北京国安、元ブラジル代表MFフェルナンドを獲得

2019.07.30 22:36 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
北京国安は30日、元ブラジル代表MFフェルナンド(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。詳しい契約内容は発表されていない。

ブラジル代表として8試合の出場歴を持つセントラルMFのフェルナンドはグレミオでプロデビュー。その後、シャフタール、サンプドリアでプレーし、2016年にスパルタク・モスクワに移籍していた。スパルタク・モスクワでは公式戦98試合に出場して12ゴール10アシストを記録。昨季はロシアリーグで20試合に出場して3ゴール3アシストをマークしていた。

北京国安にはブラジル代表MFレナト・アウグストが所属している。


関連ニュース
thumb

ラーション息子ヨルダンがS・モスクワから母国クラブへレンタル移籍! FIFAの特例措置を利用

スパルタク・モスクワのスウェーデン代表FWヨルダン・ラーション(24)が、母国のAIKソルナに今シーズン終了までレンタル移籍することになった。AIKが4日に加入を発表した。 現在、ロシアによるウクライナ侵攻を受け、ロシアリーグに所属する外国籍選手は、国際サッカー連盟(FIFA)の特例措置によって移籍期間外での移籍が許可されている。 そして、ラーションはその特例措置を利用し、今シーズン終了までの契約で母国クラブにレンタル移籍することになった。 スウェーデンの伝説的プレーヤー、ヘンリク・ラーション氏を父親に持つヨルダンは、母国2部のホガボリでプロデビュー。2014年に父親も在籍していたヘルシンボリに完全移籍すると、2015年からはその父親がトップチームの監督に就任し、指揮官と選手という立場で親子共演が果たされていた。 その後、オランダのNECナイメヘン、母国のノルシェーピンを経て2019年にスパルタク・モスクワへ完全移籍。ここまで公式戦83試合に出場し、27ゴール9アシストの数字を残している。 175cmとサイズは標準も父親譲りの身体能力に加え、攻撃的MFやウイングでもプレー可能なテクニック、打開力を備える左利きのストライカーは、過去にドルトムントやウェストハムの関心も集めていた。 2022.04.06 01:07 Wed
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグがバーンリーのモーゼス獲得を阻止…選手はロシアから特例措置での移籍望む

プレミアリーグが、バーンリーの元ナイジェリア代表FWヴィクター・モーゼス(31)獲得の動きを阻んでいるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』など複数メディアが報じている。 モーゼスは昨年夏にチェルシーからスパルタク・モスクワに完全移籍。今年2月にはクラブとの契約を2024年6月まで延長していた。 しかし、ロシアによるウクライナ侵攻を受け、両国のリーグでプレーする選手に関しては、国際サッカー連盟(FIFA)と欧州サッカー連盟(UEFA)が少なくとも今年6月末まではフリーエージェントと見なし、国外のクラブへの移籍を許可する特例の措置を決定。 これにより、モーゼスはロシアを一時離れ、家族がいるイングランドでのプレーを熱望。そして、同選手の窮状を理解しつつ、重要な戦力としても評価するバーンリーが移籍先として名乗りを挙げて交渉を進めていたという。 しかし、プレミアリーグは降格圏の19位に低迷するバーンリーが、通常の移籍期間外に重要な戦力となり得るモーゼスを獲得した場合、コンペティションの公平性が脅かされる可能性を危惧し、「スポーツインテグリティ」の問題を理由にこの動きを阻止しているようだ。 なお、FIFAとUEFAの特例措置ではロシア、ウクライナを除く国外のリーグでは各クラブが最大2名を獲得できるルールとなっている。ただ、その特例措置を受け入れるかどうかは各リーグに一任されており、セリエAとブンデスリーガではプレミアリーグと同様の理由で獲得を許可していない。 その一方で、ラ・リーガやリーグ・アン、イングランドでもチャンピオンシップ(イングランド2部)は、この特例措置を利用して選手を受け入れている。 そのため、セリエAとブンデスリーガ同様にプレミアリーグに対しては、今回のモーゼスの一件に関して賛否両論の声が挙がっており、元フィンランド代表のキャプテンで、社会問題への発言力でも注目されるティム・スパルフ氏は、「私たちは彼らに、彼らが安全だと感じる場所に行ってプレーする機会を与える必要がある。これは人道上の問題だ」と、リーグ側に対してプレーヤーズファーストを求めている。 2022.03.27 07:30 Sun
twitterfacebook
thumb

スパルタク・モスクワ、ELからの強制敗退に失意 「スポーツ以外の理由で頑張りが水の泡に」

ヨーロッパリーグ(EL)からの締め出しをスパルタク・モスクワが嘆いた。 主戦場とするロシア・プレミアリーグでこそ中位に沈むものの、ELでグループステージを首位で突破して次のラウンドに勝ち上がったスパルタク・モスクワ。ラウンド16の対戦相手はRBライプツィヒに決まり、10日に敵地で1stレグを控える。 だが、ウクライナ侵攻を開始したロシアに世界各国から厳しい目が向けられると、フットボール界でも非難の声が噴出。欧州サッカー連盟(UEFA)は国際サッカー連盟(FIFA)とともにロシア代表と同国クラブの大会参加を禁じる制裁を科した。 このUEFAに決定により、EL敗退という現状のスパルタク・モスクワは1日、クラブ公式サイトで声明を発表している。 「UEFAとFIFAは我々をELから締め出す決定を下した。これはRBライプツィヒとのラウンド16が予定通りに行われないのを意味する。その決定はウクライナで起きた最近の出来事に紐づくもの。想定内でもあったが、非常に動揺している。残念ながら、ELを舞台にした我々の頑張りはスポーツの権限から大きく外れた理由で無効化されてしまった」 「スパルタクにはロシアだけでなく、世界中に何百万人ものファンがいる。我々の成功や失敗は何十カ国もの人々を結びつけている。スポーツは最も困難なときでも、架け橋となるべきで、燃やすべきではないと信じている。我々は納得のいかない決定に従わざるを得ない。当面は国内大会に専念し、誰しもに必要な平和の早期実現を期待している」 2022.03.01 15:55 Tue
twitterfacebook
thumb

今季ついにチェルシー脱したモーゼス、スパルタク・モスクワと2024年夏まで契約延長

スパルタク・モスクワは11日、元ナイジェリア代表FWヴィクター・モーゼス(31)との契約延長を発表した。新たな契約期間は、2024年夏までとなる。 クリスタル・パレスの下部組織で育ったモーゼスは、2008年1月にファーストチームに昇格。2010年1月にウィガンへ移籍すると、ウインガーとしてのプレーが光り、2012年8月にチェルシーへと完全移籍する。 チェルシーではなかなかレギュラーとして扱われず、リバプールやストーク・シティ、ウェストハム、フェネルバフチェ、インテル、スパルタク・モスクワとレンタル移籍を繰り返すことに。アントニオ・コンテ監督(現:トッテナム監督)の体制時には、ウイングバックとしてレギュラーを務めプレミアリーグ優勝に貢献したが、通算では128試合に出場し18ゴール13アシストに終わった。 2021年7月についにチェルシーを離れ、完全移籍。今シーズンはロシア・プレミアリーグで15試合に出場し1ゴール、ヨーロッパリーグでは6試合に出場し1ゴール4アシストを記録していた。 2022.02.12 10:40 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセイユが屈強CBジゴを獲得! 今季はS・モスクワ残留で来季正式加入

マルセイユは29日、スパルタク・モスクワからフランス人DFサミュエル・ジゴ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。なお、同選手はマルセイユからレンタル移籍の形で今シーズン終了まではスパルタク・モスクワに残留する。 アヴィニョン生まれでアルジェリアの地を引くジゴは、地元のアルル=アヴィニョンでキャリアをスタート。その後、フランスを離れてベルギーのコルトレイク、ヘントを経て2018年にスパルタク・モスクワに完全移籍で加入した。 ラグビーのフランス代表で活躍する実兄トニーと同様に屈強なフィジカルを生かした地対空の対人戦に滅法強い187cmのDFは、センターバックに加えて守備的MFでもプレー可能な足元の技術も兼備する。 今冬の移籍市場ではローマなどヨーロッパ5大リーグの複数クラブの関心を集めていたが、2015年以来のフランス帰還を選択した。 なお、マルセイユでは今冬あるいは今夏の退団が決定的なフランス人MFブバカル・カマラに加え、クロアチア代表DFドゥイエ・チャレタ=ツァルの去就が不透明となっており、ジゴはその穴を埋める人材だ。 2022.01.30 08:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly