、栗原コーチと川口GKコーチで臨むことを明言した。 そこで横内コーチの代わりとして誰がA代表のコーチに就任するのか。 14日の会見で反町技術委員長は、「最終的な発表は理事会マターなので名前は出せない。選定はしたので技術委員会として理事会に諮る。順序というものが世の中にはある」と理解を求めた。 これまで技術委員会が推挙した監督・コーチを理事会が覆したことはほとんどない(唯一の例外は1995年にネルシーニョ現レイソル監督の代表監督就任を覆した「腐ったミカン」事件)。とはいえ、理事会の承認を得なければ正式に認められたことにはならないので、反町技術委員長の言い分ももっともである。 とはいえ、そこは記者も反町技術委員長も心得たもの。「複数の候補がいたのか一本釣りか」と攻める角度を変えて水を向ける。 すると反町技術委員長は「最初に、どういう感じがいいかスタートした。横内が3月と6月はU-24(代表)に行く。どういうニーズが必要で、足りないところは何か」と現状を分析した。 そして反町技術委員長自身も「10、11月の活動で足りないところがあった」と感じ、「選手にもう少し近づくコーチがいてもいい」と意見を述べたという。 U-24日本代表には川口GKコーチ、U-19日本代表には内田ロールモデルコーチがいる。それなら日本代表には中村憲剛コーチか! はさすがに無理があったようだ。 様々な意見を集約し、当事者である森保監督の意向も聞いて候補者を絞り、最後は「一本釣り」(反町技術委員長)で決めた。 とはいえ、そうした人事が漏れるのもよくあるケース(既成事実を作る意味も含め)。すでにネット上には昨シーズンまで浦和のヘッドコーチを務めた上野優作氏(47歳)の名前が出ていて、「複数の関係者によると」という常套句に続き、「交渉は順調に進み、近日中にも正式発表」と報道されていた。 上野氏の、指導者としての手腕について正確な情報を持っていないのでコメントは避けたい。ただし広島在籍時は森保監督もまだ現役だったため一緒にプレーし、新潟在籍時には当時の反町監督の指導を受けた。 さらに出身は筑波大学と、田嶋会長や小野技術委員と母校が同じだ。誰にとっても「気心の知れた後輩」であるだけに、納得できる人選と言っていいだろう。 反町技術委員長とのブリーフィングはその後も多岐に渡って続いたが、面白かったのは今年の高校選手権でトレンドになったロングスローに関してだ。 「持てる武器を使うのは当たり前」と理解を示しつつ、「守備の方がだらしないかな」と感想を述べた。 それというのも、専門のGKコーチがJクラブのユースに比べると高校サッカーには少ない。その影響か長身GKが高校サッカーには少ない。このため「守備範囲が狭かった」と理解を示しつつ、「出られないでやられていた」と分析した。 そして反町技術委員長なら「ゴールエリアに飛んできたらGKにすべて勝負に行けと言う。出られないでやられていたからね。そしてGKが出たらストーンを後方に2人置く。そういう工夫が守備側にはなかった」と残念がった。 その上でロングスローでは、「守備の選手が上がっているので、GKがキャッチしてゴロで味方に転がしたら、ドリブルで確実にハーフラインまで行けるので、カウンターのチャンスになると思う」と対策を述べていた。 確かに、反町技術委員長の指摘したように、ロングスローに対して受け身のチームが多かった印象が強い。果たして来年の選手権では、そうしたロングスロー対策を講じるチームがあるのかどうか。まだ先の話ではあるが、高校選手権のロングスローが新シーズンのJリーグやその他の大会にどういった影響を及ぼすのかも気になるところである。 <div id="cws_ad">【文・六川亨】<br/>1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.01.16 12:55 Sat
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.61】ルヴァン決勝のオルンガ封じで強烈インパクト。東京五輪メンバーに滑り込む!/渡辺剛(FC東京/DF)

「オルンガ選手はスキを与えたら得点を取ってくる選手。どの選手よりも能力が高いことは誰もが分かっている。相手の嫌がるプレーをしようと考えてました。オルンガ選手は自分のスペースを確保したくて、ボールをはたいて中に入っていく。そこで一発目で強く当たっていけば、うまくプレーできない。あとは気持ちでぶつかりました」 2021年1月4日に新国立競技場で行われたYBCルヴァンカップ決勝。「絶対にタイトルを1つ取りたい」と闘争心を燃やしていた長谷川健太監督の言葉通り、FC東京は柏レイソルを2-1で撃破。2009年以来、3度目のリーグカップ王者に輝いた。 その立役者の1人となったのが、相手エース・オルンガを徹底マークした渡辺剛だ。今季J1・28ゴールという驚異の数字を残したケニア人ストライカーを止めなければ、FC東京の優勝はあり得なかった。そのタスクを果たしたのが、東京五輪世代の23歳のDFだったのだ。 試合開始早々の11分、渡辺はオルンガと接触し、右肩を負傷。いきなりプレー続行が危ぶまれた。本人も「最初はちょっとヤバい」と危機感を抱いたというが、大役を任されている以上、離脱はできない。「ここまで来たら、腕がもげてもやる」という強い気持ちで立ち上がり、勇敢に体を張り続けた。センターバック(CB)コンビを組んだジョアン・オマリと2人がかりで怪物FWをつぶし、時には森重真人も前からフタをした。その結果、完璧なエース封じを見せることができ、彼はアカデミー時代に見たタイトル獲得の瞬間を自ら体感することができたのだ。 FC東京U-15深川、山梨学院大学、中央大学を経てプロ入りした2019年は当初、U-23でプレーしていた。が、対人の強さと粘り強さを買われてトップに抜擢され、シーズン途中からCBの主力に成長した。森保一監督の目にも留まり、年末のEAFF E-1選手権(釜山)では日本代表デビュー。2020年1月のAFC・U-23選手権(タイ)にも招集され、東京五輪の有力候補と目されるまでになった。 それだけに2020年シーズンは期待が高く、チームでは副キャプテンの大役も託された。7月のリーグ再開後、主将・東慶悟が長期離脱するとキャプテンマークを巻く機会も増え、「リーダーの自覚を持って戦わないといけない」と口癖のように話すようになった。 しかしながら、強すぎる責任感が空回りし、自身のパフォーマンスが不安定になることが多々あった。最たる例が9月27日のサガン鳥栖戦だ。大黒柱・森重が出場停止となり、名実ともに彼が統率役を担ったのだが、新型コロナウイルスのクラスターから回復したばかりの相手に翻弄され、大量4失点。彼自身も守備のミスが目立った。「剛はもっと自分の能力を上げることに集中すべき」と長谷川監督からも苦言を呈するケースもあったほどだ。 「あの頃は『チームを引っ張らないといけない』と力が入っていたが、徐々に『自分らしくやろう』と考えられるようになった。『個人の能力を上げろ』という監督の言葉も受け止めましたし、どんどんやろうと考えました。特に心掛けたのはデュエルの部分。1年前は勢いで行けちゃう部分があったけど、相手も分析している中で、やっぱり駆け引きが大事だなと。予測や駆け引きはこれからやっていくうえで必須だと思います」 こうした意識は11~12月のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)参戦でより強まった。ラフプレーも辞さない中国勢などと対峙する場合、単にフィジカルだけでぶつかっても相手を止められない。駆け引きで出足を止めたり、動き出しを封じたり、スペースを埋めたりすることで、相手FWは仕事ができなくなる。そのツボを体得したことが、冒頭のオルンガ封じにつながったのだろう。 心身ともに充実し、タイトルもつかんだ渡辺の次なるターゲットは半年後に迫った東京五輪メンバー入り。コロナ拡大で大会自体がまだどうなるか分からないが、2022年カタールワールドカップアジア予選も控えているため、「代表定着」というのはつねに見据えなければならないテーマになってくる。 そのためにも、冨安健洋(ボローニャ)や中山雄太(ズヴォレ)、板倉滉(フローニンゲン)ら欧州組に匹敵する存在感を示さなければいけない。12月末に行われたU-23日本代表候補合宿を見ると、渡辺の序列は同じ国内組の橋岡大樹(浦和)や瀬古歩夢(C大阪)より下に位置付けられていた模様だった。が、今回のルヴァン決勝での仕事ぶりを森保監督も目に焼き付けたはず。このレベルを2021年も維持し続ければ、必ず道は開けてくるはずだ。 「海外にいる選手たちは自分よりもいい経験をしていると思いますけど、Jリーグでやれることも沢山ある。いいFWも沢山いますし、そういうFWをしっかり押さえることが第一歩。海外組に比べて自分が劣っているというのは簡単ですけど、『追い越すんだ』というくらいの強い意識を持たないといけない。弱気にならず強気で行こうと僕は思っています」 五輪合宿時に語気を強めた通り、新年早々の大一番で下克上の布石を打った渡辺。ここから一気に階段を駆け上がり、「日本の壁」へと飛躍できるのか。間もなく24歳になる186㎝の大型CBの一挙手一投足が楽しみだ。 <div id="cws_ad"><hr>【文・元川悦子】<br/>長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.01.06 12:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ほらやっぱり新年になったらやることあるじゃん!? の巻/倉井史也のJリーグ

みなさん、あけましておめでとうございます。 まったく今年も新年早々原稿を書いてるわけなんですけど、ワタクシの場合、天皇杯見るという初詣みたいな行事が終わった後にやることがあるわけですよ。 それは今年のカレンダーに予定を書き込むこと。まぁ去年みたいに思いっきりずれてしまって、何度も書き直すなんてことがない世の中になってほしいもんです。 ってことで、今のところ分かってる今年の予定をみなさんにも!! ・J12月27日(土)〜12月04日(土)(4チーム自動降格) ・J22月27日(土)〜12月05日(日)(プレーオフなし・上位2チーム自動昇格・ただしクラブライセンス次第、4チーム自動降格) ・J33月13日(土)〜12月05日(日)(上位2チーム自動昇格・ただしクラブライセンス次第) ・J1は7月12日(月)から8月08日(日)まで中断 ・J2は7月19日(月)から8月08日(日)まで中断 ・J3は7月12日(月)から8月27日(金)および中断 ・EURO2021日本時間6月12日(土)04:00〜7月12日(月)04:00 ・コパアメリカ現地時間6月11日(金)〜7月11日(日) ・東京五輪サッカー 7月21日(水)女子開幕・7月22日(木)男子開幕 8月06日(金)女子決勝・8月07日(土)男子決勝 ・クラブワールドカップ(日本)12月 ・日本代表 3月25日(木)vs未定・日産 3月30日(火)vsモンゴル・アウェイ 6月03日(木)vs未定・札幌 6月07日(月)vsタジキスタン・吹田 6月11日(金)vs未定・神戸 6月15日(火)vsキルギス・吹田 ・五輪代表 3月26日(金)vs未定・東京 3月29日(月)vs未定・北九州 6月05日(土)vs未定・ベスト電器 6月12日(土)vs未定・豊田 7月12日(土)vs未定・長居 7月17日(土)vs未定・神戸 ・U-20ワールドカップ(5月20日〜6月13日)、U-17ワールドカップ(10月)は中止 なんか、去年のカレンダーみてるみたい……とまぁ、それは置いといて。今年もこれだけ楽しまなきゃいけないんだから、張り切って行きましょ!! みんな、転記しました? え? スケジュール確認は去年終わってる(汗)? <hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2021.01.01 13:00 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly